「四つの力」 以外の力(真空のエネルギーほか)
  ―――――――――――――――――――――――――――

  現在のこの世界には、「四つの力」が働いていることが分かっています。重力、電磁力、強い力、弱い力 の四つです。あらゆる物理現象が、これ等の力の組み合わせによって引き起こされると考えられています。
  ところが最近、これら以外の力が存在することが確認されました。それは「真空の力(エネルギー)」と呼ばれるものです。

  また、世界各地のミステリースポットの中には、科学的には説明の付かない物理現象が起きる場所が存在します。ですからそこにも、やはり何らかの「未知の力」が働いていると考えられるのです。
  以下、順を追って説明することにします。


  *** ○ ○ ***


   【 一 】 真空の力(エネルギー)

   「NHKスペシャル」 2001年11月25日放送
      『宇宙 未知への大紀行 8 宇宙に終わりはあるのか』より

    ↓     ↓     ↓  


  宇宙論的にはわれわれがいるこの宇宙は、このまま膨張を続けるのか、或いは、引力によって収縮へと転じるのかという議論がある。すなわち「開かれた宇宙」か、「閉じられた宇宙」かである。

  ○ ところが最近、宇宙の膨張が、加速していることが分かった。
    ソール・パールミュッター博士 (米ローレンス・バークレー国立研究所)の話。

   10年近くの研究の結果、宇宙の運命を推し量る重要な手掛かりを見つけた。宇宙には正体不明の力が満ちていて、宇宙空間を凄まじい勢いで広げているというのである。

  パールミュッター博士の説明。
   『私たちは、従来の物理学の理論では説明の付かない、宇宙の新しい秘密をみつけたのです。 ーー 以下、略 ーー 』


  宇宙が、膨張しつづけていることは、すでに70年以上も前の観測によって、確かめられている。
  天文学者、ハップルが幾つもの銀河が、私たちから遠ざかっていることを発見し、宇宙の膨張を初めて裏付けた。
   《 天文学者 ウドウィン・ハッブル(1889〜1953) 》


  ○ 宇宙の膨張のスピードを計る
    測定を正確に行うために、超新星が遠ざかっていく速度を分析すれば、宇宙の膨張の早さが分かる。
  そこで100個の超新星の動きを捉え、その分析を行った。すると思いがけない結果が得られた。
  何と、宇宙の膨張は収まっているのではなく、逆に、急激に加速していることが分かったのである。

  ○ ここに大いなる謎が生じる。
    いったい何が引力に逆らって、宇宙を押し広げているのか。未知の力が、この宇宙に存在する可能性が出てきたことになる。

  パールミュッター博士の説明
    『驚くべきことに、この宇宙の大部分は、私たちにとってまたく未知の力で満ちあふれていたのです。しかもそれこそが宇宙の運命を支配する重要な力だったのです。』


  * かつて、この力の存在を予言した科学者がいる。アインシュタインである。
    《 アルバート・アインシュタイン博士(1879〜1955) 》

   宇宙を支配する法則として考えた「宇宙方程式」。
   だがこの式では、宇宙は引力によって潰れてしまう可能性がある。そこで宇宙には、引力に反発する何らかの力があると考えた。そして、それを「宇宙定数」と名付けた。
   だがその後、彼はこの考えは誤りであったと、撤回してしまった。

  この「引力に反発する力」が、再び、脚光を浴びることになったのである。

  その力の正体は、いったい何なのか。
  名付けて、「真空のエネルギー」。
    宇宙の何も無い空間が、エネルギーを持っているというもの。


  ○ 実験
    アラバマ大学 (アメリカ・ハンツビル)

  直径50ミクロンの金属の球を使う。
  それを真空タンクの中にセットする。
   (球と下の金属板は、やや近めに設定されている。また球の上部には、広い空間が設けられている)

  球に及ぼすあらゆる力、すなわち引力や電気的な力など、現在知られている力を、すべて差し引いていく。従って、この状態では、球はまったく動かないはずである。
  ところが実際には、球は金属板がある方向に動く。
  金属板のある空間よりも、反対側の空間の方が広いために、そこに発生した何らかの力で押されるために、球が下方に動いたのである。


