天孫の誕生(てんそんのたんじょう)
 ――――――――――――――

  天孫の誕生について、『古事記』の上つ巻 邇邇芸命 1天孫の誕生 には、次のような内容が記されています。
           ↓

  【 ここに天照大御神、高木(の)神の命もちて、太子(ひつぎのみこ)正勝吾勝勝速日天(の)忍穂耳(の)命に詔りたまひしく、
  「今、葦原(の)中(つ)國を平(ことむ)け訖(を)へぬと白せり。故、言依(ことよ)さしたまひし随(まにま)に、降(くだ)りまして知らしめせ。」とのりたまひき。
  ここにその太子正勝吾勝勝速日天(の)忍穂耳(の)命、答へ白したまひしく、
  「僕(あ)は降らむ装束(よそひ)しつる間に、子生(あ)れ出でつ。名は天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)ぞ。この子を降すべし。」とまをしたまひき。
        / ーー 中 略 ーー /
  ここをもちて白したまひし随に、日子番能邇邇芸命に詔科(みことおほ)せて、
  「この豊葦原(の)水穂(の)國は、汝(いまし)知らさむ國ぞと言依さしたまふ。故、命の随に天降るべし。」とのりたまひき。 】
                 ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 1天孫の誕生 P64〜65 )


  天照大御神からの指示により、高木神が、太子(ひつぎのみこ)正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)に対して、
  「葦原中国は、ようやく平定された。依って、予てよりの手筈に従い、早速そなたが天降って、この国を統治せよ」
  と申し伝えました。 しかし、その正勝吾勝勝速日天忍穂耳命から、
  「私が行く準備をしている間に、実は、子が誕生しました。名は、天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)です。私の代わりに、この子を行かせることにしましょう。」
  という返事が返ってきました。
  そこで、その番能邇邇芸命に対して、新たに、
  「豊葦原水穂国は、そなたが統治する国である。早速、天降って、任地へ赴きなさい。」
  と命じました。


  つまり要約すると、葦原中国が平定されたことを受けて、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命に対して、天照大御神が、早速、彼の地に天降って、国を治めなさいと伝えたところ、天忍穂耳命から、私には子が誕生した。この子を、私の代わりに行かせたい。名はニニギの命である、という返事が返って来た。
  そこで、そのニニギの命に対して、豊葦原水穂国へ赴任させるための新たな詔が発せられた、ということです。



  また、ここに新たに登場した天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命の素性については、次のような説明がしてあります。上に紹介した原文の中で、一部省略した部分です。
          ↓

  【 この御子は、高木(の)神の女(むすめ)、萬幡豊秋津師比賣命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)に御合(みあひ)して、生みませる子、天火明命(あめのほあかりのみこと)、次に日子番能邇邇芸命(ひこほのににぎのみこと)二柱なり。 】
                                     ( 同 上  P65 )


  太子正勝吾勝勝速日天忍穂耳命に、高木(の)神の女(むすめ)である萬幡豊秋津師比賣命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)を娶合わせた。
  すると、二人の子が誕生した。一人が、天火明命(あめのほあかりのみこと)であり、もう一人が、日子番能邇邇芸命である。


     * * *   ○   ***   ○   * * *


  この件に関して、『日本書紀』には分散的に、その経過だけが記されています。従って、『古事記』の記述のような具体性には欠けます。
  ただし、そこには後で必要となる記述も含まれていることから、参考のために、その場所だけを紹介しておくことにします。
          ↓

  この経緯の説明が、巻第二神代下 第九段 に記されています。(岩波文庫版 p130 〜 P142)

  また、一書(あるふみ)の四にも、同様の事柄が記されています。( 同 上  p148 )

  また、一書(あるふみ)の六にも、同様の事柄が記されています。( 同 上  p152 )

  さらに、一書(あるふみ)の七、八にも、同様の事柄が記されています。( 同 上 p158 )

                     ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 参照 )


   *****   ○  ☆  ○  *****
   *****   ○  ☆  ○  *****


  記・紀の記述は、事実関係を分散的に、且つ、かなり表面的に辿っているだけです。従って、そこに記されている内容は散漫的であり、その文章をただ眺めているだけでは、何も真相が見えて来ません。一歩、奥へ突き進んで、その背景から眺めた時に、その全体像を探ることが出来ます。

  そこで、この段に登場した個々の人物について、その来歴と、ここに至るまでの経緯を、簡単に解説しておくことにします。
  それぞれの人物像を把握することで、その出来事の裏に隠されている背景に辿り着くことが出来ます。それにより、記・紀の文章だけでは説明されていない、歴史の裏側が見えて来ます。


