五穀の起源とスサノオノミコト
 ―――――――――――――――


  『古事記』にはスサノオノミコトが、高天の原を追放されてから、その後、出雲国へ遣って来るまでの間に、オオゲツヒメノミコトに食物を乞うエピソードが挿入されています。「五穀の起源」と題して、章建てされている部分です。

  その内容はスサノオのミコトが、オオゲツヒメノミコトに食物を乞うたところ、オオゲツヒメノミコトは鼻や口や尻から、様々な食物を取り出した。
  それを見たスサノオノミコトは、故意に穢してから進呈するものと思い、怒って、オオゲツヒメノミコトを殺した。
  殺されたオオゲツヒメノミコトの身体からは、様々な植物が芽生えて、実を付けた。頭には蚕。目には稲。耳には粟。鼻には小豆。陰部には麦。尻には大豆。 カミムスイの御祖命が、それらを集めて種とした、というものです。
         
( 『古事記』岩波文庫版 上つ巻 天照大御神と須佐之男命 5五穀の起源 P38 参照 )


  この部分は一見、前後の文章と何らかのつながりがあるように受け取れるものの、具体的な出来事として見た場合、内容的には、まったくつながりません。要するに、ここに書かれている文章の意味を、そのまま解釈しても、何も見えて来ないのです。不可解な内容に、さらに混乱が増すだけなのです。
  それはこの部分にも、大掛かりな神話化現象が発生しており、事実関係が大幅に改変されているからです。しかも、それだけでなく前提となる出来事の捉え方に、誤謬が生じているためです。
  従って、この部分を正確に理解するには、事実関係を新たに再構築することから始める必要があるのです。

  そのための前提となる重要な要素を、ここに幾つか指摘しておきます。それ等の点を念頭に置きながら、以下を読み進めると内容がより具体的になって、分かり易くなります。そして、結論に到達する過程が明瞭になります。
           ↓

  一つ目は、本来の五穀の起源は、もっともっと古い時代に遡る出来事である。つまり、ここに記されている内容は、米や麦の起源とはまったく関わりの無い出来事である。

  二つ目は、もしこの部分に副題を付けるとしたら、『人々を飢饉と飢餓から救った英雄』とするのが正しい。

  三つ目は、ここには交易と商取引の機能が破壊され、穀物の種子をはじめとする農業生産に必要な物資が、広く人々に開放された出来事が記されている。

  四つ目は、穀物ではない蚕が、五穀の中に含まれているのは、これが農民の生活に必要不可欠なものであり、実際には、さらに牛や、馬も含まれる。



         *****  ○  ○  ○   *****


  さて、この部分を合理的に理解するには、まず予備知識として、次のようなことを知っておく必要があります。それにより、ここに記されている出来事の背景が見えてきます。
  言い換えれば、そうした説明がすべて省かれているために、容易には理解できない内容になっているのです。


 【 商業の歴史 】

  ― 物々交換 ―

  商業の歴史は、人々が持ち寄った生活物資の「物々交換」に始まります。人々は余剰の生活物資を、自分が必要とする品物と交換し、それにより不足分を補ったのです。ですから商業は、遥か原始の時代から行われて来たことになります。
  当初は、人々が持っている余剰な品物を、必要な物と交換することが目的でしたが、徐々に生産の分業化が進み、また専門性が高まると、交換そのものを目的とする生産に移行しました。つまり、自分たちの生活に必要な物資の生産から、交換することを目的とした物(商品)の生産に変わって行ったのです。
  そして自然と、人々が集まって来る場所が定まりました。それにより一定の場所で、効率よく、他の必要物資と交換することが出来るようになりました。これが「市」の成立です。


  ― 貨幣の登場 ―

  この物々交換の制度は、貨幣の登場により、様相が一変します。物々交換は、その場に、現物が無ければ成立しません。
  それには物資の運搬のための労力を要するだけでなく、時間が経過することによるロスが生じます。新鮮な農・水産物も、時間が経って傷んでしまえば、交換価値が無くなります。
  そうした不都合を解消する手段として、物の価値を一時的に他の尺度に置き換える制度が誕生したのです。その物が持っている価値が正当に評価されて、他の物に置き換えられる制度です。つまり、「貨幣」が登場したのです。
  これにより商業という制度は、飛躍的に発展しました。そして、より多くのものが売り買いされるようになったのです。

