槁根津日子(さをねつひこ)
 ―――――――――――――

   神武東征 〔 其の 三 〕

  またその國より上(のぼ)り幸(い)でまして、阿岐國(あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)に七年(ななとせ)(ま)しき。
  またその國より遷り上(のぼ)り幸(い)でまして、吉備(きび)の高嶋(の)宮に八年(やとせ)坐しき。

  故、その國より上り幸でましし時、龜の甲(せ)に乗りて、釣(つり)しつつ打ち羽擧(はぶ)き來(く)る人、速吸門(はやすいのと)に遇(あ)ひき。
  ここに喚(よ)び歸(よ)せて、
  「汝(な)は誰ぞ。」と問ひたまへば、
  「僕(あ)は國つ神ぞ。」と答へ曰(まを)しき。
  また、
  「汝(な)は海道(うみつぢ)を知れりや。」と問ひたまへば
  「能(よ)く知れり。」と答へ曰(まを)しき。
  また、
  「從(みとも)に仕(つか)へ奉(まつ)らむや。」と問ひたまへば、
  「仕へ奉らむ。」と答え曰しき。

  故(かれ)ここに槁機(さを)を指し渡して、その御船に引き入れて、すなはち名を賜ひて、槁根津日子(さをねつひこ)と號(なづ)けたまひき。こは倭國造等の祖。

  故、その國より上り行(い)でましし時、浪速(なみはや)の渡(わたり)を經(へ)て、青雲の白肩津(しらかたのつ)に泊(は)てたまひき。

    ( 『古事記』 岩波文庫版 中つ巻 神武天皇 1東征 P79 〜 87 )


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
       ↓

  神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行は、筑紫(つくし)の国の岡田(をかだ)の宮を後にして、いよいよ水穂國の行政の中心地を目指して、本州へと向かいました。
  最初に着いた場所は、阿岐國(あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)でした。そこには、七年間も留まりました。
  さらに、そこを出発して、次に着いたところは、吉備(きび)の国の高嶋(の)宮でした。そこには、八年間も留まりました。

  そして、その地を出発して、速水門(はやすいのと)〔明石海峡〕に至った時、龜の甲(せ)に乗り、釣(つり)をしながら、衣を打ち羽擧(はぶ)いている人物と出会いました。
  そこで、その人を呼び寄せ、
  「お前は、何者だ。」と尋ねると、その人物は、
  「私は国つ神です。」と答えた。
  また、
  「そなたは、この辺りの潮路に詳しいか」と尋ねると、
  「はい。よく知っています。」と答えた。

  さらに、
  「私に仕える気は無いか。」と尋ねると、
  「はい。お仕えします。」と答えました。
  そこで棹をさし渡して、その人物を、船の中に引き入れました。そして、槁根津日子という名を与えました。この人物こそが、大和国造らの祖先です。

   そして、その国からさらに上って行き、浪速渡(なみはやのわたり)を経て、白肩津(しろかたのつ)(現在の東大阪市日下町付近)に船を停めて宿泊しました。


 * * * * ○ ☆ * * ☆ ○ * * * *


  【 滞在期間 】 

  次の一文からは、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行が特定の場所に、かなり長期間留まっていた様子が伺えます。
      ↓

  またその國より上(のぼ)り幸(い)でまして、阿岐國(あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)に七年(ななとせ)(ま)しき。
  またその國より遷り上(のぼ)り幸(い)でまして、吉備(きび)の高嶋(の)宮に八年(やとせ)坐しき。


  この七年、八年という数字が、実際の年数を現わすものかは不明ながらも、何らかの理由で、それくらいの歳月を要したことが考えられます。
  次の場面では、登美(とみ)の那賀須泥毘古(ながすねびこ)の軍隊との、激しい戦いの様子が描かれています。
  その戦いでは、遠く離れた敵陣から、弓矢が、雨あられと飛んで来ました。それを立て掛けた楯で防ぎました。それが蓼津(たでつ)という地名の由来になりました。また、近くに攻めてきた敵兵とは互いに、剱で打ち合いました。
  そして、五瀬(の)命は、敵が放った矢〔痛矢串(いたやぐし)〕が当たって、その傷がもとで戦死してしまいます。

  そうした激しい戦いが、事前に予想されていたのです。従って、そのための準備をする必要があったことになります。その準備というのは、具体的には次のようなことです。
  その一つ目は、戦いに備えての、大量の武器、及び防具の調達です。
  その二つ目は、兵力の増強です。
  その三つ目は、軍資金の調達です。

  敵との戦いに備えて、何よりも優先されるのは、軍資金です。それさえ有れば武器も、兵士も、容易に調達することが出来ます。
  そして、そのための必要資金は、高天の原の天照大御神に依頼したことが考えられます。この当時は、使用価値の高い物品が、金銀に代わる通貨として使われていたことでしょう。つまり、そうした物品の受け取りや、連絡のために使者が、何度も現地と本国を行き来したのです。

  また、それにより、この神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行が、本国の高天の原によって承認された一団であることが、自然と周囲の人たちに知られます。従って、一行に加勢する人たちを、より多く集めることが出来たものと考えられます。

  要するに戦いに備えて、そうした多くの武器、兵士、資金を集めるためには、それなりの期間が必要であったと考えられるわけです。ですから、この七年、八年という長い年月は、実際に掛かった年数を記したものである可能性があるということです。

