スサノオノミコトの足跡と経路
 ――――――――――――――――


  『古事記』には、高天の原へ遣って来たスサノオノミコトがあまりにもひどい乱暴狼藉を働いたために、天照大御神が天の石屋戸に籠もってしまい、世の中が真っ暗になってしまったという話が記されています。『天の石屋戸』として章建てされている部分です。
  人々はなんとかして天照大御神を、その石屋戸から引っ張り出そうと、様々な工夫を凝らしました。そして大騒動の結果、ようやくにして天照大御神を、その石屋戸から引っ張りだすことに成功しました。
  その原因を作ったスサノオノミコトには、責任を取らせて、高天の原から追放しました。
     ↓

  「 −−− 速須佐之男命に千位
(ちくら)の置戸(おきど)を負わせ、また鬚(ひげ)を切り、手足の爪も抜かしめて、神逐(かむや)らひ逐らいき。」
           
 ( 『古事記』 岩波文庫版 天照大神と須佐之男命  4 天の岩屋戸 p38 )


  スサノオノミコトに関する記述は、次の『五穀の起源』の部分へと続きます。ただし、この部分は書物の編纂、制作の過程で事実関係の捕え方に大きな誤謬が生じているため、そこに記されている文言をそのまま解釈しても、何も見えて来ません。不可解な混乱が広がるだけです。事実関係を再構築する必要があります。この件に関しては、次のページで説明することにします。

  その後に続くのが、例の有名な『須佐之男命の大蛇退治』のお話です。高天の原では乱暴狼藉の限りを尽くしたとされる極悪な人物が、一転して人々を救ける善人となって登場するのです。
  ただし、この部分は、毎年、雨季に入るごとに氾濫する大河、斐川の治水工事の様子が様々に象徴化され、神話化されて記されたものでした。つまり、酒船方式のダム製造技術を用いた大規模な治水工事だったのです。この件については、すでに述べたとおりです。

  
その最初の部分には、スサノオノミコトの登場の様子が、次のように記されています。

  「 故
(かれ)、避追(やら)はえて、出雲の国肥(ひ)の河上、名は鳥髪といふ地(ところ)降りたまひき。」
                   
 ( 同 6 須佐之男命の大蛇退治 p39 )


  さて、前後のこうした一連の流れをそのまま受け取ると、スサノオノミコトは高天の原から、いきなり出雲の国へと遣って来たことになります。途中経過の記述が何もありませんから、必然的にそうなってしまいます。

  しかし、もし高天の原が中国大陸にあった国であるとするなら、その間には朝鮮半島と、日本海という大きな障壁が横たわっています。遠路はるばると、その難関を乗り越えて遣って来たのです。
  それなのに一切の痕跡が残されていない、はたまた何も記録が残されていないというのもやや不可解です。事実関係の記載が洩れている可能性があります。

  そこで、もうひとつの歴史書である『日本書紀』を調べてみると、その欠けている部分を見つけ出すことができました。つまり、『古事記』には記されていない新たな事実が存在するのです。


  まず、スサノオノミコトが置かれた境遇が、次のように記されています。
  高天の原から追放されたスサノオノミコトは、周囲の人々からも完全に見放されて、誰からも援けてもらえない状況に置かれました。
     ↓

  「 時に、ナガメ降る。素戔嗚尊、青草を結束(ゆ)ひて、笠蓑(かさみの)として、宿を衆神(もろかみたち)に乞う。衆神の曰(い)はく、「汝
(いまし)は是(これ)(み)の行(しわざ)濁悪(けがらわ)しくして、 −−− 如何(いかに)ぞ宿(やどり)を我に乞ふ」といひて、遂(つひ)に同(とも)に距(ふせ)く。
               
 (  『日本書紀』 岩波文庫版 巻 第一 神代 上 第七段  p 86 )


  ここに記されているように、雨が降っても被る笠や蓑が無いばかりか、日が暮れて、泊る所を探しても、すべての人たちから宿を断られたのです。その結果、雨風の中を、野宿しながらの旅をすることになったのです。
    ↓

 「 是
(ここ)を以て、風雨(かぜあめ)(はなは)だふきふると雖も、留まり休むこと得ずして、辛苦(くるし)みつつ降りき。」
                         
 ( 同 神代 上 第七段  p 86 )


  ただし次の部分には、スサノオノミコトが単身ではなく、多くの伴人を引き連れていたことが記されています。その数、約五十人ほどです。これは同時に、朝鮮半島での足跡が明らかになる重要な部分です。
    ↓

  「 是の時に、素戔嗚尊、其の子
(みこ)五十猛神(いそたけるのかみ)を帥(ひき)ゐて、新羅国(しらぎのくに)に降到(あまくだ)りまして、曾戸茂梨(そしもり)の処(ところ)に居(ま)します。」
                          
 ( 同 第八段  p 98〜p100 )


  ここに五十猛神とあるのは、百人の半分ほどの猛者たちという意味です。すなわち一個団体の部下たちを従えて、新羅国まで来たことになります。
  曾戸茂梨(そしもり)については、同書の解説文に、『当時の新羅言葉で言う首都』を指すのではないかという説明がしてあります。 ( 同 p101 ) 