  【 正勝吾勝勝速日天忍穂耳命 (まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと) 】

  この人物は、天照大御神と須佐之男命との間で交わされた天の安の河の誓約の際に、天照大御神が身に着けていた勾玉から生まれたました。つまり、主従の関係を証明する証拠の品が、その勾玉であるということです。従って、天照大御神の配下に属する人物です。
           ↓

  【 速須佐之男命、天照大御神の左の御角髪に纏(ま)かせる八尺(やさか)の勾玉(まがたま)の五百箇(いほつ)の御統(みすまる)の珠(たま)を乞(こ)い渡(わた)して、 ーー 略 ーー  吹き棄(う)つる氣吹(いぶき)のさ霧(ぎり)に成れる神の名は、 正勝吾勝勝速日天忍穂耳命 (まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)
           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 天照大御神と須佐之男命 2天の安の河の誓約 P34 )


  また、この正勝吾勝勝速日天忍穂耳命という名前から、この人物が、戦闘能力に長けていたことが分かります。この名前は、戦いには常に勝利するいう意味を持っています。要するに、この人物は勇猛な武将であり、戦場では英雄であったということです。おそらく鉄剣を所有していた部族です。それ故に、戦いには強かったのです。
  また、「忍穂」は、多し穂から来ており、豊かに実った稲穂を指すことから、農業についてもある程度は、詳しかったであろうことが窺われます。( 同上 脚注 解説参照 )


  そして、この人物が最初に、水穂の国へ派遣されることになったのは、天照大御神の配下になって間もなくのことでした。
         ↓

  【 天照大御神の命(みこと)もちて、「豊葦原(とよあしはら)の千秋長五百秋(ちあきのながいほあき)の水穂國(みづほのくに)は、我が子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと) の知らす國ぞ。」と言よさしたまひて、天降(あまくだ)したまひき。】
                ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国の平定 1天菩比神 P55〜56 )

  ところが、この人物は天の浮橋まで行ったものの、そこからすぐに引き返して来ました。その理由は、あの国は、何かと騒がしく、物騒であるというものでした。
         ↓

  【 『豊葦原の千秋(の)長五百秋の水穂(の)國は、いたく騒(さや)ぎてありなり。』と告(の)りたまひて、更に還り上(のぼ)りて、 ーー 略 ーー 。 】 ( 同 上 P56 )


  この人物が途中から引き返して来たのは、戦闘態勢を整えるためであったと考えられます。混乱している国を平定するには、強力な軍隊を従えて、一気に攻め寄せる必要があるという判断です。この人物にとっては、武力によって解決を計るほうが簡単だったからです。まさしく、名前の「正勝吾勝勝速日」に由来する行動と言えるでしょう。

  しかし、高天の原を支配していた天照大御神は、豊葦原の千秋長五百秋の水穂國と戦争状態になることを望んでいませんでした。
  それでなくとも武装した大軍を、遠路はるばると海外まで遠征させるには、莫大な経費が掛かります。また、一時的には、相手を力で抑え込むことが出来ても、後々までしこりが残ります。常に反乱の脅威に怯えながら、その国の民を支配することになります。あまり好い結果は期待できません。
  もし平和的な交渉で、その国を支配下に治めることが出来れば、双方に被害を出さないですみます。お互いに和睦協定を結ぶことにより、双方の国民のためになる政治を行うことが出来ます。結果的に、人々から信頼されます。

  しかし、新たな国の支配者に任命された正勝吾勝勝速日天忍穂耳命は、戦いの場でこそ能力を発揮することが出来るものの、政略、知略、策略といったかけ引きの面では、やや劣っていました。相手国との不戦、和平の交渉には、あまり向いていなかったのです。従って、この問題の解決を諮るには、誰か、別の人物を指名する必要性が生じました。
  それが、次の一文に隠されている背景です。
          ↓

  【 −−− これ何(いづ)れの神を使(つか)はしてか言趣(ことむ)けむ。」とのりたまひき。】( 同上  P56 )

  そして、人々を集めて協議した結果、そのための使者が選任されました。最初に派遣されることになったのが、天菩比神(あめのほひのみこと)でした。しかし、この人物は三年もの間、音信不通となり、不首尾に終わりました。
  その後、天若日子(あめのわかひこ)、雉(きざし)名は鳴女(なきめ)建御雷神(たけみかづちのかみ)と経津主神(ふつぬしのかみ)と続きました。
  そして最終的に、建御雷神と経津主神
大国主神と交渉した結果、平和的に国譲りの約束を取り付けることが出来ました。

  その和平協定が成立したことを受けて、再度、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命に対して、天照大御神から派遣の旨の詔が伝えられたのです。
           ↓

  【 今、葦原中國を平(ことむ)け訖(を)へぬと白せり。故、言依(ことよ)さしたまひし随(まにま)に、降(くだ)りまして知らしめせ。」とのりたまひき。】
                   ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 1天孫の誕生 P64 )

