五瀬命(いつせのみこと)の最期
 ―――――――――――――

   神武東征 〔 其の 四 〕

  この時、登美(とみ)の那賀須泥毘古(ながすねびこ)、軍(いくさ)を興して待ち向(むか)へて戰ひき。
  ここに御船に入れたる楯(たて)を取りて下(お)り立ちたまひき。
  故、其地(そこ)を號(なづ)けて楯津(たてつ)と謂(い)ひき。
  今者(いま)に日下(くさか)の蓼津(たでつ)と云ふ。

  ここに登美毘古(とみびこ)と戰ひたまひし時、五瀬(の)命、御手に登美毘古が痛矢串(いたやぐし)を負ひたまひき。
  故ここに詔(の)りたまひしく、
  「吾(あ)は日(ひの)神の御子として、日に向ひて戰ふこと良(よ)からず。故、賤(いや)しき奴(やつこ)が痛手(いたで)を負ひぬ。今者(いま)より行き廻(めぐ)りて、背(そびら)に日を負ひて撃たむ。」
  と期(ちぎり)たまひて、南の方(かた)より廻(めぐ)り幸(い)でましし時、血沼(ちぬの)海に到りて、その御手の血を洗ひたまひき。故、血沼(の)海とは謂ふなり。

  其地(そこ)より廻り幸でまして、紀(きの)國の男(を)の水門(みなと)に到りて詔りたまひしく、
  「賤しき奴が手を負ひてや死なむ。」と男建(をたけび)して崩(かむあが)りましき。
  故、その水門(みなと)を號(なづ)けて男の水門と謂ふ。
  陵(みはか)はすなはち紀(きの)國の竈山(かまやま)にあり。

   ( 『古事記』 岩波文庫版 中つ巻 神武天皇 1東征 P80 〜 81 )


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
       ↓

  この時、登美(とみ)の那賀須泥毘古(ながすねびこ)が、大軍を率いて待ち構えており、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行に戦いを挑んで来た。
  そこで神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命は、船に積んであった防具の楯を取り出して、その場に立て、降り注ぐ弓矢を防いだ。
  それ故に、其の地を、楯津(たてつ)と言うようになった。今でも、日下(くさか)の蓼津(たでつ)と呼ばれている。

  この時、五瀬の命は、登美毘古軍が放った矢を腕に受けて、大きな傷を負ってしまった。
  五瀬命が言われるには、
  「私は、日の神の御子であるにも拘わらず、その日を正面にして戦ったのが良くなかった。それ故に、賤しい奴の矢を受けて、重い傷を負ったのだ。今から日を背にして戦えるように、敵の背後に回り込んで、必ず撃ち取ってみせよう。」
  こう宣言して、南の方角に向かって進んで行った。
  そして、血沼海(ちぬみのうみ)に至った時に、傷を受けている腕の血を洗われた。それ故に、その海は、血沼海と言われるようになった。

  その場所から、さらに進んで行き、紀伊国の男之水門(おのみなと)に着いた。その時に、五瀬命が仰せになられた。
  「賤しい奴から受けた手傷がもとで、死ぬのだ。」と。
  そして、最期に、雄叫(をたけび)を挙げてから亡くなった。
  それ故に、その水門が、男の水門と名付けられた。
  五瀬命の御陵(みはか)は、紀伊の国の竃山(かまやま)にある。


  * * * * ○ ☆☆ ○ * * * *


  登美(とみ)の那賀須泥毘古

  登美(とみ)は地名であり、生駒山の西に位置する鳥見郷(とみのさと)のことです。現在の奈良市富雄町あたりを指します。
  那賀須泥毘古(ながすねびこ)は、その地域を支配していた豪族です。この人物は、かつて豊葦原の瑞穂の国を統治し支配していた大国主命が、“国譲り” によって第一線を退き、隠棲したことから、次第に勢力を拡大し、遂には、この一帯を支配するようになったと考えられます。

  しかも、後に登場する邇藝速日命(にぎきやひのみこと)を、天つ神の子として迎え入れ、仕えていました。
  この邇藝速日命(にぎきやひのみこと)は、天磐船(あまのいわふね)に乗って飛び降(くだ)ったとされており、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命よりも前に、この地に到着していました。
 ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀 甲寅年 P200 参照。)


