布都御魂剱(ふつのみたまのつるぎ)
 ―――――――――――――――

   神武東征 〔 其の 六 〕

  この時熊野の高倉下(たかくらじ)、一(ひと)ふりの横刀(たち)を賽(も)ちて、天つ神の御子の伏したまへる地(ところ)に到りて、獻りし時、天つ神の御子、すなはち寤(さ)め起きて、
  「長く寢(ね)つるかも。」と詔りたまひき。

  故、その横刀(たち)を受け取りたまひし時、その熊野の山の荒(あら)ぶる神、自(おのづか)ら皆切り仆(たふ)さえき。
  ここにその惑え伏せる御軍、悉に寤(さ)め起きき。

  故、天つ神の御子、その横刀(たち)を獲(え)し所由(ゆゑ)を問ひたまへば、高倉下(たかくらじ)答へ曰(まを)ししく、
  「己(おの)が夢(いめ)に、天照大神、高木(の)神、二柱の神の命(みこと)もちて、建御雷(の)神を召(よ)びて詔りたまひけらく、
  『葦原(の)(つ)國はいたく騒(さや)ぎてありなり。我が御子等不平(わがみこたちやくさ)みますらし。その葦原(の)(つ)國は、専(もは)ら汝(いまし)が言向(ことむ)けし國なり。故、汝(いまし)建御雷(の)神降るべし。』
  とのりたまひき。

  ここに答へ曰(まを)ししく、
  『僕(あ)は降らずとも、専らその國を平(ことむ)けし横刀(たち)あれば、この刀(たち)を降すべし。 この刀の名は、佐士布都神と云ひ、亦の名は甕布都神と云ひ、亦の名は、布都御魂と云う。この刀は石上神宮に坐す。

  この刀を降さむ状(さま)は、高倉下が倉の頂(むね)を穿(うか)ちて、それより墮(おと)し入れむ。
  故、朝目(あさめ)(よ)く汝(なれ)取り持ちて、天つ神の御子に獻れ』
  とまをしたまひき。
  故、夢の教への如(まにま)に、旦(あした)に己が倉を見れば、信(まこと)に横刀(たち)ありき。故、この横刀をもちて獻りしにこそ。」
  とまをしき。

     ( 『古事記』 岩波文庫版 中つ巻 神武天皇 1東征 P81 〜 82 )


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
        ↓

  その時、熊野の高倉下(たかくらじ)が、一振りの太刀を持ち、天つ神の御子の神倭伊波禮毘古命が倒れている処へ遣って来た。
  そして、その太刀を差し出すと、急に天つ神の御子が、目覚めた。そして、「長く寝込んでしまった。」と言った。
  同時に、気を失って倒れていた兵士たちも、ことごとく目覚めた。
  また、天つ神の御子が、その太刀を受け取るや否や、熊野の山の荒ぶる神たちは、自然とみな切り倒されてしまった。

  天つ神の御子が、その太刀を得た事情を問うたところ、高倉下は、次のように答えた。
  「私の夢の中に、天照大御神と高木神の二柱の神が現れ、建御雷(たけみかづち)神=経津主神をその場に呼び寄せて、
  『葦原の中つ国は、たいそう騒がしいようだ。我が御子たちが困っているらしい。その葦原の中つ国は、そなたが平定した国である。そこで建御雷神、そなたが再び、降って平定せよ。』
  と命じた。
 すると、建御雷神は、
  『私が降らずとも、その国を平定した時の太刀がありますので、この太刀を降しましょう。』
  と答えた。

   この太刀の名は、佐士布都(さじふつ)神と云う。亦の名は、甕布都(みかふつ)神と云ひ、亦の名は、布都御魂(ふつのみたま)と云う。
  この太刀は、今、石上神宮に祀られている。

  また、その太刀を降ろす方法について、私に、次のように説明した。
  『この太刀を降す方法であるが、高倉下の倉の屋根に穴を開けて、そこから落とし入れよう。そなたは朝、目が覚めたら、この太刀を持って、さっそく天つ神の御子の許へ届けよ。』

