事 代 主 神 の 服 従
  ――――――――――――――



  4 事代主神(ことしろぬしのみこと)の服従

  新たな使者に選ばれた建御雷神(たけみかづちのかみ)と経津主神
(ふつぬしのかみ)は、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)が操縦する船で、出雲國(いづものくに)の伊那佐(いなさ)の小浜(をばま)に遣って来た。

  そして、十掬劔
(とつかのつるぎ)を抜いて、逆さまに波の穂に刺し、その前に胡座(あぐら)を組んで座り、大國主神を問い詰めた。

  「天照大御神と高木神の命令を受けて、そなたに尋ねる。今、お前が治めているこの葦原中國
(あしはらのなかつくに)は、もともと我が御子(みこ)が統治する国である。そのことをお前はどう思っているのか。」

  すると、大國主神は、「僕
(あ)からは、何も申し上げられない。我が子の八重言代主神(やへことしろぬしのみこと)が申し上げるでしょう。けれども今は、鳥遊(とかり)をし、また魚(な)を取りに御大(みほ)の前(さき)へ出掛けていて、まだ帰って来ません」と答えた。

  そこで天鳥船神
(あめのとりふねのみこと)を遣わして、八重事代主神を呼び戻して尋ねさせると、父の大神(おほかみ)に、
  「承知しました。この国は、天つ神の御子
(みこ)に立奉(たてまつ)ります」 と言って、船を踏(ふ)み傾(かたぶ)けて、天逆手(あまのさかて)を青柴垣(あをふしかき)に打ち成して、その中に隠れた。

       ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 4 事代主神の服従 P61 参照 ) 


  以上が、『古事記』の「事代主神の服従」の章に記されている概略です。要点は、使者である建御雷神と経津主神が、十掬剱を地面に逆さまに刺して、その前に胡座(あぐら)を組んで座った。
  また、国譲りの交渉では、本来の国の支配者である大國主神が、それは自分では判断できないので、我が子の八重言代主神に聞いてくれと、責任逃れとも取れる態度を取った。
  そして、大役を一任された八重事代主神は、潔く国譲りを了承した。
  以上の三点です。


  一方、『日本書紀』では、使者たちが遣って来るまでの情況は同じですが、国譲りの場面は、もう少し詳しい説明がされています。しかも、『古事記』には記されていない第三の人物も登場しています。これにより、一行の構成メンバーはさらに増えます。
          ↓

  二
(ふたはしら)の神は、五十田狭(いたさ)の小汀(をはま)に降り立ち、十握剣(とつかのつるぎ)を地に逆さに植(つきたて)て、その前に胡坐を組んで座り、大己貴神(おほあなむちのかみ)〔 = 大国主神〕と国譲りの交渉を行った。
  すると大己貴神からは、

  「当に我が子に問ひて、然
(しかう)して後に、報(かへりごとまう)さむ」 という返事が返って来た。

  ただし、その事代主神は今、美穂
(みほ)の碕へ行っており、そこで釣魚(つり)をしたり、遊鳥(とりのあそび)をしているということであった。

  そこで、事代主神に本心を問い質すために、使者
(つかい)として稲背脛(いなせはぎ)を、熊野の諸手船に乗せて行かせた。
  その使者から、高皇産霊
(たかみむすひ)からの勅(みことのり)を申し伝えられた事代主神は、
  「−−− 我が父
(かぞ)、避り奉(まつ)るべし。吾(われ)亦違(たが)ひまつらじ」 と答えた。

  そして、海中に八重蒼柴
(やへのあわふし)(かき)を造りて、船(ふなのへ)を踏んで避(さ)って行った。
  戻って来た使者は、その交渉の結果を報告した。

          
( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P118 )


          *******     ○    ☆    ○  *******


   【 改良が加えられた最新作の剣 】

  そこには出雲国の伊那佐の小浜へ遣って来た建御雷神(たけみかづちのかみ)と、経津主神(ふつぬしのかみ)が、十掬剱
(とつかのつるぎ)を逆さまに波の穂に刺したという表現がされています。
  剱を波の穂に刺したというのは、ただ単に波頭が見えるほど、海に近い場所に立てたという意味です。一行が乗って来た船を桟橋に繋ぐか、或いは、砂浜に乗り上げるかして上陸し、そこからさほど離れていない場所に、持参して来た剱を立てたのです。

  その剱は製造の段階で、さらに改良が加えられた最新作の剱です。稜威雄走〔いつのおばしり〕工房 を代表する技術者である彼らは、目の当りにした草薙の剣の能力に驚き、自分たちが製作する剱の性能を高めるために、さらなる改良を加えました。つまり、草薙の剣を超える剱の製造を目指したのです。
  そうした努力の結果、最終的に製作されたものが、そこに並べられた剱なのです。遠路遥々と持参して来たそれ等の剱を、地面に逆さに突き立てたのです。


  ただし稜威雄走〔いつのおばしり〕工房 で製造される剱は、すべて環頭太刀です。柄の頭部が、環状になっている太刀です。従って、地面に頭部を突き刺すことは出来ません。ですから正しくは、柄の部分を地中に埋め込んで、周囲を土で固めたということになります。

  この状況は、新しい刀で、試し切りを行う際の材料の立て方と同じです。日本刀の場合、その出来栄えを確かめるための試し切りでは、巻き藁(畳表)や、青竹を、地面に垂直に立てます。人に見立てたその材料を、袈裟掛けに、或いは、真横(胴斬り)に斬ります。その際の手応えで、刀の仕上がり具合を判断します。
  それと同じことを、彼らは、十掬剱を立てて行おうとしたのです。つまり、剱と剱を打ち合わせる強度試験の準備をしたわけです。

  しかし、その結果が何も記されていないことからして、彼らの希望は叶えられなかったと見てよいでしょう。草薙の剣は、須佐之男命に授けられたもの以外に、試作品も含めて何本かが製作されたものの、それ以上は造られなかったと考えられるからです。
  なぜなら平和な国に、戦いのための刀剣類は、必要が無かったからです。それよりも農耕具としての刃物の需要の方が、はるかにが大きかったのです。従って、彼らが到着した時点では、肝心の草薙の剣は手近に存在しなかったのです。故に、その強度試験は出来なかったことになります。

