『旧約聖書』の「創世記」を歴史書として読む 〔その 一〕
 ――――――――――――――――――――――


  わざわざお断りするまでもなく『旧約聖書』は、数千年も前に書かれた古い書物です。この書物が書かれた当時は、科学も文明もまだ未発達の時代でした。人々がようやく、未開の生活から脱却し始めた頃のことです。
  従って、当時の人たちの知識に、「ビッグバン宇宙論」などというものは存在しませんでした。また「インフレーション宇宙理論」というのも、つい最近になって提出されたものです。さらに、この世界が「無」から始まったという考え方も、極めて新しいものです。
  これらは最先端の宇宙理論なのです。ですから、これらは当時の人たちにすれば、まさに夢のまた夢の信じられないような出来事です。おそらく夢想だにすることさえなかったでしょう。


  そもそもアインシュタインが「一般相対性理論」を発表したたのは、1915年のことでした。すべては、ここから始まったと言ってよいでしょう。近代物理学の夜明けです。その後、ハッブルによって、宇宙が膨張していることが確認されました。1929年のことです。

  ジョージ・ガモフが「ビッグバン宇宙論」を発表したのは、1948年のことでした。わずか五十年ほど前のことです。
  また「インフレーション宇宙論」が、佐藤勝彦氏とアラン・グースによって発表されたのが1981年のことでした。たった二十年前のことです。

  その後、アレキサンダー・ビレンキンが「無からの宇宙創生論」を発表し、ホーキングがそれをさらに発展させるという過程をたどりました。
  もちろんこれらは、科学的な思考の積み重ねによって導き出されたものです。従って、誰からも支持されている考え方です。そして今では、学校の教科書にも載っている一般常識になっています。

  ところが数千年も前に、そのことが知られていたとしたら、どういうことになるでしょうか。
  つまり『旧約聖書』の「創世記」の内容が、そうした最先端の宇宙理論を適合させた時にうまく理解できるとしたら、その理由は、何かということです。
  しかも、その後に続く記述もこの世界の創造の時にまで遡る一つの歴史書として読めるとしたら、一体いかなる考え方をしたら、合理的に説明することができるだろうかということです。


 −−−− ○○ ○○ −−−−


  要するに、この不思議な書物に記されている「天地創造」の物語は、決して神話や、寓話などではないのです。まさしく一つの歴史書として読むことが出来るのです。
  もちろんこの場合の「歴史的な事実」というのは、最先端の科学理論、宇宙理論が導き出した一定の仮説を指します。その仮説に矛盾しない記述がなされているという意味において、歴史的な事実であるということです。

  従って今回、その作業を進めることにより、様ざまな「宗教」の教義の根底にあるものが、実は「未来の科学」を先取りしたものであることに気付かされることになります。つまり現代科学がまだ解明していない、新たな「原理と法則」の存在に気づかされるということです。またそのことに気づくことにより、我々の世界観は一変することになります。たとえ一変とまではいかないまでも、不思議の感に打たれることになります。

  ともかくも、一連の作業が終ったときに、この書物は、ただの不思議な書物ではすまなくなるのです。同時に、この世界の裏に隠されている真実に驚かされるのです。
  ということで、やや前置きが長くなりましたが、冒頭部分から読み進めて行くことにしましょう。


 −−−− ○○ ○○ −−−−
 −−−− ○○ ○○ −−−−


  『旧約聖書』の「創世記」には、“ 天地の創造 ”と題して、まず、

  ○ 「初めに、神は天地を創造された」
    という一文が記されています。

  これは、この世界(天地)を形創る「全体の設計図(プログラム)」が、まず創られたという意味です。その設計図は、物質世界が作られる以前にすでに出来あがっていたのです。つまり世界(天地)は、その設計図(プログラム)に従って創られて行くということです。この一文が突出して記されているのは、そうした正当な理由によるものです。
  そして、これは後で章を改めて触れることになりますが、そのプログラムには、この世界の結末までもが書き込まれているのです。天地の始まりから、終わりまでが、すでにプログラムされているのです。それ故に、この世界は「確定未来形」であると言えるのです。もう少し分かりやすく言えば、未来は決まっているということです。そして、未来が決まっているということは、その中に存在する我々個々人の未来も、また決まっているということです。つまり我々の運命と宿命は、確定未来形であるということです。この件に関しても、後の章でもう一度触れることになります。