  貨幣の登場は意外に古く、昔から様々なものが使われて来ました。希少価値を有するもので、容易には手に入れ難いものが選ばれました。
  古くは貝殻や、石が使われた時代があります。中国の( 殷(いん)、紀元前17世紀頃 〜 紀元前1046年周(しゅう) 紀元前1046年ごろ 〜 紀元前256年 ) の時代には、子安貝の貝殻が貨幣として使われました。この「貝貨」は、春秋戦国時代
(紀元前770年〜紀元前403年)のころまで使われていました。

  春秋戦国時代に入ると、青銅が貨幣として使われるようになりました。これも当時は、希少価値が高かったからです。そして、より希少価値の高い金や、銀も、この頃から通貨として使われるようになりました。


  ― 商人の登場 ―

  殷王朝は、別名、商とも呼ばれました。「商人」という言葉の起源となった国です。この国は、紀元前17世紀頃から、紀元前1046年まで栄えました。
  この王朝は、紀元前11世紀に、周に滅ぼされました。この二つの王朝の時代が、殷・周時代と呼ばれます。

  この頃に登場した孔子
(紀元前 551年〜紀元前 479年)は、「仁」を根本義とする儒教の教えを広めた人物ですが、農業生産を重視する立場から、商業の台頭を嫌いました。そして、貴重な金、銀が商人に独占されることを危惧し、貨幣として使用することを批判しました。そのために金貨、銀貨の発行が、制限されるようになりました。

  この孔子の思想は、我が国にも強い影響を与え、江戸時代の身分制度にも反映されました。商人の身分は、士農工商の最下位に位置づけられたのです。品物を右から左へ流すだけで利益を得る商業を、賎しいものと考えたのです。額に汗して、新たな価値を創造する職業ではないからです。中間搾取の性格を持つ穢れた職業であるという評価です。こうした認識は、古い時代ほど顕著であったと考えられます。


 ― 交易都市の出現 ―

  物の流通と人の交流は、次第に大規模な交易都市を出現させました。交通の要衝となる場所には、各地から様々な物資が運び込まれて、流通の拠点となりました。
  物が人を呼び、人が物を呼び込むという商業・交易都市が出現したのです。例のシルクロードの中継地点にも、繁栄を遂げた大きな都市が幾つも存在します。
  その交易都市には、各地から様々な産物が持ち込まれて、盛んに売買が行われました。また、それらの大量の物資を保管するためには、倉庫が必要となります。一時的に、そこに蓄えられて、売買の成立により、右から左へと流れて行ったのです。



 【 種子(タネ)の思想 】

  植物は、種子によって世代交代を繰り返します。つまり穀物の種子は、人や、動物の食料になると同時に、次の世代を生み出す資源なのです。
  地面に落ちた種や、畑に撒かれた種は自分自身が消滅する代わりに、子孫を生み出す素になります。つまりその種子は、ただ単に消滅して消え去るのではなく、次の世代に形を形を変えて生き残るのです。ここに「種子の思想」の原点があります。

  種子については、イエス・キリストが残した有名な言葉があります。
  「ひと粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの果を結ぶべし(ヨハネ伝12−24)」
  こう言ってイエスは、信仰を広めるために喩話として使ったのです。

  要するに、種子が持っている本来の性質は、自らが死ぬことによって、次の世代が生み出されるということです。あらゆる種類の植物が、種子によって世代交代を繰り返すのであり、種子は、再生のシンボルでもあるわけです。



        ****  ---  ****  ○ ○  ****  ---  ***


  さて、上に紹介したような予備知識に基づいて、五穀の起源に記されている内容を分析すると、これまでは見えなかったものが見えてきます。それにより、この部分の全体像が明らかになります。

