『旧約聖書』の「創世記」を歴史書として読む 〔 その 四 〕 
 ――――――――――――――――――――――――――――――

  前回からの続きです。


  次に、他の動物たちの誕生が、以下のように説明されています。
  ○「主なる神は言われた。 『人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう』 」

  ○「主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持ってきて、人がそれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。」


  ここに登場する「人」は、先ほどと同様に、「神の分身」を意味します。すなわちこの「人」には、新たな生き物を創造する能力があったということです。なぜならこれは、種の「進化」と「保存」を司る神にほかならないからです。
  ですからこれは、あちら側の世界で生じた出来事がそのまま、こちら側でも生じるということを説明するものです。
  また他の動物たちも、すべて神によって創られたものであるわけですが、「人」が名前を付けて、それを特定したことによって、現実の生き物になったのです。

  要するにここでは、新たな生物の誕生の原理と法則とが説明されているわけです。何の理由も原因もなく、現存するような様ざまな種類の動物たちが誕生したわけではないということです。それ等はすべて神が創った「基本形」、或いは「原形」に基づいて誕生したのです。

  また「土」でその形を創ったというのは、死ねばすべて土に返るという意味です。以前、「鳥」というものの「基本形」又は「原形」というものが、あちら側の世界に創られたと述べたのはこのことに関連します。そうした様ざまなものが、あちら側の世界に設定されたということです。

  従って、当然のことながら我々人類の「基本形」というものも、同様に、あちら側の世界に設定されていることになります。
  (ついでに申し上げておくならば、その基本形から外れた状態が「病気」です。身体の機能が、その「基本形」又は「原形」からずれている状態です。そのずれを修正することによって、病気が治るのです。ここに「気」というものが関与する余地があるわけです。)


  さて、そうして出来上がった動物たちの中に、人(男・雄)の伴侶となるものはいませんでした。そこで、人の伴侶が創造されることになります。
  ○「主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。」

  ○「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」

  この「人から抜き取ったあばら骨」で女を造ったという表現は、文章としてはあまり適切ではありません。正確には「人からあばら骨状のもの」を抜き取って、女を造ったと言うべきです。
  この文章は、主客が転倒しているのです。あくまでも主体はすでに存在している人(男・雄)なのであって、その「人」を多少加工して、女(女・雌)を創ったということです。

  さてそれでは、これは具体的にはどういうことかですが、まず大前提として「人」とされるものが、「男・雄」であるという点に注意する必要があります。つまり男から「あばら骨」に相当するものを取り除いたものが、「女・雌」であるということです。

  ではその「あばら骨」に相当するものというのは、一体何かということですが、それがどのような形状をしているかを思い浮かべれば、おおよその察しがつくはずです。つまり、それは「男根」です。あばら骨の形状とそそり立った男根の形状の類似性を考えれば、容易に了解することが出来ます。

  要するに「人」、即ち男から、その「あばら骨」に相当するものを取り去って、その跡を「肉でふさいだ」ことにより、突起物のない雌の生殖器(女性性器)が出来上がったのです。それ故に男(雄)と女(雌)は、都合好く「一体」となることが出来るのです。


  またこの部分は、第六の日の、
  ○ 「神はご自分にかたどって人を創造された。男と女に創造された」 という部分とも、重ね併せて考える必要があります。

  つまりここでは、地上の動物たちの種の保存のための原理、「有性生殖」を実現する雌雄の生殖器官が、このようにして創られたという説明がされているわけです。
   たとえ「有性生殖」が地上の動物たちの種の保存のための基本原理であるとしても、そのための身体的器官が必要となります。
  そして、その器官の成り立ちにも、神と「神の分身」が関わっていたことが説明されているのです。決して自然の成り行きだけで、これほどうまく出来あがったのではないということです。そうしたものを作り出す“力”が働いたということです。

  ですから、前段にある「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう」 という神の言葉は、動物たちの種の保存は「単為生殖」では、うまくいかないという意味になります。地上の高等生物の種の保存は、雌雄の「有性生殖」による必要があるということです。

