天 若 日 子
  ―――――――――――



  2 天若日子(あめのわかひこ)


  “国譲り”の交渉のために、豊葦原の千秋長五百秋の水穂國へ派遣した天菩比神(あめのほひのみこと)からは、三年が過ぎても、何も連絡が無い。さらに、迎えに遣った武三熊之大人からも、何も報告が来ない。
  そこで高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と天照大御神が、神々を集めて相談したところ、思金神(おもひかねのかみ)から、次に天津國玉神(あまつくにたまのかみ)の子の天若日子を遣わすべきでしょうという答えがあった。

  この天若日子について『古事記』では、何も説明がありませんが、『日本書紀』には、次のような説明がしてあります。
        ↓

  「天国玉
(あまつくにたま)の子天稚彦(あめのわかひこ)、是(これ)壮士(たけきひと)なり、試みたまへ」とまうす。
                                         
( 『日本書紀』 P112 )


  この記述により、どうやら名の知られた武将であったことが分かります。そこで天照大御神は天若日子に、天之麻迦古弓
(あめのまかこゆみ)と、天之波波矢(あめのははや)を授けて、豊葦原の千秋長五百秋の水穂國へ遣わしました。


  ところが天若日子は、その地で大国主神の娘、下照(光)比賣
(したてるひめ)と結婚して、また、その国を自分のものにしようと目論んで、八年もの間、何も報告をしませんでした。
       ↓

  「 −−− 大国主神の女
(むすめ)下照比賣(したてるひめ)を娶(めと)し、またその國を獲(え)むと慮(おもひはか)りて、八年(やとせ)に至るまで復奏さざりき。」
                                         
( 『古事記』 P57 )


  ここに登場する下照比賣は、記・紀の記録の上では、大国主神の娘ということになっています。多紀理毘賣命
(たぎりびめのみこと)との間に生まれたのが、兄の阿遅鋤高日子根神(あじすきたかひこねのかみ)と、妹の下光比賣命です。
  原文では、次のように記されています。
     ↓

  「 故、この大國主神、胸形
(むなかた)の奥津宮(おきつみや)に坐ます神、多紀理毘賣命(たぎりびめのみこと)を娶(めと)して生める子は、阿遅鋤高日子根神(あじすきたかひこねのかみ)。次に妹高比賣命(いもたかひめのみこと)。亦の名は下光比賣命(したてるひめのみこと)。この阿遅鋤高日子根神は、今、迦毛大御神(かものおおみかみ)と謂ふぞ。」
                                         
( 『古事記』 P52 )


  ただし、これも血を分けた実の娘という意味ではありません。少々込み入ったいきさつがありますので、ここで簡単に説明しておくことにします。

  二人の兄妹の母親に該当する多紀理毘賣命は、天照大御神と須佐之男命が行った『天の安の河の誓約』の際に生まれた神々のうちの一人です。(『古事記』 p33 参照)
  
この場合は天照大御神が、須佐之男命の十拳剱(とつかのつるぎ)を使って生ましめたために、誕生した三柱の神々は、須佐之男命の子供ということになりました。もちろんこれも実際に生まれたわけではなく、相互の主従関係の成立を証明するものが、その際に下賜された剱であるという意味です。

  『日本書紀』には、それぞれ長さが異なる十握剣(とつかのつるぎ)、九握剣(ここのつかのつるぎ)、八握剣(やつかのつるぎ)というものが登場し、その剣から子供たちが誕生したことになっています。多紀理毘賣命については、次のように記されています
      ↓

  「 又、八握剣(やつかのつるぎ)を食して化生(あ)れます児(みこ)、田霧姫命(たきりひめのみこと)。」
                                      ( 『日本書紀』 P72 )

  この三柱の神々は、主人に当たる須佐之男命が高天の原から追放されたために、自分たちも国内に留まることが出来なくなったのです。そこで、須佐之男命の後を追う形で、日本国まで逃れて来たのです。大国主神は、その人たちを庇護し、援助したのです。

  そして、阿遅鋤高日子根神と下照比賣の兄妹を、自分が住む出雲の国に引き取ったために、必然的に母親に該当する多紀理毘賣命と結婚をしたことになったのです。つまり二人を、自分の手許で子供として養育したために、その前提として、両者が結婚したことになっているのです。
  また、天若日子が下照(光)比賣と結婚したのにも、それなりの理由が在ったのです。この件については、後で触れることにします。



        ****    ○    ☆    ○  ****



  三度目に遣わした天若日子からも、八年経っても何も報告が来ないことから、天照大御神と高御産巣日神は、また神々に相談しました。

  「天若日子からも、いまだに報告が無い。天若日子がいつまでも留まっている理由を、誰かに訊きに行かせよう。」
                                        ( 『古事記』 p57 )

