天孫降臨(てんそんこうりん)
  ――――――――――――――

  天孫の降臨については、『古事記』の上つ巻 邇邇芸命 1天孫の降臨 に、次のような内容が記されています。
  天照大御神から天孫に指名されたニニギノミコトに、多くの供の者を従えさせ、また三種の神器を持たせて、豊葦原の水穂の国に天降らせたというものです。
  以下、その章段の全文を紹介しておきます。
          ↓

  【 ここに天兒屋命(あめのこやねのみこと)、布刀玉命(ふとだまのみこと)、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)、伊斯許理度賣命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのやのみこと)、併(あは)せて五伴緒(いつとものを)を支(わか)ち加へて、天降したまひき。
  ここにその招(を)きし八尺(やさか)の勾玉(まがたま)、鏡、また草薙剱(くさなぎのつるぎ)、また常世思金神(とこよのおもひかねのみこと)、手力男神(たぢからをのみこと)、天石門別神(あめのとはとわけのみこと)を副(そ)へ賜ひて、詔りたまひしく、
  「これの鏡は、専(もは)ら我が御魂(みたま)として、吾が前(まへ)を拝(いつ)くが如(ごと)(いつ)き奉(まつ)れ。次に思金(の)神は、前の事をとりもちて、政(まつりごと)せよ。」とのりたまいき。

  この二柱の神は、さくくしろ、五十鈴(いすず)の宮に拝(いつ)き祭る。次に登由宇氣神(とゆうけのみこと)、こは外宮(とつみや)の度相(わたらひ)に坐す神ぞ。
  次に天(の)石戸別(の)神、亦の名は櫛石窓神(くしいはまどのみこと)と謂ひ、亦の名は豐石窓神(とよいはまどのみこと)と謂う。この神は御門(みかど)の神なり。
  次に手力男(の)神は佐那那縣(さなながた)に坐す。故、その天兒屋(の)命は、中臣連等の祖。布刀玉(の)命は忌部首等の祖。
  天(の)宇受賣命は、猿女君等の祖。伊斯許理度賣(の)命は、作鏡連等之祖。玉(の)(の)命は、玉祖連等の祖。
  伊斯許理度賣(いしこりどめ)の命は、鏡作連(かがみつくりのむらじ)等の祖。 玉(の)祖(たまのおや)の命は玉祖連(たまのおやのむらじ)等の祖。

  故ここに天津日子番能邇邇藝
(の)命に詔りたまひて、天(あま)の石位(いわくら)を離(はな)れ、天の八重(やへ)たな雲を押し分け て、稜威(いつ)の道別(ちわ)道別(ちわ)きて、天の浮橋にうきじまり、そり立たたして、竺紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)に天降りまさしめき。
  故ここに天忍日命
(あめのおしひ)、天津久米命(あまつくめのみこと)の二人、天の石靭(いはゆき)を取り負い、頭椎(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、天の眞鹿兒矢(まかこや)を手挾(たばさ)み、御前(みさき)に立ちて仕え奉りき。
   故、その天(の)忍日(の)命、こは大伴連
(おおとものむらじ)等の祖天津久米(の)命、こは久米直(くめのあたい)等の祖なり。

  ここに詔りたまひしく、「此地
(ここ)は韓國(からくに)に向ひ、笠紗(かささ)の御前(みさき)を眞來通(まきとほ)りて、朝日の直刺(たださ)す國、 夕日の日照る國なり。
  故、此地
(ここ)は甚吉(いとよ)き地(ところ)。」と、詔りたまひて、底つ石根に宮柱ふとしり、高天の原に 氷椽(ひぎ)たかしりて坐(ま)しき。  】

     ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 3天孫降臨 P66〜67 )


