建御名方神の服従
  ――――――――――――


   5 建御名方神(たけみなかたのかみ)の服従


  建御雷神(たけみかづちのかみ)と経津主神(ふつぬしのかみ)は、事代主神(ことしろぬしのみこと)との交渉結果を、大国主命に伝えた。
  そして、他にも、了解を取り付ける必要がある子がいるかと尋ねると、もう一人、建御名方神
(たけみなかたのかみ)がいます。それ以外には、もうおりません、との答えであった。

  そうした話をしているところへ、その建御名方神が千引
(ちびき)の石(いは)を、手で捧げ持ちながら遣って来た。そして、
  「我が国に来て、ひそひそ話をしているのは、誰だ」と言った。

  それならば、力比べをしようではないかということになった。建御名方神が、先に相手の手を掴んだ。すると相手は、その手を氷の柱にとり成した。また、剣の刃にとり成した。建御名方神は、畏れて引き下がった。

  そこで今度は、相手が、建御名方神の手を掴んだ。そして、葦の若芽のように握り潰して、投げ捨てた。建御名方神は、その場から逃げ去ってしまった。

  その逃げる建御名方神を、追いかけて行って、科野國
(しなののくに)の州羽(すは)の海まで追い詰めた。そして、殺そうとすると建御名方神は、遂に降参して、命乞いをした。

  「どうか私を殺さないで下さい。私は、この土地から離れません。ぜったいに他の場所へは出向きません。また、我が父、大国主神神の命令に従います。八重事代主神の言葉にも叛きません。この葦原中國
(あしはらのなかつくに)は、天つ神の御子(みこ)に差し上げます。」と申し立てた。
           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 5建御名方神の服従 P62 参照 ) 


  以上が、『古事記』の「建御名方神の服従」の章に記されている概略です。大国主神のもう一人の子である建御名方神(たけみなかたのかみ)に、今度は力ずくで、国譲りを了承させたという内容です。
  事代主神の場合は、特殊な能力を持っていたことから、何も詳しい説明をする必要がなく、すぐに国譲りを決断しました。未来の出来事を予知する能力を持っていたからです。
  しかし、そうした能力を持たない武闘派の人物の了承を取り付けるには、その拠り所としている武力の差を見せ付ける必要性があったのです。もし戦っても、まったく勝ち目がありませんよということです。

  『日本書紀』には、この章に該当する部分の記述がありません。内容が、完全に欠落しています。そのために不足する事実関係の補足や、誤った記述の発見が困難です。従って、『古事記』に記されている全体の流れの中から、それを割り出して行く必要があります。
  その作業を行ったときに、ようやく全体像が判明します。


  *****  ○  ☆  ○  *****


  【 建御名方神 】

  建御名方神は多紀理毘賣命、神屋楯比賣命、及び、十七世(とをまりななよ)の親類、縁者たちと一緒に、中国大陸から遣って来た人物です。(『古事記』 P52〜53 参照)
  この名前も、もちろん特定の個人名ではなく、一つの集団を指し示す総称です。つまり、彼らは、各部族の中から選ばれた戦士たちであり、人々を警護する武闘派の一団です。従って、敵との戦いを専門とする人たちです。

  この建御名方神という呼称は、次の一文にある『胸形(むなかた)』が変化して、いつのまにか『御名方
(みなかた)』になったものです。
        ↓

  「 故
(かれ)大國主(の)神、胸形(むなかた)の奥津宮(おきつみや)に坐(ま)す神、多紀理毘賣命(たぎりびめのみこと)を娶(めと)して生める子は、ーー 以下、略 ーー 
                              ( 『古事記』 岩波文庫版  6大国主神の神裔 P52 ) 


  つまり、地名に由来する胸形という呼称が、その一団の名前になったのです。従って、もともとはムナカタであったものが、mu の発音が、mi に変化して、ミナカタになったのです。

  こうした誤謬、誤記がこの書物の中では、いろいろな場所で発生しています。すでに紹介したように、稜威雄走神〔いつのおばしりのかみ〕が伊都之尾羽張神〔いつのをはばり〕になった事例や、闇〔やみ〕の国が、黄泉〔よみ〕の国になったのと同じ現象です。何世代にも亘る口承により、類似する発音が混同されて、別の表記になったのです。
  従って、胸形の地に由来する戦士の一団という意味で、本来は胸形神とするのが正しい名前になります。現存する宗像大社と結び付く一団です。


  因みに、もしこの一団が荒神谷遺跡、及び加茂岩倉遺跡で発見された銅剣や銅矛、銅鐸を持ち込んだのだとすると、この一団は、かなりの多人数であったことになります。
  発見された銅剣が358本、銅矛が16本、銅鐸が計45(39+6)個という数です。従って、武器の数を人の数と考えると、単純計算で、374人という数になります。