  子孫に引き継がれる情報量が大きいと、遺伝子のコピーが正確に創れなくなります。その誤差が大きくなれば、種として存続できなくなります。
  この点で、単為生殖・無性生殖では限界があります。温度変化などの様々な刺激が加わると、突然変異が起きてしまうからです。
  そこで雌雄別々の個体で保存された遺伝子を結合させることによって、この問題が解決されたのです。それが有性生殖です。
  地上に出現した様々な種を保存するためには、そうした生物学的な必要性があったということです。そのことが説明されているのです。


  次に、男女の「性の目覚め」に関して、次のような説明がなされています。
  ○「人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。」

  ○ ところがずる賢い「ヘビ」が、女をそそのかして、神から取ることを禁じられていた木の実を、女に食べさせてしまいます。その木の実は、いかにもおいしそうに見えて女の目を引きました。

  ○ 女が、その実を男にも渡しましたので、男も一緒に食べてしまいます。

  ○ すると二人は、自分達が裸でいることが、急に恥ずかしくなります。

  ○ そして、二人は「イチジクの葉」をつづり合わせたもので、腰を覆うようになったのです。


  ここでの主役は、何といっても「ヘビ」です。しかも「主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった」とあるくらいですから、なかなかの知恵者であったようです。

  ところで、この「ヘビ」というのは一体、何を表わしているのでしょうか。果たして、本物の蛇を指すのでしょうか。もしこれを本物の蛇と考えると、いろいろと厄介なことになります。あの生物は、人と話が出来るほど賢かったのだろうかとか、何故に、女を唆す必要性があったのだろうかなどと余計な疑問が生じます。
  しかし、これもあの生物の極めて特徴的な形態を思い浮かべれば、容易に想像がつくはずです。伸びたり縮んだりして、しかもときどき鎌首を持ち上げるところなどは、まさにヘビにそっくりです。夢の中に登場するヘビは、男根を象徴する最たるものです。つまりここでは、象徴化という現象が生じているのです。

  そして、これが「男根」でなければならないのには、次のことが関連してくるからです。
  二人はおいしい果実を食べてしまった後で、お互いに急に恥ずかしくなって、「イチジクの葉」で腰を覆うようになるのですが、その腰を覆うために使った「イチジクの葉」は、一体、何を表わすのかということです。
  他にも木の葉っぱは、いっぱいあった筈です。なにもあの表面がザラザラした葉っぱを使わなくってもよさそうなものです。
  そうすると腰を覆うために使われたものが、「イチジク」の葉であることに何か、特別の意味があったのではないかということになります。

  イチジクの木というのは、傷を付けると、どこからでも「白い液体」が出ます。たとえ葉っぱをもぎ取っても、その付け根からは、やはり白い汁が垂れます。その「白い液体」が、何を意味するのかということです。これもあえて説明するまでも無いでしょう。

  ですから、二人が食べたそのおいしそうな果実というのは、具体的には性的な交わりのことを指します。そして、異なる性があることを知り、性的羞恥心が目覚めたのです。いわゆる「青い性の目覚め」というやつです。
  子供同士では、お互いにスッポンポンでいても何も感じないのに、思春期になると、若い男女が顔を合わせるのも恥ずかしがったりするのはそのためです。

  また、その果物がおいしそうに見えたというのは、人類にとっての性というのは、ただ単に種の保存だけが目的ではないということです。その美味しさを、よく味わって食べるものなのです。もちろんそれには、両者の合意が必要です。
  そのことが、女が渡した果実を、男も一緒に食べたというお話で、比喩的に説明されているわけです。


  次に「人類と神の国との断絶」の模様が、次のような形で説明がされています。
  ○ 神が近付く足音が聞こえたので、二人は怖くなって、隠れます。

  ○ 神がアダムを呼びます。「どこにいるのか。」

  ここにある神の足音というのは、巨大地震のことです。地殻の変動によって引き起こされる天変地異です。
  具体的には、アフリカの大地を、東西に引き裂く力によって引き起こされたものです。つまり「大地溝帯(グレート・リフト・バレー)」の形成が、この頃から始まったのです。その結果、西側には森が残りますが、東側は、乾燥化が始まります。

