建 御 雷 神
  ―――――――――――――


  3 建御雷神(たけみかづちのみこと)

  “国譲り”の交渉のために、最初に派遣した天菩比神(あめのほひのみこと)からは、三年が過ぎても、何も連絡が来なかった。さらに、迎えに遣った武三熊之大人からも、やはり何も報告が無い。
  そこで天若日子を遣わしたものの、八年もの間、まったく連絡が無いばかりか、最終的には遺体となって戻って来た。
  都合、三人(組)の使者を遣わして、十数年の歳月を掛けたものの、まったく事態の進展が見られなかった。
  
  そうした情況の下で、天照大御神が、
  「次は、どの神を遣わせば良いだろうか」
  と、神々に問うと、思金神
(おもひかねのかみ)が、

  「天の安の河
(あめのやすのかは)の河上の天の石屋(あめのいはや)に居る、名は伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)を遣わすべきです。
  もし、この神の都合が悪ければ、その子の建御雷之男神
(たけみかづちのをのかみ)を遣わすべきです。
  また、その天尾羽張神
(あめのをはばりのかみ)は、(さかしま)に天の安の河の水を塞(せ)き止めて、道を塞(ふさ)いでいるので、他の神々は、そこを訪れることができません。特別に、天迦久神(あめのかくのかみ)を遣わして尋ねさせるべきでしょう。」
  と申し述べた。

  そこで天迦久神を遣わして、天尾羽張神に尋ねさせると、
  「畏
(かしこ)まりました。お仕(つか)えしましょう。しかし、この任務には、僕(あ)が子の建御雷神を遣わすのがよいでしょう」
  との答えであった。

  そこで天鳥船神
(あめのとりふねのかみ)を、建御雷神に副(そ)えて遣わすことになった。

            ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 3 建御雷神 P60 参照 ) 


  以上が、『古事記』の「建御雷神」の章に記されている概略です。本来であれば、伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)を行かせたいところだが、当人の都合が悪いので、その子の建御雷神を遣わすことになったというのです。
  この建御雷神は、建布都神(たけふつのかみ)と、豊布都神(とよふつのかみ)という別の名を持っています。(P25 参照)


  これに対して、『日本書紀』では、最終的に派遣されることになるメンバーが、経津主神(ふつぬしのかみ)と、武甕槌神(たけみかづちのかみ)の二人になっています。そして、それぞれの親に当たる人物も異なります。

  経津主神(ふつぬしのかみ)の親は、イワツツノヲ・イワツツノメであり、さらにその親が、イワサク・ネサクの神です。
       ↓

  「 イワサク、ネサクノカミの子(みこ) イハツツノヲ・イハツツノメが生める子(みこ) 経津主神(ふつぬしのかみ)、是(これ)(よ)けむ」
                            ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P116 )

  武甕槌神(たけみかづちのかみ)の親は、ヒノハヤヒの神であり、さらにその親が、ミカハヤヒの神であり、さらに、その親が、イツノオバシリ(『古事記』ではイツノオハバリ)です。
      ↓

  「 −−− 時に、天石窟(あまのいはや)に住む神(かみ)、イツノオバシリの神の子(みこ)ミカハヤヒ神、ミカハヤヒ神の子ヒノハヤヒ神、ヒノハヤヒ神の子武甕槌神(たけみかづちのかみ)(ま)す。」
                     ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P116 参照 )


  天鳥船神は舟を操縦する技術者ですから、必ずこの一行に同行したはずです。ですから本来であれば、同乗した三人の名前を記述する必要があるのです。つまり『古事記』にも、『日本書紀』にも、それぞれ洩れがあったことになります。
  実際には、経津主神と武甕槌神の二人を、天鳥船神が操縦する舟で送り届けることになったというのが、この時の出来事の真相です。しかも、それぞれが荷物運びの従者を連れて行ったとすれば、人数は数倍に膨れ上がります。

  ところで、なぜ、この二人が選任されたのかというと、彼らは刀剣を製造する専門の技術者だったからです。スサノオノミコトが天照大御神の許に送り届けた草薙の剣を目の当たりにして、その違いに驚いたからです。
  そして、同じ刀剣の製造に関わる者として、彼らの職人魂に火が付き、草薙の剱の製造技術を知りたいと思ったのです。自分たちが持っている技術よりも、より優れた技術を身につけたいと願ったからです。