  この大集団が多紀理毘賣命、神屋楯比賣命、及び、十七世(とをまりななよ)の親類、縁者たちを守っていたのです。つまり、合計19の部族の中から選出された勇猛な戦士たちということになります。これまた単純計算で、一つの部族から、19人です。これは、ほぼ了解出来る妥当な数字です。
  このほかにも家族として、老人や、婦女子が同行して来たと考えられますから、総人数は数倍に膨れ上がります。およそ一千人に近い大集団が、海を渡って遣って来たことになります。

  荒神谷遺跡   ―→  

  加茂岩倉遺跡  ―→  


  これにより荒神谷遺跡、及び加茂岩倉遺跡で発見された青銅器との有力なつながりが生じました。しかも数字的には、かなり蓋然性が高く、大きな可能性を秘めています。
  あとは「× or 乂」の記号との関係が残されています。この一団のシンボルマークが、どこかに残されていないものかと期待されます。


  【 立氷に取り成す。剱刃に取り成す。】

  建御名方神の一団は、敵と戦うことを専門とする人たちです。そのためには肉体の鍛錬が欠かせません。従って、彼らの体力、腕力、脚力は、人並み以上でした。
  そのことが千人もの人数で、ようやく引くことが出来る大きな岩を、軽々と手に捧げ持って遣って来たと説明されているのです。かなり誇張された表現になっています。
       ↓

  「 −−− その建御名方神、千引(ちびき)の石(いは)を手末(たなすえ)にフ(ささ)げて来て、−−− 」
                                        ( 『古事記』 P62 ) 


  この建御名方神が建御雷神、及び、経津主神と、力比べをすることになりました。手順としては、建御名方神が先に、相手の手を取り、次に相手が、建御名方神の手を取るという段取りです。
  そして、ここに登場するのが「
立氷に取り成す。剱刃に取り成す。
」という言葉です。
       ↓

  「−−− 然らば力競
(ちからくら)べせむ。故(かれ)、我先(われさきに)にその御手を取らむ。」と言ひき。
  故
(かれ)、その御手を取らしむれば、すなわち立氷に取り成し、また剱刃(つるぎば)に取り成しつ。故ここに懼(おそ)りて退(しりぞき)き居(を)りき。
  ここにその建御名方神の手を取らむと乞ひ歸(かへ)して取りたまへば、若葦(わかあし)を取るが如(ごと)、掴(つか)み批(ひし)ぎて投げ離ちたまへば、すなはち逃げ去(い)にき。
                                       ( 『古事記』 P62 )


  ここで注意すべき点は、力比べの説明の中に『取り成す』という言葉が使われていることです。まず『力競(ちからくら)べせむ。という前提があって、『立氷に取り成し、また剱刃に取り成し』と記されています。

  
この言葉は、須佐之男命が八又の大蛇を退治する際に、櫛名田比売 ( くしなだひめ ) に対して行った出来事と同じです。
  すでに紹介したように、須佐之男命が櫛名田比売
(くしなだひめ)から借り受けて頭髪に挿した櫛には、人々を統率し、支配する村長としての権限が象徴されていました。そこに『とり成す』という言葉が使われていました。
      ↓

   『 すなわち湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女(をとめ)を取り成して、御角髪(みみづら)に刺して、・ ・ ・ 』(『古事記』P40)

  つまり実際に、とり成されたものは櫛名田比売本人ではなく、この人物の背景にあるものでした。この文章には、その対象となるべき“目的格”が省略されていたのです。

  同様にして、この場合も立氷、剱刃、若葦に取り成されたものが、別にあるということです。ここでも、その“目的格”が省略されているのです。それが何なのかが、具体的に示されていないために、内容が分かり難くなっているのです。

  この一文は、『然らば力競(ちからくら)べせむ。』を受け継いだものであり、その力競べの本来の中味が、立氷、剱刃、若葦に取り成されたものであるということです。従って、文章の流れに従えば、この『力比べ』の本来の対象となるものは、お互いの戦力であり、軍事力です。
  戦いの際に使用される武器の数、種類。銅製か鉄製か、或いは木や石かといった武器の材質。また集められる戦士の数。戦士たちの鍛錬方法。そうした国の戦力、軍事力が対象になっているのです。

  要するに、立氷・剱刃に取り成されたものは、天照大御神が君臨する高天の原が持っている軍事力、戦闘能力だったのです。そして、若葦の如くに掴み潰されたものは、この豊葦原の水穂國の戦力を指すのです。
  もし、両者が戦うことになれば、まったく刃が立たないばかりか、比較にさえならないということです。負けることは、戦う以前から、すでに解っているということです。