  そして、神がアダムを「どこにいるのか。」と言って探さなければならなかったのは、人類と神の国との間に、すでに断絶が生じてしまったことを説明するものです。
  つまり、我々人類は「智恵」というものを獲得したことによって、もう一つの能力を失ってしまったのです。それは他の動物たちに残されている、神秘的な能力のことです。

  我々人類は、自ら考える能力を獲得したことによって、人類の英知(智恵)というものを発達させました。それによって後に、文明というものを築くようになるのですが、その代償として貴重なものを失ったのです。それが神の国と交信する能力です。
  本来であればば、我々人類にも、他の動物たちが持っているような特殊な能力が備わっていた筈なのです。しかし脳の発達により、智恵というものを獲得したことと引き替えに、その能力が失われたのです。

  つまり「神によって食べることが禁じられた果実」を食べたことによって死んでしまったものというのは、そうした能力のことを指します。我々人類は、そうした能力を失った。即ち、それは「確実に死んでしまった」のです。人類と神の国との断絶は、既に、この時から始まっていたのです。


  また、そこには人類の「先祖」が、一体どのようなものであったかが次のように説明されています。
  ○ アダムは女を、エバ(命)と名づけました。彼女が、すべての命あるものの母となったからです。

  ○ 主なる神は、アダムと女に、皮の衣を作って着せられた。

  この「命あるものの母」というのは、「母性」の由来について説明したものです。つまり子孫を残すために、子を産み、その子を育てることが、雌の性を持つものの使命であるということです。
  またこれが、人類という「種」を存続させ、保存するための女の役割であるということです。

  そして、「皮の衣を作って着せられた」というのは、我々の人類の祖先が、毛皮の衣を着た「原人」であったことを説明したものです。
  つまり、彼らこそは、ようやく「類人猿」から分離した「最初の人類」であったということです。それがこの「アダムとイブ」であったということを説明しているのです。
  従って、この頃になってようやく「知恵を持った猿」、すなわち「人類の祖先」が誕生したのです。今から約五百万年ほど前のことでした。アフリカの大地に誕生した最初の人類です。


  そして、いよいよ人類の祖先たちは、次の段階で「直立歩行」への道を歩み始めます。そのことに関しては、次のように説明されています。

   神は、次のように言いました。
  ○ 『人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。』

  ○ そして二人を、エデンの園から追放します。

  ○ また命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置きます。

  本来の意味での「人類」は、彼等がエデンの園から追放されたこの時に誕生したと言えるでしょう。人類の祖先は、草原へ出ることによって「直立歩行(二足歩行)」をするようになったからです。つまり、現在のような人類が誕生するためには、恵まれた自然環境の「エデンの園」から追放される必要性があったのです。

  その背景としては、この頃に、大規模な気象の異変が起きたことが予想されます。その原因は、先ほど紹介した「大地溝帯(グレート・リフト・バレー)」の形成です。
  それにより、活発な火山活動が生じたものと考えられます。神の足音を巨大地震としたのは、このことに関連します。大地溝帯を形成する巨大な割れ目から、大量の溶岩が噴出したのです。

  それによって造山活動が生じ、地形が大きく変化しました。また気象にも影響を与えました。つまり、この頃に生じた大きな気象の異変によって、自然の楽園とされた「エデンの園」が消滅してしまったのです。
  東側の乾燥化が進んだ大地では、遂に森が消失したのです。豊富な食料を提供してくれる森が、失くなってしまったのです。そのことが、神による「エデンの園」からの追放という形で、比喩的に説明されているのです。

  そして森が無くなったことにより、人類は生存競争の厳しい平原(サバンナ)での生活を始めます。そこは「弱肉強食」の世界です。人類は、我が身を護るための硬い甲羅も持たなければ、敵と戦うための牙も持っていません。また今では高い木に登って、追って来る敵から逃げることも出来なくなってしまったのです。
  そうした状況から、一刻も早く敵から逃れるための手段として、視点を高くする必要性が生じたのです。敵の接近を、できるだけ早く知るためです。こうして人類は、遂に、後ろ足で立ち上がったのです。
  つまり生活の場が、森から平原に移ったことが原因となって、現在の人類につながるところの「 直立歩行 (二足歩行) 」の祖先が誕生したのです。
  そして、これ等のことを成し遂げた者が、今から約500万年前に生存したアダムとイブであったということです。