  一つ目は、交易都市には、各地から様々な物資が集結し、そこで売買が行われ、買い取られた品物は、再び各地へと散って行きます。
  つまり、そうした商業都市が持っている機能が、ここでは一人の人間の身体に喩えられているのです。擬人化現象が発生しているわけです。

  市が開かれる商業都市には、様々な品物が、様々なルートを通って入って来ます。農産物、水産物、工業製品等々が、それぞれの流通経路から持ち込まれます。
  そして、取引の成立により、今度は様々な出口から出ていきます。四方八方の出入口から搬入と、搬出が行われるわけです。
  ここでは、こうした物の動きが、
  『鼻や口や尻から、様々な食物を取り出した(同 P38)
  と表現されているのです。
  様々な食糧品を、それぞれ別のルートから取り出したという意味です。

  二つ目は、人や動物の食料となる穀物も、そこで取引される主要な商品であり、しかも生活必需品であるだけに、不作で品薄状態のときには、大きな利潤を生みだす格好の取引材料になります。つまり穀物が、金儲けの材料になるということです。

  主食である米や麦などは、飢饉や不作が続いている時には、価格を吊り上げることによって、暴利を得ることができます。供給と需要で価格が決まる市場原理に従えば、利益を追求することは、決して悪ではないからです。
  しかし穀物は、人にとっては命の糧です。それが手に入らなければ、飢えによる死が待っています。つまり穀物を、金儲のための材料にすることには、人道的な疑義が生じます。一部の人間の金儲けのために、多くの人が犠牲になるからです。
  今まさに、飢えて死に掛っている人に、食糧品を高額で売りつけるような行為は、人道的な見地からは許されません。まさしく下卑た行為であり、食物を穢し汚す、不遜な行為です。そうした非人間的な行為が、
  『穢汚(けが)して奉進(たてまつ)る(同 P38) 
  と表現されている内容です。命の糧となる神聖な食糧が、金儲けのために、汚されたり、穢されたりしているということです。

  三つ目は、穀物の種子が、一部の人たちに買い占められて、市場に流出しない情況では、再生産が行われず、次の収穫が出来なくなります。
  そうした商取引の機能を破壊して、農業生産のために、必要とする人々に広く分かち与える必要が生じます。
  つまり、その機能に関わっている人々を、実際に殺す必要は無いのです。要は、種子を商品として扱う商業・交易機能を破壊することにより、食糧の再生産が可能になるわけです。

  『殺されたオオゲツヒメノミコトの身体からは、様々な植物が芽生えて、実をつけた。』(同 P38) 
  というのは、このことを象徴的に表現したものです。
  つまり実際に殺されたのは、商業交易の機能だったのです。そして、それが破壊されて、死んだことにより、食料再生のための機能が働き、新たな植物が芽生えたのです。それにより、五穀が復活したのです。

  四つ目は、
  『カミムスイの御祖命が、それらを集めて種とした(同 P38) 
  というのは、それが政治的に行われたという意味です。
  つまり、需要と供給でバランスを保っている市場経済に、行政が介入したということです。カミムスイの御祖命が、行政府の長であることに留意する必要があります。
  これにより一部の商人、または一部の豪族に独占されていた穀物の種子や、蚕が、それ等を必要とする農民に分け与えられたのです。
  結果的に、食糧が再生産されて、すべての国民が、飢えから救われたのです。
  従って、その原因を作った人物は、『飢饉と飢餓から人々を救った英雄』として崇められたことでしょう。それは多くの人たちから歓迎された破壊行為だったのです。



        ****  ---  ****  ○ ○  ****  ---  ***



  ところで『古事記』では、上のようにスサノオノミコトがオオゲツヒメノミコトを殺したことになっていますが、もうひとつの歴史書である『日本書紀』では、登場人物の役割分担が異なっています。

  そこでは月夜見尊(つくよみのみこと)が、保食神(うけもちのかみ)を殺した話になっています。しかも、事実関係については、『日本書紀』のほうがより詳しく記されているのです。
  まず三貴子の役割分担ですが、次のようになっています。