  *******  ○ ☆ ○  *******


   【 刀剣のブランド名 】

  ここに登場する伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)という人物名は、『古事記』の中では実は、二度目の登場になります。
  最初の登場は、上つ巻の 伊邪那岐命と伊邪那美命 5火神被殺の章でした。物語の流れを追って説明すると、次のようになります。

  伊邪那美命(いざなみのみこと)は、火之夜藝速男神(ひのやぎはやをのみこと)、またの名を、火之R毘古神(ひのかがびこのこみと)、またの名を、火之迦具土神(ひのかぐつちのみこと)を生んだために、女陰(ほと)を焼かれ、それが原因で死んでしまいます。

  伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は悲しんで、その原因を創った火之迦具土神の首を、刀で切り落としました。その場面が、次のように記されています。
     ↓

  「 ここに伊邪那岐命、御佩(はか)せる十拳剱(とつかつるぎ)を抜きて、その子迦具土神(かぐつちのかみ)の頸(くび)を斬りたまひき。」
             ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 伊邪那岐命と伊邪那美命 5 火神被殺 P25 )

  そして、この場面で使われた剣に関する説明が、この章の最終部分に、次のように記されています。
     ↓

  「 故、斬りたまひし刀(たち)の名は、天之尾羽張(あめのをはばり)と謂ひ、亦の名は伊都之尾羽張(いつのをわばり)と謂ふ。」


  つまり、人物の名前が、同時に、刀剣の呼び名になっているのです。この人物が関わって製造された刀剣が、すべて天之尾羽張、または伊都之尾羽張と呼ばれていたわけです。
  先に紹介したように、草薙の剱が正宗や、村正関の孫六と同様に、一つのブランド名として使われたと説明したことと、同じことが起きているのです。これは生み出された作品が、それを製作した人物の名前で呼ばれた最古の事例ということになります。


  そして、このことを認識することによって、実は伊都之尾羽張ブランドの刀剣の製造には、特殊な方式が取り入れられていたことが判明するのです。
  何と!!。この時代に、分業制と協業制を取り入れた、大掛かりな刀剣の製造工房が存在したのです。


  *****   ○  ☆  ○  *****


   【 稜威雄走〔いつのおばしり〕工房 】

  ところで、『古事記』に記されている“天之尾羽張神、または伊都之尾羽張神”という名前は、刀剣の製造を意味するものとしては不適当です。名前から、その実態が推測出来ないからです。名前が、具体的な意味を現わしていないのです。
  ( 尾羽張は尾刃張であり、両刃の剣で、両側が張り出している剣の意味であるという考え方があります。しかしそれは刀剣の形状であって、製造に関わる意味を含んでいません。)

  何となれば、実は、これは間違いであり、“稜威雄走神〔いつのおばしりのかみ〕”とするのが正しいからです。原文に記載する段階で、記入ミスが起きていたのです。
  まず、このことから説明しておくことにします。


  『古事記』では、天之尾羽張神に関して、調べるための資料がありません。脚注の解説でも、
  「書紀には『稜威雄走神』とある。名義未詳。」(『古事記』p60) となっています。

  そこで『日本書紀』を当たってみると、この問題を解決する重要なヒントを見つけることが出来ます。
  稜威雄走神(いつのをばしり)という人物名は、『日本書紀』の巻第二 神代下 第九段に登場します。
  そして、この人物名に関する説明が、注釈に次のようにあります。実は、この尾羽張(ヲワバリ)というのは、雄走(ヲバシリ)の誤記であったというのです。
       ↓

  「 イツは厳の意。霊威の盛んな意。ヲハシリは、刀剣の鍛造の際に閃光などの走る意。記には伊都之尾羽張神とある。この相違は、記紀を遡る或る写本に『乎波ゝ利神』とあったことによるのであろう。
   記の系統ではこれを『乎波々利』と解して『尾羽張』という文字を当て、書紀の系統では『乎波之利』と解して『雄走』という字をあてたのである。
   この神は、カグツチを切った時に成った神であるから、ヲハシリが適切と思われ記のヲハハリは、誤写による伝承ではあるまいかと思われる。

                             ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P117〜p119 より )


  つまり、この人物名を“稜威雄走神〔イツノオバシリノカミ〕”とすることによって、刀剣の製造との関わりが生じるわけです。名前から、実態を推測することが可能になるのです。そうした単純な記入ミスが起きていたのです。