  そこで思金神が、
  「雉
(きざし)、名は鳴女(なきめ)を遣わしたらよいでしょう」と答えた。
                                        
(同 『古事記』 p57)


  その鳴女が天から降って、天若日子の家の桂の木の上にとまって、天つ神からの言葉を伝えた。
  すると、この鳥の言葉を聞いた天佐具賣
(あめのさぐめ)が、「この鳥は鳴き声が悪い。射殺すべきである」と、天若日子を唆した。
  天若日子は、天つ神から授かった天之波士弓
(あめのはじゆみ)と天之加久矢(あめのかくや)を使って、雉(きざし)を射殺した。

  するとその矢は、真っ逆さまに射上げられて雉の胸を貫き、遥か彼方の天の安河の河原にいた天照大御神と高木神
(たかぎのかみ)の所にまで届いた。高木神というのは高御産巣日神(たかみむすひのかみ)の別名である。

  高木神がその矢を手に取って見てみると、羽に血が付いていた。高木神が、
  「もし天若日子が命令に背かず、悪
(あ)しき神を射た矢が届いたのであれば、天若日子に中(あた)るな。邪(よこし)まな心があるのであれば、天若日子はこの矢によって麻賀禮(まがれ)。」と言って、その矢を、矢が通ってきた穴から、下へ衝き返した。

  すると、朝、床
(とこ)で寝ていた天若日子の胸に中(あた)って、天若日子は死んでしまった。これが還矢(かへしや)という言葉の語源である。
  また、その雉が帰らなかったことから、雉之頓使
(きぎしのひたづかひ)という言葉が生まれた。
                                            
( 『古事記』 p 58 )


  つまり、上方に放った矢が、そのまま戻って来て、矢を射た本人に当ったというわけです。
  これも天の浮橋の場合と同じく、天照大御神がいる場所が、天上界にあるという発想から来ています。要するに、ここにも天照大御神がいる世界を、天上界にするための作為が働いているのです。


  天若日子が死んでしまったことから、妻の下照(光)比賣命
(したてるひめのみこと)の泣く声が、風に乗って天にまで響いた。
  天にいた天若日子の父や母が、それを聞いて、地上に降りて来た。そして息子の死を悲しみ、その地に喪屋
(もや)を作って、八日八夜にわたって死者の弔いを行った。
                                        ( 『古事記』 p59 )


 この時、天から降りて来た天若日子の父や母は、その場にいた阿遅志貴高日子根神の容貌が、死んだ天若日子にあまりにも似ていたことから、
  「我が子は死んでいなかった。我が君は生きておられた。」と言って、手足に取り縋って泣いた。
                                        ( 『古事記』 p59 )

  間違えられた阿遅志貴高日子根神は、大いに怒って、
  「−−− どうして私を、穢れた死人に比べるのだ」と言って、十掬劔
(とつかのつるぎ)を抜いて、その喪屋(もや)を斬り伏せて、さらに足で蹴飛ばした。
 これが美濃國
(みののくに)の藍見河(あゐみがわ)の河上にある喪山(もやま)である。
 その喪屋を斬るために用いた大刀の名は大量
(おほはかり)と言う。またの名は神度劔(かむどのつるぎ)と言う。」
                                         
( 『古事記』 p59 )



        ****    ○    ☆    ○  ****


  ところで上のように『古事記』では、天若日子の父や母が天から降りてきたことになっていますが、『日本書紀』では、これとは逆に、天若日子の遺体を、父や母がいる天上界へ運んで行ったことになっています。
       ↓

  「 −−− 是の時に、天国玉
(あまつくにたま)、其の哭(おら)ぶ声を聞きて、則ち夫(か)の天稚彦(あめのわかひこ)の已(すで)に死(かく)れたることを知りて、乃ち疾風(はやち)を遣わして、尸(かばね)を挙げて天(あめ)に到(いた)さしむ。便ち喪屋(もや)を造りて殯(もがり)す。」
                    ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代 下 P114 より )


  このように「疾風」を使って、天若日子(天稚彦)の遺体を父母がいる天上界へ運び、そこで葬儀が行われたことになっています。従って、天若日子の父母がこちらへ遣ってくる代わりに、逆に阿遅志貴高日子根神(味耜高彦根神)が天に昇って行ったのです。

  その際に、死んだ天若日子に容貌が似ていた阿遅志貴高日子根神に対して、父母が「我が子は生きていた。」と言って、縋りついて泣いたというのは『古事記』と同じです。
       ↓

