熊野(くまの)の大熊
 ――――――――――

   神武東征 〔 其の 五 〕

  故、神倭伊波禮毘古(の)命、其地(そこ)より廻り幸でまして、熊野(くまのの)村に到りましし時、大熊(おほくま)(ほの)かに出で入りてすなはち失せき。
  ここに神倭伊波禮毘古(の)命、○忽(には)かに惑(を)えまし、また御軍(みいくさ)も皆惑(を)えて伏しき。


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
       ↓

  神倭伊波禮毘古命の一行は、紀(きの)國の男(を)の水門(みなと)(和歌山県和歌山市小野町)を出発し、紀伊半島を南下した。そして、最南端の岬を迂回するようにして北上し、熊野の村に到着した。
  すると草木の陰から、突然、大熊(おほくま)が、微かにその姿を現わした。そして、見えたり見えなかったりするうちに、遂に、その姿を確認することが出来なくなった。
  すると、その時、神倭伊波禮毘古(の)命は、急に意識を失った。また同行した兵士たちも、全員が、気を失って倒れてしまった。


  * * * *  ○ ☆☆ ○  * * * *


  【 大熊(おほのま)(ほの)かに出で入りてすなはち失せき 】

  『古事記』では、神倭伊波禮毘古命の一行が熊野の村に到着すると、いきなり大熊(おほくま)と出合ったことになっています。しかも、その熊は、見えたり見えなかったりして、正体不明の不可解な印象を与えます。そして、遂には、消えてしまいました。
  その後に、神倭伊波禮毘古命が急に意識を失ったり、また同行の兵士たちも、全員が、気を失って倒れたという記述が続いています。

  このように『古事記』では、二つの出来事が、相互に関連しているように記されているのですが、一方の『日本書紀』には、大熊の出現は記されておらず、その代わりに、現地、熊野の住人である丹敷戸畔(にしきとべ)という者を誅(ころ)した際に、ほぼ同様の出来事が起きたことが記されています。

         ↓

  天皇(すめらみこと)(ひとはしら)、皇子(みこ)手研耳命(たぎしみみのみこと)と、軍(みいくさ)を帥(ひき)いて進みて、熊野(くまの)の荒坂津(あらさかのつ) 亦(また)の名は丹敷浦(にしきのうら)。 に至ります。
  因りて丹敷戸畔(にしきとべ)といふ者(もの)を誅(ころ)す。
  時に~(かみ)、毒気(あしきいき)を吐(は)きて、人物(ひと)(ことごとく)に瘁(を)えぬ。  是(これ)に由(よ)りて、皇軍(みいくさ)(また)(おこ)ること能(あた)はず。
 
   ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第三 ~武天皇 即位前紀 戊午年五月―六月 P208 )


  従って、『古事記』にある次の一文、
   『ここに神倭伊波禮毘古(の)命、○忽(には)かに惑(を)えまし、また御軍(みいくさ)も皆惑(を)えて伏しき。』
  と、『日本書紀』の、
   『時に~(かみ)、毒気(あしきいき)を吐(は)きて、人物(ひと)(ことごとく)に瘁(を)えぬ。是(これ)に由(よ)りて、皇軍(みいくさ)(また)(おこ)ること能(あた)はず。』
  は、同じ出来事を記したものと考えられます。

  つまり、何らかの原因で、突然、一行の士気が失われたのです。或いは、実際に、全員が、気を失って倒れたのです。どうやら、不可解な現象が起きたことになります。


  ところで、このことを追求するに際して注目すべきことは、この熊野には、高さ133mにも及ぶ巨大な滝があることです。那智の大滝と呼ばれ、古来より、熊野那智大社のご神体とされて来ました。
  そして、その熊野那智大社の社伝には、那智の山に光が輝くのを見た神武天皇が、この大瀧をさぐり当てて、神として祀ったという記録が残されているということです。
  つまり、神倭伊波禮毘古命の一行は、この地を訪れていたのです。その当時から、すでに一見の価値のある名所として知られていたわけです。