       * * *   ○   **   ○   * * *


  また『日本書紀』にも、その際の経緯、経過が記されています。ただし、内容が分散的で、文章に纏まりがありません。『古事記』に記された内容が、すでに確定した事実として拡散し、さらに分散して美化され、それを再度、拾い集めただけのような印象です。従って、歴史的な真相を探るための参考になりません。
  それでもかつては、そこに記されている内容が独り歩きをして、人々を戦争へと駆り立てる原因にもなったという歴史的背景があります。そこであくまでも参考のための補足資料として、一部を下に紹介しておきます。
          ↓

  【 時(とき)に、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、眞床追衾(まとこおふふすま)を以て、皇孫(すめみま)天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)に覆(おほ)ひて、降(あまくだ)りまさしむ。
  皇孫、乃(すなは)ち天磐座(あまのいはくら)を離(おしはな)ち、且(また)天八重雲(あめのやへたなぐも)を排分(おしわ)けて、稜威(いつ)の道別(ちわき)に道別(ちわ)きて、日向(ひむか)の襲(そ)の高千穂峯(たかちほのたけ)に天降(あまくだ)ります。
  既(すで)にして皇孫(すめみま)の遊行(いでま)す状(かたち)は、クシ日(くしひ)の二上(ふたがみ)の天浮橋(あまのうきはし)より、浮渚在平処(うきじまりたひら)に立(た)たして、ソ宍(そしし)の空国(むなくに)を、頓丘(ひたを)から国覓(くにま)き行去(とほ)りて、吾田(あた)の長屋(ながや)の笠狹碕(かささのみさき)に到(いた)ります。】
          ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P120 〜 P122 )


  【 故、天照大神(あまてらすおほみかみ)、乃ち天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)に、八坂瓊(やさかに)の曲玉(まがたま)及び八咫鏡(やたのかがみ)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)、三種(みくさ)の宝物(たから)を賜(たま)ふ。
  又(また)、中臣(なかとみ)の上祖(とおつおや)天児屋命(あまのこやねのみこと)・忌部(いみべ)の上祖(とおつおや)太玉命(ふとたまのみこと)・猿女(さるめ)の上祖天鈿女命(あまのうずめのみこと)・鏡作(かがみつくり)の上祖石凝姥命(いしこりどめのみこと)・玉作(たますり)の上祖玉屋命(たまのやのみこと)、凡(すべ)て五部(いつとものを)の神(かみたち)を以て、配(そ)へて侍(はべ)らしむ。
  因(よ)りて、皇孫に勅(みことのり)して曰(のたま)はく、
   「葦原(あしはら)の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂(みずほ)の国は、是(これ)、吾が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり。爾(いまし)皇孫(すめみま)、就(い)でまして治(しら)せ。行矣(さきくませ)。宝祚(あまのひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、当(まさ)に天壌(あめつち)と窮(きはま)り無(な)けむ。」とのたまふ。
       < ーー 途 中、省 略 ーー >

  皇孫、是(ここ)に、天磐座(あまのいわくら)を脱離(おしはな)ち、天八重雲(あめのやへたなぐも)を排分(おしわ)けて、稜威(いつ)の道分(ちわき)に道分きて、天降(あまくだ)ります。 】
       ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P132〜P134 )


  これ以外にも、次の場所に同じような内容が記されています。ただし、ほとんどが部分的な記述であり、あまり意味を持たないものです。
  ここでは該当するページを紹介するに留めます。

   〔 P140 〜 P142 〕
   〔 P148 〕
   〔 P154 〕
   〔 P158 〕

                       ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 )


  * * *  ○ * ○  * * *


  この出来事に関しては、さらに『日向國風土記』の逸文にも、その際の様子が記されています。しかも、その内容が『古事記』の記述と似通っています。従って、これを原資料として、『古事記』の文章が構成された可能性もあります。
  また、そこには、大鉗小鉗(おほつはをつは)という二人の土蜘蛛に関する記述があります。つまり、もともとこの地に居た先住民に対して、土蜘蛛という呼び名が付けられたということであり、注目される一文です。
          ↓