  つまりこの国の国王の許に身を寄せたということです。

  そして、この部分は、次のように続きます。
     ↓

  「 乃
(すなわ)ち興言(ことあげ)して曰(のたま)はく、「此の地(くに)は吾(われ)(を)らましく欲(ほう)せじ。』とのたまひて、遂に埴土(はに)を以て舟に作りて、乗りて、東に渡りて、出雲国(いずものくに)の斐の川上に所在(あ)る、鳥上(とりかみ)の峯(たけ)に到る。」
                          
 ( 同 第八段  p 100 )

  つまり、『この国の人たちは、どうやら我々に居て欲しくないようだ、と思って、埴土(はに)を用いて舟を作り、それに乗って出雲の国へ遣って来た』ということです。
  ここでも新羅国からいきなり出雲国へ来たかのようになっていますが、その後の部分に、実はかなり長い途中経過のあったことが記されています。また、この埴土(はに)で作った舟の大きさは分かりませんが、五十人もの人たちが一度に乗れるほど大きくはなかったでしょうから、数隻の舟で何度も往復して、人々を運んだことになります。


  次の部分には、スサノオノミコトの一行が最初に到達した地点は、筑紫(九州)であり、その後、紀伊の国(和歌山)へと移動したことが記されています。また、その際に、たくさんの樹種を持ち込んだことが記されています。
     ↓

  「初
(はじ)め五十猛神(いそたけるのかみ)、天降(あまくだ)ります時に、多(さは)に樹種(こだね)を持ち下る。然れども韓地(からくに)に植ゑずして、尽(ことごとく)に持ち帰る。遂に筑紫より始めて、凡て大八州国(おおやしまくに)の内に、播殖(まきおほ)して青山を成さずということなし。ー 中 略 ーー 即ち紀伊国(きのくに)に処坐(ましま)す大神是なり。」
                                
 ( 同 第八段  p 100 )


  ただし、ここに『−− 韓地に植えずして、尽に持ち帰る』となっているのは、実際には『持ち来る』が正しいことになります。中国大陸から持って来たたくさんの樹種を、韓国では播かずに、すべて日本国内まで持ってきて播いたということです。
  この書物の編纂者が、スサノオノミコトはそもそも日本国内にいた人物であるという先入観を持っていたため、いったん持ち出したものを『持ち帰った』というように誤解したのです。

  スサノオノミコトの一行は、中国大陸から朝鮮半島まで下ったものの、そこではあまり歓迎されなかったどころか、むしろ邪魔者扱いされたために、持って来た樹種を、そのまま大八州国(日本国)まで持って来て撒いたということです。それにより日本中の凡ての山々に木々が茂ったのです。

  また、次の部分には、
   『 素戔嗚尊がヒゲを抜いてばら撒くと、それが杉の木になり、胸の毛を抜いてばら撒くと、それがヒノキになり、尻の毛を抜いてばら撒くと、それがマキになり、眉の毛をばら撒くと、それがクスの木になった』といった内容のことが記されています。
  これもスサノオノミコトの一行が持ち込んだ多くの樹種を、日本国中にばら撒いたために様々な種類の木々が育ったというものであり、内容的には、上に紹介した部分と一致します。
  そして、この部分は、次のような重要な一文へと続きます。
     ↓

  「 然
(しこう)して後に、素戔嗚尊、熊成峯に居(ま)しまして、遂に根国(ねのくに)に入りましき。」
                            
 ( 同 第八段  p 102 )


  つまり、紀伊の国の熊成峯から、最終的に、根国に入ったのです。これがスサノオノミコトが出雲国に出現するまでの途中経過であると考えたとき、根国こそは即ち、出雲国であると判断することが出来ます。つまり、素戔嗚尊が目指した最終目的地は出雲国であり、別名、根国であるということです。ただし、そこへ行き着くまでに、様々な過程、経緯があったということです。

  これまでは、この認識が無かったために、天上界が必要になり、そこから天降ったという神話的解釈が必要になったのです。
  しかも『古事記』の編纂者でさえ、この認識を持っていなかったために、すでに原文の段階で様々な過ちが生じているのです。つまり、『古事記』の原文の記述から疑って掛らなければならないわけです。

  ここで足跡と経過を分かりやすくするために、図で示すと、下のようになります。

  高天原  →  新羅国(韓国)  →  筑紫    → 紀伊国(熊成)  → 出雲国(根国)
  (中国大陸)   (朝鮮半島)     (九州の福岡)   (本州の和歌山)  (本州の島根)



  さて、ところでこの当時、倭
(やまと)の国は、どのような状態であったのかという疑問が生じます。おそらくこの当時の国政の中心地は出雲国であり、倭はまだ栄えていなかったのでしょう。それ故に、スサノオノミコトは素通りしてしまったのかも知れません。
  ですから倭国は、大国主命の国譲り以後に栄えたと考えるのが正しいかもしれません。もちろんこれは想像であり、今のところ何の根拠もないものですが ・ ・ ・ 。


                                        2009. 5.  26.     店主記す






    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