  従って、その工房名は、稜威雄走〔いつのおばしり〕工房とするのが正解で、このブランド名の刀剣が、その当時の中国国内に、大量に出回っていたことになります。


   ***  *   ○  ☆  ○  *  ***


  【 工場制手工業(マニュファクチュア方式)による生産 】

  刀剣類は、刃先、鋒、茎と、それぞれのパーツごとに、必要とする鉄の強度や、粘性などが異なります。従って、それぞれのパーツごとに、鍛え方を異にした鉄が使われます。

  物を断ち切る鋭利な刃の部分には、堅い鋼が使われます。そして、刃の部分を固定して支える鋒には、刀を折れにくくするために粘性のある鉄を使います。また持ち手の茎の部分には、加工のしやすい軟鉄が使われます。
  さらに相手の剣の刃先を受け止める鍔(鐔)は、人の命を守る特別なパーツです。衝撃に強く、堅い材質の鉄が使われます。

  日本刀を造る場合も、まずパーツごとに製造して、最終的にそれ等を鍛接して一体化します。
  下に紹介するサイトでは、日本刀の各パーツが図解入りで説明されいますので、たいへん分かりやすくなっています。ぜひ御参照ください。
     ↓             ↓
            


  〔一〕製鉄作業

  刀剣を製造するためには、まず材料の鉄が必要になります。もともとの原材料である砂鉄、または鉄鉱石から、鉄を取り出す必要があります。

  日本刀の場合は、原料は砂鉄であり、熱源に木炭を用いた“たたら製法”によって取り出します。古来より、我が国に伝わる製造法です。
  鉄鉱石を原料とする場合は、原石を炉の中で溶かす工程が必要です。つまり、高温の溶鉱炉の中で、鉄鉱石を溶かす必要があるわけです。

  その製鉄の場面が、『古事記』『日本書紀』の中では、迦具土神(又は、軻遇突智)(かぐつち)の誕生と、溶鉱炉の中から溶けた鉄を取り出すために、流出口の栓(頸)の部分を、破壊する場面として描かれています。
  ただし、ここでも大掛かりな神話化現象が起きているために、記されている文言の通りに受け取ると、事実関係を読み取ることができません。
  記されている内容を、一旦口内に溜めめ込んで細かく咀嚼してから、正しい分析を加えることが必要です。つまり、神話化現象の過程を逆に遡ることにより、もともとの事実関係を導き出すことが出来るわけです。

  因みに、製鉄作業の工程も、『古事記』に記されている内容と、『日本書紀』に記されている内容では、少しずつ相違があります。
  『古事記』では、欠落している部分が多いため、それだけでは全体像を復元することができません。より詳しく記されている『日本書紀』の内容を、部分的に補てんすることによって、全体を解明することが可能となります。


  〔二〕溶鉱炉の構造

  まず、製鉄のための炉の構造が、次のように記されています。
        ↓

  「 −−− 遂に所帯(はか)せる十握剣(とつかのつるぎ)を抜きて、軻遇突智(かぐつち)を斬りて三段(みきだ)に為す。此各(これおのおの)神と化成る。」
                      ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第一 神代 上 第五段 P42 )

  ここに登場する軻遇突智(かぐつち)というのが、その当時の溶鉱炉のことであり、鉄鉱石を溶かす坩堝(ルツボ)のことです。原石から鉄を取り出すための耐熱性の設備です。それが人格化されて、あたかも人間のように扱われているのです。

  『三段』にしたといのは、その内部構造を表わしたものです。炉の内部が、三つの部分からなっているということです。そして、その各部分の製造を担当する人たちが存在したのです。溶鉱炉を製造する専門の技術者たちです。
  それが『此各(これおのおの)神と化成る。』と記されている内容です。つまり、何度も繰り返し使われる炉の製造、修理のために、専門の技術者集団が存在したのです。


  製鉄作業のために昔から使われてきたものが、高炉法と呼ばれるものです。土や粘土で造った坩堝の中に、鉄鉱石と一緒に燃料となる木炭やコークス(石炭)を入れて、送風機で空気を送り込んで内部を高温の状態に保ち、鉄鉱石を溶かして、流れ落ちた重い銑鉄を下層部から取り出すという方法です。

  下のホームページには、その構造がイラストを使って分かりやすく記されていますので、たいへん参考になります。
         ↓         ↓         ↓
                  


  炉の上部には、燃料と一緒に、鉄鉱石を投入します。送風機を使って空気を送り込み、内部を高温に保つことにより、木炭やコークス(石炭)の中の炭素が、鉄鉱石の中の酸化鉄から酸素を奪うことにより、還元されて、鉄が取り出されます。

