大国主神の国譲り
  ――――――――――――



  大国主神(おおくにぬしのみこと)の“国譲り”に関する一連の出来事は、『葦原中国の平定』として区分けされた部分に記されています。
  天照大御神が、この国は、もともと自分の子供たちが支配する国なのだから、潔く明け渡せと、大国主神に迫りました。原文では、次のようになっています。
   ↓

  『豊葦原(とよあしはら)の千秋長五百秋(ちあきのながいほあき)の水穂國(みづほのくに)は、我が御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)の治らす國ぞ。』( 『古事記』岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 6天菩比神 P55より )


  つまり豊葦原の千秋長五百秋の水穂國、即ち、この日本国は、もともと天照大御神が支配していた国である。従って、我が子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命が統治するはずの国である、というのです。

  大国主神は即答を避けて、のらりくらりと結論を引き延ばすのですが、最終的には自国を無血開城して、天照大御神の配下に譲り渡すことになります。それにより無益に、国民の血が流されることはありませんでした。ただし、そこへ行き着くまでには、けっこう長い経過があります。
  その間に起きた様々な出来事が、次のような項目で章建てされています。


  1 天菩比神(あめのほひのみこと)

  2 天若日子(あめのわかひこ)

  3 建御雷神(たけみかづちのみこと)

  4 事代主神(ことしろぬしのみこと)の服従

  5 建御名方神(たけみなかたのみこと)の服従

  6 大国主神(おおくにぬしのみこと)の国譲り


  以下、この一連の出来事の内容を説明しておくことにします。



                                        2009. 8.  10.     店主記す





 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