  その後に、
  ○ 「地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた」
    と続いています。

  ここに登場する「神」こそが、万物の創造をつかさどる神、すなわち「創造神」です。正確には、「創造と破壊を司る神」です。特定の“意味・内容”を実現させる“力”として存在します。また「水」というのは、この世界を創る根源的な物質の集積体を指します。
  混沌、闇、深淵というのは、全てが混在していて、秩序だった法則性が確立されていない状態のことです。言うなれば、三次元の物理法則が成り立たない状態です。或いは「異次元空間」という言葉の方がより正確かもしれません。具体的には三次元的な物質世界が、まだ存在しない状態です。従って、この世界が「無から始まった」というのは、まさに正しい考え方であると言えるわけです。

  そして、最初に神が発した、
  ○ 「光あれ」
   という言葉によって、「ビッグ・バン」が発生し、天地(世界)の創造が開始されました。

   これは今から、約百五十億年ほど前の出来事です。従って、神、即ち創造神が発したこの言葉には、そうした出来事を発生させる「号令」の意味があったことになります。
  ただし、この「光」という言葉には、もう一つ別の意味があります。現在のこの世界は、光の速さで拡大しています。つまりこの世界は、光の速さで創られているということです。その先には、次元の壁があります。( この世界で光の速度を超えるものが無いのは、この世界が光の速さで創られているからです。従って光速を超えるということは、次元の壁を超えるということになります。)
  この「光あれ」は、そうした世界が「出現せよ」という“意味・内容”を持っていたのです。より具体的には、「光の速さで創られて行く三次元世界よ、出現せよ」という意味です。その“意味・内容”を実現するものとして、宇宙の「ビッグ・バン」という壮大な現象が発生したわけです。

  ○ 「神はその光を見て、良しとされた」
    これはその展開が、最初に設定された設計図(プログラム)に従って、順調に進行したことを表わすものです。なぜならことの良し悪しの判断は、何らかの基準があって初めて可能になるからです。その基準となるものが、最初に設定された例の設計図(プログラム)であるということです。
  また、これと同様の言葉が、その後も、何度か繰り返されるのは、そうした一定の基準に照らして、天地創造の作業がつつがなく進行しているという意味です。

  次に、
  ○ 「神は光と闇を分け」
    とあるのは、「水」と表現されたものが自ら光り輝く部分と、自らは光を発しない部分とに分けられたという意味です。つまり具体的には、燃えて輝く「太陽(恒星)」になる部分と、その他の「惑星」になる部分とに分けられたということです。
  太陽の主成分は、「水素」と「ヘリウム」であるということですから、それ等が最初に分離したことになります。残りの成分で、闇とされる「惑星」が創られました。

  そして、
  ○ 「光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた」
   とあるのは、区分けされた「惑星」の部分に、「自転運動」が生じたという意味です。
   つまり「惑星(闇)」が自転運動をすることによって、光(昼)と闇(夜)のある「一日」が創られたのです。惑星の太陽(光)の方を向いている部分が昼であり、反対側の闇の部分が夜です。従って、「惑星(衛星)」の自転運動は、この時から始まったことになります。公転運動は、もう少し後から始まります。

   ですから、次の、
  ○ 「夕べがあり、朝があった」
   というのは、この惑星の「自転運動」によって生じた現象です。
   これは、現在の地球上においても同じです。太陽は夜明けとともに東の空から上り、暮れには西の空に沈んで行きます。太陽が動くのではなくて、地球が自転しているために生じる現象です。地球の一回転が、朝、昼、晩のある一日を創っているのです。要するに日の光のある状態が「昼」で、日の光の無い「夜」は、闇になります。