  炉の一番下には、高温で液体になった銑鉄が溜まり、その上に多くの不純物を含むスラグが溜まります。それぞれを別々に取り出すことにより、異なる性質の鉄となります。つまり炉全体が、三層構造になっているわけです。

  そうした構造物が、この当時すでに造られていたということであり、製鉄のための炉を造る専門の技術者集団が存在したのです。そして、それぞれが各部所を分担して受け持っていたのです。


  〔三〕銑鉄

  溶鉱炉から液体の銑鉄が取り出される情況が、『古事記』では次のように記されています。取り出し口の栓を壊して、溶けた鉄を坩堝から流出させる場面です。
         ↓

  「 ここに伊邪那岐命、御佩(はか)せる十拳剱(とつかつるぎ)を抜きて、その子迦具土神(かぐつちのかみ)の頸(くび)を斬りたまひき。ここにその御刀(みはかし)の前に著(つ)ける血、湯津石村(ゆついわむら)に走(たばし)り就(つ)きて、−−− 」
      ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 伊邪那岐命と伊邪那美命 5 火神被殺 P25より )


  ここで“血”と表現されているものが、溶鉱炉から取り出されたばかりの鉄です。高温で液体状になっています。それが冷えて固まったものが、銑鉄です。

  銑鉄は多くの不純物を含み、また1.7〜6.68パーセントの炭素を含むため、堅くて脆い鉄です。そのままでは刃物に使えません。他の不純物と一緒に、含まれている炭素をたたき出す作業が必要になります。
  熱した鉄片を、金鎚や、ハンマーで繰り返し叩くという作業です。それが鍛錬・鍛造という作業工程です。それを何度も繰り返すことによって、ようやく刃物に使える鉄になります。


  〔四〕分業制 と 協業制

  一人ですべての工程を担当すると、次の工程に移る際に、どうしても時間的なロスが発生します。それぞれの工程ごとに、作業のための準備や、整理、片付けに時間を取られるからです。
  分業制を取り入れることによって、そうしたロスの発生を防ぎ、作業効率を上げることが出来ます。また、一つの作業に集中するために、専門性が高まり、より質の高い製品を生み出すことが出来ます。

  そのことを理論的に説明したのが、17世紀の経済学者、アダム・スミスでした。1776年に出版された著書『国富論』の中で、より高い生産性を得るために、分業と協業の必要性を述べています。しかし、実は、そうした理論が登場する遥か昔から、人々は物の製造を効率的に行うために、また生活の知恵として、そうした遣り方を取り入れていたのです。

  刃物造りの場合も、どのような鍛造作業を行うかで、鉄の性質が分かれます。そこで刀剣の各パーツに最も適した鉄に鍛えるために、作業の工程が、いくつかに分けられました。そして、それ等のパーツを造る専門の職人たちが、神と呼ばれたのです。専門の技術者という意味です。


  『古事記』には、剣を構成するパーツと、その部分の製造を担当する職人が、それぞれ三つの部門に分けられています。
  そこに血と表現されているものが、取り出された鉄です。その鉄を鍛える担当者が、神です。

  (1)その御刀(みはかし)の前(さき)に著(つ)ける血 −−− 成れる神の名は、−−−。
     これは切先と刃の部分を担当した神です。 = イワサクノカミ。ネサクノカミ。イワツツノヲノカミ。 ← 以上の三神。

  (2)次に御刀(みはかし)の本(もと)に著(つ)ける血 −−− 成れる神の名は、−−−。
     これは鐔(鍔)の部分を担当した神です。 = ミカハヤヒノカミ。ヒノハヤヒノカミ。タケミカヅチノカミ、又はタケフツノカミ、又はトヨフツノカミ。 ← 以上の三神。

  (3)次に御刀(みはかし)の手上(たがみ)に集まれる血 −−− 成れる神の名は、−−−。
     これは柄の部分を担当した神です。 = クラオカミノカミ。クラミツハノカミ。 ← 以上の二神。

                                   ( 『古事記』 岩波文庫版 P25 参照 )


  『日本書紀』では、より細かく、四つの部分に分けられています。

  (1)剣の刃(は)より垂る血
     これは刃の部分を担当した神です。 = イホツイワムラ、即ちフツヌシノカミの祖(おや)。 ← 以上の一神。

  (2)剣の鐔(つみは)より垂る血
     これは鐔(鍔)の部分を担当した神です。 = ミカノハヤヒノカミ(是タケミカヅチノカミの祖)。ヒノハヤヒノカミ。タケミカヅチノカミ。 ← 以上の三神。