  ただし実際に、その強度試験が行われていれば、やはりそこに立てられた剱の刃は、欠けたに違いありません。玉鋼から作られた鉄と、銑鉄から作られた鉄とでは、そもそも組成が異っており、鍛え方を変えたくらいでは越えられない壁があるからです。


  【 事代主神の系譜 】

  事代主神は、大国主神と、神屋楯比賣命の間に生まれた“ 子 ”ということになっています。ただし、この場合も、血を分けた実際の子という意味ではなく、大国主神が外来の人たちを保護し、庇護したことから、子という表現がなされているのです。
        ↓

  「 大國主(の)神、また神屋楯比賣命(かむやたてひめのみこと)を娶(めと)して生める子は、事代主神(ことしろぬしのみこと)
                       
 ( 『古事記』 岩波文庫版  6 大国主神の神裔 P52 ) 


  この一文は、先に紹介した多紀理毘賣命との間に、阿遅鋤高日子根神(あじすきたかひこねのかみ)、妹高比賣命(いもたかひめのみこと)、亦の名は、下光比賣命(したてるひめのみこと)が生まれた場面に継続して記されています。
       ↓

  「 故、この大國主神、胸形
(むなかた)の奥津宮(おきつみや)に坐ます神、多紀理毘賣命(たぎりびめのみこと)を娶(めと)して生める子は、阿遅鋤高日子根神(あじすきたかひこねのかみ)。次に妹高比賣命(いもたかひめのみこと)。亦の名は下光比賣命(したてるひめのみこと)。この阿遅鋤高日子根神は、今、迦毛大御神(かものおおみかみ)と謂ふぞ。」
                                        
( 『古事記』 P52 )


  この後に続く一文です。
従って、この神屋楯比賣命も、多紀理毘賣命たちと一緒に遣って来た人物であることが分かります。つまり、中国大陸からの渡来人であるということです。そして、須佐之男命の配下に属する一族であったということです。

  因みに、その後の記述にも、数々の神々が登場しており、またそれ等の神々との間にも“子“が生まれたことになっていますが、すべて同じ意味です。大国主命が、それ等の一族郎党を保護し、庇護したことに由来するものです。つまり、十七世
(とをまりななよ)もの多くの親類、縁者が同行して来たのです。(『古事記』 P53)

  また同様にして、次の章に登場する建御名方神
(たけみなかたのみこと)も、この中に入ります。彼らは、人々を警護するための武闘派の一団です。仲間を守るために、敵との戦いを専門とする人たちです。


   【 超能力を持つ為政者 】

  事代主神というのは、特殊な能力を持っていた人物です。神懸かり状態になって、卜占を立て、神から託宣を受けることが出来た人物です。つまり、祈祷師であり、シャーマンであり、医者であり、魔術師であり、霊能者であり、預言者であり、陰陽師であり、まじない師です。現代的な言葉に言い換えるなら、いわゆる“超能力者”です。

  従って、未来の出来事を予知することが出来た人物です。明日の天気を占い、来年の天候を予測することが出来た人物です。結果的に、農作物の出来、不出来を占うことが出来た人です。或いは、雨乞いの祈祷をして、乾期に雨を降らせ、又は、大雨による洪水を防ぐために、嵐を呼ぶ雲を消すことが出来た人物です。

  そうした特殊な能力を持った人物が、国の行政を司っていたのです。逆に言うならば、この当時、行政を司る人物には、そうした特殊な能力が不可欠であったということです。
  こうした認識を前提としたときに、一国の統領である大国主命が、自分の国を奪われるにも等しい国譲りの交渉に際して、なぜ、
  「僕
(あ)からは、何も申し上げられません。我が子の八重言代主神(やへことしろぬしのみこと)が申し上げるでしょう。−−− 」
  と言ったのかが理解出来ます。

  つまり、重大な出来事の最終的な判断は、そうした特殊な能力を持つ人の意見に従って決めていたのです。その方が自分だけで決めるよりも、結果的に正しい選択が行われたからです。要するに、政治的には一見、専制君主制でありながらも、狭隘な独裁政治に陥らないように、知識と経験と、特殊な能力までも備えた人物の意見を聴き、国の行政に取り入れていたのです。ですから、一種の議会のようなものが存在したことになります。

  ただし、こうした政治体制は、実は天照大御神が支配していた高天の原の遣り方を、そのまま取り入れたものだったのです。
つまり当時は、
国王や皇帝として君臨する人物には、必ず女房役として、そうした特殊な能力を有する人たちが側近としてはべっており、行政に関する意見具申を行っていたのです。国王や皇帝は、その人たちの意見を尊重し、実際の行政に取り入れていたのです。

  その代表的な人物が、天照大御神とほぼ一体化して行政を司っていた高御産巣日神(たかみむすひのかみ)です。
  大国主神との国譲りの交渉で、すべての指揮を執っていたのがこの人物でした。
  まず天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)の派遣を決めたものの、その情況に支障が生じたことから再度、人選を行い、天菩比神に変更しました。
  その後、新たに天若日子(あめのわかひこ)の派遣を決めました。さらにその後、経津主神と武甕槌神の二人を派遣することを決めました。
  また、この後、実際に国譲りが行われた後でも、当初、新たな国の支配者として派遣する予定であった天忍穂耳命から、その子のニニギノミコトに変更します。
  つまり、この一連の出来事のすべてに関わっていたのが、高御産巣日神でした。ただし、国の最高権力者は天照大御神であることから、表現としては次のようになっています。
       ↓


  「 ここに天照大御神、高木
(の)神の命もちて、−−−− 」 ( 『古事記』 P64 ) 


  要するに形式的には、天照大御神の命令で実行されたことになっているのものの、実質的にはこの高御産巣日神が、すべてを取り仕切っていたのです。天照大御神は最終的に、了承を与えるだけの存在だったのです。

  これは天照大御神という名称が、何世代にも渡って引き継がれた一族を総称する呼び名であることに由来します。つまり、天照大御神というのは、一個人を特定する人物名ではないということです。
  これは長い年月の間に、何人もの皇帝が入れ替わっても、その一族の安泰が図れるようにとられた体制です。つまり、まったく行政の能力を持たない人物が、皇帝の位に就いても、その取り巻きがサポートすることによって、国の政治体制が維持されたのです。こうして長期に渡って、天照大御神という一族の安泰が謀られたわけです。
  そこに高御産巣日神の存在意義があったのです。要するに皇帝、或いは、国王に代わって、行政の実務面を取り仕切る機関です。行政の専門部署としての役割です。