  【   智舗(ちほ)の郷
   日向の國の風土記に曰はく、臼杵(うすき)の郡の内、知鋪(ちほ)の郷、天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)、天の磐座(いはくら)を離れ、天の八重雲を排(おしわ)け、稜威(いつ)の道別(ちわき)道別(ちわ)きて、日向の高千穂の二上(ふたがみ)の峯に天降(あも)りましき。時に、天暗冥(そらくら)く、昼夜(よるひる)(わ)かず、人物道を失ひ、物の色別き難かりき。

  ここに、土蜘蛛(つちぐも)あり。名を大鉗小鉗(おほつはをつは)といふ。二人、皇孫(すめみま)の尊に奏言(まを)しけらく、「尊の御手(みて)(も)ちて、稲千穂(いねちほ)を抜きて籾(もみ)と為し、四方(よも)に投げ散らし給はば、必ず開晴(あか)りなむ」と申しき。
  時に、大鉗(おほつは)等の奏(まを)ししが如、千穂の稲を搓(も)みて籾と為し、投げ散らし給ひしかば、すなはち天開晴(そらあか)りて、日月(ひつき)照光(て)りき。因りて、高千穂の二上の峯といひき。後の人、改めて智鋪と號(なづ)く。 】

   ( 『風土記』 武田祐吉編 岩波文庫版 日向の國 智舗の郷 p352 〜 353 )


 ****   ○  ☆  ○  ****


  上に紹介した記・紀の文章をそのまま読んでも、ほとんど内容を理解することが出来ません。実際の出来事の神話化と、辻褄合わせのための物語化が、あまりにも進行しているためです。 つまり現実の出来事が、かなり歪曲されて伝えられているのです。また事実関係の説明にも、多くの欠落、欠損が生じています。
  従って、ここでも要点を抜き出して、その出来事に関係する背景を解き明かすことによって、全体像を復元して行く必要があります。要するに奥へ一歩、突き進んで、その裏側から眺めた時に、ようやく歴史的事実の真相に迫ることが出来るのです。
  以下、各項目ごとに分けて、説明することにします。


  【 専門の技術者、五伴緒

  天孫のニニギノミコトには、多くの専門技術者が同行して来ました。高天原の高度な技術や、先進的な文化を伝えるためです。
  それ等は、当時の豊葦原の瑞穂の国には無かったものであり、渡来人である彼らによって、初めて齎されたものでした。そのことが、次の一文に記されています。
         ↓

   『 天兒屋命(あめのこやねのみこと)、布刀玉命(ふとだまのみこと)、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)、伊斯許理度賣命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのやのみこと)、併(あは)せて五伴緒(いつとものを)を支(わか)ち加へて、天降したまいき。』

  脚注に、『伴・部は、同一職業の団体。緒は、長の意。』という説明がしてあります。つまり、それぞれの職業集団の中から選ばれた、最高の技術者が随行したということです。
  そして、この人たちは、かつて天の石屋戸に籠もった天照大御神を、現世に引き戻す際に活躍した人たちでした。
  
天の石屋戸」の章に、その内容が記されています。

  天兒屋命 (占い師)
  布刀玉命 (占い師)
     天の香山の真男鹿の肩を内抜きに抜きて、
     天の香山の天の朱櫻(ははか)を取りて、占合(うらな)ひまかなはしめて、
     天の香山の五百箇眞賢木(いほつまさかき)を根こじにこじて、
     −−− この種種(くさぐさ)の物は、布刀玉(の)命、太御幣(ふとみてぐら)と取り持ちて、天兒屋命、太詔戸言(ふとのりと)言寿(ごとほ)き白(まお)して、−−−。  (p36 〜 37)