  (3)剣の鋒(さき)より垂る血
     これは鋒(切先)の部分を担当した神です。 = イワサクノカミ。ネサクノカミ。イワツツノヲミコト。 ← 以上の三神。プラス経津主神(ふつぬしのかみ)

  (4)剣の頭(たかみ)より垂る血
     これは頭(柄)の部分を担当した神です。 = クラオカミ。クラヤマツミ。クラミツハ。 ← 以上の三神。
                                ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P42 参照 )


  (1)の刃の部分を担当する神が一人だけになっていますが、上に紹介したように実際に派遣する人物を選定した場面では、次のような説明がしてありました。
        ↓
  「 イワサク、ネサクノカミの子(みこ) イハツツノヲ・イハツツノメが生める子(みこ) 経津主神(ふつぬしのかみ)、是(これ)(よ)けむ」
                                   ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P116 )

  つまり、経津主神の親というのは、鋒の部分を担当したイワサクノカミ、ネサクノカミ、イワツツノヲ・イワツツノメ であり、この四神がイホツイワムラから生みだされたことになります。即ち、フツヌシノカミの祖(おや)に該当するわけです。従って、これ等の人たちが、刃の部分も担当していたということです。
  ですから、あえて四つに分ける必要性は無かったのです。『古事記』のように、最初から三分類にしておけば、より分かり易かったのです。しかし、鋒(切先)の部分は、かなり特殊な加工を必要とすることから、敢えて独立して記したということです。


   【 環頭太刀 】

  上に紹介したように、『古事記』に「御刀(みはかし)の手上(たがみ)」、『日本書紀』に「剣の頭(たかみ)」とと記され、他と区別されているように、柄の部分を製作するために専門の技術者を置いたのは、その部分の製造にも特殊な技術が必要だったからです。

  その担当者の名前が、次のように記されています。
      ↓

  『古事記』では、= クラオカミノカミ。クラミツハノカミ。 ← 以上の二神。
  『日本書紀』では、 = クラオカミ。クラヤマツミ。クラミツハ。 ← 以上の三神。


  このクラオカミノカミ、クラミツハノカミについては、『古事記』の脚注に、次のような説明がしてあります。        ↓

  「 以下の二神は、谿谷の水を掌る神」 ( 『古事記』 岩波文庫版 P25 )


  『日本書紀』の脚注には、クラオカミについて次のような説明がしてあります。
         ↓

  「 谷の竜神。水を司る。」 ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P43 )

  さらに『クラヤマツミ』については、次のような説明がされています。
         ↓

  「 谷に住む山の神。」( 『日本書紀』 岩波文庫版 P43 )


  水を司る神は、竜であり、それが池や沼や渓谷に棲むことは、古くからの伝説として知られています。
  その竜が、剣の柄の部分にも関係しているというのです。
  竜は同時に、中国の皇帝を現わす紋章にもなっています。従って、竜の図柄を刻み込むことにより、それが皇帝の認可を受けた刀剣であることを示します。つまり、その稜威雄走〔いつのおばしり〕工房 は、皇帝の命令でそれ等の刀剣を製造していたのです。


  そのことを証明する刀剣が、各地の古墳から発見されています。環頭太刀と呼ばれるものです。国内の古墳からも、何点か出土しています。

  環頭太刀というのは、柄の頭部が環状になっている太刀のことであり、そこに模様が彫り込まれています。単竜、双竜の太刀のほかに、獅噛環頭太刀があります。或いは、模様が入っていないものも見つかっています。


  この環頭太刀はインターネット上の幾つかのサイトに、写真が掲載されていますので、下に紹介させて戴きます。ぜひ御参照ください、たいへん参考になります。
        ↓         ↓         ↓

                  

        ↑
  こちらのホームページに紹介されている写真は、非常に貴重なものであり、資料として保存するため謹んで拝借させていただきます。
            ↓

  宮山古墳の第二主体(石室)から発見された環頭太刀。




  正式名称 銀錯貼金環頭太刀(ぎんさくてんきんかんとうたち)

  宮山古墳展 図録  姫路市埋蔵文化財センター  2005年
  宮山古墳展 解説


  上の写真によって、クラヤマツミの意味が判明します。まさしく竜が住む谷の中央部に、高い山がそそり立っています。これこそが『クラヤマツミ』の本来の意味と考えられます。

