出雲大社(杵築大社)の建立

 ―――――――――――――――――


  ( 出雲大社は古来より、その地名に由来して杵築大社(きづきたいしゃ、きづきのおおやしろ)
     と呼ばれてきたが、明治4年(1871年)に、出雲大社と改称した。 )

  大国主神の“国譲り”と切り離せない関係にある出来事が、出雲大社(=杵築大社)の建立です。それは大国主神が天孫に、自分が支配していた国を譲り渡した際に、その見返りとして、天照大御神から与えられたものです。


  『古事記』の “大国主神の国譲り” の章には、自分の住処として壮大な宮殿を立てることを条件に、大国主神が統治していた葦原中國(あしはらのなかつくに)、すなわち瑞穂の国を、天つ神の御子に差出すことを了承したという一文が記されています。
          ↓

   【 ただ僕
(あ)が住所(すみか)をば、天つ神の御子の天津日継(あまつひつぎ)知らしめす、とだる天(あめ)の御巣(みす)如(な)して、底(そこ)つ石根に宮柱(みやばしら)ふとしり、高天の原に氷木(ひぎ)たかしりて治めたまはば、僕(あ)は百足(ももた)らず八十(やそ)くま手に隠れて侍(さもら)ひなむ。】
              ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 6大国主神の国譲り P63〜64 )



  また『日本書紀』には大国主神が、一定の条件を呑んで潔く国を引き渡す見返りとして、壮大な宮殿を建てることを、高天の原にいる高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の側から申し出たことが記されています。
  そこには、それ以外のさらなる優遇措置も、具体的に記されています。
           ↓

  【今(いま)、汝(いまし)が所言(まうすこと)を聞くに、深(ふかく)く其(そ)の理(ことわり)有り。故、更(さら)に条(をちをち)にして勅したまふ。
  夫
(そ)れ汝が治(しら)す顕露(あらわ)の事は、是(これ)吾孫(すめみま)治すべし。
  又
(また)汝が住(す)むべき天日隅宮(あまのひすみのみや)は、今供造(つく)りまつらむこと、即ち千尋の栲縄(たくなわ)を以て、結(ゆ)ひて百八十紐(ももむすびあまりやそむすび)にせむ。
  其の宮
(みや)を造(つく)る制(のり)は、柱(はしら)は高(たか)く太(ふと)し。板(いた)は広(ひろ)く厚(あつ)くせむ。
  又田
(みた)供佃(つく)らむ。
  又汝が往来
(かよ)ひて海(わたつみ)に遊(あそぶ)ぶ具(そなえ)の為(ため)には、高橋(たかはし)・浮橋(うきはし)及び天鳥船(あまのとりふね)、亦供造(つく)りまつらむ。
  又天安河
(あまのやすかは)に、亦打橋(うちはし)造らむ。
  又百八十縫
(ももぬひあまりやそぬひ)の白楯(しらたて)供造(つく)らむ。
  又汝が祭祀
(まつり)を主(つかさど)らむは、天穂日命(あまのほひのみこと)、是なり。とのたまふ。】
                  ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P136〜138 )


  この二つの資料により、大国主神の “国譲り” と一体化して起きた出来事が、出雲大社の建立であったことが分かります。
  そして、
(そこ)つ石根に宮柱(みやばしら)ふとしり、』や、『柱
(はしら)は高(たか)く太(ふと)し。板(いた)は広(ひろ)く厚(あつ)くせむ。』といった表現から、それがかなり巨大なものであったことが推測されます。
  従って、そうした建造物を造ることが、高天原の高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の側から提示されたことに注目する必要があります。
  その背景には、天照大御神が君臨する高天原の国力を、新たな占領地とする瑞穂の国の人々に見せ付ける意図が隠されていたからです。