  また、そこに人が「永遠に生きる者となるおそれがある」と記されているのは、「霊」というものが、「不滅」の存在であると言われていることと関連するように思われます。
  本来、物質的な存在である人の寿命は、ある程度、年限が限られています。せいぜい長く生きても、八十年から九十年といったところです。百年も生きれば、かなり長い方です。肉体の老化、衰弱とともに寿命も尽きるわけです。
  ですからこれは永遠の生命を持つとされる霊と、物質的な存在である人間との間の調節が図られたことを説明しているのです。つまり人が、物質的な死を迎えた時には、それに付随している霊もその時点で、この世界での寿命を終えるということです。
  そして、人の肉体から離れた後の霊が、引き続き生き続けないようにするためには、霊へのエネルギー補給を遮断する必要があります。
  そのことが「命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置いた」という言葉で表わされているのです。それによって肉体と、霊との寿命の一致が図られたわけです。


  さてところで、ついでに申し上げておきますと、アダムは「九百三十年」も生きたことになっています。また、その後に続くセトは「九百十二年」、ケナンは「九百十年」、マハラルエルは「八百九十五年」も生きたことになっています。
  もし、これ等が事実であるとすると、原始の人達は、現代人の我々と比べて、かなりの長寿であったことになります。でも、それは、なんとなくヘンです。

  これは「アダム一族」の寿命がそれくらいであったと考えれば、なんなく解決することが出来ます。例えばアメリカインディアンの「アパッチ族」や「コマンチ族」というのは、一つの運命共同体としての部族の名前です。
  それと同じことで、そうした集団の名前が「アダム」であり、また「セト」であり、「ケナン」であったということです。ですから、一人の人間の寿命が、それほど長かったわけではないということです。

  むしろ当時の人達の寿命は、今よりも、かなり短かったのではないでしょうか。そして逆に、成熟は今よりも早かったでしょうから、仮に十歳くらいが結婚年齢であったとすると、930年間続いたアダム一族というのは、単純計算で「93世代」の世代交代によって維持たれた一族であったということになります。


 −−−− ○○ −−−−

 *** ○ ○ ○ ****


  さて、以上が、数千年前に記された『旧約聖書』の「創世記」内容です。
  そして、これまでに行った作業は、この不思議な書物を一つの歴史書として捉え、その内容を出来るだけ正確に読み取ることでした。決して書かれてもいないような話を勝手に捏造して、捻じ曲げた解釈をしたわけではありません。ただ単に分かりやすくするために、説明の足りていない部分を、若干補足したに過ぎません。

  それによって、この書物には、確かに歴史的な出来事が記されていると考えられるわけです。一部には「神の分身」や「霊」といった不可解なものも登場しますが、大筋としては、この書物を、一つの歴史書として捉えて差し支えあるまいということです。

  この章の冒頭でお断わりしたのは、このことです。この「創世記」の部分が、決して神話や寓話などではなく、歴史的な事実に基づくものであると述べたのは、まさしくこのような理由からです。間違いなく、一つの歴史書として読むことが出来るからなのです。

  さて、その場合に、問題となるのは、この書物には人類の歴史が始まる以前の出来事が、かなり正確に記されているということです。人類の始まりどころか、この世界の始まりの時から記されているのです。
  それは最先端の宇宙理論と結合させたときに、初めて理解できるものです。また最新の考古学的な知識に基づいて理解されるものです。従って、この書物の作者、すなわち原著作者たちには、当時の知識では絶対に知られるはずの無いことが知られていたことになります。
  科学技術の進歩した今日だから分かることが、その当時の人たちに、すでに知られていたのです。
  そのことを、どのように考えたらよいのだろうかということです。


  このような事実関係を認識したところから、次の段階へと進むことになります。そうすると、とんでもない世界観に到達することになります。
  そして、それが冒頭の一文、

  ○ 「初めに、神は天地を創造された」
    という部分に収斂されて来るのです。


  それについては、後の機会に、、、、。


    2001. 3. 4.      店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