『旧約聖書』の「創世記」を歴史書として読む 〔 ― つづき ― 〕 
 ―――――――――――――――――――――――――――

     【 ― 補足事項 ― 】

  人類の誕生はこれまで、約五百万年前とされてきました。ところが、先日の新聞(2002年7月11日)によると、約七百万年前の猿人の化石が発見されたということです。しかもその場所は、大地溝帯(グレート・リフト・バレー)から2500キロも離れたチャド共和国(中央アフリカ)であるということです。従って、これまで定説とされて来た「イーストサイド・ストーリー」と呼ばれるシナリオに、変更が加えられるかも知れないということでした。
  ただし、その新たに見つかった猿人が、二足歩行をしていたかどうかは、今のところ確認されていないということです。もしそのことが確認されれば、人類の祖先は、限られた場所で誕生したのではなく、幾つかの地域で、ほぼ同時に誕生したことになります。

  そして、もし「イーストサイド・ストーリー」のシナリオに変更が加えられるとしても、我々がこれまで行った作業の内容を修正する必要はないでしょう。なぜなら知能を持ったサル、すなわち神から食べることを禁じられていた果実を食べてしまったサルは、大地溝帯が出来る以前から存在していたのであり、そうした群がアフリカ大陸の全域、或いは、世界の各地域に散らばっていたとしても、何ら不思議ではないからです。

  ただし樹上生活者であった彼等が、地上に降りて二本の足で歩き始めるには、やはり食料の豊富なエデンの園の喪失が不可欠だったのです。
  類人猿という種にとっては、樹上生活の方が楽だからです。そもそも体型そのものが、地上を歩くようには出来ていないからです。従って、どうしても地上に降りなければならない原因が必要になります。それが食料の豊富なエデンの園の喪失なのです。

  もし気候の変動によって、大規模な自然環境の変化が生じ、各地域で森林地帯の縮小・減少が生じていれば、人類の先祖は、そこいらじゅうで誕生したことになります。つまり今回発見された七百万年前よりもさらに古い二足歩行の人類がいたとしても、おかしくはないということです。


  −−− ○ ** ○ −−−


 ―― 前回からの続きです。 ――

  以前にも申し述べましたが、この書物は人類の誕生あたりから、妙に説教調になり、しかも教訓的な要素が増して来ます。
  これは後世の権力者たちにより、かなりの部分で、改竄(かいざん)が行われたためであろうと考えられます。要するに自分たちに都合のよい解釈が出きるように、原文を書き換えてしまったのです。人々を説得しやすくするためです。そのために原著者が記した言葉が、見え難くなっているのです。
  しかも、ここから先は、さらにその傾向が強くなります。ですからどの部分が原著作者の記した言葉であったかを、いちいち確かめながら進めなければなりません。これはなかなか厄介な作業になります。

  人類のその後の状況が、次のように記されています。


  ○ カインとアベルの物語

  まず、次のような説明があります。
  『 アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。 時を経て、カインは土の実りを主のもとに献げ物として持ってきた。 アベルは羊の群れの中から肥えた初子を持ってきた。主はアベルとその献げ物には目を留められたが、カインとその献げ物には、目を留められなかった。』

  そして、次のような一文が続きます。
  『カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した。』

  さらに次のような、神の言葉もあります。
  『何ということをしたのか。お前の弟の血が土の中からわたしに向かって叫んでいる。』


  この部分を、その語句のままに読んで内容を鵜呑みにすれば、兄のカインが弟のアベルを殺害する状況が浮かび上がって来ます。つまり人類史上、はじめての殺人事件が起きたということです。表面的には、そのようにしか読めないわけです。

  しかし、ここに大きな疑問が生じます。この書物ではこれまで、大自然の異変が中心に取り扱われて来ました。それも全宇宙的な規模、或いは、全世界的な規模で発生した出来事が記されています。
  ですから、ここで突然、兄が弟を殺した事件がテーマになるのは、少々違和感が生じます。あまりにも落差大きすぎるからです。

  そこで、もう一度原点に立ち返って、この書物を読む際の判断基準を明確にする必要性が生じます。
  つまり、原著者たちが記した本来の内容は、果たしていかなる出来事であったのかということです。要するにこの部分も、後世の権力者たちによって、主要な部分が書き換えられてしまったのではないかということです。
  そうした観点に立って、この部分をもう一度、読み直す必要性が生じるのです。

