〔1〕 須佐之男命と乂印の銅剣


   「× or 乂 」 のマークに関して、これまでに判明したことを整理して、ここに記しておくことにします。

  下の二重丸の中に「乂」の文字が書かれた図形は、中国の皇帝の誕生を祝う「万寿節」で使われる飾り物、『 康煕六旬万寿豊図巻(上巻)康煕期 』 の中に描かれているものです。

              

  このマークと、荒神谷遺跡で発掘された銅剣、及び、加茂・岩倉遺跡で発掘された銅鐸に刻印されている「×」印は、同じものではないかと考えられるわけです。堅い金属に刻印することの困難な二重丸の部分を省略して、中の乂印だけを印したと考えられるからです。この印だけで、持ち主を特定することが可能だからです。
  従って、『古事記』の記述と照らし合わせたときに、このマークを部族の旗印とした人物こそが、突然出雲の国に現われた須佐之男命その人ではないかという考え方が成り立つことになります。つまり、その人物は、はるばると中国大陸から遣って来たのではないかということです。そのことを確認するために、参考となる資料を集めています。
  これまでに集まったものは、以下のようなものです。



  【 一 】

  「乂 」の読み方は、ガイ です。
  意味は、「刈る」 又は、「支配する。治める」 です。

   別の使われ方として、「 俊乂 」という熟語があります。
    「 俊乂 」 = 才徳の優れた人のこと。
  ある本の解説では、『 千人に優れたるを、俊という。百人に優れたるを、乂という。』 となっていました。

  その旗印が、こうした意味を持つとしたら、もしかすると対象となる人物は単なる武人ではなく、智に優れ、才に富み、徳に秀でた人物であったのかもしれません。つまり、人々から慕われた人物であるということです。
  この点は須佐之男命が、『古事記』の中で、かなり粗暴な人物に描かれていることとはややニュアンスが異なります。



  【 二 】

   先に紹介したホームページの金文の説明のところで、この文字に関して、次のような記述がしてありました。

   『  この字の左半分は、「 (そう) と「 (たい) で、これは「(げつ) という字です。「説文」(1458)にも収録されています。漢字が2つ以上の部分から構成される場合、どれか一つがその文字の発音を表わしていることがしばしばあります。これを「形声文字」といい、発音をあらわす部分を「諧声符」または「声符」といいます。そこで、この字を、「(げつ) を「諧声符」とする「形声文字」と見て、これを手がかりに探っていくのです。すると、「治める」という意味を持つ「乂」 (がい) という字が浮かんできます。両者は理論的に再構成された周代の発音では非常に似ており、また文脈からも「治める」と読むと意味がよく通ります。そこで、この字を「乂」(がい) の仮借であると解釈するのです。無論、これは一つの解釈に過ぎません。しかし多くの類例を集め、それらに対しても、同様の解釈が可能であるという事実の積み重ねによって、この字が「乂」(がい) の仮借であることが、次第に定説として認知されるようになってきたのです。
 
 ( 東京大学総合研究博物館 大西 克也   参照ホームページ ↓
     
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/DM
_CD/DM_CONT/KINBUN/HOME.HTM )



  上の説明文にあるように、周の時代の発音では、「ゲツ」と「ガイ」が非常によく似ていたということです。するとここに、もう一つの可能性が浮上して来ます。それは、月氏、大月氏との関連性です。

   『古事記』の五穀の起源には、須佐之男命が、オオゲツヒメ神を殺したことが記されています。しかも須佐之男命は、高天原から追放される際に、髯を切られ、手足の爪も抜かれたことになっています。これは実際には、敵と戦う際に必要な武器や、武具、鎧甲等を携行することが禁じられたことを現わしていると考えられます。つまりここでも象徴化、抽象化、擬人化といった現象が起きているのです。
  従って、このことから推測されるのは、須佐之男命はオオゲツヒメ神から武器や、武具を奪い取って持って来たのではないかということです。それならば、それらの武器・武具に大月氏を表わす発音記号として、乂(ゲツ=ガイ)の文字が刻まれていたとしても不思議ではありません。(入れ子状態で見つかった銅鐸も、団体戦で必要な武具の一つだったのです。) つまり、荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡で発掘された銅剣や銅鐸は、もともとは大月氏の持ち物であったということです。
  さて、そうした場合に、果たして大月氏が用いた旗印が、この二重丸の中に乂印のマークだったのでしょうか。