  そして、こうした政治体制がそのまま、大国主神が支配していた“ 豊葦原(とよあしはら)の千秋長五百秋(ちあきのながいほあき)の水穂國(みづほのくに)”でも取り入れられていたのです。つまり、高御産巣日神に該当する人物が、この八重言代主神であったわけです。この国の行政府の長です。


   【 超能力者の系図

  特殊な能力を持つ人物、すなわち超能力者の元祖となる高御産巣日神は、高天の原に最初に成った神です。
  高御産巣日神と神産巣日神の二神が、同時に誕生しました。『古事記』の本文の冒頭部には、次のように記されています。
         ↓

  「 天地
(あめつち)初めて發(ひら)けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。次に高御産巣日神。次に神産巣日神。この三柱の神は、みな獨神(ひとりかみ)と成りまして、身を隠したまひき。」
                 
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 別天つ神五柱  P18 ) 


  高御産巣日神と神産巣日神は、それぞれの担当する場所が天上界と、地上界に分けられているだけで、それ以外の意味は特にありません。
  この神々には、多くの“ 子” が存在しました。要するに、たくさんの弟子たちがいたということです。この神々によって育てられた後継者たちです。それにより超能力者の集団が生まれました。その人たちが、各地、各国へと散って行ったのです。
  因みに、その数、1,500人という数字が示されています。
          ↓

  時に、高皇産霊尊
(たかみむすひのみこと)、聞(きこ)しめして曰(のたまわ)く、『吾が産(う)みし児(こ)、凡(すべ)て一千五百座(ちはしらあまりいほはしら)有り。 ーー 略 ーー  』
                                ( 『日本書紀』 P106 )


  これは直属の弟子が、約千五百人ほどであるという意味です。その弟子たちが、さらに多くの弟子を育てたと考えられますから、この当時、すでに巨大な組織が出来あがっていたことになります。


  『古事記』の中で、明確に高御産巣日神、又は、神産巣日神の後継者と記されているのが、少名毘古那神(すくなびこなのかみ)です。この人物は、最初に大国主神と一緒に、国造りを行ったとされる神です。
  少名毘古那神は、大国主神が出雲の御大
(みほ)の御前(みさき)にいた時に、海の彼方から船で遣って来ました。しかし、この人物が何者であるかが分からないために、高天の原に問い合わせると、次のような返事が返ってきました。
      ↓

  「 「 こは神産巣日神
(かみむすひのかみ)の御子、少名毘古那神(すくなびこなのかみ)ぞ。」−−− 「こは実(まこと)に我が子ぞ。−−− 故(かれ)、汝(いまし)葦原色許男(の)命と兄弟となりて、その国を作り堅(かた)めよ。」とのりたまひき。
  故、それより、大穴牟遅と少名毘古那と、二柱の神相並ばして、この国を作り堅めたまひき。」
                     ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 大国主神 7 少名毘古那神と国作り P53 )


  つまり、その人物は、神産巣日神の子に間違いないというのです。しかも、神産巣日神からは、二人が“ 兄弟 ”のように力を併せて国作りを行なうように、という指示があったことまで記されています。ここに葦原色許男命、大穴牟遅とあるのは、どちらも大国主神の別名です。

  この少名毘古那神が、常世國
(とこよのくに)へ行ってしまうと、大国主命は途方に暮れました。
      ↓

  「 吾
(あれ)(ひと)りして何(いか)にかよくこの国を得作らむ−−− 」と言って、嘆き悲しみました。

  要するに、国作りのためには少名毘古那神の力が、ぜひとも必要だったのです。武力や政治力だけではなく、国民からの信頼を得るには、この人物が持っていた特殊な能力が不可欠だったからです。つまり、一般の人々のためになる行政府の長としての能力です。


  そうした時に遣って来たのが、後に大神
(おおみわ)神社の祭神となる人物です。
          ↓

 「 こは御諸
(みもろ)山の上(へ)に坐(ま)す神なり。」( 同 P54 )
  
  ただし、この人物の由来については、まったく不明です。また、具体的な活動の内容も分かりません。


  その後に登場したのが、この八重事代主神でした。ただし事代主神は須佐之男命の系列に属し、高御産巣日神の系列には入らない人物です。
  そのために国譲りによって、大国主神と共に、権力の中枢機構からは
退けられました。


  その後、新たな統治者として遣ってくるのが、ニニギノミコトですが、この人物には、思金神が同行して来ます。思金神は、高天の原の行政府に於ける中心人物の一人でした。
  思金神は、『日本書紀』の一書によると、神産巣日神の子ということになっています。
        ↓

  「 時に高皇産霊(たかみむすひ)の息(みこ)思兼神(おもひかねのかみ)といふ者有り。思慮(おもいばかり)の智(さとり)有り。−−− 
                                ( 『日本書紀』 岩波文庫版 P78 )


  つまり、新たな統治者となるニニギノミコトに、高御産巣日神の直属の弟子を随行させたのです。しかも天照大御神は、一行を送り出す際に、国の支配者となるニニギノミコトに対してではなく、この思金神に行政に関する指示を出したのです。
         ↓

  「 −−− 次に思金神は、前の事を取り持ちて、政
(まつりごと)せよ。」
                                           ( 『古事記』 P66 )


  つまり実際に政治を行うのは、国の支配者となるニニギノミコトではなく、高御産巣日神から教育を受けた思金神であるということです。行政の実務面を取り仕切るのは、そうした特殊な能力を引き継いでいる人物であるということです。

  これにより同時に、高天の原の政治体制が明確になります。つまり、国の最高権力者である天照大御神は、行政の実務には携わっていなかったということです。故に、新たにニニギノミコトが支配する国でも、同じような政治体制をとりなさいと指示したのです。


  また、実際の国譲りに際しては、もう一人の実力者である大物主神に対して、次のような条件が付けられました。何と、妻となるべき人物が、高御産巣日神によって指定されたのです。
      ↓

  「 時に高皇産霊尊
(たかみむすひのみこと)、大物主神(おほものぬしのかみ)に勅(みことのり)すらく。「汝(いまし)(も)し国神(くにつかみ)を以(も)て妻とせば、吾(われ)(なほ)汝を疎(うと)き心(こころ)有りと謂(おも)はむ。故(かれ)、今(いま)(わ)が女(むすめ)三穂津姫(みほつひめ)を以て、汝に配(あわ)せて妻とせむ。−−− 」 」
                                     ( 『日本書紀』 P140 )