  蓋し、これ等の地でも、鉄製の武器を製造するために、蹈鞴製鉄による製鉄作業が行われたことが考えられます。戦いのためには、鉄製の剱は必需品であり、また鉄製の矢じりも無くてはならないものだったからです。
  また、ニニギの命の後継者であった神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命は、稲作農業を普及させるための知識と、技術を持っていました。従って、一行の食料としての米だけでなく、種籾も持参していたに違いありません。
  その種籾を水田に撒き、秋に、それを収穫することにより、備蓄食料を増やしていったのです。また地元の人たちにも分け与えたのです。そのためにも、それ相当の年月を必要としたことが考えられるわけです。


  【 槁根津日子(さをねつひこ) 】

  槁根津日子は、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行が、速吸門(はやすいのと)で出会った国つ神です。このあたりの潮路に詳しいことから、一行の先導役を務めることになりました。
  極めて危険性の高い速水門(はやすいのと)〔明石海峡〕を通過するには、豊富な知識と、経験が必要であり、この人物は、案内人としてふさわしい能力の持ち主でした。この地域で、漁をする技術に長けていたからです。

  また、一方の『日本書紀』には、天皇が、勅で、この人物の名を珍彦(うづひこ)から、椎根津彦に改めさせたと記されています。
       ↓

  −−−− 速吸之門(はやすひのと)に至(いた)ります。時(とき)に、一(ひとり)の漁人(あま)有(あ)りて、艇(をぶね)に乗りて至れり。
  天皇、招(めしよ)せて、因(よ)りて問(と)ひて曰(のたま)はく、
  「汝(いまし)は誰(た)そ」とのたまふ。
  対(こた)へて曰(まうさ)く、
  「臣(やつがれ)は是(これ)国神(くにつかみ)なり。名(な)をば珍彦(うづひこ)と曰(まう)す。曲浦(わだのうら)に釣魚(つり)す。  ー ー  略 ー ー  。
  皇舟(みふね)に牽(ひ)き納(い)れて、海導者(みちびきひと)とす。乃(すなは)ち特(こと)に名を賜(たま)ひて椎根津彦(しひねつひこ)とす。

    ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀甲寅年  P200 〜 P202)


  明石海峡(速吸之門)と鳴門海峡は、本州と四国の間にある淡路島によって満潮時と、干潮時の瀬戸内海の潮の流れが堰き止められることから、落差が大きくなり、そこを通過する潮流が急に早くなります。
  それによって海底の栄養分が、海上にまで運ばれ、その栄養源により、海洋生物の繁殖が促進されます。また、それ等を餌とする大型の魚類も集まって来ることから、豊かな漁場となっています。

  槁根津日子が、もとは珍彦(うづひこ)という名で呼ばれていたのは、この辺りの海で生計を立てていたためと考えられます。つまり、例の鳴門の渦潮に由来する名前です。

  因みに、明石海峡は最狭部の幅が、3.6kmです。海峡としては、かなり狭い部類に入ります。さらにその内の1.3kmが、潮流の主流部です。そこの最深部は、約100mです。
  そして、潮流が最も速い場所は淡路島側にあり、大潮のときには最大で、13km/hを超えます。それは淡路島の北端、松帆の浦からは、海の中に川が流れているように見えます。
  従って、この危険な海峡を無事に通過するには、豊富な知識と、経験を持つ人物の案内が必要でした。そのために、地元の漁師である槁根津日子(さをねつひこ)に、一行の先導を依頼したのです。


  ところで、『先代旧事本紀』の国造本紀には、この槁根津日子(さをねつひこ)に関して、天津日高日子穂穂手見命の孫と記されています。( 『日本書紀』 P203参照 )

  天津日高日子穂穂手見命は、「海幸彦・山幸彦(うみさちひこ・やまさちひこ)」の場面に登場する人物であり、別名、火遠理命(ほをりのみこと)こと、山幸彦(やまさちびこ)です。
  また、失くしてしまった釣り針を探しに、海神の宮を訪問した際は、虚空津日高(そらつひこ)と呼ばれました。つまり、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)〔神武天皇〕の祖父に当たる人物です。

  従って、系図からいえば、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命と、槁根津日子(さおねつひこ)は、互いに天津日高日子穂穂手見命から三世代後の人物同士ということになります。


  【 龜の甲(せ)に乗りて、釣(つり)しつつ打ち羽擧(はぶ)き來(く)る人 】

  槁根津日子(さをねつひこ)は、やや風変わりな舟に乗って遣って来ました。また、その舟の操縦方法も、やや不思議な印象を与えるものです。
        ↓

  龜の甲(せ)に乗りて、釣(つり)しつつ打ち羽擧(はぶ)き來(く)る人、速吸門(はやすいのと)に遇(あ)ひき。


  この描写が、具体的に何を現わしているかは、正確なことは残念ながら不明です。しかし、かつてこの辺りで使われていた漁舟には、特徴的な形をした装置が取り付けられていたことが知られています。それは「ケンサキミヨシ」と呼ばれるものです。

  その舟は、地元の人たちによって、実物大の模型が復元されました。舟の先端部に、巨大な剣先状の板が取り付けられています。そのような装置で、船体が潮流に弄ばれるのを防ぎ、また、なんとか舵が利くように工夫したものと思われます。

  また、舟の動力源は、人の力で動かす櫂だけでは間に合いませんから、風力も利用したものと考えられます。つまり、舟に風を受けるための帆が張られていたのです。
  それが、「釣(つり)しつつ打ち羽擧(はぶ)き來(く)る人」と表現されたものと考えられます。要するに、その帆を操っている様子が、この一文のように書き記されたのです。


                                2013.  12.  7.   店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
   



s p ⇒