  縄文、弥生時代の日本人の住居は、竪穴式の住居であり、それは地面に密着して建てられていました。支柱となる数本の木材を組み合わせただけの簡単な構造の住居でした。
  そこに出現した高床式の巨大な建造物は、高天の原が持っている建築技術の高さを、人々に知らしめるものとなります。同時に、文化的にも、また知的水準も遥かに優位にあることを示すものとなります。
  要するに、噂を聞いて、その建造物を見るために近隣諸国から集まって来る人々を、心の底から屈服させる意図が隠されていたのです。言い換えれば、絶対的な国力の隔たりを、その巨大な建造物に象徴させたのです。


  新たな国の支配者となる天孫には、背後に、そうした大国が控えていることを、人々に周知させることが目的でした。そのための象徴としたのです。何となれば占領地の人々が、謀反の企てや、反乱を起こす惧れが生じないように、人々に畏怖の念を植えつける必要性があったからです。そうした政治的な策略が隠されていたのです。


   *******  ○  ☆ ☆   ○   *******


  『出雲国風土記』には、大国主神の国譲りに関連して、この地に壮大な宮殿が建てられたことを、裏付ける資料が残されています。
  ただし、それは断片的な記録として残されているために、それだけで全体像を知ることは出来ません。上に紹介した『古事記』及び、『日本書紀』の内容と関連させながら読んだ時に、その概略を把握することが可能となります。

   【一】

  『出雲国風土記』の 各郡 四 楯縫郡 (一)郡総記 楯縫(たてぬひ)の郡(こほり)」 に記されている次の一文には、上に紹介した『日本書紀』の記述とほぼ同じ内容が記されています。
         ↓

  「 楯縫
(たてぬひ)の郡(こほり)
    ーー 途 中、省 略 ーー 
     楯縫
(たてぬひ)と号(なづ)くる所為(ゆゑ)は、神魂命(かむむすひのみこと)(の)りたまひしく、「吾(あ)が十足(とだ)る天(あめ)の日栖(ひすみ)の宮の縦横の御量(みはかり)は、千尋(ちひろ)の栲縄(たくなは)持ちて、百八十(ももやそ)(むす)び下げて、此(こ)の天(あめ)の御量(みはかり)持ちて、天(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神の宮、造(つく)り奉(まつ)れ」と詔(の)たまひて、御子(みこ)天御鳥命(あめのみとりのみこと)を楯部と為(し)て、天下(あまくだ)し給ひき。尓(そ)の時、退(まか)り下り来坐(きま)して、大神の宮の御装(みよそひ)の楯、造り始め給(たま)ひし所、是也。 −− 略 −− 」
        
 ( 『出雲国風土記』 講談社学術文庫 萩原千鶴 各郡 四 楯縫郡 (一)郡総記 P164〜165 )


  ここにある 『縦横の御量(みはかり)は、千尋(ちひろ)の栲縄(たくなは)持ちて、百八十(ももやそ)(むす)び下げて、此(こ)の天(あめ)の御量(みはかり)持ちて ・ ・ ・ 』 という一文は、上の『日本書紀』にある、
   『即ち千尋の栲縄
(たくなわ)を以て、結(ゆ)ひて百八十紐(ももむすびあまりやそむすび)にせむ。』に該当します。
  つまり、神魂命(高皇産霊尊)の指示で、そうした巨大な建造物を建てることになったということです。

  また、これは内容的には『古事記』の、
  『とだる天(あめ)の御巣(みす)(な)して、底(そこ)つ石根に宮柱(みやばしら)ふとしり、高天の原に氷木(ひぎ)たかしりて ・ ・ ・ 』 と表現されている部分と同じです。
  その建造物の大きさが、尋常ではなかったことが分かります。


  ただし、瑞穂の国には、そうした建物を造る技術を持つ者がいなかっために、知識と経験を有する 『御子(みこ)天御鳥命(あめのみとりのみこと)を楯部と為(し)て、天下(あまくだ)し給ひき。』ということになったのです。
  その天御鳥命が、楯を造った場所に因んで、この場所が、楯縫の郡と呼ばれるようになったということです。

