〔5〕十種神宝(とくさのかむだから) 


  歴史上の人物としても知られる物部氏の祖先は、ニニギノミコトよりも先に地上に降臨したニギハヤヒノミコトであるということです。そして、そのニギハヤヒノミコトが降臨する際に、天神御祖から授かったとされるものが、「十種の神宝」と呼ばれるものです。

  ただし、これは物部氏に伝わる『旧事本記
(くじほんぎ)』の中に記されている物であり、記・紀には、このことについて詳しくは記されていません。
  『古事記』には単に、ニギハヤヒのミコトが神武天皇に、「天津瑞
(あまつしるし)」を捧げたとだけ記されており、また『日本書紀』には、ニギハヤヒのミコトに仕えていたスネナガヒコが神武天皇に、天つ神の子である証として、「天羽羽矢(あまのははや)」と「歩靭(かちゆき)」を見せたことが記されています。

           
( 以上、参考資料 『天皇の本』 学研刊 参照 )


  このことから、『旧事本記』に記されているそれ等の神宝は、何らかの事実に基くものであると考えることが出来ます。


   参考資料として上にあげた『天皇の本』の中には、「十種の神宝古図」が描かれています。

  温都鏡
(おきつかがみ)     辺都鏡(へつかがみ) 
  八握剣
(やつかのつるぎ)    生玉(いくたま) 
  死反玉
(まかるがえしのたま)  足玉(たるたま)
  道反玉
(ちがえしのたま)    蛇比礼(おろちのひれ)
  蜂比礼
(はちのひれ)      品物比礼(くさぐさのものひれ)  

  以上の十点です。
  それぞれがなかなか奇妙な形の図形です。


  インターネット上にも、この神宝について論究したものがあります。
  そこには、さらに興味深い形状の図形が記されています。中には、想像を加えて描いたものもあると思われますので、その全てを信頼するのは無理があるとしても、参考までに幾つかのサイトを紹介しておくことにします。


                   



  ここで興味深いのは、上に紹介したサイトの所有者の中に、荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡から出土した銅製品につけられている「× or 乂」のマークとの関連性について触れている方がいることです。つまり両者が、何らかの関連性を有するものとして捉えられているわけです。

  それには描かれた図形が、× or 乂に似た部分のあることが上げられます。蜂比礼(はちのひれ)と品物比礼(くさぐさのものひれ)は、×と乂が、そのまま図形化されているようにも思われます。
  ただし、『天皇の本』の中に描かれている図形には、そうした形状は含まれていません。この点で、少々違和感があります。本来の形状がどのようなものであったのか、正確なところを知りたいものです。

  もちろん今の段階では、そうした関連性も敢えて否定する必要性はありませんので、大きな可能性の一つと考えることが出来ます。
  ことに、比礼(ひれ)というものの存在が重要なのです。これがが果たして、何を表わすのかということにつながるからです。つまり、何に使われたのかということです。
  そして、この比礼と、そこに描かれた図形が、他の部族との戦いの際には、敵、味方を見分ける旗印として使われたのではないかと考えることが出来るからです。そうした意味合いから、非常に興味深い品々なのです。


                                        2008. 6.  17.     店主記す







    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