  そこで夢の教えのままに、朝早く自分の倉の中を見たところ、本当に、この太刀がありました。そこで早速、持参致しました次第です。」
  と説明した。


       * * * * * * *   ○   ☆  * *  ☆   ○   * * * * * * *


 布都御魂剱(ふつのみたまのつるぎ)

  建御雷(たけみかづち)神=経津主神は、かつて大国主命が八重言代主神(やえことしろぬしのみこと)と一緒に、葦原中國(あしはらのなかつくに)を統治していた頃に登場した神です。
  建御雷(たけみかづち)神と天鳥船(あめのとりふね)神は、まず出雲の国の伊那佐(いなさ)の小濱(をばま)に降り立ちました。
  その時、建御雷(たけみかづち)神が所持していた剣は、十掬剱(とつかのつるぎ)でした。それが即ち、高天の原の伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)の工房で製作された環頭太刀、布都御魂剱(ふつのみたまのつるぎ)です。

  そして、建御雷(たけみかづち)神は、大国主命、八重言代主神(やえことしろぬしのみこと)、建御名方神(たけみなかたのかみ)の順に、自国の戦力の強大さを誇示しながら、武力によらない平和的な方法での国譲りの交渉を行いました。
  その結果、全員から、
  『 ・・・ この葦原中國(あしはらのなかつくに)は、天つ神の御子の命の隨(まにま)に獻らむ。』
  という約束を取り付けました。
  つまり、建御雷(たけみかづち)神の活躍によって、葦原中國の国譲りが、平和的に成し遂げられたのです。

     ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定  P60 〜 62 参照 )


  そして、次に建御雷(たけみかづち)神=経津主神は、国中の人たちに、国譲りの約束がなされたことを知らせるために、言代主神(ことしろぬしのみこと)と一緒に全国を行脚しました。
  ただし、大国主命は、同行しませんでした。大国主命は自分が同行しない代わりに、いつも持ち歩いていた広矛を持たせてやりました。
  それは、大国主命が、かつて国内を廻り歩いていた時に使っていた矛でした。故に、その矛は、大国主命本人と完全に一体化しており、一目瞭然で、大国主命の持ち物であると判明するものでした。つまり、それを持つ人物が、大国主神と同等の権限を持つことを証明するものだったのです。

  その経緯は、『日本書紀』に、次のように記されています。
        ↓

   【 乃(すなはち)(くに)(む)けし時に杖(つ)けりし広矛(ひろほこ)を以(も)て、二(ふたはしら)の神に授(たてまつ)りて曰(のたま)はく、
  『吾此の矛(ほこ)を以て、卒(つい)に功治(ことな)せることあり。天孫(あめみま)、若(も)し此(こ)の矛(ほこ)を用(も)て国を治(し)らば、必ず平安(さき)くましましなむ。
  今我当(まさ)に百足(ももた)らず八十隈(やそくまで)に、隠去(かく)れなむ』
  とのたまふ。
  言(のたまふこと)(をは)りて遂に隠(まか)りましぬ。】

       ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P120 )

  訳文 ↓
  『 これは私が、国を平定した際に使っていた矛である。もし天孫が、同様に、この矛を持ち歩くならば、容易に国の治安を保つことが出来るでしょう。では、私は、これにて俗界から退くことにいたします。』
  こう言い残して、その場から立ち去った。


  その後、建御雷神=経津主神と言代主神は諸国を巡り歩き、服従しない領主たちを懲らしめて国を平定しました。さらにその結果を、自国へ戻って報告したのです。
        ↓

   【 是(ここ)に、二の神、諸(もろもろ)の順(まつろ)はぬ鬼神等(かみたち)を誅(つみな)ひて、< −− 途中 省略 −− > 果(つひ)に復(かへりこと)(もう)す。】
      ( 同 上 )





  ところで、この大国主神の広矛は、かつて櫛稲田姫が、須佐之男命に貸し与えた赤い櫛と同じ意味を持っていました。
       ↓

   『 すなわち湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女(をとめ)を取り成して、御角髪(みみづら)に刺して、・ ・ ・ 』