  『古事記』にも『日本書紀』にも、壮大な建造物を造ったという記述はあるものの、実際にそれを建てるために必要な技術や、知識については、何も記されていません。
  『出雲国風土記』のこの一文によって、高天の原から遣って来た技術者によって、それが可能になったということが解るのです。そうした意味から、この一文は、出雲大社の建立を裏付ける貴重な資料となります。


  【二】 


  また、各郡 五 出雲郡 (二)郷 「杵築(きづき)の郷(さと)」には、大国主神が住む社を造るために、各地から多くの人々が集まって来て、その宮殿の建築に携わったという記述があります。
          ↓

  「 杵築
(きづき)の郷(さと)
    −−− 八束水臣津野命
(やつかみづおみづののみこと)の国引き給(たま)ひし後(のち)に、天(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おほかみ)の宮奉(つかへまつ)らむとして、諸(もろもろ)の皇神等(すめかみたち)、宮処(みやどころ)に参集(まひつど)ひて杵築(きづ)きき。故(かれ)、寸付(きづき)と云(い)う。」
                             ( 同上 各郡 五 出雲郡 (二)郷 P188 )


  この「(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おほかみ)」というのは、大国主神のことを指します。その大国主神の住居を造るために、各地からたくさんの人々が「参集」したということです。

  杵築(きづき)の郷(さと)というのは、現在の簸川郡大社町付近を指します。つまり、出雲大社がある場所です。その地名に由来して、かつては杵築大社と呼ばれたのです。
  因みに、出雲大社の現在の住所は、島根県簸川郡大社町杵築東宮内195 です。

  その杵築(きづき)の郷に、諸の皇神等が集まって来て、天(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おほかみ)、すなわち大国主神の宮処(みやどころ)の建設に携わったというのです。それが杵築大社であり、現在の出雲大社なのです。

  要するに、巨大な建造物を造るには、多くの人手が必要であり、そのために人々が近隣諸国から、この杵築(きづき)の郷(さと)集められたのです。

  そして、高天の原から遣って来た技術者、天御鳥命(あめのみとりのみこと)や、その他の専門の技術者の指示に従って、その建物の建築が進められたのです。
  
従って、この一文も、出雲大社(杵築大社)の建立を裏付ける重要な資料となります。


  【三】


  各郡 一 意宇郡 (三)郷 母理(もり)の郷(さと)には、大国主神が、
   「私が支配していた国はすべて皇御孫(すめみま)に譲り渡したが、この出雲の国は、私の所有が許された場所である」 と述べたことが記されています。
           ↓

  「 母理
(もり)の郷(さと)
   −−− 天
(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神、大穴持命(おほあなもちのみこと)、越の八口を平(たいら)げ賜ひて還(かへ)り坐(ま)す時に、長江山(ながえやま)に来坐(きま)して詔(の)りたまひしく、「吾(あ)が造(つく)り坐(ま)して命(し)らす国は、皇御孫(すめみま)の命(みこと)、平(たいら)けく世(みよ)所知(し)らせと依(よ)せ奉(まつ)る。
  但
(ただ)、八雲(やくも)(た)つ出雲(いづも)の国は、我(あ)が静(しず)まり坐(ま)す国と、青垣山(あをがきやま)廻らし賜(たま)ひて、玉珍(たま)(お)き賜ひて守(も)りたまふ」と詔(の)りたまひき。故(かれ)、文理(もり)と云う。」
                             
( 同上 各郡 一 意宇郡 (三)郷 P43 )


  この「吾(あ)が造(つく)り坐(ま)して命(し)らす国は」というのは、大国主神が統治していた瑞穂の国を指します。その国を「皇御孫(すめみま)の命(みこと)」に、「平(たいら)けく世(みよ)所知(し)らせ」と言って「奉(まつ)」ったというのです。
  ただし、「八雲
(やくも)(た)つ出雲(いづも)の国」だけは、「我(あ)が静(しず)まり坐(ま)す国」として残してもらったというのです。つまり、国そのものは譲り渡したが、この場所だけは、大国主神の個人的な所有が認められたということです。

