大国主神(おおくにぬしのみこと)の国譲り
  ――――――――――――――――――


   6 大国主神の国譲り

  建御雷神(たけみかづちのかみ)と経津主神(ふつぬしのかみ)は、事代主神(ことしろぬしのかみ)と建御名方神(たけみなかたのかみ)との交渉を終えて、もとの場所に戻って来ると、
大國主神に対して、こう尋ねた。

  「事代主神と建御名方神は、天つ神の御子の命に服すると約束した。さて、ところで、そなたはどうするつもりか。」

  すると、大國主神は、次のように答えた。 

  「我が子等が申した通りに、私も背きません。この葦原中國
(あしはらのなかつくに)は、天つ神の御子に差し上げます。」

  そして、次のように続けた。
          ↓

   【 ただ僕(あ)が住所(すみか)をば、天つ神の御子の天津日継(あまつひつぎ)知らしめす、とだる天(あめ)の御巣(みす)(な)して、底(そこ)つ石根に宮柱(みやばしら)ふとしり、高天の原に氷木(ひぎ)たかしりて治めたまはば、僕(あ)は百足(ももた)らず八十(やそ)くま手に隠れて侍(さもら)ひなむ。】

  「 −−− もし私の住所(すみか)として、天つ神の御子が行政の建物として使用しているような、大きな宮殿を造って下さるならば、私はすぐにでも、人々の眼が届かない所に行きます。」

  さらに、こう付け加えた。

  「 −−−‐ 私の子どもたち百八十神(ももやそがみ)は、八重事代主神が神の御尾前(かみのみをさき)として仕(つか)えるならば、誰も背(そむ)く者はおりません。」


  こうした交渉の結果、出雲國
(いづものくに)の多藝志(たぎし)の小濱(をばま)に、天の御舎(あめのみあらか)が造営された。
  そして、水戸神
(みなとのかみ)の孫(ひこ)の櫛八玉神(くしやたまのかみ)神が、膳夫(かしはで)となって、天御饗(あめのみあへ)を献上した。

  また、そのために使う器として、櫛八玉神が鵜
(う)のように海底に潜(もぐ)って、底の赤土(はに)を採って来て、天の八十平瓮(あめのやそびらか)を造った。
  さらに、海布
(め)の柄(から)を鎌(か)って燧臼(ひきりうす)に作り、海蓴(こも)の茎(から)を燧杵(ひきりきね)に使って、火を鑽(き)り出しながら、祝いの言葉を述べた。その内容は、次のようなものであった。
              ↓

   【 この我(わ)が燧(き)れる火は 高天原(たかまのはら)には 神産巣日の御祖命(かむむすひのみおやのみこと)の、とだる天(あめ)の新巣(にいす)の、凝烟(すす)の、八拳(やつか)(かた)るまで焼(た)き挙(あ)げ、地(つち)の下(した)は、底(そこ)つ石根(いはね)に焼(た)き凝(こ)らして、栲縄(たくなは)の、千尋縄(ちひろなは)(う)ち延(は)へ、釣(つり)せし海人(あま)の、口大(くちおほ)の、尾翼鱸(をはたすずき)、さわさわに、控(ひ)き依(よ)せ騰(あ)げて、打竹(さきたけ)の、とををとををに、天の真魚咋(あめのまなぐひ)、(たてまつ)る。】

  建御雷神(たけみかづちのかみ)と経津主神
(ふつぬしのかみ)は、こうした経緯を経て葦原中國を平定する交渉が終了したことを、自国へ戻って報告した。

          ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 6大国主神の国譲り P63〜64 参照 ) 


  以上が、『古事記』の「大国主神の国譲り」の章に記されている概略です。主たる内容は、事代主神と建御名方神が服従したことを大國主神に伝えると、大國主神は自分の住処として、立派な宮殿を立てることを条件に、自分が統治している葦原中國(あしはらのなかつくに)を、天つ神の御子に差出すことを了承したというものです。


