水穂國での本来の出発地点 
 ―――――――――――――

   神武東征 〔 其の 二 〕


  すなはち日向(ひむか)より發(た)たして筑紫に御幸(い)でましき。
  故(かれ)、豐(とよ)國の宇沙(うさ)に到りましし時、その土人(くにびと)、名は宇沙都比古(うさつひこ)、宇沙都比賣(うさつひめ)の二人、足一騰宮(あしひとつあがりのみや)を作りて、大御饗(おほみあへ)獻りき。
  其地(そこ)より遷移(うつ)りまして、筑紫(つくし)の岡田(をかだ)の宮に一年(ひととせ)(ま)しき。 

  またその國より上(のぼ)り幸(い)でまして、阿岐國(あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)に七年(ななとせ)(ま)しき。

        ( 『古事記』 岩波文庫版 中つ巻 神武天皇 1東征 P79 〜 80 )



  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
          ↓

  神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行は、日向の地を出発して、最初の目的地である筑紫国(後の筑前・筑後)に到着しました。

  そして、豊国の宇沙(大分県宇佐郡宇佐)に到った時、そこの先住民である宇沙都日比古、宇沙都比売の二人が、足一謄宮(あしひとつあがりのみや)を造ってくれたうえに、豪華な食事でもてなしてくれました。

  一行は、そこから筑紫の岡田宮(福岡県遠賀郡芦屋)へ移動しました。その地には、およそ一年ほど滞在しました。
  そこから、さらに安芸国の多ケ理宮に移動し、その地には、およそ七年ほど留まりました。


       * * * * * * *   ○   ☆  * *  ☆   ○   * * * * * * *


  【 水穂國での本来の出発地点 】

  高天の原から遣って来る天つ神々が、かつての豊葦原(の)水穂(の)國の政治の中心地であった出雲の國へ行くルートは、すでに須佐之男命の時代に開拓されていました。
  そのルートを辿ることにより、最も安全に、また確実に、目的地へと行き着くことが出来ました。つまり、そうした経路と、中継地点が、すでに定まっていたのです。

  それは、『スサノオノミコトの足跡と経路』で、すでに紹介したものですが、もう一度、ここで紹介しておくことにします。
         ↓

  高天原  →  新羅国(韓国)  →  筑紫  → 紀伊国(熊成)  → 出雲国(根国)
  (中国大陸)   (朝鮮半島)      (九州の福岡)   (本州の和歌山)    (本州の島根)


  このルートは、荒波の日本海を避けて、比較的安全性の高い瀬戸内海を行くものでした。ですから本来であれば、ニニギの命の一行も、このルートで出雲の國へ行く予定だったのです。
  しかるに遭遇した嵐(台風)によって、船が難破し、そのために「 竺紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)に天降りまさしめき 」という事態に陥ったのです。

  ですから神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の東征のためのルートも、やはり同じ経路を辿ることが望まれました。そうすれば行程の途中に、一行を援護するための様ざまな体制が整っていることから、危険な事態に遭遇することなく、目的地まで進んで行くことが出来るからです。

  このような理由から、神倭伊波禮毘古命の一行は、一旦、九州北部に位置する筑紫の國まで引き返す必要があったのです。
  高天の原から新羅国を経由して、最初に辿り着く場所が筑紫の国であり、そこが水穂の国への入り口であったからです。すなわち、そこが本来の出発地点であったということです。

  また、そこへ行けば、各方面との連絡網が整っていることから、高天の原の状況も伺い知ることが出来ます。さらに、その他の様ざまな情報も集めることができます。
  つまり、上のような、日向(ひむか) → 豐(とよ)國の宇沙(うさ) → 筑紫 〔1〕 豐(とよ)國 ⇒ 〔2〕 岡田(をかだ)の宮、という一見、遠回りのルートが敢えて選ばれたのは、そうした必然性によるものだったのです。

  因みに、中継地点として豐(とよ)國の宇沙(うさ)が選ばれたのは、そこの人たちが神倭伊波禮毘古命の一行の素性を理解しており、歓迎してくれることが分かっていたからです。つまり、彼等が、天照大御神の威光を背負った集団であることが、事前に知られていたのです。