  従って、那賀須泥毘古(ながすねびこ)の一族は、外見的には高天の原の天照大御神に承認された一族ということになります。それにより、強大な権力を獲得することが出来たものと考えられます。
  ただし、それはニニギの命の天孫降臨の時代に起きた出来事です。従って、それから三〜四世代の歳月の経過があったことになります。
  ここに登場して来る登美(とみ)の那賀須泥毘古(ながすねびこ)は、その数世代後の一族の長であり、また邇藝速日命(にぎきやひのみこと)も同様に、その子孫たちということになります。

  このような背景から、この地域が、かつて全国から神々が集って来た出雲にとって代わり、新たな集会の場所となったのです。つまり、豊葦原の水穂の国の行政の中心地は、出雲から、この倭の国に移っていたのです。
  因みに、奈良県桜井市には、纏向遺跡があります。ここには箸墓古墳など、六つの古墳群が存在し、多くの遺物が発見されています。しかも、出土する土器にいたっては、近畿圏はもとより、九州の土で焼かれたものが見つかっています。それは、この場所が、権力の中枢であった証拠と言えます。

  その那賀須泥毘古(ながすねびこ)が、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行を迎え撃つために、奈良市富雄町から、東大阪市日下町まで軍隊を仕立てて、出張って来たのです。この地域に張り巡らされている情報網から、警戒を要する一団が近づいていることが、事前に知らされていたからです。


  【 最初の戦い 】

  神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行が、白肩津(しろかたのつ)を出発して、日下(くさか)の蓼津(たでつ)に至った時、そこで待ちうけていた登美(とみ)の那賀須泥毘古(ながすねびこ)の軍勢から攻撃を受けました。故に、そこが最初の戦いの場となりました。
  その戦いのために、船に積んであった楯(たて)を取り出して、その場に立てたことから、それが日下(くさか)の蓼津(たでつ)という地名の由来となりました。

  一方の『日本書紀』には、その辺りの状況が、より詳しく記されています。
        ↓

  三月(やよひ)の丁卯(ひのとのう)の朔丙子(ひのえねのひ)に、遡流而上(かはよりさかのぼ)りて、径(ただ)に河内国(かふちのくに)の草香邑(くさかのむら)の青雲(あをくも)の白肩之津(しらかたのつ)に至ります。

  夏(なつ)四月(うづき)の丙申(ひのえさる)の朔(ついたち)甲辰(きのえたつのひ)に、皇師兵(みいくさつはもの)を勒(ととの)へて、歩(かち)より竜田(たつた)に趣(おもむ)く。
  而(しかう)して其(そ)の路(みち)(さ)く嶮(さが)しくして、人並(ひとなみ)(ゆ)くこと得(え)ず。
  乃(すなは)ち還(かへ)りて更(さら)に東(ひむがしのかた)胆駒山(いこまのやま)を踰(こ)えて、中洲(うちつくに)に入らむと欲(おもほ)す。

  時(とき)に長髓彦(ながすねびこ)聞きて曰(い)はく、
  「夫(そ)れ、天~(あまつかみ)の子等(みこたち)の來ます所以(ゆゑ)は、必(かなら)ず我が国を奪(うば)はむとならむ」
  といひて、則(すなは)ち尽(ふつく)に属(したが)へる兵(いくさ)を起(おこ)して、徼(さいぎ)りて、孔舎衞坂(くさゑのさか)にして、与(とも)に会(あ)ひ戰(たたか)ふ。

  ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀 乙卯年三月― 戊午年四月 204 )


  これによると、白肩津(しろかたのつ)を出発した神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の一行は、まず竜田(たつた)へと向かいました。
  しかし、その道は、あまりにも険しいため途中から引き返し、東の方角にある胆駒山(いこまのやま)を踰(こ)えて、中洲(うちつくに)に出ようとしました。
  その時に、彼らは我が領地を奪いに来た一団に違いないとして、そこで待ち受けていた登美(とみ)の那賀須泥毘古(ながすねびこ)の軍勢の攻撃を受けました。こうして最初の戦闘が開始されました。


  このように両者を比べてみると、『古事記』では、まず竜田(たつた)に向かったことや、次に、胆駒山(いこまのやま)を踰(こ)えて、中洲(うちつくに)へ出ようとしたことなどが、すべて省略されていることが分かります。
  従って、『日本書紀』のほうが、この場面を具体的に理解するには、より適切であるように見受けられます。


  【 負傷して敗退 】

  五瀬の命は、この戦いで、敵が放った弓矢を受けて、大きな傷を負ってしまいました。それが致命傷になるのですが、『古事記』では、手(腕)に傷を負ったただけのように記されています。
        ↓

  五瀬(の)命、御手に登美毘古が痛矢串(いたやぐし)を負ひたまひき。(同 上)