   *****  ○  ☆ ☆  ○  *****


  『日本書紀』には、この件に関して、より詳しく記されています。それにより、『古事記』には記されていない新たな事実関係を知ることが出来ます。国譲りに至るまでの経緯
を、より詳細に把握することが出来ます。

  
巻第二 神代下 第九段には、一書(あるふみ)
〔第二〕に曰くとして、次のような記述があります。

  まず建御雷神(たけみかづちのかみ)と経津主神(ふつぬしのかみ)が、大己貴神(おおあなむちのかみ)(=大国主神)に対して、こう尋ねました。
             ↓

  「汝
(いまし)、将(まさ)に此の国(くに)を以(も)て、天神(あまつかみ)に奉(たてまつ)らむや以不(いな)や」

  すると大己貴神から、次のような返事が返ってきました。
             ↓

   「疑ふ。汝
(いまし)(ふたはしら)の神は、是(これ)(あ)が処
(もと)に来(き)ませるに非(あら)ざるか。故(かれ)、許さず」

  何ということだ!。あなた方二人は、自分たちの身の安全を諮るため、庇護を求めるためにこの国に遣って来たのではなく、私が支配しているこの国を、奪い取りに来たと言うのか、
と怒ったというのです。


  これを受けて、建御雷神と経津主神は一旦、自国へ引き返し、大国主神との交渉結果を、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)に報告しました。
  そして高皇産霊尊から、新たな指示を受けた建御雷神と経津主神が、再度、この地へ遣って来て、大己貴神に対して、次のような内容の勅
(みことのり)を伝えました。

             ↓

   【今(いま)、汝(いまし)が所言(まうすこと)を聞くに、深(ふかく)く其(そ)の理(ことわり)有り。故、更(さら)に条(をちをち)にして勅したまふ。
  夫
(そ)れ汝が治(しら)す顕露(あらわ)の事は、是(これ)吾孫(すめみま)治すべし。
  又
(また)汝が住(す)むべき天日隅宮(あまのひすみのみや)は、今供造(つく)りまつらむこと、即ち千尋の栲縄(たくなわ)を以て、結(ゆ)ひて百八十紐(ももむすびあまりやそむすび)にせむ。
  其の宮
(みや)を造(つく)る制(のり)は、柱(はしら)は高(たか)く太(ふと)し。板(いた)は広(ひろ)く厚(あつ)くせむ。
  又田
(みた)供佃(つく)らむ。
  又汝が往来
(かよ)ひて海(わたつみ)に遊(あそぶ)ぶ具(そなえ)の為(ため)には、高橋(たかはし)・浮橋(うきはし)及び天鳥船(あまのとりふね)、亦供造(つく)りまつらむ。
  又天安河
(あまのやすかは)に、亦打橋(うちはし)造らむ。
  又百八十縫
(ももぬひあまりやそぬひ)の白楯(しらたて)供造(つく)らむ。
  又汝が祭祀
(まつり)を主(つかさど)らむは、天穂日命(あまのほひのみこと)、是なり。とのたまふ。】


  「今、使いの者から話を聞いたのだが、そなたの申すことは、確かに尤もなことである。依って、こちらから次のような条件を提示する。もしその条件を呑んで、国を潔く明け渡すならば、こちらとしては、それなりの対応をする。
  まず国の政治は、天孫が行うが、その代わりに、そなたの住処として、壮大な宮殿を建てる。太くて高い柱を立て、広く、厚い板を使った御殿である。
  また、そこで何不自由無く暮らせるように、周囲に田を造り、また船を造り、桟橋を造り、橋を掛け、白楯を立てる。
  そして、その宮殿での神事は、天穂日命に執り行なわせる。



  これに対して、大己貴神(=大国主神)は、次のように言います。
              ↓

  
 【 天神(あまつかみ)の勅教(のたまふみこと)、如慇懃(かくねんごろ)なり。敢(あ)へて命(おほせこと)に従はざらむや。吾が治(しらす)顕露(あらわ)の事は、皇孫(すめみま)(まさ)に治めたまふべし。吾(われ)は退(さ)りて幽事(かくれたること)を治めむ。】