  この場合の“妻”という表現も、夫婦という男女の関係を意味するものではなく、いわゆる女房役という意味です。つまり、国の行政を担当する人物という意味です。
  要は、国の行政の実務面を取り仕切る者を、自分の国の人間ではなく、高皇産霊尊の系列に属する人にしなさいというのです。それでなければ、汝を信用しないというのです。天照大御神に反旗を翻す可能性がある行政は認められないからです。そのために高御産巣日神の娘である三穂津姫(みほつひめ)を、汝の妻にしなさいと命令したのです。

  さて、これにより、ここに登場した三穂津姫(みほつひめ)という人物が、高皇産霊尊の系列に属する人物であることが判明しました。
  そして、このことが判明したことによって、この人物に関連する出来事の相互の繋がりが見えて来ます。つまり、さらに過去に遡る超能力者の系図が明らかになるのです。


  【 超能力者の全体像と相関図

  ここで再度、繰り返しておくと、記・紀、及び、風土記の中で、結婚という表現や、妻や子と表現されているものは、実際の男女の関係、実際の親子の関係を意味するものではなくて、各部族間の親密な結び付きを現わすものとして使われているのです。
  つまり各部族の相互の結び付きを、家族関係に例えた表現がなされているわけです。このことを認識した上で、記されているそれぞれの文章の意味・内容を捉えなおす必要性があるのです。


 (一) 八上比賣

  『古事記』には大国主神が、まず最初に、稲羽の地に住む八上比賣(やがみひめ)との結婚を希んでいたことが記されています。つまり、この八上比賣もまた、特殊な能力を持っていた人物であり、おそらく大国主神はその能力を手に入れたいと願ったのです。

  その過程で描かれているのが、例の稲羽の素兎の物語です。傷付いた兎を、大国主神が救けるという、あまりにも有名なお話です。( 『古事記』 大国主神 1稲羽の素兎 P42 )


  同書の注釈にもあるように、蒲の花粉には治血、治痛薬としての効能があります。傷ついた素兎が、撒き散らした蒲黄
(がまのはな)の上を転げ廻ったら、傷が治って、元の身体に戻ったというのです。
  つまり、これは医学的にも根拠を持っているお話であり、人々への医学教育的なお話になっているのです。
(同P44)
  ですから、この出来事は、八上比賣が持っていたそうした医療技術を、大国主神が手に入れようとしたことに由来するものと考えることが出来ます。要するに、物語化されたために、過程と結果が、逆になっているのです。

  ただし、この人物が、何れの指導者に属していたかは、不明です。或いは、そうした背景を持たない、地場の医療技術者であったと考えた方がよいのかもしれません。


 (二) 須勢理毘賣命

  次に大国主神は、須勢理毘賣命(すせりびめのみこと)と結婚します。この須勢理毘賣命須佐之男命が、出雲の国へ遣って来た時に一緒に同行して来た人物であり、須佐之男命の娘ということになっています。従って、高皇産霊尊の系列には属さない人物です。
                                   ( 『古事記』 大国主神 3 根の国訪問 )

  このことが後に、ややこしい事態を引き起こす原因となります。周囲には、高皇産霊尊の系列に属する人たちの方が、圧倒的に多かったからです。その高皇産霊尊の系列の人たちと、直接的な交流が出来なくなったのです。つまり必要とする知識、技術が、取り入れられなくなったのです。


 (三) 沼河比賣

  大国主神はさらに、高志国(こしのくに)の沼河比賣(ぬなかわひめ)に、結婚を申し込みに行きました。
       ↓

  「  この八千矛神
(やちほこのかみ)高志國(こしのくに)の沼河比賣を婚(よば)はむとして、幸行(い)でましし時、−−− 
                                          ( 『古事記』  P48 ) 


  八千矛神(やちほこのかみ)というのは、大国主神の別名てす。ただし、この時点では、大国主神は須佐之男命の娘の須勢理毘賣命
(すせりびめのみこと)と結婚していました。従って、正妻がいるのに、沼河比賣の許へ不倫をしに行ったかのような解釈が成り立ちます。
  そのために、正妻には当然のこととして、嫉妬の感情が沸き上がることが予想されます。この書物は、そうした流れで物語が創作されています。これは神話化現象ではなく、物語化現象とも言えるものです。断片的に引き継がれて来た説話を、一つの意味を持つ物語りとして繋げていく行く際に発生した現象です。

  しかし、その背景が見えて来たことから、この沼河比賣との不倫も、決して男女の関係を意味するものではなく、相互の親密な協力関係を意味するものであることが分かります。
  つまり、正妻である須勢理毘賣命が持っている能力以外に、別の能力を必要とする事態が生じたために、わざわざ遠方の沼河比賣の所まで協力の要請に行ったのです。ここに隠された真相があります。

  そして、その要望が聴き入れられて、実現されたために、大国主神や事代主神が、御大(みほ)の前(さき)へと出掛けて行くことになったのです。この地に、沼河比賣の弟子が滞在することになったからです。

  『出雲国風土記』には、美保の郷にいた三穂津姫(みほつひめ)という人物が、大国主神と沼河比賣の子であると記されています。
      ↓

  「 美保の郷。 −−− 天
(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神命(おほかみのみこと)、高志(こし)の国に坐(いま)す神、意支都久辰為命(おきつくしゐのみこと)の子、俾都久辰為命(へつくしゐのみこと)の子、奴奈宣波比売命(ぬながわひめのみこと)に娶(あ)ひて、産(う)ま令(し)めし神、御穂須々美命(みほすすみのみこと)、是(こ)の神坐(いま)す。故(かれ)、美保(みほ)と云ふ。」
             
( 『出雲国風土記』 講談社学術文庫 萩原千鶴 各郡 二 島根郡 (二)郷・駅 P93 )


  ここでは奴奈宣波比売命が、意支都久辰為命、俾都久辰為命の子と記されていて、高皇産霊尊との関係は示されていません。しかし、大国主神と奴奈宣波比売命の子が御穂須々美命であることは明記されています
  その三穂津姫を『日本書紀』では、高皇産霊尊の言葉として『吾(わ)が女(むすめ)三穂津姫(みほつひめ)を以て、』と記しているのです。従って、書紀の構図に従えば、三穂津姫の親に当たる沼河比賣は、高皇産霊尊の系列に属することになります。要するに、須佐之男命の系列ではないということです。


