天 菩 比 神
 ――――――――――――



  1 天菩比神 (あめのほひのみこと)


  “国譲り”の一連の出来事は、天照大御神が一方的に発した次のような宣言によって始まりました。この日本国の歴史が塗り替えられる発端となったものです。
     ↓

  豊葦原(とよあしはら)の千秋長五百秋(ちあきのながいほあき)の水穂國(みづほのくに)は、我が御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)の治らす國ぞ
                ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 6 天菩比神 P55より )


  ここには遠い過去の歴史に於いて、日本国という弱小国が、天照大御神が支配していた大国の一部に組み込まれていた背景が浮かび上がります。つまり、この国は遥か遠い昔から、中国大陸と朝鮮半島に付随する一小国として扱われていたのです。
  言い換えれば、豊葦原の千秋長五百秋の水穂國は、もともと天照大御神が支配していた国であるという大前提があるわけです。それ故に、この国はそもそも、我が子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命が統治すべきはずの国であるというのです。


  ところで天照大御神が、このような宣言を発したのには、次のような理由があります。つまりこの時点で、こうした宣言を発する必要性があったのです。

  出雲の国へ遣って来た須佐之男命は、その地で、ヤマタノオロチを退治しました。その際に、天の叢雲の剱(=草薙の剱)を入手しました。
  その剱が霊剣であったことから、天照大御神に献上しました。
  『古事記』には、草薙の剱が天照大御神の許に届けられたことについて、
     ↓

  「 故、この大刀を取りて、異(あや)しき物と思ほして、天照大御神に白し上げたまいき。」
                                      ( 『古事記』 P41 )

  とあるだけですが、『日本書紀』では、より具体的に、使者として遣わされた人物名までもが記されています。
      ↓

  「 −−− 乃ち五世(いつよ)の孫(みま)天乃葺根神(あまのふきねのかみ)を遣(まだ)して、天(あめ)に上奉(たてまつりあ)ぐ。」
                            ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P100 )

  この天乃葺根神は、『古事記』では天之冬衣神(あめのふゆきぬのみこと)となっています。この人物によって、遠路はるばると、天照大御神の許まで届けられたのです。
  このように『日本書紀』には、草薙の剱が天照大御神の手許に届けられた経緯までもが、明確に記されています
  そして、一度は天照大御神の手許に渡ったこの草薙の剱が、後に、天孫とされるニニギノミコトと一緒に、再び、この国へ戻って来るのです。


  要するに、この時点では、須佐之男命が献上した草薙の剱が、天照大御神の手許に届いていたのです。従って、天照大御神は、自分たちが高天の原から追放した人物によって、この地が占領されていることを知ったのです。

  たとえ須佐之男命が天照大御神に対して、恭順の態度を示していても、須佐之男命は、直接的な指示・命令権の及ばない人物であり、もしこの地で勢力を拡大することがあれば、いつ反旗を翻えさないとも限りません。従って、須佐之男命に勝手な振る舞いをさせないためにも、至急、直属の部下を送り込む必要があったのです。


       ****  ○  ○  ☆  ○  ○  ****


  天照大御神は上のように宣言して、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)を派遣したのですが、その天忍穂耳命が天の浮橋まで来てみると、豊葦原の千秋長五百秋の水穂國は妙に騒々しく、人々がやたらと騒いでいます。それを見た天忍穂耳命は、恐れをなして、その場から引き返してしまいました。

  その報告を受けた天照大御神は、事前に誰か別の者を遣って
、現地の人たちに新たな統治者を受け入れるように交渉させようと、再度、人選を行いました。
  その結果選ばれたのが、この天菩比神でした。


  ところで、ここに登場した天忍穂耳命も、天菩比神も、天照大御神と須佐之男命が行った『天の安の河の誓約』((『古事記』 p33) の際に生まれた神々です。
  その時、同時に五柱の神々が誕生しました。
  須佐之男命が
天照大御神の勾玉を使って生ましめたために、この両者とも天照大御神の子供ということになっています。
  もちろん実際に生まれたわけではなく、相互の主従関係の成立を証明するものが、その際に下賜された勾玉であるという意味です。つまり、その際に使われた剱も勾玉も、主従の関係を証明する証拠の品なのです。

  しかしここに、同じ天照大御神の家臣でありながら、恐れをなして引き返してしまった天忍穂耳命の代わりに、なぜ天菩比神が選ばれたのかという疑問が生じます。両者の間に、どのような差異があったのかということです。

  そこで『日本書紀』で、この部分を調べてみると、『日本書紀』の本文では、最初から天忍穂耳命の子供であるニニギノミコトを派遣することになっていて、その父親に当たる天忍穂耳命が行くことにはなっていないのです。 ( 『日本書紀』 巻第二 神代 下 岩波文庫版 P110 参照 )

  また短い文章で紹介されている異説では、天菩比神の部分の記述がありません。やや長文の説明のある第一書では、次に派遣された天稚彦が殺される事件のあった後に出かけて行って、途中から戻って来たことになっています。( 同 P130 参照 ) つまり、順序が逆になっているのです。従って『日本書紀』は、事の真相を読み取るための参考とはなり得ません。


  現実問題として『古事記』にあるように、いったん出かけた天忍穂耳命が途中から引き返すことは、容易には出来なかったはずであり、この経緯には、別の意図が隠されていたと考えられます。
  それは天上界と地上界を結ぶ“天の浮橋”の存在を強調する意図です。つまり、天照大御神がいる世界を、天上界にしたいがための作為が働いたからであるということです。


  ただし、『日本書紀』の本文でも、葦原の中国には邪しき神々がいるため、事前に、誰かを派遣して、鎮める必要があるというのは同じです。そこで選ばれたのが、この天菩比神だったのです。


        ****    ○    ☆    ○  ****



  ところが、この天菩比神は、せっかく豊葦原の千秋長五百秋の水穂國に派遣されたものの、三年経っても、本国に、何も報告しませんでした。本来の使命を果たさなかったのです。原文では、次のように記されています。
     ↓

  「- - - すなはち大國主神に媚(こ)び附きて、三年(みとせ)に至るまで復奏(かへりごとを)さざりき。
                                   ( 『古事記』 P56 )


  『日本書紀』にも、同様のことが記されています。
  しかも『日本書紀』には、天菩比神の子供に当たる武三熊之大人(たけみくまのうし)を迎えに行かせたものの、この人物からも、何も報告が無かったことが記されています。
     ↓

 「 此亦還(これまた)其の父に順(おもねり)て、遂に報聞(かへりごともう)さず。」
                                      ( 『日本書紀』 P112 )


  要するに、天照大御神が支配している自国よりも、大国主神が支配しているこの国のほうが、住み心地が良かったのです。
  しかも本国からは、距離的にも離れているために、容易には監視の目が及ばず、好き勝手なことが出来たのです。自国へ帰って、再び戦闘に明け暮れるよりは、この国でのんびり生きたいというのが本音だったのでしょう。




                                        2009. 8.  10.     店主記す







    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