  「 天神が、そのような配慮をしてくれるのであれば、私は命令に従います。私が統治しているこの国は、皇孫に引き渡します。そして今後、私は俗世を離れ、神事に関わることだけに専念いたします。」



  そして、さらに次のように続きます。大国主神は自分が隠棲するために、自分に代わる案内役として、岐神(ふなとのかみ)建御雷神と経津主神に紹介しました。

   【 乃ち、岐神
(ふなとのかみ)を二(ふたはしら)の神に薦(すす)めて曰さく、 −−− 】

  そして、こう言います。
          ↓


   【 「是
(これ)、当に我(われ)に代(かは)わりて従(つか)へ奉(まつ)るべし。吾、将(まさ)に此(ここ)より避去(さ)りなむ」とまうして、即ち躬(み)に瑞(みつ)の八坂瓊(やさかに)を被(お)ひて、長(とこしへ)に隠れましき。】 


  「 『以後は、この者が、私に代って仕えます。私は、ただちにこの場を去って、人々の眼に付かないところへ行きます。』
  こう言い残すと、瑞(みつ)の八坂瓊(やさかに)の勾玉を身につけて立ち去った。そして、二度と人々の前に現れることは無かった。」

               
 ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P136〜138 参照 )


  以上が、『日本書紀』に記されている経緯です。『古事記』では大国主神が、自分の住処として、壮大な宮殿を建てるように要求したことになっていますが、『日本書紀』では、大国主神が条件を呑んで潔く国を引き渡す見返りに高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の方から申し出たことになっています。

  言うまでもなく建御雷神と、経津主神は、単なるメッセンジャーですから、国譲りの交渉に関して、政治的な交渉権は与えられていません。ですから自分たちの判断で、勝手なことは出来ませんでした。
  従って、その際の必要な手続きとして、本国からの指示を仰ぎ、結果的に、そうした大きな宮殿を建てることが決まったというのが真相と考えられます。要するに、本国にいる高皇産霊尊の指示を仰ぐのは、必要不可欠な手続きであったということです。

  そのため建御雷神と経津主神が一旦、自国へ引き返して、或いは、誰か使いを立てて、わざわざ高天の原の意向を聞きに行ったのです。
  そして、高天の原で行政を取り仕切る高皇産霊尊
(たかみむすひのみこと)から新たな指示を受けて、再度、この地へ遣って来て、その勅(みことのり)を伝えたというのが順当な経緯です。
つまり『日本書紀』の記述は、より真相に近い事実関係を物語っていることになります。

  ただし高皇産霊尊が大国主神の住処として、そうした壮大な建造物を建てる決定を下したのは、それなりの目論見があったからです。
それは天照大御神が君臨する高天の原の国力を、新たな占領地とする瑞穂の国の人々に見せ付けるためです。
  つまり、占領地の人々が今後、謀反の企てや、反乱を起こす惧れがないように、人々に畏怖の念を植えつける意図が隠されていたのです。言い換えれば、国力の隔たりを、その巨大な建物に象徴させたのです。

  縄文、弥生時代の日本人の住居は、竪穴式の住居であり、それは地面に密着して建てられていました。木材の丸太を組み合わせただけの簡単な造りの家でした。           
       ↓         ↓  

                



  そこへ出現した高床式の巨大な建造物は、高天の原が持っている建築技術の高さを、人々に知らしめるものとなりました。同時に、文化的にも、また知的水準も、遥か優位にあることを示すものとなりました。
  その建造物を見るために、近隣諸国から集まって来る人々を、心の底から屈服させる目的があったのです。
国の新たな支配者となる天孫には、背後に、そうした大国が控えていることを、人々に周知させるための象徴としたわけです。そうした政治的な策略です。


       ***   ○   *   ○   ***


  『日本書紀』にはさらに、大国主神が隠棲した後の出来事も記されています。次のような記述があります。

  建御雷神と経津主神は、大国主神が隠棲した後、岐神(ふなとのかみ)案内で、国内を平定するために諸国を巡り歩きました。つまり、
反乱分子を取り除くためです。
         ↓