  ところが、その正勝吾勝勝速日天忍穂耳命から、自分に子が出来たから、その子を行かせたいという返事が返って来たのです。その子が、天孫となる天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命です。



  【 天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命 (あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)

  この人物は、父親である正勝吾勝勝速日天忍穂耳命と、母親である萬幡豊秋津師比賣命との間に生まれました。もちろんこの場合の夫婦、親子の関係も、実際の夫婦・親子を意味するものではありません。具体的には、各部族間に友好的、且つ、親密な関係が築かれたことを指します。
  つまり、母親に該当する萬幡豊秋津師比賣命の一族郎党の中に、このニニギノミコトの部族がいたのです。それ故に、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命とも親しい関係が生じて、この人物の子ということになったのです。
          ↓

  「 僕(あ)は降らむ装束(よそひ)しつる間に、子生(あ)れ出でつ。名は天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命ぞ。この子を降すべし。」とまをしたまひき。

  【 この御子は、高木(の)神の女、萬幡豊秋津師比賣命に御合して、生みませる子、天火明命、次に日子番能邇邇芸命二柱なり。 】
                                       ( 同 上 P65 )


  この番能邇邇芸という名前は、賑々しいという言葉から来ています。つまり稲穂に、たくさんの実がついている状態を指します。要するに、この人物は稲作農業に関して、豊富な知識を持っていたのです。そうした人物が、わざわざ選ばれたことになります。

  なぜならこの人物が、新たな支配者として赴任する豊葦原の千秋長五百秋の瑞穂の国は、農業大国だったからです。言い換えれば、稲作を中心とした農業知識の乏しいが行っても、何の役にも立たないということです。
  ましてや、この国の前の支配者であった大国主神は、人々から信頼され、尊敬されていました。その大国主神が天照大御神に、完全服従して、恭順の態度を示したのです。それにより、相互の和睦協定が実現しました。その結果を受けて、此れ見よがしに建造されたのが、例の巨大な建造物、出雲大社でした。

  こうした経緯からも、この国を武力によって支配するよりは、産業育成のための農業指導が出来る人物のほうが、より相応しいという判断が働いたのです。高天の原の偉大さを示すために、稲作を中心とする農業の分野でも、より優れた知識、技術を持っていることを、現地の人々に知らしめるためです。
  結果的に、千秋長五百秋の水穂國には、戦いの場でその能力を発揮する正勝吾勝勝速日天忍穂耳命よりも、稲作農業に詳しい天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇を行かせたほうが好いということになったのです。

  ですから、この申し出は、表面的には正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の側から出されたことになっていますが、実際には、高天の原の首脳陣による大局的な判断が働いた結果であると考えることが出来ます。ただ単に、自分に子が出来たから、その子を行かせたいということではなかったのです。瑞穂の国の新たな支配者として、最も適切な人材としてニニギの命が選ばれたのです。

  こうして瑞穂の国の王となる人物が選定されたのですが、同時に、その新国王に随行して、行政の実務面を取り仕切る人物として、すでに多くの経験を持っている思金神が選ばれることになったのです。


  【 萬幡豊秋津師比賣命 (よろづはたとよあきつしひめのみこと) 】

  この人物が、天孫となるニニギの命の母親に当たります。正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の妻となって、天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命を生んだ女性ということです。
  『古事記』には、次のように記されています。
          ↓

  【 高木神の女(むすめ)萬幡豊秋津師比賣命に御合して −−−− 】
                    ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 1天孫の誕生 P65 )


  『日本書紀』には、思兼神の妹と記されています。
          ↓

  【 思兼神の妹万幡豊秋津媛命を以て −−−− 正勝吾勝勝速日天忍穂耳尊に配
(あわ)せまつりて −−−  】
                     ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P130 )


  また、次のような記述もあります。書紀の本文に当たる部分です。そこには栲幡千千姫( = 萬幡豊秋津師比賣命)の父親が、高皇産霊尊であると記されています。
          ↓

  【 高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の女(むすめ)栲幡千千姫(たくはたちぢひめ)を娶
(ま)きたまひて、天津彦彦火瓊瓊杵尊 (あまつひこひこほのににぎのみこと) を生(あ)れます。故(かれ)、皇祖(みおや)高皇産霊尊、特(おぎろ)に憐愛(めぐしともほすみこころ)を鍾(あつ)めて、崇(かた)て養(ひだ)したまふ。
                     ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P110 )


  高木神 (=高皇産霊尊)は、天照大御神が支配している高天原に於ける行政府の長です。この人物は、同時に祈祷師であり、占い師でした。いわゆる超能力者です。そして、多くの弟子たちを育てる指導・教育者でした。つまり、この人物の指導を受けて一人前になった弟子たちが、各地、各国へと派遣されて行ったのです。