  しかし、『日本書紀』には、肱(ひじ)と脛(はぎ)を射抜かれたために、一行は、その場から動くことが出来なくなったと記されています。
        ↓

  流矢(いたやぐし)(あ)りて、五瀬命(いつせのみこと)の肱脛(ひぢはぎ)に中(あた)れり。 皇師(みいくさ)(すす)み戦うこと能(あた)はず。

   ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀 乙卯年三月― 戊午年四月 204 )


  五瀬命(いつせのみこと)は、この時の傷が悪化して、後日、亡くなりました。従って、傷の深さという点からすれば、肱と脛を射抜かれたという『日本書紀』の記述のほうが、より正確であろうと判断されます。


  従って、一見すると、『日本書紀』の記述は、より信頼性が高いように見受けられます。ところが、実は、『日本書紀』では、日下(くさか)の蓼津(たでつ)という地名の由来について、かなり不可解な説明がなされているのです。
  それは『古事記』の、『 ここに御船に入れたる楯(たて)を取りて下(お)り立ちたまひき。故、其地(そこ)を號(なづ)けて楯津(たてつ)と謂(い)ひき。』
  という明快で、且つ、簡略な説明とは、まったく異なる状況が描かれています。
  その全体像を知る為に、やや長めに引用します。
        ↓

   天皇(すめらみこと)(うれ)へたまひて、乃(すなは)ち~策(あやしきはかりこと)を冲衿(みこころのうち)に運(さだ)めたまひて曰(のたま)はく、
  「今(いま)(やつかれ)は是(これ)日~(ひのかみ)の子孫(うみのこ)にして、日(ひ)に向(むか)ひて虜(あた)を征(う)つは、此(これ)天道(あめのみち)に逆(さか)れり。
  若(し)かじ、退(しりぞ)き還(かへ)りて弱(よわ)きことを示して、~祇(あまつやしろくにつやしろ)を礼(ゐや)び祭(いは)ひて、背(そびら)に日~の威(みいきおひ)を負(お)ひたてまつりて、影(みかげ)の隨(まにま)に圧(おそ)ひ躡(ふ)みなむには。
  此(かく)の如(ごと)くせば、曾(かつ)て刃(は)に血(ちぬ)らずして、虜(あた)必ず自(おの)づから敗(やぶ)れなむ」
  とのたまふ。

  僉(みな)(まう)さく、
  「然(しか)なり」 とまうす。
  是(ここ)に、軍中(いくさ)に令(みことのり)して曰(のたま)はく、
  「且(しまし)は停(とどま)れ。復(また)な進(い)きそ」 とのたまふ。
  乃ち軍(いくさ)を引きて還りたまふ。

  虜(あに)(また)(あ)へて逼(せ)めまつらず。
  却(かへ)りて草香津(くさかのつ)に至りて、盾(たて)を植(た)てて雄誥(おたけび)したまふ。雄誥、此をば烏(を)(た)(け)(び)と云ふ。
  因(よ)りて改(あらた)めて其の津(つ)を号(なづ)けて盾津(たてつ)と曰(い)ふ。
  今蓼津(たでつ)と云へるは訛(よこなば)れるなり。

  ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀 戊午年四月― 五月 P204 〜 206 )


  これを要約すると、次のようになります。
  私は、日~(ひのかみ)の子孫であるにも拘わらず、日に向き合ったまま、敵と戦ってしまった。これは天道(あめのみち)に逆らう行為である。
  そこで、一旦退(しりぞ)き、敵に弱きを示して侮らせ、再度、敵の背後から、日~(ひのかみ)の威力を借りて攻め、圧倒的な勝利を得ようと思う。

  すると周囲の人たちも、これに同意したので、軍勢の進行を、その場で止めた。そして、兵士を引き連れ、もと来た道を引き返した。
  幸いなことに敵が、深追いをして来なかった。
  こうして、出発地点の草香之津(くさかのつ)まで逃げ帰った。そして、その場所に、盾を立て掛けて、雄誥(おたけび)を挙げた。
  それ故に、その地が、盾津(たてつ)と呼ばれるようになった。


  以上のように、敵が深追いをして来なかったことから、なんとか助かったというのです。その結果、草香之津(くさかのつ)まで戻ることが出来た。そして、その場所に、楯を立てて、雄叫びを挙げたというのです。

  このように、なんとも要領を得ない、妙なことになっているのです。ですから、詳しく書かれていることを以てして、必ずしも『日本書紀』の記述のほうが、より正しいとは言えないことが分かります。この書物は、こうした点を、注意しながら読む必要があるわけです。