   【 故、経津主神
(ふつぬしのかみ)、岐神を以て郷導(くにのみちびき)として、周流(めぐりあり)きつつ削平(たいら)ぐ。逆命者(したがわぬもの)有るをば、即ち加(また)斬戮(ころ)す。帰順(まつろ)ふ者をば、仍(よ)りて加(また)褒美(ほ)む。】 ( 同 P138 )


  「 建御雷神と経津主神は、岐神(ふなとのかみ)案内で諸国を巡り歩き、領主たちに、命令に従うように説得した。そして、もし反逆を企てるものがあれば、その者を懲らしめ、或いは、殺し、また素直に従う者には、褒章を与えた。」


  その巡行に際しては、大物主神(おほものぬしのかみ)と事代主神が、彼らに同行しました。

  【 是の時に、帰順ふ首渠
(ひとごのかみ)は、大物主神(おほものぬしのかみ)及び事代主神なり。】
                                                 ( 同 P138 )



  この部分の内容は、上に紹介した『古事記』の次の部分と同じです。八重事代主神が同行したことによって、諸国の領主たちは、従順に天孫の命に服したのです。
           ↓

  「 −−−‐ 私の子どもたちの百八十神
(ももやそがみ)は、八重事代主神が、神の御尾前(かみのみをさき)として仕(つか)えるならば、誰も背(そむ)く者はおりません。」
                 
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 6大国主神の国譲り P63 ) 


  既に述べたように、事代主神は行政府の長でしたから、国王である大国主神とほぼ同等の権力を持っていました。従って、諸国の領主たちは、この人物の指示に忠実に従ったのです。
  そして国譲りという重大な出来事についても、大国主神と事代主神が相談して決めたことであり、それに異を唱える者は出なかったのです。これは、この国の為政者が、人々から絶大な信頼を得ていたことを意味します。

               ***   ○   *   ○   ***


  『日本書紀』には、こうして国内を平定した後、さらに次のようなことを行ったことが記されています。

  国内に、謀反や、反乱の企てをする者がいないことを証明するために、すべての国つ神を一箇所に集め、その大集団を引き連れて、天照大御神がいる高天の原まで挨拶に行ったというのです。
          ↓

  【 乃
(すなは)ち八十万(やそよろず)の神を天高市(あまのたけち)に合(あつ)めて、帥(ひき)ゐて天(あめ)に昇(のぼ)りて、其(そ)の誠款(まこと)の至(いたり)を陳(まう)す。】 ( 同上 P138〜140 )


  この八十万の神々引き連れて、天(あめ)に昇(のぼ)ったという記述が、どの程度の信憑性を有するかは不明です。しかし人々は、出雲の地に建立された壮大な建造物を目の当りにして、そうしたものを造ることが出来る高天の原の国力と、その国に君臨する天照大御神の絶大な権力に、畏怖の念を抱いていたことは確かです。

  そして、今後のためにも最高権力者である天照大御神に、忠誠の意を示すことは、是非とも必要な事であると考えたことでしょう。従って、八十万の神々の全員は無理であったとしても、その人たちを代表する何人かが、実際に高天の原まで出掛けて行ったと考えるのが正しいように思われます。つまり天照大御神、及び高皇産霊尊に挨拶するために、わざわざ中国大陸まで出掛けて行ったのです。

  その際に、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)この国のもう一人の実力者である大物主神に対して要求したのが、そなたの妻は国つ神の中から選ぶのではなく、吾(わが)(むすめ)の三保津姫(みほつひめ)を、そなたの妻にしなさいというものでした。それでなければ、私は、お前を信用しないというのです。
        ↓

  【 時
(とき)に高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、大物主神に勅(みことのり)すらく、「汝(いまし)(も)し国神(くにつかみ)を以(も)て妻とせば、、吾(われ)(なほ)汝を疏(うと)き心(こころ)(あ)りと謂(おも)はむ。故、今(いま)(わが)(むすめ)三保津姫(みほつひめ)を以て、汝に配(あは)せて妻とせむ。八十万神(やそよろずのかみたち)を領(ひき)ゐて、永(ひたぶる)に皇孫(すめみま)の為(ため)に護(まも)り奉(まつ)れ。」とのたまひて、乃(すなは)ち還(かへ)り降(くだ)らしむ。】 ( P140 )