  そして、ここでもやはり、大自然の異変についての何らかの説明がなされているのではないかという視点に立って、この部分を読み直すと、次のような見方が可能になります。

  まず、主が、『カインとその献げ物には、目を留められなかった。』 とあるのは、主が目を留めるべき作物が、何も無かったという意味になります。

  つまり、乾燥化がさらに進んだために、大地の実りが減少し、ろくなものしか育たなくなってしまったのです。神への献げ物に適した作物が、何も採れなくなったのです。
  一方、羊は、野に生える雑草を食べて育ちますから、献げ物として使えるものに育ったのです。
  そのことが『主はアベルとその献げ物には目を留められたが、カインとその献げ物には、目を留められなかった。』と記されているのです。


  しかもこの辺りでは、乾燥化以外にも、さらに自然環境を悪化させる事態が発生したのです。大地溝帯の周辺では、活発な造山活動が起きました。つまり、火山が噴火したのです。

  そして、鉄分を多量に含んだ火山灰が降り積もったために、土壌が酸性の赤土に変わってしまったのです。
  土中の鉄分が、空気中の酸素と結合したものが赤土です。酸性の赤土は、植物にとって有害です。たいていの植物が育たなくなります。
  そのために、
  『 土を耕しても、土はもはやお前のために作物を産み出すことはない。お前は地上をさまよい、さすらう者となる。』
  という状態に立ち至ったのです。降り注いだ火山灰が、土壌の性質を変えてしまったからです。

  また、そこに、
  『カインは激しく怒って顔を伏せた』
  とあるのは、状況からすれば、ただ単に、赤い顔を伏せたと表現するのが妥当です。
  つまりカインの顔には、まだ類人猿の特徴が残されていたのです。そして、その顔が、赤土からの反射光によって、さらに赤く見えたのです。
  それが後世の人たちの勝手な解釈によって、怒りの表情にすり替えられてしまったわけです。そして、これが後の殺人事件に発展する伏線にされたのです。

  ただし、その後に続く、
  『 ---- 罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない』
  というのは、まったく別のことを指します。

  これは、人としての倫理観の目覚めと、人が欲望を満足させるために犯す「罪・科」との関係を指摘したものです。
  つまり、人として正しく生きるためには、様々な誘惑に打ち克つ強い意志が必要であるということです。欲望と欲求のままに行動すれば、必然的に罪を犯すことになるからです。こうした精神的な修養と、自己鍛錬の必要性を説いているわけです。

  ただし、この当時、実際に食料の争奪戦が起きて、互いの群れ同士で殺し合いにまで発展したことは、大いにあり得ます。おそらくそうしたことは、頻繁に起きていたに違いありません。
  しかし、カインがアベルを殺して、流れ出た血が土に染み込んで土地が呪われたために作物が育たなくなったというより、赤土が雨で流れ出して、それが血の川のように見えたというのが正しい状況認識であると思われます。
  つまり赤い顔を怒りの感情と結びつけたために、流れ出た血の色と赤い川とが結びつき、殺人事件の印象が強調されてしまったのです。それにより大自然の異変を説明した部分が、まるで抜け落ちてしまったのです。

  それは当時の権力者たちの意図が、強く働いたためであろうと考えられるわけです。つまり彼等には、原著作者が物語った言葉の真の意味が理解できなかったのです。
  こうしたことからも、この書物を読む際の判断基準を、再度、明確にする必要があったのです。当然のことながら、今後の展開にも影響を及ぼすからです。


  ところで、ここでもう一つ、人を殺した者が呪われるという思想は、次の『カインを殺す者は、だれであれ七倍の復習を受けるであろう。』という部分と関連させて考える必要があります。
  これは、前に紹介した仏教の「六道輪廻」の思想と同様の意味を持つからです。つまり人を殺せば、その罪によって、もう一度冥府の道に落ちるということです。「七倍の復習」を受けるというのは、犯罪者が罪を償うまでの経過のことです。要するにここでは、殺人という行為の罪の深さが説明されているわけです。


  ただし、そこに『 --- カインにしるしををつけられた』とあるのは、意味がよく分かりません。もしかすると、当時は、安全の確保された一定の地域から、他の場所へ移動することが、非常に危険であったことを説明しているようにも考えられます。
  『 ―― わたしに出会う者はだれであれ、わたしを殺すでしょう。』 というのは、人類が、それほど弱々しい存在であったことを示しています。自分自身を守るための武器を、何も持っていないからです。
  ただし、どのような「しるし」を付けると、それが回避できるのかが不明です。何か解明されていない現象があるのかもしれません。或いは、まったく別の意味で、まだ残っていた尾っぽの痕跡を指すのかもしれません。まだ類人猿としての特徴が残っていたということです。しかし根拠となるものが何もありませんので、これは不明とするしかありません。


    2002. 7. 17.        店主記す



 −−− ○ *** ○ −−−



   さらに続きます。 →→→ (予定)



 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