  【五瀬命の最期 】

  五瀬命は、敵から受けた傷がもとで、紀(きの)国の男(を)の水門(みなと)に到った時に、遂に、力尽きて亡くなりました。
  『古事記』には、その経緯が、次のように記されています。
         ↓

  ここに登美毘古(とみびこ)と戰ひたまひし時、五瀬(の)命、御手に登美毘古が痛矢串(いたやぐし)を負ひたまひき。
      / ーー 中 略 ーー /
  其地(そこ)より廻り幸でまして、紀(きの)國の男(を)の水門(みなと)に到りて詔りたまひしく、
  「賤しき奴が手を負ひてや死なむ。」と男建(をたけび)して崩(かむあが)りましき。
  故、その水門(みなと)を號(なづ)けて男の水門と謂ふ。陵(みはか)はすなはち紀(きの)國の竈山(かまやま)にあり。 ( 同上 )


  つまり五瀬命が、その死の間際に、無念の雄叫びを挙げたことから、その場所が、男の水門と呼ばれるようになったというのです。


  一方の『日本書紀』には、次のように記されています。
        ↓

  五月(さつき)の丙寅(ひのえとら)の朔(ついたち)癸酉(みづのとのとりのひ)に、 軍(みいくさ)、茅渟(ちぬ)の山城水門(やまきのみなと) 亦(また)の名は山井水門(やまのゐのみなと)。茅渟、此(これ)をば智怒(ちぬ)と云ふ。 に至る。

  時に五瀬命(いつせのみこと)の矢(いたやぐし)の瘡(きず)(いた)みますこと甚(はなはだ)し。
  乃ち撫剣(つるぎのたかみとりしば)りて雄誥(おたけび)して曰(のたま)はく、
撫劒、此をば都(つ)(る)(ぎ)(の)(た)(か)(み)
(と)(り)(し)(ば)(る)と云ふ。

  「慨哉(うれたきかや)、大丈夫(ますらを)にして、慨哉、此をば宇(う)(れ)(た)(き)(か)(や)と云ふ。 虜(いやしきやっこ)が手を被傷(お)ひて、報(むく)いずして死(や)みなむとよ」
 とのたまふ。
  時人(ときのひと)、因(よ)りて其(そ)の処(ところ)を号(なづ)けて、雄水門(をのみなと)と曰ふ。
  進みて紀国(きのくに)の竈山(かまやま)に到りて、五瀬命(いつせのみこと)、軍(みいくさ)に薨(かむさ)りましぬ。因りて竈山(かまやま)に葬(はぶ)りまつる。

  ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀 戊午年五月―六月 P 206〜208 )


  このように五瀬命(いつせのみこと)は、男(を)の水門(みなと)に到った際に、無念の思いを込めて、最期に雄叫びを挙げた。
  それ故に、その場所が、男の水門(雄水門)と呼ばれるようになったということです。その後、竈山(かまやま)に到ったときに、遂に亡くなりました。


  ここまでは『古事記』と、『日本書紀』の内容は、ほぼ一致しています。五瀬命の無念の最期が、ほぼ同じように記述されており、内容的に大きな違いはありません。

  しかし実は、この後、『日本書紀』には、本来、あり得ないことが記されているのです。ここに、この書物の不完全さと、限界を見て取ることが出来ます。
  蓋し、それは虚構が含まれているために、重大な欠陥となります。歴史が、捏造されたことになるからです。

  神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命は、もともとは四人兄弟でした。ですから、三人の兄弟がいました。五瀬(いつせ)命、稲冰命(いなひ)命、御毛沼(みけぬ)命の三人です。
  そして、五瀬の命は、上のような経緯で亡くなりました。敵との戦いによって、戦死したのです。
  ところが、『日本書紀』では、この後、稻飯命(いないのみこと)と、三毛入野命(みけいりののみこと)の二人が、ほぼ同時に亡くなったことになっているのです。しかも、二人とも世を儚んで、入水自殺したことになっているのです。
  全体像を見るために、やや長めに引用します。
       ↓

  六月(みなづき)の乙未(きのとのひつじ)の朔(ついたち)丁巳(ひのとのみのひ)に、軍(みいくさ)、名草邑(なくさのむら)に至(いた)る。則(すなは)ち名草戸畔(なくさとべ)といふ者を誅(ころ)す。戸畔、此をば妬ベ(とべ)と云ふ。