  これにより、全体像が見えてきました。大国主神の不倫と、妻の須勢理毘賣命の嫉妬の物語として創作された部分の真相が判明します。
  大国主神は高志国(こしのくに)の沼河比賣(ぬなかわひめ)に、結婚の申し込みをしたものの、出雲には高皇産霊尊の系列には属さない正妻の須勢理毘賣命がいました。そこには天照大御神と、須佐之男命の関係が波及します。つまり両者は、敵対関係にはないものの、完全な同盟関係にもないという緊張感のある微妙な関係です。
  そのために、正妻の居住地から少し離れた場所に、駐在所を置くことになったのです。それが美保の郷であるということです。

  そして、その三穂津姫が、沼河比賣の能力を引き継いでいる人物であるからこそ、大国主神や事代主神が、しばしばそこを訪れることになったのです。従って、言代主神に関する『 −−− 鳥遊(とかり)をし、また魚(な)を取りに御大(みほ)の前(さき)へ出掛けて −−− 』 という一文は、まったく別の捉え方をする必要性が生じます。
  つまり、それは単なる遊興のための訪問ではなかったということです。沼河比賣から引き継がれた能力の教授を受けに行ったと考えるのが妥当だからです。


       ***  ○  ☆  ○  ***


  ここで全体像を整理するために、超能力者の系図を一覧表にして示すと次のようになります。不明な一人を除いて、天照大御神(=高皇産霊尊)と須佐之男命の系列で、二分されていることが分かります。また高皇産霊尊の系列に属する人物が、圧倒的に多いことも確認することが出来ます。


 (1) 八上比賣 
     稲羽の国に住む人物。  指導者は、不明。  大国主神が“求婚”する。(『古事記』 P43〜P44)
  〔所属は不明〕

 (2) 須勢理毘賣命
     須佐之男命の“娘”。  大国主神と“ 結婚 ”する。(『古事記』 P46) 〔須佐之男命の系列に属する〕

 (3) 沼河比賣
     指導者は不明  高志国に住む人物  大国主神が“求婚” (『古事記』 P48)  〔三穂津姫との関係から、高皇産霊尊の系列に属する( 『日本書紀』 P140 )

 (4) 少名毘古那神
     神産巣日神の“子”。  大国主神と“兄弟”になる。(『古事記』 P53) 高皇産霊尊の系列に属する

 (5) 八重言代主神
     多紀理毘賣命の同族。  大国主神と神屋楯比賣命の“子”(『古事記』 P52 P61) 〔須佐之男命の系列に属する〕

 (6) 思金神
     高御産巣日神の“子”。  天孫のニニギノミコトに随行。(『古事記』 P36 P66) 高皇産霊尊の系列に属する
 
 (7) 三穂津姫
     高皇産霊尊の“娘”
 又は、大国主神と沼河比賣の“子”。後に、大物主神の“妻”となる。 (『日本書紀』 P140) (『出雲国風土記』 P93)  高皇産霊尊の系列に属する


  因みに、所属を不明とした八上比賣に関しても、高皇産霊尊の系列に属することを覗わせる一文があります。
      ↓

  「 故、その八上比賣をば率(ゐ)て来ましつれども、その嫡妻(むかひめ)須勢理毘賣を畏(かしこ)みて、その生める子をば、木の俣(また)に刺(さ)し挟(はさ)みて返りき。

                                                 ( 『古事記』  P48 ) 


  八上比賣が須勢理毘賣の存在を畏れた理由を、その須勢理毘賣が須佐之男命の系列に属するためであったとしたら、この人物も高皇産霊尊の系列に属することになります。従って、木の俣に置かれた人物は、三穂津姫と同じ立場にあったことになります。


      ***  ○  *** ☆ ***  ○  ***


  『記・紀』、及び、『出雲国風土記』の中には、これ等以外にも、何人か特殊な能力を持つ人たちが登場しています。ここに一緒に紹介しておきます。

 (8) 天菩比神
(あめのほひのみこと)

    大国主神との国譲りの交渉に際して、最初に使わされた人物。三年もの間、何も報告をしなかったことから、次の使者である天若日子が遣って来た。ただし、思金神が推薦した人物であり、神産巣日神の系列に属します。
    そして、国譲りが実現した後では、大国主神の住居となる出雲大社の祭祀を執り行うことになる人物です。
   『日本書紀』には、次のような一文があります。
          ↓

   「 −−− 又汝が祭祀を主
(つかさど)らむは、天穂日命(あまのほひのみこと)、是なり。」
                       ( 『日本書紀』 P138 )  高皇産霊尊の系列に属する


 (9) 蛤貝比賣(うむきひめ)

    大国主神が八十神によって、火で焼いた大石で焼き殺された際に、母親が神産巣日之神に依頼して、派遣されて来た人物のうちの一人。(『古事記』 P45) 

   『出雲国風土記』にも、この人物の足跡が残されています。
       ↓
   法吉
(ほほき)の郷  神魂命(かむむすひのみこと)の御子、宇武賀比賣命(うむかひめのみこと)法吉鳥(ほほきどり)と化(な)りて飛び渡り、此処に静まり坐(ま)しき。
                          ( 『出雲国風土記』 P93 )
    
高皇産霊尊の系列に属する



 (10) キサ比賣(きさがいひめ)

    蛤貝比賣と同じく、大国主神が八十神によって、火で焼いた大石で焼き殺された際に、母親が神産巣日之神に依頼して、派遣されて来た人物のうちの一人。( 『古事記』 P45 ) 

   『出雲国風土記』に、やはりこの人物の足跡が残されています。
しかもそこには、この人物が持っていた特殊な能力の一端が記されています。
  水の中に沈んだ弓矢を、“祈り”によって浮かび上がらせるという不思議な現象を起こしました。この人物が、超能力者集団の一員であることを証明する出来事です。
  原文では、次のように記されています。
       ↓