  ただし、そこに、
  ○ 「第一の日である」
   とあるのは、まったく別の意味があります。これは、神が休息する「第七の日」といっしょに考える必要があります。後で、もう一度触れることにします。

  さらに次の、
  ○ 「水の中に大空あれ。水と水を分けよ」
    によって、「闇」の部分が細かく分割され、多くの「惑星」が形づくられました。つまり、それまでは一つの大きな塊であった惑星部分が、細かく分割されたという意味です。
  これにより我が太陽系の場合には、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星といった惑星が誕生したのです。
  「大空」というのは、それ等を隔てる空間のことです。そうした巨大な宇宙空間が、この言葉の“意味・内容”によって実現されたのです。つまり惑星の部分が、細かく分割されると同時に、それぞれが遠くへばら撒かれる現象が生じたということです。

  従って、
  ○ 「神は大空を天と呼ばれた」
   というのは、まさしく地上から空を見上げた状態を表わします。それぞれの惑星と惑星は、その天空によって、遠く隔てられているからです。星々は、はるかな空のかなたに、散らばっているのです。それ等を隔てる宇宙空間が大空であり、すなわち天空なのです。

  ここまでが、「第二の日」です。


  その後に、
  ○ 「天の下の水は一つ所に集まれ」
   という神の言葉が続きます。

  これはどういうことを指すかといいますと、まずこの時点では宇宙の温度は、約一万度くらいであったと考えられます。ビッグ・バンから10万年ほどしてから、それくらいまで下がったと考えられています。そうするとようやく電子が原子核に引き寄せられて回り始め、「原子」が出来るということです。
  そのような段階で、この『天の下の水は一つ所に集まれ』という神の言葉が発せられたことになります。従って、これは惑星を構成する全ての物質を、一点に集中させる現象が発生したという“意味・内容”になります。それは具体的には、どのような現象かというと、「重力」の発生です。

  現在のこの世界には「重力」「磁力」「強い力」「弱い力」という「四つの力」が働いています。これ等は、もともとは一つの“ 力 ”であったものが、宇宙の温度が下がるに従って、次第に枝分かれしたと考えられています。 従って「重力」は、だいぶ遅れて発生したことになります。
  それによって、「原始の惑星」が誕生したのです。つまり拡散していた高温のガス状のものが、一点に結集したという“意味”です。

  また次の、
  ○ 「乾いたところが現れよ」
  ○ 「神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた」
   というのは、具体的には次のようなことを指します。

  宇宙の膨張により温度が下がると、惑星の表面部分が固まって「地殻」が形成されます。要するに、地表を形成する大地のことです。その内部には、「内殻・外殻」が出来ます。
  そして地表にある液体は、高いところから低いところへと流れて行き「海」が出来ます。海によって覆い隠されていない乾いた部分が、「陸地」です。
  従って、『乾いたところが現れよ』 という神の言葉は、そうした状態を創り出す“力”として作用したことになります。

  最近の宇宙理論で注目されているものに、上に紹介した「インフレーション宇宙論」というものがあります。これは宇宙が創られたある時点で、一瞬にして超々巨大な宇宙の膨張が生じたという考え方です。
  ですからその現象が、この時点でも発生したと考えると、いろいろと都合がよいことになります。なぜなら水が液体として地表に留まるためには、摂氏百度を下回る必要があるわけですが、もし一気にそうした状況が創られれば、どの惑星にも水が留まることが出来るからです。その水が生命の誕生に必要であることは言うまでもありません。

  要するにこの部分は、「重力」の発生と、宇宙の急激な膨張による「温度低下」によって、固体化した「惑星」が誕生したことを説明しているのです。そして、そのような現象を生じさせる何らかの「力」が、全宇宙空間に働いたということです。

  我々が棲む「地球」も、この時に誕生しました。地球の年齢は「46億年」といわれています。ですから、今から遡ること46億年前に、こうした壮大な現象が発生したということです。


 −−−− ○○ ○○ −−−−


  ムム、、む。。まだ「第三の日」が終わっていない、ぞ、!。

  ということで、、

  次回に続きます。(^^)/。


      2001. 2.28.        店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