  要するに大物主神に対して、そなたが統治する国の行政府の長は、高天の原で行政を取り仕切る高皇産霊尊の息が掛った者にしなさいという命令です。
  これは天照大御神や高皇産霊尊が、地方や遠隔地で反乱が起きることを、極端に恐れていたためです。なぜなら、たとえ遠方で起きた反乱でも、その噂が伝わって来て、国内での反乱を誘発するからです。
  これは裏を反せば、天照大御神が君臨する高天の原では、常に反乱軍の蜂起に備えておく必要があったということであり、必ずしも国内が平和に統治された状態にはなかったことを意味します。つまり、この国では、細心の警戒を怠れば、国王の身さえ危険な状態にあったということです。そのために用心が欠かせなかったのです。

      ***     ○  *  ○  ***


  さらに『日本書紀』には、もう一箇所、この件に関して記している部分があります。これもまた『古事記』には記されていない出来事であり、全体像を構築するための貴重な資料になることから、一緒に紹介しておきます。

  大国主神は、隠棲するに際して、次のようなことを言いました。
            ↓

   【 故
(かれ)、大己貴神(おほあなむちのかみ)、即(すなは)ち其(そ)の子(みこ)の辞(まうすこと)を以(も)て、二(ふたはしら)の神に白(まう)して曰(まうしたま)はく、『我が怙(たの)めし子(こ)だにも、既(すで)に避去(さ)りまつりぬ。
  故
(かれ)、吾(われ)(また)(さ)るべし。如(も)し吾防禦(ほせ)かましかば、国内(くにのうち)の諸神(もろかみたち)、必(かなら)ず当(まさ)に同(おな)じく禦(ほせ)きてむ。今(いま)、我(われ)避り奉(たてまつ)らば、誰(たれ)か復(また)(あ)へて順(まつろ)はぬ者有らん。」とまうしたまふ。】


  「 二人の神に、こう言いました。子供たちと同様、私は、隠棲することにします。この国の人々は、私が自衛して戦うなら、一緒に戦いますが、私が隠棲するならば、すべての者が、新たな国王に素直に従い、抵抗する者はおりません。」


  こう言って、自分が使っていた広矛を、建御雷神と経津主神に示すと、
             ↓

   【 乃
(すなはち)(くに)(む)けし時に杖(つ)けりし広矛(ひろほこ)を以(も)て、二(ふたはしら)の神に授(たてまつ)りて曰(のたま)はく、
  『吾此の矛
(ほこ)を以て、卒(つい)に功治(ことな)せることあり。天孫(あめみま)、若(も)し此(こ)の矛(ほこ)を用(も)て国を治(し)らば、必ず平安(さき)くましましなむ。
  今我当
(まさ)に百足(ももた)らず八十隈(やそくまで)に、隠去(かく)れなむ』
  とのたまふ。
  言
(のたまふこと)(をは)りて遂に隠(まか)りましぬ。】


  『 これは私が国を平定した際に使っていた矛である。もし天孫が、同様にこの矛を持ち歩くならば、容易に国の治安を保つことが出来るでしょう。
では、私は、これにて俗界から退くことにいたします。』
  こう言い残して、その場から立ち去った。


  その後、建御雷神と経津主神は諸国を巡り歩いて、服従しない領主たちを懲らしめて国を平定し、その結果を、自国へ戻って報告した。

   【 是
(ここ)に、二の神、諸(もろもろ)の順(まつろ)はぬ鬼神等(かみたち)を誅(つみな)ひて、< −− 途中 省略 −− > 果(つひ)に復(かへりこと)(もう)す。】

                   ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P120 参照 )


  ここに登場した広矛は、櫛稲田姫が持っていた櫛と同じ意味を持ちます。つまりその広矛は、本来の持主である大国主神と、一体化していたからです。従って、それを持つ人物は、大国主神と同じ権限を有したわけです。それ故に、人々が納得して服従したのです。