  遂(つひ)に狹野(さの)を越えて、熊野(くまの)の~邑(みわのむら)に到り、且(すなは)ち天磐盾(あまのいわたて)に登る。
  仍(よ)りて軍(いくさ)を引(ひ)きて漸(ようやく)に進む。海(わた)の中にして卒(にはか)に暴風(あからしまかぜ)に遇(あ)ひぬ。皇舟(みふね)漂蕩(ただよ)ふ。

  時に稻飯命(いなひのみこと)、乃(すなは)ち歎(なげ)きて曰(のたま)はく、
  「嗟乎(ああ)、吾(あ)が祖(みおや)は天~(あまつかみ)、母(いろは)は海~(わたつみ)なり。如何(いかに)ぞ我(われ)を陸(くが)に厄(たしな)め、復(また)我を海(わた)に厄(たしな)むや」とのたまふ。
  言(のたまの)ひ訖(おは)りて、乃ち剣を拔(ぬ)きて海(うみ)に入りて、鋤持~(さいもちのかみ)と化爲(な)る。

  三毛入野命(みけいりののみこと)、亦(また)(うら)みて曰(のたま)はく、
  「我が母(いろは)(およ)び姨(をば)は、並(ならび)に是(これ)海~(わたつみ)なり。何爲(いかに)ぞ波瀾(なみ)を起(た)てて、灌溺(おぼほ)すや」
  とのたまひて、則ち浪(なみ)の秀(すえ)を蹈(ふ)みて、常世郷(とこよのくに)に往(い)でましぬ。

  天皇(すめらみこと)(ひとはしら)、皇子(みこ)手研耳命(たぎしみみのみこと)と、軍(みいくさ)を帥(ひき)ゐて進みて、熊野(くまの)の荒坂津(あらさかのつ)亦の名は丹敷浦(にしきのうら)。に至ります。

   ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 神武天皇 即位前紀 戊午年五月―六月 208 )


  以上のように、
  〔 一 〕 稻飯命(いなひのみこと)、乃ち剣を拔(ぬ)きて海(うみ)に入りて、鋤持~(さいもちのかみ)と化爲(な)る。
  〔 二 〕 三毛入野命(みけいりののみこと)、則ち浪(なみ)の秀(すえ)を蹈(ふ)みて、常世郷(とこよのくに)に往(い)でましぬ。

  と、二人の兄が、同時に、入水自殺により亡くなってしまうのです。つまり、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命の兄たち三人が、ほぼ同時に亡くなったという不可解な設定になっているわけです。
  しかも、その原因が、海が荒れたためであるという、尤もらしいこじ付けまでしています。海~(わたつみ)である母(いろは)が、自分を苦しめていると嘆き、恨みながら死んでいくのです。直前の兄弟の死に対して、まるで無関心なのです。五瀬命の無念の最期とは、余りにも対照的です。まさに取って付けたような虚構であり、歴史の捏造とも言えるものです。

  このあまりにも不可解な設定は、『古事記』に記されている次の一文を、『日本書紀』の編纂者たちが、理解していなかったことによります。ここに、すべての原因があります。
       ↓
 
  『 故、御毛沼命は、波の穂を跳(ふ)みて、常世國(とこよのくに)に渡りまし、稲冰命は、妣(はは)の國として海原に入りましき。』

   ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 火遠理命 4 鵜葺草葺不合命 P76〜78 )


  つまり、この文章の解釈を誤ったために、二人の兄の死に場所を、五瀬の命が亡くなった直後に設定し、三人の兄たちが、ほぼ同時に亡くなったことにしたのです。
  そうしなければ、二人の兄が、いつまでも生存することになり、この後の展開に、極めて不合理な点が出て来るからです。
  要するに、まったく活躍しない兄たちが、なぜか存在していることになり、しかも、その重要人物の消息さえ、皆目分からないことになります。そうした余りにも不完全な歴史書になってしまうからです。

  ですから、この書物に記されている内容は、他の様ざまな場面でも、一部には、実際の出来事が正確に記されているとしても、それが全面的に正しいわけではないという、一歩、距離を置いた読み方をする必要があるわけです。
  この『日本書紀』という書物は、成立の目的からして、本来の正しい歴史が意図的に捻じ曲げられている可能性があり、出来事が詳しく記されているからといって、それが必ずしも事実であるとは限らないということです。記されている内容の正否は、別の判断基準を用いて確かめる必要があるのです。

  因みに、上の一文の正しい解釈は、「豊玉毘賣命 と 鵜葺草葺不合命」のページで申し述べた通りです。興味のある方は、ご参照ください。
  
            2014.  1.  6.   店主記す

 



    秘密の小部屋に戻る。  
   




s p ⇒