  ただし、この剣は、比較的新しい時代のものです。ですからその原型になるものが、かなり古くから存在したことになります。


        *****  **     ○    ☆    ○  **  *****


  【 黄泉の国 】

  純粋な鉄の融点は、1535℃ です。(ただし、3〜4%の炭素を含有する鉄は、約1200℃です。) 製鉄用の炉は、かなりの高温に耐えなければなりません。つまり、それだけの高温に耐える炉材が必要となります。耐火煉瓦のような新素材の開発が不可欠です。

  それまで使われていた銅を精錬するための炉は、それほどの耐火性能は必要ありませんでした。純粋な銅(Cu)の融点は、約1000℃ です。しかし、銅に錫(Sn)を混ぜると融点が下がり、約700〜900℃で熔けます。
  しかも不純物として錫(Sn)を入れると、銅が硬くなるために、様々な道具として使うことが出来ます。これが青銅器文化が発達した理由です。青銅は、銅に錫を混ぜた合金です。

  銅は、先史時代から使われてきた金属です。古代メソポタミアでは、紀元前 約3500年頃から、青銅製の道具を使うようになりました。この青銅器は、その後、エジプト、中国(殷王朝)などでも使われるようになり、世界各地に青銅器文明が広まったのです。
  つまり青銅器が主流であった時代には、耐火性能の低い炉でも、なんとか間に合っていたのです。しかし、柔らかい金属である青銅は、刃物には不向きです。

  刃物は、生活の道具としても必要ですが、何よりも戦いの道具として使われたときに、その威力を発揮します。命の遣り取りの場面では、持っている武器の性能が勝敗を分けます。粗雑な武器では、戦う以前に負けが決まってしまいます。

  そうした背景から鉄は、武器として使われる定めを持って登場しました。つまり、日々戦いが繰り広げられる乱世で、刀剣として使われるために生みだされた素材だったのです。
  ただし、鉄を製造するには、それまで使っていた炉は使えません。より高い温度に耐えられる炉でなければ、鉄鉱石を溶かすことが出来ないからです。高性能の炉を開発する必要性が生じたのです。
  そこで製鉄用の炉を造るために、新たな材料・素材が集められ、また革新的な技術が取り入れられて、ようやく製鉄用に使える炉が開発されたのです。それが軻遇突智(かぐつち)と呼ばれる溶鉱炉です。

  その新型の溶鉱炉を生んだために、伊邪那美命(いざなみのみこと)が陰部を焼かれて死んだことになっているのは、それまで使っていた溶鉱炉の耐火性能が低いかったことを意味します。
  つまり、溶融温度の低い精銅用の溶鉱炉を、そのまま製鉄用に転用したために、坩堝が破壊されてしまったのです。女陰(ほと)というのは、坩堝を象徴的に表現したものです。
  ですから、青銅器時代の終焉が、伊邪那美命の死という形で表現されているわけです。新しい鉄の時代の始まりに際して、不要になった青銅器が見捨てられたのです。何となれば、武具としては使えなくなったからです。戦乱の世の必需品では無くなったのです。

  記・紀に記されている“黄泉の国”の出来事は、精銅用の炉の内部で起きている出来事を現わしたものです。銅を含む鉱石を溶かして、そこから青銅が取り出されるまでの過程で生じている様々な出来事が、その対処法も含めて、擬人化されて表現されているのです。

  銅を含む鉱石には、様々な不純物が含まれています。従って、余分な成分を取り除く必要があります。そのために、様々な技術が応用されたのです。炉の中に様々な還元剤や、触媒を投入して、化学反応を起こさせたのです。
  ただし、それは覗き見ることの出来ない、高温・高熱の坩堝の中で起きている出来事です。そこで起きている現象に対して、人々はまさに手探りで対処したのです。経験だけを頼りに、試行錯誤を繰り返したわけです。ですから、そこに記されている内容は、精銅のための貴重な手引き書とも言えるものであり、良質の青銅を取り出すための技術指南の一文なのです。

  そのための様々な技術を駆使する様子が、伊邪那美命がそこに入り込んでしまった情況として描かれているわけです。この部分が、かなり分かり難い内容になっているのは、そのためです。

  銅の精錬に関する知識を仕入れるには、下に紹介するサイトが参考になります。

         ↓         ↓         ↓
                  


  ですから本来は、黄泉の国というのは暗闇の世界のことであり、人の目に見えない場所のことです。ヤミとヨミは同じ語源から来ています。このことは、『日本書紀』の補注で説明されています。御参照ください。( 『日本書紀』 岩波文庫版 補注 P342 ) 