  因みに、その大月氏に関しては、過去に次のような経緯があります。
  紀元前 176年頃、月氏国は、
匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)の攻撃を受けました。そして、天山山脈の北へ逃れた主力が、大月氏と呼ばれました。黄河の西(河西地方)に残った勢力が、小月氏です。
  その後、紀元前、150年ごろにも大月氏は、匈奴の攻撃を受けて西遷し、アフガニスタン北部、オクサス川の北に移動しました。
   武帝の使いとして、張騫 (ちょうけん) が大月氏のもとを訪れたのは、さらにその後のことです。紀元前、139年のことでした。

  この歴史的な出来事との関連性はあるのでしょうか。
  大月氏を攻めた冒頓単于(ぼくとつぜんう)は匈奴ですから、皇帝と近しい関係には無かったと思われますが、今の段階ではすべての可能性を否定することが出来ません。つまり冒頓単于が、須佐之男命である可能性もあるということです。彼等が使っていた旗印を知る方法は、果たしてないものでしょうか。



  【 三 】

  「× or 乂」のマークは、日本国内の遺跡、文化財にもつけられているということです。

  1991年(平成3年)5月7日付の読売新聞(夕)に、大阪成蹊短期大学教授(日本史)の岡田保造氏の 『謎の×刻印 ―島根・荒神谷遺跡の銅剣』 と題する一文が掲載されています。
  その中に ×印や、 ×の上下に横線を引いて三角形を上下に向き合って組み合わせたような印し、さらに□の中に×を書いたもの等が、幾つか紹介されています。けっこう長い文章なので、要約して紹介しておきます。

  (一) 「×」印が記されているものとしては、
    〇 高知県 須崎市出土の中細形銅剣の剣身下部に×印が彫られていた。
    〇 中国 河南省 臨汝県 閻村で発掘された新石器時代の「紅陶」には、鶴と魚と石斧が描かれているが、その石斧の柄の部分に×印が描かれている。
    〇 現代の民芸品である「博多はさみ」の柄の表裏に、左右二つづつ×印が彫られている。
    〇 奈良県 薬師寺 金堂本尊の台座 及び 明日香村の高松塚古墳 壁画に四神の青竜像が描かれているが、いずれの青竜も首の部分に×印を模した飾りが描かれている。(新聞には、その部分の写真が掲載されています。)

  (二) ×の上下に横線を引いて、三角形を上下に向き合って組み合わせたような印
    〇 大阪府 茨木市 東奈良遺跡から出土した銅鐸の鋳型の茎部にその印しが付いていた。

   この他にも、城の石垣や、軍旗の乳の部分、海女のあたまかぶりにもこれ等の印しが施されていることが紹介されています。

  こうした事例を紹介した上で、氏はこれ等に記されている×印には、魔除けの意味が込められていると解釈し、荒神谷遺跡で発掘された銅剣に付けられている×印にも、同様の意味があるのではないかとして、
  『 --- 有史以前より鎮めや攘災を×印の呪力に託したのは確かである』 と述べておられます。

  もちろんこの結論で、すべてが納得できれば、これ以上調べる必要性はなくなります。
  ところで事例として紹介されたものの中で、高知県 須崎市出土の中細形銅剣には、興味が引かれます。もしかすると荒神谷遺跡の銅剣と同じ種類のものでなないかと思われるからです。
   また、中国の新石器時代の「紅陶」に描かれていた石斧の柄の×印には、重要な意味があるかも知れません。つまり太古の時代まで遡る部族が存在した可能性があるからです。

  因みに、やや不確かな情報ながら、御柱祭で有名な長野県諏訪市の諏訪大社の柱にも、かつては×印が刻まれていたそうです。ここは『古事記』の国譲りの場面にも登場する地名ですから、銅剣、銅鐸の×印との関連性が大きくなります。
     御柱際の写真  → 






    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