  また、ここには大きな宮殿を建てたという表現は無いものの、『青垣山(あをがきやま)廻らし賜(たま)ひて、玉珍(たま)(お)き賜ひて守(も)りたまふ」の一文からは、そうした背景が浮かび上がります。つまり『皇御孫の命』に、自分の国を『奉』ったからには、それなりの見返りがあったということです。それが出雲大社の建立だったのです。


  【四】

  五 出雲郡 (四)山野・河川・池・江 には、出雲の御崎山に関して、次のような記述があります。
  
       ↓

  「 出雲の御崎山 ーー 略 ーー 西の下
(ふもと)に所謂(いはゆる)(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おおかみ)の社(やしろ)(いま)す。」
                      ( 同上 各郡 五 出雲郡 (四)山野・河川・池・江 P207 )


  これは「天(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おおかみ)」 こと大国主神が住む社が、出雲の御崎山の西の麓に建てられたということです。

  そして、この出雲の御崎山というのは、『古事記』に登場する宇迦(うか)の山に該当します。その宇迦(うか)の山に関しては、次のような出来事が関連して来ます。
  大国主神が、須佐之男命の女
(むすめ)須世理毘賣を妻とした際の出来事です。
『古事記』には、次のような一文が、須佐之男命の言葉として記されています。
         ↓

  「 −−− その我が女
(むすめ)須世理毘賣を嫡妻(むかひめ)として,宇迦(うか)の山の山本に、底(そこ)つ石根(いはね)に宮柱ふとしり、高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて居れ。この奴。」といひき。
                 
 ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 大国主神 3 根の国訪問 P48 ) 


  つまり、この宇迦(うか)の山の山本、すなわち御崎山の麓には、須世理毘賣を妻として迎え入れた時に建てられた社があったのです。従って、それと同じ場所に、出雲大社(杵築大社が新たに造営されたことになります。

  因みに、五 出雲郡 (三) 寺・社 には、神社の名前が列挙されていますが、そこには「築杵の大社」 と一緒に、「御向の社(みむかいのやしろ)」という神社名が記されています。( 同上 各郡 五 出雲郡 (三)寺・社 P199 )

  この「御向の社」の祭神が、須世理毘賣命です。『神名式』には「大穴持命の妃、須勢理比売」と記されています。( 同上 注 P202 参照 )

  その「御向の社」は、今現在も出雲大社の敷地内に、本殿と並んで存在します。
        ↓         ↓   
             


  上のホームページの写真では、本殿と御向の社に並んで、蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)を祀った天前社(あまさきのやしろ)があります。
  
この二神は、大国主大神が八十神に迫害されて大火傷を負ったときに、その治療のために、神産巣日之神
(かみむすひのかみ)の指示で、この地に天降ったとされています。
        ↓         ↓  
                


  今
現在も残るこれ等の神社の存在は、『古事記』の記述が、まさしく歴史的な事実に基づいていることを裏付けるものとなります。


   *****   ○  ☆ ☆   ○   *****


 【 高床式の建造物 (神社建築・社殿建築) 】

  ―― 高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて ――

  縄文・弥生時代の住居は、竪穴式であり、それは地面に密着して建てられていました。つまり梯子や、階段を必要とするような高層建造物ではありませんでした。
  そこに突如として登場したのが、高床式の神社建築、社殿建築の建造物でした。それは中国大陸から遣って来た人たちのために建てられたものであり、それまで日本国内には存在しない構造の住居でした。

  『古事記』の中では、その高床式の建造物を指し示す言葉として、『高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて』という言葉が使われています。これは、『壮大な宮殿を造る意の常用句で、延喜式の祝詞に散見している。』と解説説明されているものです。( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 大国主神 3 根の国訪問 P48 脚注 参照 ) 