  「 −−− 是より先、天稚彦(あめのわかひこ)、葦原中国
(あしはらのなかつくに)に在りしときに、味耜高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)と友善(うるは)しかりき。 故、味耜高彦根神、天に昇りて喪(も)を弔(とぶら)ふ。時に、此の神の容貌(かたち)、まさに天稚彦が平生(いけしとき)の儀(よそおい)に類(に)たり。」
                                      
( 同 P116 )


  この出来事は、天若日子と阿遅志貴高日子根神の容貌が似ていたことから生じたものですが、実は、この二人が似ていたのには理由があったのです。それは二人とも、同じ地域の出身者であり、また話す言葉も同じだったからです。つまり阿遅志貴高日子根神も、中国大陸からの渡来人であったということです。


        ****    ○    ☆    ○  ****



  出雲国風土記には、阿遅志貴高日子根神が実在した人物であることを裏付ける資料が、幾つか残されています。
  まず、各郡 一 意宇郡 (五)駅・神戸 には、次のような一文があります。
      ↓

  「 賀茂
(かも)の神戸(かむべ)。郡家(こおりのみやけ)の東南三十四里。天(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神命(おほかみのみこと)の御子、阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)、葛城(かづらき)の賀茂(かも)の社(やしろ)に坐(いま)す。此(こ)の神の神戸(かむべ)なり。故(かれ)、鴨(かも)と云ふ。」
                  
( 『出雲国風土記』 講談社学術文庫 荻原千鶴 P57 )


  ここに「天の下所造らしし大神命」とあるのは、大国主神のことです。その御子の阿遅須枳高日子命のいた社が、葛城の賀茂にあるということです


  また、六 神門郡 (二)郷・駅 には、次のような一文があります。
      ↓

  「 高岸
(たかきし)の郷(さと)。郡家の東北二里。天(あめ)の下(した)所造(つくら)しし大神(おほかみ)の御子(みこ)、阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)、甚(いた)く昼夜(ひるよる)哭(な)き坐(ま)しき。仍(よ)りて、其処(そこ)に高屋(たかや)造りて坐(いま)せき。即(すなわ)ち高橋(たかはし)を建てて登(のぼ)り降(くだ)らせて、養(ひだ)し奉(まつ)りき。故(かれ)、高崖(たかきし)と云う。」
                                         
( 同 P225 )


  大国主神の御子の阿遅須枳高日子命は、昼夜を通して哭いてばかりいた。そこで高屋を造って住まわせた。そのために高橋を建てて、それで登り降りをしたというのです。

  高橋で登り降りをしたというのは、この建物が縄文・弥生時代の日本風の住居ではなく、高床式の神殿造りであったことを表しています。
  つまり、もともと阿遅須枳高日子命が住んでいた家の造りにしたのです。それが昇降のための階段を備えた、今の神社様式の建物であったということです。
従って、この部族の族長の住居が、今日まで伝わる伝統的な神社建築として残されていることになります。

  そして、ここに阿遅須枳高日子命が、『昼夜哭(な)き坐
(ま)しき』 とあることに注目する必要があります。
  これを次に紹介する部分と結びつけたときに、この人物のそもそもの来歴が判明します。要するに、日本語が話せない人物であったということです。


  八 仁多郡 (二)郷 には、次のような一文があります。
      ↓

  「 三津
(みつ)の郷(さと)。郡家の西南二十五里(さと)。天神大穴持命(おおかみおほなもちのみこと)の御子(みこ)、阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)、御須髪(みひげ)八握(やつか)に生ふるまで、昼夜哭(な)き坐(ま)して、辞(ことば)(かよ)はざりき。御祖(みおや)の命(みこと)、御子を船に乗せて、八十島(やそしま)を率巡(ゐめぐ)りて、宇良加志(うらかし)(たま)へども、猶(なお)(な)くこと止まずありき。
  ーー 略 ーー  則
(すなわ)ち、寤(さ)めて問ひ給へば、尓(そ)の時、「三津(みつ)」と申したまひき。尓(そ)の時、「何処(いづく)を然(しか)云う」と問ひ給へば、ー 中 略 ーー 
   「此処
(ここ)ぞ」と申し給ひき。尓(そ)の時、其(そ)の津の水活(なが)れ出でて、御(み)身沐浴(みあみ)(ま)しき。 ーー 以下、略 ーー  」
                                      ( 同 P268 )


  ここに天神大穴持命とあるのは、大国主神のことです。その御子の阿遅須枳高日子命は、髭が長く伸びる歳になっても、昼夜、ただ哭くだけで、言葉を話すことが出来なかったというのです。
  そして、初めて発した言葉が「みつ(水)」であったというのは、それが人間にとって、いかに大事なものであるかを意味します。例の生まれつきの三重苦を抱えた少女、ヘレンケラーが最初に発した言葉も、水でした。なかなかに興味深い共通項です。