  この事実を踏まえると、次の一文の解釈が、まったく変わってきます。
  つまり、
   『大熊(おほくま)(ほの)かに出で入りてすなはち失せき。』の大熊というのは、具体的にはこの滝のことであり、天空に立ち昇る霧を目当てに進んで行く途中、それが見えたり見えなくなったりしたということです。要するに、遠くから仄かに見え隠れしていたのは、その大滝であったということです。その様子が、このように、いかにもおぼろげに記述されたのです。
  因みに、神代(クマシロ)という名前が残るように、神の読みはクマであり、大熊は、すなわち大神です。ご神体である巨大な滝=大神(オオクマ)が、大熊と表記されたのです。

  そして、現地に到着した時には、誰もが、その雄大さと、神々しさに圧倒されたのです。それによって、次の一文にあるような、
  『ここに神倭伊波禮毘古(の)命、○忽(には)かに惑(を)えまし、また御軍(みいくさ)も皆惑(を)えて伏しき。』
  という状態になったのです。
  要するに、神聖な場所で、心が洗われたことにより、俗界での出来事に虚しさを覚えたのです。そして、戦意を喪失して、平和で、安穏な世界を求める心境に至ったのです。

  さて、そうすると、『日本書紀』にある次の一文、
   『時に~(かみ)、毒気(あしきいき)を吐(は)きて、人物(ひと)(ことごとく)に瘁(を)えぬ。是(これ)に由(よ)りて、皇軍(みいくさ)(また)(おこ)ること能(あた)はず。』
  も、同じ状況を記したものということになります。

  しかしながら、そもそも神とされるものが、毒気を吐くことはあり得ません。逆に、人々を圧倒するような滝の威厳に打たれ、また荘厳で、神々しい姿に感動したからこそ、世俗の争いを虚しく感じたのです。大自然の偉大さに、畏敬の念を覚えたのです。
  そのことが『毒気(あしきいき)』と逆説的に表現されたのです。まったく逆の偏った捕らえ方がなされているのです。従って、滝壺から天空へ立ち昇る霧が、神の息吹であり、日の光を受け虹を造ります。その荘厳な様子が、遠くから見え隠れしていたことになります。

  以上のように、これが『古事記』の『惑(を)えまし』の本来の意味であり、また『日本書紀』の『瘁(を)えぬ』の意味であったと考えることが出来るわけです。

  ですから、『日本書紀』にある次の一文、
  『丹敷戸畔(にしきとべ)といふ者(もの)を誅(ころ)す。』
  というのは、『日本書紀』の編者たちによって挿入された、架空の一文であったと考えられます。つまり、神倭伊波禮毘古命の一行が、武装した集団であるという表面的な理由に基づいて付け加えられた辻褄合わせの文章です。まったく見当違いの文章が捏造されたのです。

  蓋し、初めての土地で、険しい山道を進むには、難所を知り尽くしている地元の人たちの協力が欠かせません。それは昔も、今も、同じことです。
  遭難の危険性が高いルートでは、必ず道案内をしてくれる人が必要です。ただでさえ一度道に迷えば、二度と戻って来れないような難所が続いているのです。それゆえに、地元の丹敷戸畔(にしきとべ)の人たちが関わったのです。

  ですから実際には、彼等は神倭伊波禮毘古命の一行を、その大滝まで案内した人たちであり、行程の安全を確保してくれた人たちだったのです。
  その人たちに対して、感謝することはあっても、憎悪の対象としたり、罪が問われたりするなどは無かったものと思われます。見当違いの一文というのは、このことです。こうした所にも、この書物を読む際の注意が必要となります。

  因みに、この大滝は、銚子口の幅が、13mで、滝壺の深さは、10m、高さが、133mという日本一の滝であるということです。まさに、ご神体とされるのに相応しい滝です。


                                   2014.  5.  6.   店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
   




s p ⇒