  「 天照大神は、高天乃原(たかまのはら)を御(しら)すべし。月夜見尊(つくよみのみこと)は、日に配(なら)べて天(あめ)の事を知らすべし。素戔嗚尊は蒼海乃原(あをうなばら)(しら)すべし。」
                      ( 『日本書紀』 岩波文庫版 神代上 第五段 P58 )


  ここでは月夜見尊が、国内の政治を取り仕切る行政長官のような役目になっています。そして月夜見尊は、次のような天照大神からの指示を受けて、保食神の許へと出向きます。

  「 葦原中国(あしはらのなかつくに)に保食神(うけもちのかみ)有りと聞く。爾(いまし)月夜見尊、就(ゆ)(み)よ」 ( 同 P58 )

  この勅(みことのり)により月夜見尊が、保食神の許へ出向いたのです。つまりスサノオノミコトは、まったく関係していないのです。
  そして、月夜見尊が出向いた先では、『古事記』に記されている内容と、ほぼ同様のことが起きました。

  「 保食神(うけもちのかみ)、乃ち首(こうべ)を廻らして国に向かひしかば、口より飯(いい)出づ。又海(うなばら)に向かひしかば、ハタの広(ひろもの)・ハタの狭(さもの)、亦口より出づ。又山に向かひしかば、毛のアラモノ・毛の柔(にこもの)、亦口より出づ。 」 ( 同 P58 )

  つまり国の内陸部からは、様々な穀類が入荷し、海からは大小の魚類が入荷し、山からは、狩猟によって得られた動物の肉が入荷したというのです。
  そして、月夜見尊は保食神がそれ等を口から取り出したために、穢らわしい振る舞いであると怒り、保食神を殺してしまいました。これは『古事記』の内容と、まったく同じです。

  その報告を受けた天照大神は、非常に怒り、今後そなたとは会わないと言って、双方が遠く離れて暮らすようになったというのです。これは太陽と月の関係を、そのまま取り入れた形の寓話になっています。
  その後、天照大神が部下の者を使って、その殺された保食神の様子を見に行かせると、次のようなことが起きていました。

  「 是(こ)の時に、保食神、実(まこと)(すで)(まか)れり。唯(ただ)し其の神の頂(いただき)に、牛馬(うしうま)化為(な)る有り。額の上に粟(あわ)(な)れり。眉の上に蚕生れり。眼の中に稗(ひえ)生れり。腹の中に稲生れり。陰(ほと)に麦及び大小豆(まめあづき)生れり。」 ( 同 P 58〜60 )


  殺された保食神の身体からは、様々な穀類が芽生えて、さらには牛や、馬までもが出て来たというのです。もちろん蚕も含まれています。
  ここに蚕だけでなく、牛や、馬が入っていることには、大いに注目する必要があります。これ等は、農耕のための必需品であり、農業の生産性を高めるには、無くてはならないものだからです。そうしたものが、保食神の身体から出てきたのです。
  部下の者はこれ等のすべてを、天照大神の許へ持って行きました。すると天照大神によって、次のような決定がなされました。

  「 天熊人(あまのくまひと)、悉(ふつく)に取り持ち去(ゆ)きて奉る。時に、天照大神(あまてらすおおみかみ)喜びて曰(のたま)はく、
  『是の物は、顕見(うつ)しき蒼生(あをひとくさ)の、食らいて活くべきものなり』
  とのたまひて、乃ち粟稗麦豆(あわひえむぎまめ)を以ては、陸田種子(はたけつもの)とす。稲を以ては水田種子(たなつもの)とす。ーー 略 ーー 」 ( 同 P60 )


  天熊人というのは、同書の注釈から判断するに、宮廷内の台所を預かる責任者のことです。『クマは、神に奉る米』という説明がしてあります。つまり、食材を加工調理するだけでなく、調達係も兼ねる部署のことです。または、そこに所属する専門家たちです。