  それを死者が行くところと解釈するのは、あながち間違いとは言えないまでも、歴史的な事実関係を探る上では妨げとなります。青銅器時代と鉄器時代の連続性が見えなくなるからです。銅から鉄への、製造技術の発展との関連性が無くなるからです。従って、ヨミの国ではなく、ヤミの国と読むのが正しいことになります。


  【 ふいご と 水車 】

  製鉄用の溶鉱炉の内部は、約1500℃の高温にする必要があります。そのための必需品が、送風機です。炉の内部に、酸素を送り込むための装置です。
  その当時、そのために使われたものが、ふいごです。このふいごは製鉄作業の段階だけでなく、鍛造作業の段階でも使われます。

  ふいごを造るには、大きな皮袋が必要です。その当時、空気を通さない布は手に入りませんから、その代わりに動物の皮が使われました。


  また、ふいごを動かすには、動力原が必要です。もちろん人力でも動かせますが、何日も昼夜を問わずに恒常的に使うには、他の動力原が必要となります。そこで登場したのが、水車です。
  水車を使うことによって、炉の内部に、大量の空気を恒常的に送り込むことが可能になります。それにより、炉内の温度を上げることが出来たのです。

  『古事記』には、こうした一連の出来事が、次のように記されています。
        ↓

  「 『 −−− また、その天尾羽張神
(あめのをはばりのかみ)は、(さかしま)に天の安の河の水を塞(せ)き上(あ)げて、道を塞きて居る故に、他神(あだしかみ)は得(え)行かじ。故(かれ)、別(こと)に天迦久神(あめのかくのかみ)を遣はして問うべし。』とまをしき。
  故
(かれ)、ここに天迦久神(あめのかくのかみ)を使はして、−−−  」
                                    ( 『古事記』 岩波文庫版 P60 )


  ここに記されている、『逆
(さかしま)に』の一語に注目する必要があります。
  水は常に、高いところから、低いところへと流れて行きます。その水を塞き止めると、川の水位が上がり、ダム湖が出来ます。
  そのダム湖の水を、水路を掘って、横に導きます。その横に導いた水を、樋を使って、水車の羽根車の上へと導きます。それにより、通常は足下を流れている水が、上の方から落ちて来る状態になります。
  これが、
  『(さかしま)に天の安の河の水を塞(せ)き止めて、
  の具体的な内容です。

  つまり、近くを流れている川の水を、水車を回転させる動力原に使ったということです。それにより、ふいごを動かすための動力が確保されたわけです。


  また、そこに登場する『天迦久神(あめのかくのかみ)』については、注釈に、次のような説明がしてあります。
        ↓

  『 鹿の神格化。鍛冶に使う鞴
(ふいご)が鹿の皮で作られていたために、鹿神が特別に使することになったのであろう。この条は刀剣の製作と密接な関係があるように思われる。』
                    ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 3 建御雷神 注釈 P60 )



  つまり、鹿の狩猟を行っていた天迦久神(あめのかくのかみ)という人物は、新型の溶鉱炉の製造に不可欠だったのです。ふいごの材料を提供する人物だったからです。なめした鹿の皮は、柔らかくて丈夫なことから、ふいごには最適の素材だったのです。
  そのことが、
  『 他神
(あだしかみ)は得(え)行かじ。』
  と表現されている具体的な内容です。
  つまり鹿の皮以外の物は、ふいごの材料として使えなかったのです。


  このように、上に紹介した短い一文の中には、刀剣の製造を支える周辺の技術までもが、詳しく記されているのです。ただし、大掛かりに発生している神話化現象によって、それがほとんど見えなくなっていたのです。神話化する以前の段階に引き戻す必要があるのです。


  【 燃料の確保 】

  新型の溶鉱炉が完成しても、燃料が確保できなければ、それを稼働することが出来ません。製鉄作業で使われる燃料は、木炭かコークス(石炭)です。この当時、まだコークスは使われていなかったでしょうから、大量の木炭が必要でした。材料は、森林木材です。

  その木材は、周囲の山々から伐り出されました。この件に関しては、次のように記されています。
        ↓

  「 殺さえし迦具土神の頭(かしら)に成れる神の名は、正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ)。次に胸に成れる神の名は、オド山津見神。次に腹に成れる神の名は、闇山津見神(くらやまつみのかみ)  ーー 以 下、省 略 ーー  。」 
                                