  加賀
(かが)の神埼(かむさき) −−− 所謂(いわゆる)佐太大神(さたのおおかみ)の所産生(うま)れし処也(ところなり)所産生(うま)るるに時に臨みて、弓箭(ゆみや)(う)せ坐(ま)しき。尓(そ)の時、御祖神魂命(みおやかむむすひのみこと)の御子(みこ
)、枳佐加比売命(きさかひめのみこと)、願(ね)ぎまししく、「吾が御子、麻須羅神(ますらかみ)の御子(みこ)に坐(ま)さば、亡(う)せし所(ところ)弓箭(ゆみや)(い)で来(こ)」と願(ね)ぎ坐(ま)しき。尓(そ)の時、角(つの)の弓箭(ゆみや)、水の随(まにま)に流れ出(い)づ。(そ)の時、弓を取りて詔(の)りたまひしく、「此は弓箭(ゆみや)に非ず」と詔(の)りたまひて、擲(な)げ廃(う)て給う。又、金(かね)の弓箭(ゆみや)流れ出(い)で来(く)。即ち待ち取らし坐して、 −−− 中 略 −−− 即ち御祖支(枳)佐加比売命(みおやきさかひめのみこと)、の社(やしろ)、此処(ここ)に坐(ま)す。−−− 以下、略 −−− 。
                 ( 『出雲国風土記』 P132 )   
高皇産霊尊の系列に属する



  概略は、次のようなものです。
  それは佐太大神が、産まれる際に起きた出来事である。ちょうどその時、弓矢を、水の中に落として、失くしてしまった。
  そこで枳佐加比売命が、その弓矢が出て来るように念じると、まず動物の角の矢じりが付いた弓矢が出て来た。此れではないと言って、それを捨ててしまうと、今度は、鉄製の矢じりが付いた弓矢が出てきた。それを拾い上げて、−−− 云々。


  以上のように枳佐加比売命は、水の底に沈んでしまった弓矢を、“祈り”によって浮かび上がらせたのです。まさしく超能力者です。高御産巣日神の弟子たちは、こうした特殊な能力を引き継いでいたのです。

  ところで、水の中に沈んでしまった物体を浮かび上がらせる現象は、『旧約聖書』に登場する預言者、エリシャが起こした奇跡と同じです。
      ↓

  「 −−− 彼らはヨルダンに来て、木を切り出した。/ そのうちの一人が梁にする木を切り倒しているとき、鉄の斧が水の中に落ちてしまった。ーー 略 ーー 神の人は、『どこに落ちたのか』と尋ね、その場所が示されると、枝を切り取ってそこに投げた。すると鉄の斧が浮き上がった。『拾い上げよ』 と言われて、その人は手を伸ばし、それを取った。」
                          
『聖書』 (日本聖書協会) 列王記 下・6 ( p586 )

  エリシャの場合は、木の枝を投げ入れて、それにより鉄の斧を水の底から浮かび上がらせました。その違いがあるだけで、どちらも通常では起こり得ないことが起きたことになります。遠い過去の時代に、洋の東西を隔てて、そうした類似する超常現象を引き起こすことが出来たのは、非常に興味深いことです。


  また、蛤貝比賣と枳佐加比売命の二人が実在したことによって、『古事記』に記されている、大国主神が八十神によって、火で焼いた大石で、焼き殺されたという逸話が、実際の出来事であった裏付けとなります。
  蛤貝比賣(うむきひめ)というのは蛤の擬人化であり、キサ比賣(きさがいひめ)というのは赤貝を擬人化したものです。かつては火傷の治療に、貝殻を削った粉を水で練って、患部に塗る方法や、傷口に母乳や、唾を塗る方法がありました。そうした民間療法は、今でも有効な治療法として残っています。
  従って、『伯伎国
(ほほきのくに)の手間(てま)の山本』を、鳥取県にある大山(だいせん)と考えると、この山の噴火により、多くの死傷者の出たことが考えられます。飛び散った噴石や、火砕流によって、麓に住む多くの住民に焼死者や、負傷者が出たのです。
  因みに、大山は『出雲国風土記』に、『伯耆
(ほほき)の国有(な)る火神岳(ひのかみだけ)』と記されています。『出雲国風土記』P34
  この『火神岳』という表現からは、当時、この山が、まだ火山活動をしていたことが推測されます。

  そして、その人たちの救済のために、神産巣日之神の指示で、遥々と中国大陸から派遣されて来たのが、火傷の治療法に詳しい蛤貝比賣(うむきひめ)と、キサ比賣(きさがいひめ)であったということです。
  つまり、領土を管理していたのが大国主神であり、その大きな被害が、八十神によって、火で焼いた大石で焼き殺されたという逸話になったのです。大がかりな神話化現象が生じているのです。


          ***  ○   *   ○  ***


  この他にも『出雲国風土記』には、具体的な活動内容は記されていないものの、高御産巣日神の弟子たちが、出雲の国へ来ていたことが記録されています。その人たちは記・紀にも登場していないために、彼等がこの地へ遣って来た目的も、意図も不明です。


 (11) 八尋鉾長依日子命
(やひろほこながよりひこのみこと)
      ↓

    「 生馬
(いくま)の郷(さと)。 −−− 神魂命(かみむすひのみこと)の御子(みこ)八尋鉾長依日子命(やひろほこながよりひこのみこと)、詔(の)りたまひしく、−−− 故(かれ)、生馬(いくま)と云(い)ふ。
                ( 『出雲国風土記』 P93 )  高皇産霊尊の系列に属する

  八尋は長さを現わすことから、その人物が、持っていた長い鉾に象徴されていたことが分かります。しかし、それ以外のことは、不明です。


 (12) 天津枳比佐可美高日子命
(あまつきひさかみたかひこのみこと)
      ↓


    「 漆治
(しつち)の郷(さと)。 −−−  神魂命(かみむすひのみこと)の御子(みこ)天津枳比佐可美高日子命(あまつきひさかみたかひこのみこと)の御名(みな)を、又薦枕志都治値(こもまくらしつちち)と云ひき。此の神、郷の中(うち)に坐(いま)す。故(かれ)志丑治(しつち)と云(い)ふ。
                  ( 『出雲国風土記』 P188 )   高皇産霊尊の系列に属する


 (13) 綾門日女命
(あやとひめのみこと)
      ↓


    「 宇加(うか)の郷(さと)  −−− (あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神命(おおかみのみこと)神魂命(かみむすひのみこと)の御子(みこ)綾門日女命(あやとひめのみこと)(あとら)へ坐(ま)しき。
(そ)の時、女神(めがみ)、肯(うべな)はずて、−−− 故(かれ)、宇加(うか)と云ふ。」
                     ( 『出雲国風土記』 P189 )   高皇産霊尊の系列に属する