  ジョーダン・マックレイ博士の説明 (NASA真空エネルギー研究プロジェクト)
   『真空のエネルギーの存在は確かめられていますが、その他のことは、まったく分かりません。何も無い空間から力を生みだす、不思議なエネルギーなのです。神秘の世界と、科学との境界線にあるような現象です。しかし今後、私たちの実験によって、その実体を解明して行けば、宇宙が、なぜ加速膨張しているかも解明出来ると思います。』


  「真空」 それは、本来、何もない空っぽの空間のはずです。
  しかし完全な真空でも、そこにはエネルギーが存在し、原子よりもさらに小さなレベルでは、不思議な現象が起きていることが分かってきた。

  真空のエネルギーによって、極めて短い時間に、何も無い空間から、突然、粒子が現われては、またすぐに消えていく。
  この真空のエネルギーこそが、引力に反発して、宇宙空間を膨張させている原動力ではないか、と考えられている。


  この真空のエネルギーは、150億年前の宇宙誕生の直後にも、重要な役割を果たしたと考える科学者がいる。

  東京大学 佐藤勝彦教授
   真空のエネルギーを宇宙理論に導入した最初の科学者の一人

  ○「宇宙のインフレーション理論」
    誕生の直後、針の先程であった宇宙は、真空のエネルギーによって、極めて急激に膨張した。これが宇宙のインフレーションである。その後、この真空のエネルギーは、膨大な熱エネルギーに変わり、そのためにビッグバンが起こった。

  従って、真空のエネルギーは、すべて無くなったはずである。
  では現在、宇宙を膨張させている真空のエネルギーは、一体、どこから来たのか。

  佐藤勝彦教授の説明
    『最初にインフレーションを起こしたときの真空のエネルギーは、ほとんど熱エネルギーに変わったと信じている。しかし、何らかの理由で、ごくわずかなエネルギーが残ったのではないかと思う。それが残っていると宇宙が膨張しても、真空のエネルギーは薄まらないので、残ってきてしまう。』

  この真空のエネルギーは、不思議な特質を持っていると考えられている。
  ○ 真空のエネルギーは薄まらない。
    ガスや塵のような物質は、空間が広がれば薄くなるが、この真空のエネルギーは、空間が広くなった分だけ増えていく。
    宇宙の大きさが一億倍になれば、宇宙の全ての真空のエネルギーも、一億倍になってしまう。

  つまり150億年前に、宇宙の誕生の際に使われた真空のエネルギーがわずかに残されていて、それが宇宙の膨張に伴って急激に増え、今また宇宙を膨張させている。
  従って、宇宙の膨張は今後も、どんどん加速して行くことになる。

  ↑   ↑   ↑   ↑ 


  番組ではこのあと、宇宙は、真空のエネルギーによって限りなく膨張を続け、極めて冷え切った宇宙になると予測していました。またスーパーコンピューターを使ったシュミレーションによると、すべての銀河は遠ざかり、互いに孤立して行くということです。
  そのことを肯定するある科学者の話で、このコーナーの最後を締め括っていました。従って、開かれた宇宙の考え方が確認されたかのような印象を与えました。

  しかし、これは一つの考え方にすぎません。しかも、かなり狭い考え方に縛られた見方と言うことが出来ます。四つの力以外の力がほかにもまだ存在しており、しかも今後、新たな力が発生してくる可能性が否定できないからです。宇宙の温度が絶対零度まで下がったときに、果たして何が生じるかは、誰にも予測することができないからです。



   ** ○○ ** ○○ **



   以上のように、「四つの力」以外の力が、確かに存在することが分かったわけですが、次に紹介するものもおそらく、そうしたものの一つと考えられるのです。従って、真空の力が「五つ目の力」だとすれば、それ等は「六つ目の力」、「七つ目の力」ということになるでしょう。


   【 二 】 不思議な力

   「アンビリバボー」(フジTV)  2000年 6/15(木) 放送分 より。
   この回の「ミステリアス・アンビリバボー」は、世界の“ ミステリー・スポット ”を扱ったものでした。


  〔 その一 〕
    禁断の大地、 オレゴンの渦


  アメリカのオレゴン州に、昔から悪魔の土地と恐れられている場所がある。
  そこは、オレゴン・ヴォルテックス(Oregon Vortex)と呼ばれている。
  その中心部には、傾きかけた古い家がある。家全体が、何らかの力で、地面に引きずり込まれているかのように見える。