  ここに『顕見しき蒼生の、食らいて活くべきものなり』とあるのは、これ等の品々は人が生きていくために、欠かせない食糧であるという意味です。
  従って、一部の人間の独占的な管理から切り離して、行政府が関与して保護育成すべきであるとしたのです。
  そして、そのための対策として、
  「又因りて、天邑君(あめのむらきみ)を定む。」 ( 同 P 60 )

  天邑君というのは、同書の脚注に『農民の長』という説明がしてあります。つまり、農業を保護、育成する専門の部署と、経験と知識を有する担当者を決めたということです。
  その結果、秋には、

  「其の秋の垂穂(たりほ)、八握(やつかほ)に莫莫然(しな)ひて、甚(はなはだ)だ快し。」 ( 同 P 60 )

  ということになりました。
  つまり、国中が豊作になり、食糧に困ることが無くなったということです。
  また、そこには養蚕に関する記述が、次のようにあります。
      ↓

  「 又口の裏(うち)に蠶(かひこ)を含みて便(すなは)ち糸(いと)(ひ)くこと得たり。此(これ)より始めて養蚕(こがひ)の道有り。」 ( 同 P 60 )


  つまり、これまでは各農家で細々と生産されていた生糸が、国の振興政策に取り入れられて、量産化が図られたのです。

  『口の裏(うち)に』というのは、戸口の内側でという意味です。つまり、自然界にあるものを拾い集めるのではなく、屋内で、人工的に飼育するようになったことを表しています。
  質の良い繭玉を収穫するために、桑畑から蚕の餌となる桑の葉を刈り取って来て、温度管理がされた室内で、蚕を効率よく育てるのです。それが養蚕です。蚕が造った繭から紡ぎ出された糸で、絹織物が作られたのです。

  そして、この事業が、ついには国の一大産業にまで発展したのです。要するに、後にシルクロード交易として発展するための基盤が、この時に築かれたことを意味します。
  時代的には、前漢の武帝の時代であり、張騫が紀元前139年に月氏のもとへ派遣された頃まで遡る出来事であったと考えられます。或いは、さらに古い時代のことかもしれません。

  シルクロードの中国側の起点は、洛陽河南省)であったとされています。従って、ここに登場する葦原中国(あしはらのなかつくに)というのは、この当時の洛陽のことであり、また保食神というのは、この地域を支配していた豪族を指すことになります。その豪族が、あこぎな商売をしていたために、多くの人々が苦しめられていたのです。

  そうした時に、天照大御神がいた高天乃原というのは、この当時の行政府の在った場所であり、それに該当するのは、長安陝西省)であったと考えられます。両者は距離的に、やや離れており、行政府の目が届かないところで勝手な振る舞いをしていたのが、その保食神の一族であったということです。


  以上のように、『日本書紀』の内容のほうが、より具体的です。ただし『日本書紀』は、かなり象徴化されて『古事記』に記されている出来事までも歴史的事実として捉え、それをさらに発展させている姿勢が見受けられて、多くの部分が一見、歴史的事実の記録のように見えながらも、実際には、根拠の無い虚偽の歴史になっている嫌いがあります。
  しかし、この場合は内容の正確さから見て、『日本書紀』の方に軍配を挙げることが出来ます。『古事記』だけでは見えてこない、新たな事実の発見があるからです。
  このことは、とかく軽く扱われがちな一書(あるふみ)に記されている内容が、歴史の真実を解き明かすための重要な資料になることを意味します。



        ****  ---  ****  ○ ○  ****  ---  ***


  さて、以上のように、『古事記』に記されている内容は、そのまますべてを鵜呑みにすることが出来ないことが分かります。あまりにも大掛かりな神話化現象が生じており、しかも事実関係の説明が大幅に省略されているからです。さらには、捉えられた事実関係の基本的な部分に、誤謬さえ発生しているのです。
  「五穀の起源」は、この書物を正しく解釈することが、いかに困難であるかを象徴的に示すものです。この困難さのゆえに、この書物が世に出て以来、今日までその内容を正確に把握することが出来なかったのです。この事実には、ただただ当惑する次第です。


                                        2009. 6.  9.     店主記す


 


    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