  因みに、氷椽も、氷木も同じものであり、今日、一般的には、千木と呼ばれています。もともとは屋根の上部で交差させた木材を、切り取らずにそのまま残したことが始まりであると考えられています。
  今日でも神社の屋根に取り付けられており、社殿建築を象徴するものとなっています。
  下のホームページには、その写真が掲載されています。また詳しく説明がしてあり、たいへん参考になります。

       ↓         ↓    
             


  また、神社建築、社殿建築については、次のホームページが参考になります。
       ↓         ↓ 
            



  『古事記』の中では、この『氷椽(ひぎ)たかしりて』の一文が、何ヶ所かで使われています。つまり、この神社様式の建物が、そのつど建てられたということです。
  そして、その時に建てられた神社が、今現在も、各地に存在しているのです。

  (一) 御向の社(みむかいのやしろ)
    大国主神が須世理毘賣を嫡妻として迎えた時に建てた神社

        ↓

   「 −−− その我が娘(むすめ)須世理毘賣を嫡妻
(むかひめ)として,宇迦(うか)の山の山本に、底(そこ)つ石根(いはね)に宮柱ふとしり、高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて居れ。この奴。といひき。」 
                 
  ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 大国主神 3 根の国訪問 P48 ) 

  (二) 出雲大社(杵築大社)
   
大国主神の住処であり、同時に天穂日命(あまのほひのみこと)の居所として建てられた神社

        ↓ 

   「 ただ僕
(あ)が住所(すみか)をば、天つ神の御子の天津日継(あまつひつぎ)知らしめす、とだる天(あめ)の御巣(みす)(な)して、底(そこ)つ石根に宮柱(みやばしら)ふとしり、高天の原に氷木(ひぎ)たかしりて治めたまはば、僕(あ)は百足(ももた)らず八十(やそ)くま手に隠れて侍(さもら)ひなむ。」
                 ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 6 大国主神の国譲り P63 ) 

  (三) 高千穂神社
     
天孫として、高天の原から降臨したニニギの命の居所として建てられた神社 

        ↓

   「 −−− 『此処は韓國
(からくに)に向ひ、−− 略 −− 此処は甚(いと)(よ)き地(ところ)。』と詔りたまひて、底(そこ)つ石根に宮柱ふとしり、高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて坐(ま)しき。
                     ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 ニニギ命 3 天孫降臨  P67 ) 

  以上の他にも、階段を設えた高床式の建造物を建てたという記録が存在します。『出雲国風土記』に記されている阿遅須枳高日子命の住居です。

    阿遅須枳高日子命の住居

  『出雲国風土記』 六 神門郡 (二)郷・駅 に、次のような一文があります。
        ↓

   「 高岸(たかきし)の郷(さと)。郡家の東北二里。天(あめ)の下(した)所造(つくら)しし大神(おほかみ)の御子(みこ)、阿遅須枳高日子命(あじすきたかひこのみこと)、甚(いた)く昼夜(ひるよる)哭(な)き坐(ま)しき。仍(よ)りて、其処(そこ)に高屋(たかや)造りて坐(いま)せき。即(すなわ)ち高橋(たかはし)を建てて登(のぼ)り降(くだ)らせて、養(ひだ)し奉(まつ)りき。故(かれ)、高崖(たかきし)と云う。」 ( 同 P225 )

  大国主神の御子の阿遅須枳高日子命は、昼夜を通して哭くばかりであった。そこで高屋を造って住まわせた。そのために高橋を建てて、それで登り降りをしたという内容です。
  従って、この建物が、縄文・弥生時代の日本風の住居ではなく、高床式の神殿造りであったことが解ります。
  つまり、もともと阿遅須枳高日子命が住んでいた家の造りにしたのです。それが階段を備えた、今の神社様式の建物であったということです。



  【 超・巨大な建造物 】

  ―‐ 高さ、48メートル、十五階建てのビルに相当する建造物 ――

  出雲大社(杵築大社)は、高天の原の天照大御神や高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)が使用していた建造物と同じ大きさに建てられました。
  それは高天の原が持つ建築技術を誇示するためであり、また国力の違いを地元の人々に見せ付けるためであり、人々を完全に屈服させて、反乱の芽を摘み取る必要性からでした。