  これは国の最高権力者が変わるのに際して、人々に混乱を生じさせないための配慮でした。国の新しい権力者に、反逆を企てる者が出ないようにしたのです。双方に犠牲者を出さないための、最善の解決策が授けられたことになります。

   *****  ○   ☆   ○  *****
   *****  ○   ☆   ○  *****


  【 (みつ)の八坂瓊(やさかに) 】

  上に紹介したように『日本書紀』には、大国主神が俗世を去って隠棲する際に、『(みつ)の八坂瓊(やさかに)』を身に着けていたことが記されています。
          ↓


  【 (これ)、当に我(われ)に代(かは)りて従(つか)へ奉(まつ)るべし。吾、将(まさ)に此(ここ)より避去(さ)りなむ」とまうして、即ち(み)に瑞(みつ)の八坂瓊(やさかに)を被(お)ひて、長(とこしへ)に隠れましき。 】
             
 ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P138 )


  実は、この曲玉(=勾玉)は、もともとは素戔嗚尊(=須佐之男命)が、羽明玉(はかるたま)から貰い受けたものでした。
         ↓

  「  一書に曰く、素戔嗚尊、天(あめ)に昇
(のぼ)りまさむとする時、一(ひとはしら)の神有(ま)す。号(な)は羽明玉(はかるたま)。此の神、奉迎(むかえまつ)りて、(みつ)の八坂瓊(やさかに)の曲玉を進(たてまつ)る。
                ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代上 第六段 P69〜70 )



  そして素戔嗚尊は、天照大御神の許へ出向いた際に、この曲玉と天照大御神が持っていた剣を交換して、黒
(きたな)き心が無いことを証明するための誓約(うけひ)を行いました。
  その結果、この曲玉から誕生したのが、市杵嶋姫命
(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たこりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)の三(みはしら)の女神(ひめかみ)です。
  また天照大御神の剣からも、天穂日命
(あまのほひのみこと)をはじめとする五(いつはしら)の男神(ひこがみ)が誕生しました。

  この部分は、神々を生み出すための材料として使われたものが、『古事記』に記されている内容とは逆転しています。
  『古事記』の『天の安の河の誓約』では、まず天照大御神が須佐之男命の十拳剱を譲り受けて、多紀理毘賣命、市寸嶋比賣命、多岐都比賣命を生み出し、次に須佐之男命が天照大御神の八尺の勾玉の五百箇の御統の珠を譲り受けて、天穂日命(あまのほひのみこと)をはじめとする五柱の男神を誕生させたことになっています。( 『古事記』 p33〜34 参照 )

  従って、どこかで間違いが生じていることになります。そもそも部下とする人達に分配するためには、ある程度の数が必要です。(みつ)の意味は不明ながら、もし(みつ)が、数字の三つから来ているとしたら、分配したくても出来ないことになります。ですから、この部分は、内容が誤って伝えられたものと考えられます。

  この当時、瑞穂の国には、まだ石を加工して研磨する技術はありませんでした。
堅い岩石を砕いて、割ることは出来ても、その石を丸く加工するには、特別な技術が必要です。現在では、ダイヤモンド・カッターや研磨剤が容易に手に入りますが、そうした便利な物が無かった時代のことです。
  その技術は後に、ニニギノミコトに随行して来た玉祖命
(たまのやのみこと)によって伝えられたと考えられます。玉磨りと呼ばれる技術です。それによって、ただの美しい石であったものが、貴重品としての宝石になったのです。また「瓊」というのは、赤色の玉のことであり、古くは瑪瑙(メノウ)を指しました。

  ですから、その赤い瑪瑙
(メノウ)の勾玉は
、もともとは素戔嗚尊が持っていたものであり、それが女
(むすめ)の須世理毘賣に受け継がれ、最終的に、須世理毘賣と結婚した大国主神の手に渡っていたのです。大国主神は、その勾玉を身に付けていたことになります。