  ただし、阿遅須枳高日子命の場合は、障害のために言葉が話せなかったのではなく、この地に遣って来た当初は、意味の通じる言葉を使って、人と会話をすることが出来なかったということです。それは、この人物が、渡来人であったために、すぐには日本語が話せなかったからです。

  そして、これは須佐之男命が当初、ただ「哭く」だけであったと記されていることにも関係します。もちろん須佐之男命の“ 哭く ” も、めそめそと涙を流して泣くという意味ではなく、戦いの際の雄叫びを意味する哭くです。つまり、吼える、唸るであり、自らアドレナリンを分泌して全身に気合いを入れるためのシャウティング、すなわち咆哮です。

  それは須佐之男命の周囲で、長年に渡り、終わることのない戦いが繰り返されていたことを意味します。
  このように「哭く」の意味を正しく理解するだけで、須佐之男命の人物像が一変します。同時に、そこにある一文、
  『萬
(よろず)の物の妖(わざはい)悉に発(おこ)りき。』
                                 
( 『古事記』 P 31 )
  の内容を理解することが出来ます。

  つまり、山々の木々が枯れ、海河が干上がったのは、その地域で展開された凄まじい戦闘のためだったのです。


 さらに、 四 楯縫郡  (四)山・河川・池 には、次のような一文があります。
       ↓

  「 神名樋山
(かむなびやま)。郡家(こほりのみやけ)の東北六里(さと) 一百六十歩(あし)。ーー 略 ーー  古老(ふるきおきな)の伝へて云わく。阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)の后(きさき)、天御梶日女命(あめのみかぢひめのみこと)、多宮(たく)の村に来坐(きま)して、多伎都比古命(たぎつひこのみこと)を産み給ひき。」
                                     
( 同 P175 )


  阿遅須枳高日子命の后である天御梶日女命が、多宮の村に遣って来て、そこで子を産んだ。その生まれた子が、多伎都比古命であるということです。


  この天御梶日女命という名前に、天の尊称が付けられていることから、この人物も、阿遅須枳高日子命と一緒に遣って来た渡来人であると考えられます。つまり、結婚していた若い夫婦、或いは、同行して来た男女が、出雲の国で子供をもうけたのです。

  これにより、その母親に該当する多紀理毘賣命というのが、その一族を総称する名前であることが分かります。つまり、一つの集団を指し示す人名です。多紀理毘賣命の一族が、一族郎党、親類縁者を引き連れて、この国まで逃れてきたのです。


  ですから天若日子と阿遅志貴高日子根神は、容貌だけが似ていたのではなく、その他の様々なものが似ていたのです。着ている衣服や、生活習慣が似ていたのです。そして、話す言葉も似ていたのです。つまり、両者は、会話によって相互の意志疎通が可能だったということです。
  従って、死んだ人と、生きている人間を取り違えたのではなく、親でさえ間違えるくらい多くの類似点が在ったということです。
  そうした情況が、やや誇張して記されているのです。それは両者の出身地が、近かったからであるということです。

  高天原がある天上界から遣って来た天若日子が、多紀理毘賣命一族の下照(光)比賣命を妻にしたのも、互いに言葉が通じたためです。相互に、意志を通わせることが出来たからです。
  もちろんこれも男女による実際の結婚を意味するものではなく、相互に友好関係を結んだという意味です。自国を遠く離れた土地で、互いに必要とするものがあったからです。
  より正しい解釈は、天若日子の一行が、同郷である下照比賣命の許に身を寄せたという捉え方です。その期間が、八年もの長きに及んだということです。


  因みに、この当時の結婚制度は、一夫多妻制であったと考えられます。そのことを示す一文が、『日本書紀』の一書に、次のようにあります。
     ↓  

  「 則(すなわ)ち多(さわ)に国神(くにつかみ)の女子(むすめ)を娶(と)りて、八年(やとせ)に経るまで報命(かえりごともう)さず。」
                   ( 『日本書紀』岩波文庫版 巻第二 神代 下 第九段 P124 )

  このように天若日子は、多くの国神の女子たちと結婚していたことになっています。つまり、たくさんの妻たちがいたのです。これは一夫多妻婚であり、その中に実在した下照比賣命が含まれるかどうかは別の問題です。

  そして、『古事記』にしても『日本書紀』にしても、男女の結婚を、一夫一婦制を前提とした書き方がされているために、その背景が見えて来ないのです。
  それは政治的な意図が働いたためであると考えることが出来ます。つまり記・紀の内容は、当時の行政府の意図に沿った書き方がなされているということであり、これらの書物を読む際に、十分に留意する必要があるのです。


               2009. 8.  15.     店主記す





 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