( 『古事記』 岩波文庫版 P25 )


  そして、この一文の最後に、
  『 −−− 併せて八神』 という但し書きが付いています。

  この八は限定された数ではなく、四方、八方、至る所に、という意味の八です。要するに、溶鉱炉があった周囲の山々から、燃料となる木材が掻き集められたということです。それほど多くの燃料を必要としたのです。



  *****  ○  ☆  ○  *****


  稜威雄走〔いつのおばしり〕工房で製作された刀剣は、当時としては最高の技術を用いて造られたものでした。この工房では、工場制手工業を取り入れた量産体制で刀剣を製造していました。つまり、それぞれのパーツを担当する職人たちの、技術の粋を集めて造られたものだったのです。
  その工房の職人たちにしてみれば、出来あがった作品は、絶対の自信作だったに違いありません。ですから、それ以上の剣は、世界中のどこにも存在しないはずでした。

  そして、この工房で造られた刀剣が、その当時の中国国内に、大量に出回っていました。従って、須佐之男命が持っていた剣も、稜威雄走神ブランドの剣であったと考えられます。
  また須佐之男命の配下に加わった、タギリヒメノミコトたちに授けられたものも、やはり同じ工房で造られた剣であったはずです。

  ところが出雲の国へ遣って来た須佐之男命が、草薙の剱を発見したときに、強度を確かめるために十拳剣と打ち合わせると、その刃が欠けてしまいました。最高の技術水準で造られたはずの剣のほうが、脆かったのです。

  それに驚いた須佐之男命は、この剣がまさに霊剣であるとして、わざわざ天照大御神の許まで届けさせたのです。
  『古事記』に、
  「 故、この大刀を取りて、異(あや)しき物と思ほして、天照大御神に白し上げたまいき。」(『古事記』 P41)
  とあるのは、そうした背景があったことを意味します。


  天照大御神の許に届けられた草薙の剣を目の当たりにして、稜威雄走工房の職人たちは、その違いに驚いたことでしょう。また、そこでも再度、強度試験が行われたにちがいありません。
  しかし、結果は、やはり同じで、その工房製の十拳剣の刃が欠けたのです。おそらく最も堅いはずの鐔(鍔)の部分さえも、破損したのです。

  草薙の剱の能力に驚いた職人たちは、是が否でも、この剣の秘密を解き明かしたいと思ったことでしょう。彼らの職人魂に火が付き、その剱の製造技術を知りたいと願ったのです。
  武甕槌神(たけみかづちのかみ)の次のような言葉は、そうした状況から発せられたものと考えることが出来ます。
        ↓

  『  此の神進みて曰く、 ー 中 略 ーー 。其の辞気
(ことばいきざし)慷慨(はげ)し。』
                  ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P116 〜 P118 )


  つまり、我こそは、天下一の名工と自惚れていた職人たちが、自尊心を傷つけられたのです。同じ刀剣の製造に関わる者として、より優れた技術を身につけたいと思ったのは、当然の成り行きです。
  ですから今回、刀剣造りの専門家である経津主神と、武甕槌神の二人が選ばれたのは、国家的な戦略に基づいたものだったのです。他国の優秀な技術を、自国に取り込むための策謀です。

  従って、この二人が帰国してから造られた刀剣は、草薙の剣の製造技術を取り入れたものとなったはずです。
  上に紹介した環頭太刀は、刃の部分が無くなっていますが、かつてはそこに草薙の剣と同じ刃先が付いていたに違いありません。つまり、玉鋼を鍛えた、切れ味の鋭い刃先です。ですから、この太刀は、日本刀の技術を取り入れて造られた剣であったということが出来ます。


  ところで草薙の剱が、足名椎と手名椎による家内制手工業方式で造られていたのに対して、稜威雄走工房では、各部門ごとに熟練した職人を配置して製造する工場制手工業(マニュファクチュア)の方式が取り入れられていました。つまり、刀剣の量産体制が整っていたわけです。
  これは、それだけ多くの刀剣類の需要があったということであり、言い換えれば、天照大御神が支配していた国は、そうした戦闘と殺戮のための道具を必要とする国であったということです。

  それが歴史的に、いつの時代であったかが分かった時に、はたして天照大御神が、何者であるかも、同時に判明することになります。しかし、その手掛かりは、今のところ見つかっていません。


                                        2009. 10.  17.     店主記す




 


    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