  この家を中心にして、直径約五十メートルの範囲が、見えない“ 力 ”によって引っ張られているような空間になっている。

  ○ 立ち木が、その渦の中心に向かって、傾いて生えている。樹齢数十年と思われる木までが、曲がっている。中には、根元から曲がっているものもある。

  ○ その家の中でほうきを立てると、倒れずにそのまま立っている。
    (家の傾きの角度と、ほうきが立つ角度は異なっている。このことから家には、重力とは別の“ 力 ”が働いているように思える。)

  ○ 渦の中心部では、方位磁石の針が、ぐるぐると回ってしまう。
    (どうやらこの地点の磁界が、常に変化しているということらしい。)

  ○ 中心部に近い広い場所で、背の高さが違う二人の子供を立たせる。
    右側の少女は、左の男の子よりかなり背が高い。
    その二人が、立っている位置を交代した。
    すると二人の身長が同じくなってしまった。
    渦の中心に近い方に立つと、背が高く見える。

   水平基準器で二人が立っていた場所を測定すると、まったく傾きがないことが分かる。
   (水平基準器が使えるということは、重力が正常に働いているということである。従ってこれは、テレビカメラに入ってくる光が、渦の中心部に近い方でひずみが大きくなるためではないかと考えられる。要するに光が直進せずに、下に引っ張られた分だけ、背の高さに変化が生じるのである。
    こう考えると、木が曲がって生えていることの説明もつけられる。つまりこの辺りでは太陽光線の入射角度が、曲げられているのではなかろうか。子供の背丈が変わったことと、木が曲がって生えていることは、何か関係があるように思える。)


  * ここには多くの科学者や、研究者が訪れるということです。しかし、その不思議な現象を科学的に解明したものは、誰もいないということでした。




  〔 その二 〕
    禁断の大地、 動く岩


  場所は、ネバダ州とカリフォルニア州の境にある、デスバレー国立公園
  ひとりでに動く岩が、無数に存在するという。


  ここでは四季の変化が無く、雨季と乾季に分かれ、一年を通して風が吹いている。そこは、レース・トラックと呼ばれている。

  ここは以前は湖だったが、今は乾いた湖(ドライ・レイク)になっている。
  気温は、42度にもなる。

  車で一時間ほど走る。ようやくその湖に到着した。
  三十分ほど歩くと、一辺が60センチほどの岩があるのが見えた。ひび割れた白い大地の上に、ちょこんと置かれている。岩は、地面にめり込んでいない。平たい大地の上に、平然と乗っている。もちろんその岩は、人が簡単に動かせるような重さではない。中には、三百キロもあるものがある。そうした岩が、無数に存在している。

  そして、ひび割れた大地の上には、その石が動いて来たとみられる跡が、くっきりと残されている。

  ガイドの女性の説明。
   千九百年の初め頃に、この岩の動いた跡が発見された。
   5〜6メートルの短いものから、1.6キロという長いものまである。
   また、すべての岩が直線的に動くのではなく、右へ動いた岩が、途中から左に向きを変えて動き、さらに再び右へ動き出しているというものもある。

  ただし実際に、その岩が動いているところを見たものは、誰もいない。

  1995年、調査が行われた。
    当時の岩の数   162個
    最も動いた岩   880メートル
    土はドロマイトと呼ばれ、石灰岩に似ている。細かい粒子で出来ており、乾くと硬くなる。

  これまでにもいろいろな仮説が提出されているが、いずれもが不十分なものである。従って、いまだに大いなる謎となって残されている。


 *** ○○ ***


  この広い世界には、いろいろと不思議な場所が存在するようです。もしこの世に奇跡や、不可解な現象などは存在しない、すべて科学的に説明できるのだとお考えの方は、ぜひこれらの謎に挑戦していただきたいと思います。
  これは間違いなく起きている現象ですから、その場所へ行きさえすれば、実際に自分の目で見て、確かめることが出来ます。測定するための計器を持ち込むことも可能です。許可を取れば、その場で実験することも出来ます。
  もしその力を解明し、人為的に利用することが出来れば、人類の科学をさらに発展させることが出来るかもしれません。応用範囲は限りなく広がります。

                              2002.  1. 3.        店主記す




 もとの場所に戻る。
      



s p ⇒