  そして、こうした準備段階を経た後、一行は、いよいよ倭の国を目指すルートへと進みます。出発地点の筑紫国から、流れの速い海峡を通過し、波の穏やかな瀬戸内海へ入りました。
  そして、最初に辿りついた場所が、阿岐國(あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)でした。そして、なぜかその地には、七年もの間留まったのです。


  【 二世代後の子孫たち 】

  神倭伊波禮毘古命の一行が、豐(とよ)國の宇沙(うさ)に立ち寄った際に、非常に興味深い出来事が起きています。
  そのエピソードは、『古事記』には記されていませんが、『日本書紀』のほうに、簡潔に記されています。
  それにより、先に神倭伊波禮毘古命を、日子番能邇邇芸命の三世代後の子孫に当たる人物であるとしたことが、決して見当はずれではないことが証明されます。むしろそれは、正しい解釈であったということです。


  『日本書紀』の豐(とよ)國の宇沙(うさ)に於ける同じ場面に、次のような一文が記されています。
         ↓ 

  是(こ)の時に、詔(みことのり)をもて、兔(←草冠を付ける)狭津媛を以(も)て、侍臣(おもとまへつきみ)天種子命(あまのたねのみこと)に賜妻(あは)せたまふ。
  天種子命は、是(これ)中臣氏(なかとみのうじ)の遠祖(とほつおや)なり。

         ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神日本磐余彦天皇 神武天皇 P202 )


  これを要約すると、次のようになります。
         ↓

  神倭伊波禮毘古命は勅命を以て、現地、豐(とよ)國の宇沙(うさ)の娘である宇沙都比賣(うさつひめ)と、自分の家臣の天種子命(あまのたねのみこと)を結婚させた。その天種子命は、中臣氏(なかとみのうじ)の祖先に当たる人物である。


  そして、ここに登場する天種子命について、注釈には、次のような説明がしてあります。
         ↓

  釈紀に「天児屋根命之孫天押雲命之子」とある。(同 P302)


  因みに、天児屋根命は、天孫・天津日子番能邇邇藝命が降臨した際の随行者の一人です。つまり、ニニギの命の一行の船に同乗して来た人物です。
          ↓

  ここに天兒屋命(あめのこやねのみこと)、布刀玉命(ふとだまのみこと)、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)、伊斯許理度賣命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのやのみこと)、併(あは)せて五伴緒(いつとものを)を支(わか)ち加へて、天降したまひき。

     ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 3天孫降臨 P66〜67 )


  その人物の子孫が、ここに登場する天種子命であるというのです。しかも今回は、神倭伊波禮毘古命の家臣として、一行に加わっていたのです。
  ですから、ニニギの命の時代から二世代後の人物が、三世代後の神倭伊波禮毘古命を主人として、一行に付き従って来たということになります。


  釈日本紀(しゃくにほんぎ)は、鎌倉時代末期、1,274年(文永11年)〜1,301年(正安3年)頃に成立したとされています。『日本書紀』の注釈書です。
  従って、その書物に記されている内容の信憑性は不明ながらも、これにより一応、神倭伊波禮毘古命が、天孫・日子番能邇邇芸命から三世代後の人物であったとしたことの裏付けが取れたことになります。

  また、このことから、一行に付き従う他の人たちも、やはり数世代後の子孫たちであったと考えることが出来ます。つまり、天孫降臨の場面に登場した人たちの子孫たちが、同様にして、一行に加わっていた可能性が高いということです。

  当時の平均的な結婚年齢を15歳〜20歳として計算すると、二世代後の孫が誕生するするのは、30年〜40年後のことであり、さらにその孫が適齢期に達するまでには、同じ年数を要しますから、ニニギの命の漂着の時から、およそ45年〜60年ほどが経っていたことになります。
  そして、祖先からの使命を引き継いだ孫や、曾孫たちが、今回も、神倭伊波禮毘古命の一行に加わって、その中心となっていたのです。つまり、世代を超えて、使命が引き継がれたことになります。


                              2013.  10.  7.     店主記す



    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