 (14) 真玉着玉之邑日女命
(またまつくたまのむらひめのみこと)
      ↓

   「 朝山
(あさやま)の郷(さと) −−− 神魂命(かみむすひのみこと)の御子(みこ)真玉着玉之邑日女命(またまつくたまのむらひめのみこと)、坐(いま)しき。尓(そ)の時、天(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おおかみ)、娶(あ)ひ給(たま)ひて、朝毎(あさごと)に通(かよ)ひ坐(ま)しき。故(かれ)、朝山(あさやま)と云(い)ふ。」
                    ( 『出雲国風土記』 P224 )    
高皇産霊尊の系列に属する


  この人物に会うために、大国主神が毎朝そこへ通ったというのですから、何か重要な目的があってこの地へ遣って来たことは間違いありません。
  それを解く鍵は、玉の文字にあると考えられます。勾玉に代表されるように、天然石の中から取り出した玉です。霊的な能力を高めて、呪術の能力を引き出すとされる宝玉、すなわちパワー・ストーンのことです。


   【 鳥寄せの術、魚寄せの術 】

  さて、三穂津姫(みほつひめ)という人物が、高皇産霊尊の系列に属し、特殊な能力を持っていたいわゆる超能力者であることが判明しました。
  また、事代主神が、須佐之男命の系列に属する超能力者であることが分かりました。
  こうしたことが分かった段階で、事代主神が鳥遊
(とかり)をし、また魚(な)を取りに、御大(みほ)の前(さき)へ出掛けていたという部分を読みなおすと、そこにはまったく別の意味が隠されていることに気付きます。

      ↓

  「 僕
(あ)は得(え)(まを)さじ。我が子、八重言代主神(やへことしろぬしのみこと)、これ白すべし。然るに鳥遊(とかり)をし、魚(な)取りて、御大(みほ)の前(さき)に往きて、未だ還り来ず。」
                                            
( 『古事記』  P61 ) 


  この当時、鳥は森や林があれば、どこにでもいました。魚も川や海があれば、どこにでもいました。ですから遊びや、スポーツとして行う鳥打ちや、魚捕りは、近くの森や林や、海や川で十分に楽しめました。わざわざ遠方の御大
(みほ)の御前(みさき)まで、出かけて行く必要性は無かったのです。つまり、これには何か、別の意味が隠されているのです。

  そして、このことを解き明かす参考となるものが、上に紹介した枳佐加比売命が起こした超常現象です。
  枳佐加比売命は水の中に落とした弓矢を、念じただけで浮かび上がらせることが出来ました。それは『旧約聖書』に登場する預言者、エリシャが起こした奇跡と同じ現象でした。
  それと同様に、鳥や魚に関しても、『聖書』の中には、モーセが起こした奇跡や、イエス・キリストが起こした奇跡として記されています。それはまさしく鳥寄せの術であり、また魚寄せの術なのです。


  ○ 鳥寄せの術
        ↓


  * うずらの大群が集まって来た。
   エジプトの支配から逃れたイスラエルの民は、エリムとシナイの間にあるシンの荒れ野に迷い込みました。すでに食料が尽きかけていたため、一行は激しい飢えに見舞われました。
  その時、モーセは人々に向かってこう言いました。

  「 主は夕暮れに、あなたたちに肉を与え食べさせ、朝にパンを与えて満腹にさせられる。主は、あなたたちが主に向かって述べた不平不平を、聞かれたからだ。ーー 略 ーー 。」
  そして、次のように続きます。

  「 夕方になると、うずらが飛んで来て、宿営を覆い、朝には宿営の周りに露が降りた。この降りた露が蒸発すると、見よ、荒れ野の地表を覆って薄くて壊れやすいものが大地の霜のように薄く残っていた。 ーー 以下、略 ーー 。 」
  モーセは彼らに言った。

  「 これこそ、主があなたたちに食物として与えられたパンである。ーー 略 ーー 。 」
                         
( 『聖書』 (日本聖書協会) 出エジプト記 16 (p120) )


  このうずらに関しては、別の個所にも次のように記されています。やはり民が飢えに苦しみ、次第に不平を言い始めたときのことでした。ただし大量のうずらが集まってきたものの、同時に疫病が発生したために、たくさんの死者が出ました。
  次のように記されています。

  「 さて、主のもとから風が出て、海のほうからうずらを吹き寄せ、宿営の近くに落とした。うずらは、宿営の周囲、縦横それぞれ一日の道のりの範囲にわたって、地上二アンマほどの高さに積もった。/ ーー 中 略 ーー /
   肉がまだ歯の間にあって、噛み切られないうちに、主は民に対して憤りを発し、激しい疫病で民を打たれた。ーー 略 ーー 。 」 
                                      ( 同 民数記 12 (p232) )


  ○ 魚寄せの術
       ↓

  *  ガリラヤ湖での大漁
   イエス・キリストが、ガリラヤ湖(ゲネサレト湖)の岸辺に立ち寄ったときのことでした。群集がイエスの話を聞こうと、周囲に押し寄せて来ました。イエスは近くで舟を洗っていた漁師のシモンに、その舟を岸から少し遠ざけるように頼み、舟の上から話をされた。
  そのシモンという漁師は、この後に起きたある出来事を切っ掛けに、すぐその場で、イエスの弟子になった人物である。

  イエスは集まって来た人々に、神の教えを説かれた。
  そして、話が終わってからシモンに、
  『沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい』と言いました。

  シモンは夜通し漁をしたが、何も捕れなかったので訝りながらも、その指示に従った。
  すると捕り尽くせないほどの魚が網に掛った。その時の情況が、次のように記されています。

  「 そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。 ーー 略 ーー 。 」
                                  ( 同 ルカによる福音書 5 (P109) )


  以上の事例により、なぜ超能力者である事代主神が、同じ超能力者である三穂津姫(みほつひめ)がいる所で、鳥遊(とかり)をしたり、また魚(な)を捕っていたのか、その疑問が解かれます。つまり事代主神は、自分が持っていない新たな能力を伝授されていたのです。
  それが鳥を呼び寄せる術(業)であり、魚を寄せ集める術(業)だったのです。決して、そこで遊び呆けていたわけではないということです。

