豊葦原水穂國の正当な支配者 
 ――――――――――――――――

   神武東征 〔其の 一〕

  神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)、その同母兄(いろせ)五瀬命(いつせのみこと)と二柱、高千穂宮(たかちほのみや)に坐(ま)して議(はか)りて云(の)りたまひけらく、
  「何地(いづこ)に坐(ま)さば、平らけく天(あめ)の下(した)の政(まつりごと)を聞(き)こしめさむ。なほ東(ひむがし)に行かむ。」
  とのりたまひて、すなはち日向(ひむか)より發(た)たして筑紫に御幸(い)でましき。

                     ( 『古事記』 岩波文庫版 中つ巻 神武天皇 1東征 P79 )


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
       ↓

  神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命(=若御毛沼(わかみけぬ)命 = 豊御毛沼(とよみけぬ) 《後の神武天皇》 は、兄の五瀬命(いつせのみこと)と高千穂宮(たかちほのみや)に於いて、今後の方針を協議しました。
  果たして、いずれの地へ行けば、天下を統一する政治を実現することが出来るだろうかと。
  そして、協議の結果、東の方角へ行くことを決定しました。
  一行は、日向(ひむか)の地を出発して、まず最初の目的地である、筑紫に到着しました。


  * * ** ○ ☆ * ☆ ○ * * *


  【 豊葦原(の)水穂(の)國の正当な支配者 】


  神倭伊波禮毘古命が、東の方角に進んで行くことを決断したのは、かつて天照大御神が正勝吾勝勝速日天(の)忍穂耳(の)命に指示した内容と、相互に関連付けて捕らえる必要があります。
        ↓

  ここに天照大御神、高木(の)神の命もちて、太子(ひつぎのみこ)正勝吾勝勝速日天(の)忍穂耳(の)命に詔りたまひしく、
  「今、葦原(の)(つ)國を平(ことむ)け訖(を)へぬと白せり。故、言依(ことよ)さしたまひし随(まにま)に、降(くだ)りまして知らしめせ。」とのりたまひき。
  ここにその太子正勝吾勝勝速日天(の)忍穂耳(の)命、答へ白したまひしく、
  「僕(あ)は降らむ装束(よそひ)しつる間に、子生(あ)れ出でつ。名は天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)ぞ。この子を降すべし。」とまをしたまひき。
        / ーー 中 略 ーー /
  ここをもちて白したまひし随に、日子番能邇邇芸命に詔科(みことおほ)せて、
  「この豊葦原(の)水穂(の)國は、汝(いまし)知らさむ國ぞと言依さしたまふ。故、命の随に天降るべし。」とのりたまひき。

      ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 1天孫の誕生 P64〜65 )


  上の一文にあるように、正勝吾勝勝速日天(の)忍穂耳(の)命に下された天照大御神の指示は、
  『葦原(の)中(つ)國を / ーー 略 ーー / 知らしめせ。』というものでした。
   この指示は、次にそれを引き継いだ日子番能邇邇芸命に対しても、そのまま申し伝えられました。しかも日子番能邇邇芸命には、そのことを証明する品として、三種の神器が授けられました。
         ↓

  ここにその招(を)きし八尺(やさか)の勾玉(まがたま)、鏡、また草薙剱(くさなぎのつるぎ)、また常世思金神(とこよのおもひかねのみこと)、手力男神(たぢからをのみこと)、天石門別神(あめのとはとわけのみこと)を副(そ)へ賜ひて、詔りたまひしく、
  「これの鏡は、専(もは)ら我が御魂(みたま)として、吾が前(まへ)を拝(いつ)くが如(ごと)(いつ)き奉(まつ)れ。次に思金(の)神は、前の事をとりもちて、政(まつりごと)せよ。」とのりたまいき。

      ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 3天孫降臨 P66 )


  しかしながら日子番能邇邇芸命は、その使命を果たせないまま、亡くなってしまいました。従って、子孫たちが、証拠の品々と一緒に、その使命を継承することになります。

  まず邇邇芸能命と、木花の佐久夜毘売の間には、〔一〕火遠理命(ほをりのみこと)が誕生しました。
  次に火遠理命と、豊玉毘賣命との間には、 〔二〕鵜葺草葺不合命が誕生しました。
  そして、建鵜葺草葺不合命と、玉依毘賣(たまよりびめ)命との間に生まれたのが、この〔三〕神倭伊波禮毘古命でした。
  つまり、三世代後の子孫に当たる神倭伊波禮毘古命は、天照大御神が日子番能邇邇芸命に下した、
  『豊葦原(の)水穂(の)國は、汝(いまし)知らさむ國ぞと言依さしたまふ。故、命の随に天降るべし。』
  という詔を、そのまま引き継ぐ立場にあったのです。
  しかも、手元に三種の神器がある以上は、その使命を受け継ぐべき必然性があったことになります。