  因みに、瑪瑙(アゲート Agate)はパワーストーンとしても知られる石です。一つの結晶体ではなく、たくさんの石英結晶の集合体です。岩石の空洞中に、玉髄が層状に沈殿して出来たものです。そのために美しい縞模様が造られ、色の種類は豊富です。
  装飾品として用いられるだけでなく、治療薬としても使われました。農民には豊作をもたらし、他の人たちにも長寿や富、健康をもたらすと言われています。
  瑪瑙に関する知識は、こちらで。詳しく記されています。
      ↓            ↓

            


  また、曲玉(=勾玉)は、大きな頭部と細い尾っぽが象られていて、不思議な形状をしています。これには幾つかの説があり、その中の一つに、太極図の陰陽太極図から来ているという説があります。
なかなかに興味深い説であり、ここに紹介しておきます。
    勾玉についての知識は、こちらで。
     ↓         ↓  

              


    太極図説、及び、陰陽太極図説については、こちらで。
      ↓         ↓  

               


  勾玉のもともとの形状が、中国大陸で造られたと考えると、この陰陽太極図の考え方は、非常に受け入れやすいと思われます。当時、こうした宇宙の成り立ちを解く思想は、国内にはありませんでした。従って、その思想が、勾玉の形状に取り入れられることも無かった筈です。
  堅い石を丸くするだけでも、大変な作業です。それをさらに複雑な形にしたのは、そのことに重要な意味があったからです。つまり石そのものが持っている能力と、その形が持つ意味が結びついた時に、それを身につけた人に特殊な能力を与えるのです。それがパワーストーンが持つ本来の意味です。

  要するに、大国主神が持っていた勾玉は、当時の中国大陸の最先端の技術を用いて造られたものであり、しかもその形状は、当時の世界観を現わしたものであるということです。
  さらにその勾玉には、パワーストーンとしての能力が秘められていることから、神事を司るためには不可欠のものでした。大国主神は、その石を身に付けていたのです。これが上の一文の具体的な内容であり、隠されている意味です。



  【 出雲大社(杵築大社)の建立 】

  大国主神の国譲りと切り離せない関係にある重要な出来事が、出雲大社(杵築大社)の建立です。天孫に国を譲るに際して、大国主神に見返りとして授けられた建造物です。

  この件に関しては、ページを改めて、独立して取り扱うことに致します。


  *****   ○  ☆  ○  *****


  『古事記』には、事実関係の記述に多くの洩れや、欠損・欠落があり、そのために国譲りという重大な出来事が、まさに絵空事のフィクションのようになっています。噴出する矛盾点や、多くの疑問点を埋めるための詳しい記録が不足しているためです。

  そのために専門家の間では、この重大な出来事をすべて否定する風潮がありました。単純に国譲りは無かった、大国主神はいなかった、事代主神もいなかった、建御雷神と経津主神も存在しなかったというものです。不明なもの、不可解なものは、もともと存在しないほうが、都合が好いからです。これはあまりにも安易で、安直な結論と言えます。

  そのために
『古事記』という書物が、歴史書ではなくなり、神話の集大成になってしまったのです。単に架空のお話を寄せ集めただけの書物ということです。それが、これまでの学者や研究者が導き出した評価であり、判定結果でした。
  一般の人たちも、その判定基準に従って、この書物を読むために、その架空の神話の中に、隠された歴史が存在することに気付かなかったのです。

  しかし、その欠落した部分に、『日本書紀』に記されている記述をつなぎ合わせることにより、『古事記』の内容だけでは覗い知ることが出来なかった、より詳細な事実関係を知ることが出来ました。
  それにより、今までは、その存在そのものが否定されて来たものが、確かに実在したことが分かりました。
  つまり国譲りは、実際に起きた出来事だったのです。歴史的な事実であるということです。もちろんその当事者であり、主役でもあった大国主神は、実在の人物だったのです。同時に、事代主神も存在したし、建御雷神と経津主神も実在したのです。

  それが我が国の古代史の真相であり、『古事記』という書物には、その
歴史的な事実が記されているのです。このことに気付いた時に、この書物が神話の集大成ではなく、確かな歴史書となるのです。



                                         2010. 5.  7.     店主記す



 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