  地元の人たちには、その櫛が、櫛名田比売のものであることは、一目瞭然で分かります。つまり、須佐之男命は、誰もが櫛稲田姫の持ち物であることを知っている赤い櫛を、自分の頭髪に刺したのです。それには、特別な意味がありました。
  要するに、その櫛には、大規模な治水工事を進めるに際しての、指揮・命令権が象徴されていたのです。櫛名田比売から、正式に移譲された権限です。
  これと同様に、大国主神の広矛も、それを持つ人物は、大国主神本人と同じ権限を有したのです。それ故に、人々が納得して服従したのです。


  そして、布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ)も、それと同じ意味を持つものとして、神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)の許に届けられたのです。
  つまり、その布都御魂剣を持つ人物は、かつて諸国を巡り歩いて、服従しない領主たちを懲らしめた建御雷神、及び、言代主神と同じ権限を有する者であり、さらには、瑞穂の国のかつての支配者、大国主神と同じ権限を有することを、証明する品となったのです。そのことを証拠だてるものが、その太刀であったわけです。
    建御雷神の次の言葉、
  『私が降らずとも、その国を平定した時の太刀がありますので、この太刀を降しましょう。』
  には、こうした意味が含まれていたのです。


  そして、実際の効果が、次のように表現されているわけです。
       ↓

  故、その横刀(たち)を受け取りたまひし時、その熊野の山の荒(あら)ぶる神、自(おのづか)ら皆切り仆(たふ)さえき。
  ここにその惑(を)え伏せる御軍、悉に寤(さ)め起きき。


  人々に、その太刀を見せたただけで抵抗する者、敵対意識を持つ者が、誰もいなくなったのです。その太刀の由来が、それを持つ人物の身分と、権限を証明するものとなっていたからです。要するに、そのバックには、強大な軍事力を持つ大国が控えていることを、人々が知っていたからです。
  ただし、そこに切り倒されたとあるのは、刃物である太刀の性質から来る比喩的な表現であり、実際には、自ら進んで、服従の態度を執ったことを指します。

  周囲の人々のそうした変化は、実に驚くべきものであり、まさに覚醒の感のある出来事でした。そのことを現わすものが、次の一文です。
       ↓

  『 ここにその惑(を)え伏せる御軍、悉に寤(さ)め起きき。』

  つまり、周囲の人々の劇的な変化によって、ひと度は神の威厳に触れ世俗の争いを虚しく感じたものの、再び、兵士たちの士気が高まったのです。そして、さらに東征の旅を続ける気力が生まれたのです。つまり、自分たちの使命に目覚めたのです。



  【 この刀を降さむ状は、高倉下が倉の頂を穿ちて、それより墮し入れむ 】

  天照大御神がいる高天の原は、あくまでも天上界であるというのが、この書物の建て前であり、また大前提となっています。そのために人も、物も、すべて上から、下へ降りて来ることになります。
  従って、この太刀も、実際には海上ルートを使って、人が荷物として運んで来たのですが、その建て前に則って、わざわざ倉庫の屋根の遥か上から、下に落し込むことになったのです。

  また、そのことがすべて夢の中で語られたことになっているのは、天上界の天照大御神と地上界の高倉下(たかくらじ)との間に、特段の接点が無かったからです。つまり、夢の中で起きた出来事を、現実の出来事にすることによって、くどくどしい説明を省いたわけです。

  因みに、この後に、やはり天上界から派遣されて来たとされる八咫烏(やたがらす)が登場して来ます。ですから、実際には、彼等が、天照大御神の命を受けて、その太刀を運んで来たものと考えられます。
  ただし、下賎の者たちに、建御雷(たけみかづち)神の身代りになる大事な品を託すことは出来ません。そこで、天照大御神の意志に基づき、高倉下(たかくらじ)の倉の天井から落とし入れることにしたのです。それによって天上界から、地上界に物を届ける際の方法に、それなりの威厳が保たれるよう意図したのです。


                                2014.  5.  16.     店主記す
  



    秘密の小部屋に戻る。  
   




s p ⇒