  【 建御名方神の命乞い 】

  『古事記』の原文には、力比べに負けた建御名方神が、その場から逃走したことが記されています。
          ↓

  「 −−− 若葦(わかあし)を取るが如(ごと)、掴(つか)み批(ひし)ぎて投げ離ちたまへば、すなはち逃げ去(い)にき。
                                         ( 『古事記』 P62 )


  そして、逃げた建御名方神は、科野國(しなののくに)(長野県)の洲羽(すは)の海(諏訪湖)までおい詰められました。
  しかし
、最期には捕まってしまい、殺されかけた時に、どうか私を殺さないで下さいと命乞いをしました。
          ↓

  「  −−−故、追い往きて、科野國
(しなののくに)の洲羽(すは)の海に迫め到りて、殺さむとしたまひし時、建御名方神白ししく、
  『恐
(かしこ)し。我(あ)をな殺したまひそ。この地(ところ)を除(お)きては、他處(あだしところ)に行かじ。また我が父、大國主神の命(みこと)に違はじ。八重事代主神の言(こと)に違はじ。この葦原中國は、天つ神の御子の命の随(まにま)に獻らむ。』とまをしき。

                                       ( 『古事記』 P62 ) 


  要約すると、「私は、この場所に閉じこもって、他の地域へは行きません。決して、この土地にから離れません。また大国主神と事代主神の命令に従います。この国は、天つ神の御子に差し上げます。ですから、私を殺さないでください。」という内容です。


  ただし、ここには原文に記録する段階での認識の誤りと、その誤った認識、判断に基づく物語化現象が発生しています。つまり、誤った前提で、辻褄合わせのための創作が行われているのです。

  そうした誤謬が発生したのは、『古事記』が編纂された当時から、すでに『取り成す』という言葉が指し示す本来の意味が理解されていなかったためです。取り成されたものの本体が、自国と他国の“戦力”であることに気付いていなかったのです。
  そのために、当然の成り行きとして、力比べに負けた建御名方神が逃げ出したことになり、さらに科野國の洲羽の海まで追い詰められ、最期には命乞いをして、なんとか助けてもらったという誤ったストーリーが展開されたのです。

  しかし、そもそも彼らは、お互いの戦力を比較しただけであって、その場で実際に戦ったわけではありません。ですから負けたからといって、何も逃げる必要性はありませんでした。
  また、建御名方神は、敵と戦うことを専門とする武闘派の一団であり、しかも、その場には数十人、或いは数百人もの人たちが立ち会っていたはずですから、建御雷神、経津主神がどれほど強くても、とうてい太刀打ちできません。もし、いざこざが起きれば、その場でなぶり殺しにされます。

  要するに、殺さないでくれという命乞いは、立場が逆転して使われているのです。少人数で遣って来た彼等を、その場で殺してしまえば、本国へは何も報告が届きません。
  最初から彼らが、来ていなかったことにすれば、交渉は成立しません。いずれは、うやむやになってしまいます。再度、別の使者が遣って来るかどうかは、遠い先のことであり、その時になってから対応すれば済む話です。
  一部の荒くれ共から、『この際、さっさと、殺してしまおう。』という意見が出たことは、容易に想像されます。

  ただし、彼らが武人ではなく、刀剣造りの職人であったことが、命乞いを聞き入れる大きな理由になったのです。
  
もし彼らが、敵との闘いを専門とする人物であったなら、武力による解決が諮られたことでしょう。一行の存在そのものが、完全に抹殺されたかも知れません。しかし、彼等が鍛冶職人であり、草薙の剣と同等の剣を製造したいがために、まさに命がけでこの地まで遣って来たことに、人々が一目置いたのです。


  そうした状況からすれば、むしろ下手に出て命乞いをしなければならなかったのは、彼等の方だったのです。つまり、相手を殺そうとしたのは建御名方神のほうであり、殺さないでくれと命乞いをしたのは、建御雷神、経津主神のほうだったのです。記されている内容は、立場を取り違えているわけです。



  そして、このことに気付いた時に、建御名方神が科野國(しなののくに)の洲羽(すは)の海まで行ったのは、まったく別の意味があったことが判明します。
  それは相互の平和協定を結ぶに際して、交換条件を提示するためです。つまり、
自分の領地を確保する目的で、自らその場所を選定したということです。
  要するに建御名方神は、逃走して、追い詰められたのではなく、自らの意思で建御雷神、経津主神を引き連れて、その土地まで出かけて行ったのです。

  そして、これは次の章に記されているように、
大国主神が自分の住居として、出雲大社の建立を要求したのと同じことです。
  つまり、建御名方神は、
大国主神が国譲りと引き換えに、自分の住居を要求したのと同様、自分の領土を獲得する交渉を行ったのです。
そして、それが容認されたのです。


                                        2010.  2.  7.     店主記す



 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