  ですから、ここで萬幡豊秋津師比賣命が高木神の女(むすめ)、又は、思兼神(思金神)の妹となっているのも、やはり実際に血を分けた子、又は、妹という意味ではなく、高木神を父親とした時に、その弟子であった思兼神も萬幡豊秋津師比賣命も、子ということになっているのです。
  そして、弟子になった順番から言えば、思兼神が兄ということになり、萬幡豊秋津師比賣命はその妹分に当たります。つまり、この場合の兄妹というのも、師弟関係の序列から来ているのです。


  こうした経緯から、萬幡豊秋津師比賣命が、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の妻となったのは、実際には最初に、この人物が、瑞穂の国への派遣命令を受けた時まで遡ります。
           ↓

  【 天照大御神の命(みこと)もちて、「豊葦原(とよあしはら)の千秋長五百秋(ちあきのながいほあき)の水穂國(みづほのくに)は、我が子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと) の知らす國ぞ。」と言よさしたまひて、天降したまひき。】
                ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国の平定 1天菩比神 P55〜56 )


  この時点で、すでに萬幡豊秋津師比賣命が行政府の長として、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命と同行するように命じられていたのです。新たな
国王と、そのお目付役を兼ねた新たな行政府の長が、ワンセットで赴任する決まりになっていたからです。
  ですから本来であれば、この萬幡豊秋津師比賣命が正勝吾勝勝速日天忍穂耳命と一緒に、瑞穂の国へ来るはずだったのです。しかし、国王となるべき人物が入れ替わったために、行政府の長も、別の人物に代えられたのです。つまり、兄に当たる思金神が、後にニニギの命の同行者に選ばれるのです。
  因みに、この人物が、子供を生める若い女性であったかどうかは、また別の問題です。通常の考え方からすれば、一族を束ねるには、有る程度の人生経験が必要です。また、人々からの信頼を得るには、それなりの実績が必要です。こうした点を考慮すれば、ある程度の年齢の女性であったことが想像されます。つまり、かなりオバサンに近い女性であったということです。従って、子供が生める若い女性ではなかったと考えられるわけです。

  また、この萬幡豊秋津師比賣という名前には、織物と、穀物を意味する言葉含まれています。つまり、萬幡というのは、多くの織物を指します。また、豊秋津というのは、穀物の豊かな実りを現わしています。
  
『日本書紀』の本文では、栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)、一書では、栲幡千千媛萬媛命(たくはたちぢひめよろづひめのみこと)、また、天萬栲幡媛命(あめのよろづはたひめのみこと)、栲幡千幡姫命(たくはたちはたひめのみこと)と記されていますが、この名前に含まれる「栲」は、楮(こうぞ)の白い繊維を指します。また、「幡」は「機(はた)」のことです。そして、「千千」は数が多いことであり、機織りが盛んに行われている様子を表わしています。

  ですからこの一族は、穀物を育てる農業を営むと当時に、こうぞや三俣を原材料として、その繊維から織物を作っていたものと考えられます。本来であれば織物は、蚕を育てて、その繭から絹の織物を作るのですが、この地方には、まだ蚕を飼う技術が浸透していなかったものと見えます。そのために、楮(こうぞ)の繊維が使われていたのです。
                            ( 『日本書紀』 岩波文庫版 p111 注 参照 )


  〔 補足・参考資料 〕
    『日本書紀』には、この栲幡千千姫命に関して、さらに幾つかの場所でも記述されています。参考までに、その場所を紹介しておくことにします。
   p142    高皇産霊尊の女、号は万幡姫を以て −−− 。
   p152     高皇産霊尊の女子栲幡千千姫万幡多姫命    高皇産霊尊の児 火之戸幡姫の子千千姫命
   p158    神産霊尊女     高皇産霊尊女


                                        2010. 12.  1.     店主記す




   補  足

  萬幡豊秋津師比賣命 (よろづはたとよあきつしひめのみこと)

  日本国内では、紙の原料を使って布を織る伝統技術が、今現在も引き継がれています。
  気温の低い東北地方では、綿花が育たなかったことから、綿に代わる防寒着として発達した産業です。
  宮城県白石市では、今でも“紙布(しふ)”が織られています。
          ↓
 白石和紙工房
 →http://nakata.net/rnp/area/12212/

  使う原材料は、楮(こうぞ)です。ただし、クワ科の楮にはたくさんの種類があり、こちらの白石和紙工房では、カジノキという種類の楮を使います。
  特徴は、繊維が細く、長く、柔らかいことです。そうした特徴があるからこそ、和紙から糸を紡ぎ、柔らかな紙布を織ることが出来るのだということです。


                                            2015. 2.  11.     店主記す





    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