  因みに、現在の出雲大社は、次のホームページで見ることが出来ます。

     ↓         ↓   
          
 


  また、動画でも見ることが出来ます。
     ↓         ↓         ↓
              


  上の写真や動画で紹介されている様々な建造物が、かつてのままであるかどうかは不明ですが、ほぼ同程度の規模のものが、その当時からあったものと思われます。
  ただし、本殿については、現存するものより、かなり巨大なものであったことが解っています。そのことを裏付ける資料が発見されたからです。

  2000年4月に、出雲大社の境内から、巨大な心御柱の根元部分が出土しました。三本の杉の巨木を束ねたものでした。
  この件に関しては、次のホームページが参考になります。
      ↓          ↓          ↓
    
             


  上の写真にある心御柱の大きさや、太さから、その上に建っていた本殿の大きさを推測することが可能です。それをCGを使って再現したものが、「古代出雲大社の復元」大林組(学生社刊)の中で紹介されています。

  それは、高さが、48メートルもあり、十五階建てのビルに相当する建造物です。これは平安時代中期から、後期頃に存在したとされる出雲大社の復元図です。
     ↓       ↓        ↓         ↓
  
             


  これ等の資料は、遠い過去の時代に中国大陸の何処かに、出雲大社と同じ規模、同じ様式の建造物を使用していた国が存在したことを物語ります。それが天照大御神が支配していた国であり、当時の高天の原であるということです。



   【 木造の建造物が抱える問題 】

   ―― 地震大国、台風王国、高温多湿の国 ――

  今も昔も我が国は、地震大国であり、台風王国です。巨大地震は、様々な建造物を破壊します。また台風で吹き荒れる風は、大木でさえ薙ぎ倒します。
  しかも、この国は、カビの文化を持つ高温多湿で知られる国です。梅雨の時期には、細菌や微生物によって様々なものが腐敗し、分解されてしまいます。

  建築材料が進化した現代でも、木造家屋では、100年も持つものはまれです。
縄文・弥生時代には防腐剤もなければ、乾燥剤もありません。コンクリートで土台を固めることもできません。
  地中にある柱の基礎部分は、すぐに腐食し、微生物によって分解されてしまいます。建造物は、根元から朽ち果てます。しかも台風の時期には、強い風が吹き寄せて、その建物を揺らします。そこに大きな地震の揺れが襲いかかれば、倒壊するのは必定です。

  つまり、この国には本来、木造の高層建造物は適さないものだったのです。しかるに様々な経緯から、そうした建造物が建てられてしまったのです。必然的に、維持管理のための修理、修繕や、建て代えが必要となります。

  そのための材料を確保するのに、特別な処置が構じられました。つまり神社で使う木材を確保するための森林を所有したのです。それにより修理、修繕といった維持管理のための木材を常備し、また建て替えの際に必要となる大量の木材を確保したのです。
  そのことを示すものとして、『出雲国風土記』に次のような一文が記されています。
         ↓


  吉栗山。郡家の西南二十八里。−− 略 −−  所謂
(いわゆる)(あめ)の下(した)所造(つく)らしし大神(おおかみ)の宮材(みやき)(つく)る山也(なり)
       ( 『出雲国風土記』 講談社学術文庫 萩原千鶴 各郡 六神門郡 (四)山野・川・池・水海・浜 P236 )


  つまり吉栗山は、大国主神の住まう出雲大社で使う木材を供給する山であるということです。

  このような日本の風土にそぐわない建造物が建てられることになった経緯からも、この国の特質、特性を理解していなかった天照大御神や高皇産霊尊といった人たちの実在が裏付けられます。要するに、『古事記』という書物には、それなりに根拠のある事実が記されているということです。


                                        2010. 7.  27.     店主記す






    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