〔3〕 須佐之男命と越の句践(こうせん)


  日本書紀によると、神武天皇(神倭伊波禮毘古命 = かむやまといはれびこのみこと) が大和の橿原の地に都を築いたのが、紀元前660年であったということです。ただしその後の歴代の天皇で、異常に長寿の天皇がいたりすることから、これは専門家の間では、編者によるフィクションであると考えられているようです。何と、百年以上も生きた人が、何人もいるのです。

  しかし、その天皇が一人でそれだけの年数を生きたのではなく、一つの名前が一族の間で代々世襲されたと考えれば、その天皇の時代が長く続いたことになっていても決しておかしくはありません。ですから、このことをもってして、日本書記の記述をまったくの創作であると断定することは出来ません.。
  ただし、その代わりに、須佐之男命が出雲の国に遣って来たのは、さらにその数年前に遡ることになり、かなり古い時代になってしまいます。つまり、紀元前、七百年ごろになるということです。中国の歴史で言えば、東周の時代です。

  紀元前、1027年、殷の紂王が、周の武王によって滅ぼされました。その武王が都を築いたのが、鎬京
(こうけい)です。今の西安のあたりです。
  周の時代は、大きく二つに分かれます。前半が西周(前1027〜前771)、後半が東周(前770〜前256)です。さらに、この東周の時代が、前後半に分けられます。前半が春秋時代(前770〜前403)、後半が戦国時代(前403〜前221)です。

  ( この時代に、各地に有力な諸侯が現れる。それが「覇者
(はしゃ)」と呼ばれる。「春秋の五覇」と呼ばれたのが、「斉の桓公」「晋の文公」「越の句践(こうせん)」「呉の夫差(ふさ)」「楚の荘王」である。 春秋時代の始めには、約200ほどあった国が、終わり頃には、約20ほどに減ったという。)

  秦の始皇帝が中国を統一したのが 紀元前、221年ですから、紀元前七百年というのは、それより約五百年も前のことです。まさに乱世の時代でした。
  果たして、東周の王も “天照大御神” の一人に加えてよいものかどうか、また須佐之男命はそもそも、その時代まで遡る人物であったのかどうか ・ ・ ・ ・ ?。 こうした疑問が生じることになります。

  それにしても、春秋の五覇たちはどのような旗印を使っていたのか、何か手掛りが残されていないものでしょうか。


                              
 2003.  11. 20.      店主記す






    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