〔4〕 ヤマタノオロチ退治の痕跡??


  前に紹介しましたように、出雲国風土記の神門郡の条には、日淵川に『池』を造るために古志の人たちが遣って来て、堤を築いたという記述があります。

           ↓

      古志(こし)の郷(さと)  即(すなわ)ち郡家(こほりのみやけ)に属(つ)
    けり。イザナミ命の時、日淵川(ひぶちかわ)を以(も)ちて池を築造(つく)
    き。 その時、古志の国人等(くにひとら)、到来(き)たりて堤(つつみ)を為
    (つく)りき。即(すなは)ち、宿(やど)り居(ゐ)し所なり。 故(かれ)、古志と
    いふ。
            ( 以上 『風土記』 岩波書店 日本古典文学体系 より )


  そして、この本の脚注での説明によれば、日淵川というのは、神西湖に注ぐ保知石谷川のことであるとのことでした。


  そこでインターネット上にある地図で調べてみたところ、この川の流れは、どうやら立久恵山から始まっているようです。しかも、途中の平成町から知位宮町、及び芦渡町の近辺には、川を挟んで池のように見えるものが幾つか点在します。或いは、溜池かも知れません。

   参照した地図はこちらです。
     ↓ 
 http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.18.5
8.567&el=132.43.9.224&la=1&sc=3&CE.x=271&CE.y=361



  また、立久恵山からはもう一本、新宮川が流れ出しています。そして、この川の上流部にあたる古志町の付近にも、池のように見えるものが幾つか点在します。

  参照した地図はこちらです。
     ↓ 
 http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.18.27.
556&el=132.44.24.056&la=1&fi=1&sc=3



  ところで、この二本の川は下流で、もう一本の別の川に合流します。名前が分らないのですが、神戸川から始まり、妙蓮寺のあたりで新宮川に合流し、さらに知井宮町で保知石谷川に合流する川です。どちらに向かって流れているのかも分かりません。



  さて、こうした新たな事実関係を考慮した上で生じる疑問は、次のようなことです。
   【一】 この二本の川の上流部に点在する幾つかの池は、人工的に創られたものではないのか。
   【二】 二本の川が合流している名前が分からない川は、人工的に掘られたものではないか。


  手許に現地の詳しい地図が無かったうえに、また日淵川
(保知石谷川)は斐伊川からやや離れていることから迂闊にも見逃していたのですが、この川も頻繁に洪水を起こしたために、流れを変える工事が行われた可能性があります。そして名前が分からない川は、そのために人工的に掘られた水路ではないかということが考えられるのです。

  要するに、その名前が分からない川は本来、自然にここにあるべき筈のものではなく、川同士の水捌けを良くする為に人為的に掘られた川であり、それにより神西湖が出来たということもあり得ない話ではなかろうということです。

   さらにこの考え方を発展させると、かつては神戸川も斐伊川に合流しており、それにより洪水が頻繁に発生していた可能性が考えられます。従って、神戸川を斐伊川から分離するに当たって、その手始めに、まず日淵川、新宮川に手が付けられたということも考えられるわけです。それがやまたのおろち伝説≠フそもそもの原型であろうということです。


  いずれにしても、そうしたことが人為的に行われた形跡が、何か、残されていないだろうかということです。そうした諸々のものが、人工的に造られたことを覗わせるような不審な点が、現地に痕跡として、何か残されていないかということです。

  ただし『古事記』にしても『風土記』にしても、そこに記されている出来事は二千年も前のことです。その痕跡が容易に見つかるとは思えません。ただでさえ二千年という長い歳月の間には、地形も変われば、地勢も変化します。土地の風化が進めば、すべての痕跡が消え失せてしまいます。
  もし見つかれば日本の歴史が変わる大事件、大発見ですが、そのことを裏付けるための検証はさらに困難です。

  今回たまたま地図上で、池とおぼしきものが記されているのを発見したことから、もしかするとこれが出雲国風土記の記述を裏付けるものではないかと思い、一応、ここに紹介しておくことにしました。


                                        2005. 10.  13.     店主記す







    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