  ここにも遠い過去の時代に、洋の東西を隔てて、まったく同じような超常現象を引き起こすことが出来たと考える合理的な根拠があります。非常に興味深いことです。


  ○ 雨降らしの術

  ところで、須佐之男命の系列の人たちが持っていた能力についても、その一端が
『出雲国風土記』の中に記されています。長く旱魃が続いた時に、人為的に雨を降らせたというものです。
  下の一文は、既に紹介したものですが、次のようなものがありました。
       ↓

  四 楯縫郡  (四) 山・河川・池
  「 神名樋山
(かむなびやま)。郡家(こほりのみやけ)の東北六里(さと) 一百六十歩(あし)。ーー 略 ーー  古老(ふるきおきな)の伝へて云わく。阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)の后(きさき)、天御梶日女命(あめのみかぢひめのみこと)、多宮(たく)の村に来坐(きま)して、多伎都比古命(たぎつひこのみこと)を産み給ひき。」

  この部分には続きがあり、次のような一文が記されています。
          ↓

  「 所謂
(いはゆる)石神(いしかみ)は、即(すなわ)ち是、多伎都比古命(たきつひこのみこと)の御託(みしるし)なり。(ひでり)に当(あた)りて雨を乞(こ)ふ時は、必ず零(あめふ)らしむる也(なり)。」
                  ( 『出雲国風土記』 P175 )    〔須佐之男命の系列に属する〕

  つまり、旱魃の時には、多伎都比古命がここで雨乞いの儀式をして、雨を降らせたというのです。しかも、必ず降らせることが出来たというですから、この人物もまた、かなり高い能力を持つ超能力者の一人であったということです。


   【 天逆手を青柴垣に打ち成して

  八重事代主神は、国譲りを了承したあとで、その場をすぐに立ち去ったことになっていますが、その際に、不思議なことを行っています。
        ↓


   「恐
(かしこ)し。この國は、天(あま)つ神の御子(みこ)に立奉(たてまつ)らむ。」といひて、すなわちその船を蹈(ふ)み傾(かたぶ)けて、天逆手(あまのさかて)を青柴垣(あをふしかき)に打ち成して、隠りき。」

                                         ( 『古事記』 P61 ) 



  この部分に関して、同書の注釈には、次のような説明がしてあります。
        ↓

  「逆手を打って、その船を神霊のこもる青い柴の垣に化して、その内に隠れた。逆手を打つのは呪術の一種。−−− 略 −−− 事代主神の隠退は、出雲の宗教的支配力を皇室に譲っての服従を意味する。」
                                   ( 同 P61 ) 


  省略した部分には、『日本書紀』に記されている次の一文が紹介されています。
       ↓

  「 因
(よ)りて海中(うみのなか)に、八重蒼柴(やへのあをふし)、籬(かき)を造(つく)りて、船(ふなのへ)(ふ)みて避りぬ。
                                          
 ( 『日本書紀』 P118 )


  『日本書紀』にも、同じように注釈が付けられています。しかし、どちらの説明文を読んでも、具体的な意味が不明です。
  それがたとえ呪術の一種であるにしても、その結果、何が起きたのかということがよく分からないからです。そもそも、その行動の意図、目的が不明だからです。
  なぜそうなるのかというと、『天逆手(あまのさかて)を青柴垣(あをふしかき)に打ち成して、』の一文に、何か隠されているものがあるためです。

  前に紹介したように、須佐之男命が櫛名田比売(くしなだひめ)から借り受けて頭髪に挿した櫛には、人々を支配し、統率する村長としての権限が象徴されていました。そこに『とり成す』という言葉が使われていました。
      ↓

   『 すなわち湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女(をとめ)を取り成して、御角髪(みみづら)に刺して、・ ・ ・ 』
                                         
( 『古事記』 P40 )


  実際にとり成されたものは、櫛名田比売本人ではなく、この人物の背景にあるものでした。つまり、この文章には、対象となる“目的格”が省略されていたのです。
  この言葉は、次の章の『建御名方の服従』でも、やはり同様の意味で使われています。ただし、そこでも、やはり目的格が明記されていないために、内容が分かりにくくなっています。

  この事例を踏まえた時に、この『打ち成す』という言葉にも、何か別の意味が含まれているのではないかと考えられるわけです。要するに、この言葉の対象となる目的格が判明した時に、全体像が見えて来るのではないかということです。
  ただし今は、それが何なのか、推測することも、想像することも不可能です。この部分は、いずれそれが判明した時に、補足・修正することにします。

     *******    ○   ☆   ○  *******


   【 卑弥呼という超能力者

  以上のように皇帝や、君主として権力を握る人物が、国の行政に関しては承認を与えるだけで、実際に現場を取り仕切るのは、側近として仕えていた超能力者たちであることが分かりました。つまり高御産巣日神、神産巣日神から特殊な能力を引き継いだ人たちが、行政府の中心人物だったのです。

  そして、この政治体制が、我が国に於いて、その後も長く維持されて来たと考えるならば、それは魏志倭人伝に記されている卑弥呼の立場と一致します。
  つまり、そこに記されている“鬼道”というのは、即ち祈祷師としての能力であり、卑弥呼は、特殊な能力を持つ人物であったということです。従って、当時の行政府の長であったということになります。
  これは天照大御神が支配していた、高天の原に於ける高御産巣日神と同じであり、大国主神が支配していた、豊葦原の水穂國に於ける事代主神と同じです。さらには高御産巣日神の弟子で、ニニギノミコトに随行して来た思金神と同じです。

  ですから魏志倭人伝の記述に関しては、卑弥呼が何者であるかを詮索するのではなく、西
暦239年(景初三年)当時の天皇は誰であったのか、その天皇が、どのような状態になっていたかを調べる必要があるわけです。

  あくまでも卑弥呼は、行政府の長であって、この国を代表する人物ではなかったからです。然るに、邪馬台国の女王と記されていることには、大いなる疑問が生じるわけです。
  これはその天皇の治世に於いては、国内が混乱しただけでなく、外国からの使者に謁見することさえ出来ない状態であったということであり、かなり異常な状態と言えます。
  西暦239年という遠い過去の時代に、この国に果たして、何が起きていたのでしょうか。



                                        2010.  1.  11.     店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