  また、船の修理に使う鉤型の釘を製造するために必要な技術は、天照大御神の承認なしには提供されませんでした。刀剣などの武器、武具の製造に直接結び付く鉄製品の製造技術は、高度の軍事機密であり、最高権力者の了承が得られなければ、絶対に外部には持ち出せないものだったからです。
  従って、その製鉄作業の立役者であった建鵜葺草葺不合命と、それを補佐する玉依毘賣(たまよりびめ)命の間に生まれた神倭伊波禮毘古命は、すでにその時点で、日子番能邇邇芸命の後継者として認定されていたのです。つまり、高天の原の承認が得られた人物であったということです。

  ところが、大国主命との間で交わした“ 国譲り” の約束の時点から、かなりの年月が隔ってしまいました。そして、現在の豊葦原(の)水穂(の)國の中心地は、出雲ではなくて、すでに東国の倭の國に遷っていたのです。従って、その地で最大の勢力を有する者に対して、我こそが、この国の正当な支配者であると認めさせる必要があったのです。

  神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)と、兄の五瀬命(いつせのみこと)が、東の方角へ行く決断をした背景には、このような経緯が隠されていたのです。つまり、豊葦原(の)水穂(の)國の正当な支配者は、この国のどこへ行ったら、その使命を果たすことが出来るかということです。敢えて言うまでも無く、最終的に目指す目的地は、倭の国であったということです。


  【 出発地点 】


  宮崎県日向市の南に、耳川という川があります。その河口にあるのが、美々津港です。そして、この美々津の町には、古くから神武東征の出発地点としての伝承が残されています。
  その内容には、かなりこまごまとしたことまでが含まれており、後世の人たちが、無理にこじつけて創作したものではないと思わせるものがあります。
  ネット上に紹介されているエピソードの幾つかを、まとめて紹介すると、次のようになります。( 尚、繁雑になるために、出典場所のアドレスの紹介は省略させて頂きます。)

  〔一〕 この地から出港した神武天皇の一行は、沖に浮かぶ一ッ神と、七ッバエと呼ばれる二つの岩礁の間を通って旅立って行った。
   その後、天皇の一行が戻ることがなかったために、この岩礁の間を通ると、二度と戻れないとされている。今でも、そこを通って沖に出る漁船は無いということである。

  〔二〕 船の出港は当初、旧暦の八月二日と決められていた。里の人達は、天皇にお祝いの「餡入りのだんご」を差し上げるための準備をしていた。
   ところが天候の都合により、急に船出が一日早くなった。人々は、すべての材料を一緒にして、急ごしらえの団子を作った。それを天皇に差し上げた。
   その『つきいれ団子(お船出だんご)』は、今でも美々津の名物となっている。

  〔三〕 里の人達は急な出立に、見送りをするために、まだ寝ている各家の雨戸を、「起きよ」「起きよ」と言いながら起こして廻った。
   この古事にちなんで、旧暦の八月一日には、「おきよ祭り」が行なわれる。

  〔四〕 神武天皇は、慌ただしく出発の準備をする中で、着物のほころびに気付いた。しかし、そんなことにかまっているゆとりは無かった。
   そのために立ったままで、お付きの者が、ほころびを縫った。それに因んで、美々津には、「立縫」と言う地名が残されている。


  この伝承の存在を根拠とするならば、神倭伊波禮毘古命の一行の出発地点は、この美々津港であったということになります。

  因みに、高天の原から遣って来たニニギの命の一行は、高千穂の峰に降り立ったことになっています。
          ↓

  故ここに天津日子番能邇邇藝(の)命に詔りたまひて、天(あま)の石位(いわくら)を離(はな)れ、天の八重(やへ)たな雲を押し分け て、稜威(いつ)の道別(ちわ)き道別(ちわ)きて、天の浮橋にうきじまり、そり立たたして、竺紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)に天降りまさしめき。

      ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 3天孫降臨 P66〜67 )


  その高千穂の峰は、この場所から少し北に位置する、延岡港に流れ込む五ヶ瀬川を遡って行った所にあります。これは天つ神々が降り立つ場所を、高い山の頂とするための操作であり、最も天上界に近い場所として、この山の頂きが選ばれたのです。

  また、この章の冒頭部分にある『 ーー 高千穂宮(たかちほのみや)に坐(ま)して ー ー 』の一文は、その位置関係の流れに沿って記されたものです。従って、必ずしもその場所が、山頂部であるという意味ではありません。
         ↓

  神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)、その同母兄(いろせ)五瀬命(いつせのみこと)と二柱、高千穂宮(たかちほのみや)に坐(ま)して議(はか)りて ーー 略 ーー 。


  そのための実際の協議は、普段の生活領域で行われたものと考えられます。ですから破損した船の修理も、その地で行われたと考えてよいでしょう。
  なぜなら、ニニギの命の一行が乗って来た船が、難破して、なんとか接岸することの出来た場所が、この美々津港であったと考えるのが自然だからです。その動かせない状態の船の修理が、材料の鉄釘と、板材を入手して、この地で行われたということになります。

  そして、船の修理が終わって、再び、人々が乗り込み、目的地へと向かって出港して行ったのです。そのことが古い言い伝えとなって、この美々津の町の人たちに残され、今日まで、引き継がれて来たのです。


                                  2013.  9.  30.     店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