〔 補 足 ・・ その三 〕  【 銅鐸と磁器鐸 】

  新発見、古代中国、越の国の時代の磁器鐸


  2006年3月7日付の朝日新聞に、中国で日本の銅鐸とそっくりな磁器製の鐸が発見されたという注目すべきニュースが紹介されました。 しかもそれが紀元前470年頃の、越の国の貴族の墓から見つかったということです。

  記事の内容は、以下のようなものです。
       ↓

  『 中国沿海部の江蘇省無錫市にある紀元前470年頃の越の国の貴族のものとみられる墓から、原始的な磁器の鐸(たく)が見つかった。南京博物院(同省南京市)によると、これまで中国各地で出土した鐸と異なり、日本の弥生時代の銅鐸によく似ている。中国側研究者からは「日本の銅鐸は越から伝わった可能性があるのでは」との声が出ている。ーー 略 ーー。
    鐸は四つ見つかり、高さ約20センチ、幅約12〜18センチの鐘型。肌色で表面に蛇のような小さな模様が多数刻まれ、鐸上部に長さ数センチの蛇や虎の姿を模したつり手が付いている。
    同博物院などの説明では、黄河流域を中心に中国各地で出土してきた鐸は上部に手で持って鳴らすための細長い柄が付いたものばかり。日本の銅鐸と似たつり手の付いた鐸が、長江(揚子江)下流域の呉(?〜紀元前473)と越(?〜紀元前334)に存在していたことが歴史書にあるが、実際に中国で出土したのは今回がはじめて。楚に滅ぼされた越から日本に逃げた人がいるとされることもあり、日本の銅鐸との関連性を指摘する声が出ている。 ーー 以下、略 ーー 』
                ( 以上、文化総合 文化欄より )

  新聞には、四つの磁器鐸の写真が掲載されています。もし機会あったらご参照ください。


  またこちらのサイトには、このニュースの内容と、一つの磁器鐸の写真が掲載されています。
      ↓
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a
=20060209-00000148-kyodo-ent


   容易には手に入らない貴重な写真ですから将来、こちらのホームページの更新に伴って削除されても大丈夫なように、ここにも拝借させていただきます。
    
(写真の著作権は、おそらく中国政府にあると思われます。共同通信社かもしれません。ご了承願います。)




中国江蘇省無錫市の越時代の貴族墓から出土した鐸(共同)


  今回見つかった越の国の磁器鐸の形状は、島根県 加茂町で見つかった31個の銅鐸と極めて類似しています。
  新聞記事の説明にもあったように、鐸の上部に付けられたつり手は独特のものであり、他の地域ではまったく見つかっていないということです。従って素材が、銅と土の違いがあるために多少の違いが生じたものの、もともとの形状のルーツは同じであったと考えることが出来ます。

  すると、これにより極めて重大な結論が導き出されます。つまり加茂町で見つかった多くの銅鐸は、越の国の人たちが持ち込んだことになり、『古事記』に登場するスサノオノミコトと、古代中国に存在した国、『越』が結びつくからです。

  前に紹介したように、出雲国風土記の神門郡の条には、「日淵川に池を造るために古志の人たちが遣って来て堤を築いた」とあります。その『古志』の人たちというのは、すなわちはるばると海を渡って遣って来た『越(えつ=こし)』の人たちであったということです。
  しかも、これは『古事記』に記されているスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したという伝説とも結び付くことから、その『越の人たち』の頭領が、まさしくスサノオノミコトその人であったということになるわけです。
  要するに、『出雲国風土記』に記されている『古志の国』と、中国にかつて存在した国『越』が結びつくことになり、出雲の国でヤマタノオロチを退治したのは、中国大陸から遣って来た人たちであったということが証明されるわけです。


  ******    ○ ○  ******  


  前に紹介したように、東周の時代は、前・後半に分けられます。前半が春秋時代(前770〜前403)、後半が戦国時代(前403〜前221)です。そしてこの時代に、各地に有力な諸侯が現われ、それが「覇者(はしゃ)」と呼ばれました。
  「春秋の五覇」と呼ばれたのが、「斉の桓公」「晋の文公」「越の句践
(こうせん)」「呉の夫差(ふさ)」「楚の荘王」です。

  今回、発見された磁器鐸は、
紀元前470年頃の越の国の貴族のものとみられる墓からということであり、春秋時代にまで遡る人物(一族)によって、こうした形状の銅鐸が用いられていたことが分かります。
   そして、越が楚によって滅ぼされたのが、紀元前334
ですから、その前後に自国から逃れて日本国まで遣って来た一団があり、それが出雲の国でスサノオノミコトとして活躍したと考えられるわけです。
  秦の始皇帝が中国を統一したのが、紀元前221年ですから、彼等はそれより100年以上も前に、日本国内に来ていたことになります。

  どうやら今回の発見は、日本の歴史を変えるほどの大発見になりそうです。


   
( 因みに、古代の日本人は文字を持たなかったとされていますが、これは日本人が持っている元来の知的能力から考えると、極めて不自然です。 『古事記』が我が国最古の書物であったとは、とうてい考え難いわけです。
  これはどうやら秦の始皇帝が強行した焚書坑儒の影響が及んだために、古代倭文字の使用が禁止されたためではないかと考えられます。
  つまり、今では幻となっている我が国固有の文字が存在したということです。そのように考える有力な根拠が見つかったことになります。)


                                        2006. 3.  10.     店主記す







    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