  天宇受賣命 (歌舞・舞踊師、巫女)
     天の香山の天の日影
(ひかげ)を手次(たすき)に繋(か)けて、−−− 神懸(かむがか)りして、胸乳をかき出(い)で裳緒(もひも)を陰(ほと)に押し垂れき。ここに高天の原動(とよ)みて、八百萬の神共(とも)に嗤(わら)ひき。  (p37)

  伊斯許理度賣命 (鏡作りの職人)
     伊斯許理度賣命
(いしこりどめのみこと)に科(おほ)せて、鏡を作らしめ、−−−。 (p36)

  玉祖命 (玉作りの職人)
     玉祖命
(たまのやのみこと)に科せて、八尺(やさか)の勾玉の五百箇の御統(みすまる)の玉を取り著け、−−− (p37)

  天手力男神 (剛腕・強力の持主)
     天手力男
(あめのたぢからをの)神、戸の掖(わき)に隠(かく)り立ちて、- - (p37)
    その隠
(かく)り立てりし天(の)手力男(の)神、その御手(みて)を取りて引き出す‐‐ (p38)


  これにより、それぞれが各分野の専門技術者たちであることが解ります。その技術を、瑞穂の国の人たちに伝える目的で、ニニギノミコトに随行して来たのです。


  【 三種の神器 】

  降臨の際に天照大御神が、天津日高日子番能邇邇芸命( あまつひこひこほのににぎのみこと)に持たせたものが、八咫の鏡(やたのかがみ)、八尺勾玉(やさかのまがたま)、草薙の剣(くさなぎのつるぎ)の三つの品々でした。いわゆる『 三種の神器 』 と言われるものです。
  これに関しては、次のように記されています。
         ↓

  『 ここにその招(を)きし八尺(やさか)の勾玉(まがたま)、鏡、また草薙剱(くさなぎのつるぎ)、また常世思金神(とこよのおもひかねのみこと)、手力男神(たぢからをのみこと)、天石門別神(あめのとはとわけのみこと)を副(そ)へ賜ひて、詔りたまひしく、
  「これの鏡は、専(もは)ら我が御魂(みたま)として、吾が前(まへ)を拝(いつ)くが如(ごと)(いつ)き奉(まつ)れ。次に思金(の)神は、前の事をとりもちて、政(まつりごと)せよ。」とのりたまいき。 』


  『招きし』というのは、かつて天石屋
(あめのいはや)から、天照大御神を連れ戻した出来事を指します。従って、対象となるのは、八尺勾瓊(やさかのまがたま)と、鏡です。その二つに、さらに草薙の剣が追加されたのです。

  これらの品々は、遠方からはるばると遣って来た人物の身分を証明するために、是非とも必要なものでした。その人物が、何処の誰かも解らない状態では、地元の人たちに受け入れられないからです。
  殊に、草薙の剣は、ニニギノミコトが天照大御神の命令によって、豊葦原の水穂の国を統治するために来たことを証明する大事な品でした。つまり、持ち主の身分と、権限を現わす証拠の品だったのです。他の品々も、同様の意味を持っていました。


  〔 草薙の剣 〕

  草薙の剣は、須佐之男命がかつて出雲の国で、八又の大蛇を退治した際に入手したものです。それが後に、天照大御神に献上されました。
          ↓

  『 故
(かれ)、この太刀(たち)を取りて、異(あや)しきものと思ほして、天照大御神に白し上げたまひき。こは草薙(くさなぎ)の太刀(たち)なり。』
           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 天照大神と須佐之男命 6須佐之男命の大蛇退治 P40 )


   『白し上げたまひき。』 は、事情を申し述べて献上したという意味です。
つまり、ニニギノミコトに授けられた草薙の剣は、この時点では、天照大御神の所有物になっていたのです。このことに重要な意味があります。
  何となれば、これを持つ者が天照大御神によって、新たな国の支配者に任命された確かな証拠となるからです。言うなれば、その人物の身分と、権限を証明する品なのです。
  大国主命
(おおくにぬしのみこと)との間で取り決められた“国譲り”の経緯を知る者に、この剣を見せれば一目瞭然で、新たな国の統治者であることが判明します。従って、地元の人々からは、仰々しく迎え入れられたことでしょう

  また、ニニギノミコトがこの剣を持参したことから、一行の本来の目的地が、出雲の国であったことが分かります。すなわち平和的に国譲りの条約を締結した、大国主神がいる場所ということです。
  しかし、実際には、ニニギノミコトの一行は、筑紫(つくし)の国の日向(ひむか)の地に到着しました。それは一行が乗っていた船が、嵐に巻き込まれて難破し、そこまで流されて行ったためです。そして、そこに流れている川を遡ったところにある山が、高千穂の嶺々だったのです。
         ↓

  『 ‐ ‐  筑紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)に天降りまさしめき。』


  『古事記』の記述では、あたかも高千穗の嶺がニニギノミコトの一行が目指した目的地であったかのようになっていますが、これは意図的な操作によるものです。つまり、神たる天孫が、自分の意志に反した行動をとるはずがないという、神格化の意図が隠されているのです。

  また、到着地点を高千穗のくじふる嶺としているのは、高天原がある場所を天上界に見立てているため、そこから一番近い場所という意味合いがあります。彼等が、天上界から遣って来たことになっているためのつじつま合わせです。
  要するに、天上界に最も近い場所として、山の頂が選ばれたのです。因みに、須佐之男命が、肥の川(斐伊川)の上流、鳥髪の地(船通山)に降り立ったのも同様です。
  ただし実際には、何れも船で海を渡って遣って来たのであり、到着地点の近くにある川を遡って行った所にある山が、高千穂の嶺々であり、又は、鳥髪の地であったということです。ここには、この書物の成立要因が隠されています。


  〔 勾玉 〕

  勾玉は、それを持つ者が、天照大御神の配下に属することを証明する大事な品です。つまり、草薙の剣と同様に、持ち主の身分を現わす品なのです。
  ニニギノミコトの父親に該当する人物は、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命 (まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)でした。この人物は、天照大御神と須佐之男命との間で交わされた天の安の河の誓約の際に、天照大御神が身に着けていた勾玉から生まれました。つまり、両者の主従関係を証明する証拠の品が、その勾玉だったのです。
         ↓

  『 速須佐之男命、天照大御神の左の御角髪に纏(ま)かせる八尺(やさか)の勾玉(まがたま)の五百箇(いほつ)の御統(みすまる)の珠(たま)を乞(こ)い渡(わた)して、 ーー 略 ーー  吹き棄(う)つる氣吹(いぶき)のさ霧(ぎり)に成れる神の名は、 正勝吾勝勝速日天忍穂耳命 (まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)
           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 天照大御神と須佐之男命 2天の安の河の誓約 P34 )


  この時には、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子根命、熊野久須毘命を含めて、合計五柱の神々が誕生しました。そして、それぞれの神々にも、証拠の品として、天照大御神が持っていた勾玉が授けられたのです。
  従って、それと同様に天忍穂耳命の子、すなわち天孫に指名されたニニギノミコトにも、自分の配下の者であることを証明する品として、その勾玉が授けられたものと考えられます。
  また、天照大御神に対して完全服従を誓約した大国主命にも、やはりニニギノミコトを通して、勾玉が授けられることになったと考えられます。
  そうした証拠の品を持たせることによって、後に謀反を起こして、反旗を翻すことがし難くなります。つまり、それにより完全に支配下に置くことが出来ます。従って、ニニギノミコトは降臨の際に、二つの勾玉を持参したことになります。


  〔 鏡 〕

  この当時、鏡は銅製品の最高傑作であり、まさしく芸術品でした。そして、天照大御神が支配していた高天の原に於ける第一級の特産品でした。つまり、他国では、絶対に手に入れることが出来ない貴重な品だったのです。
  その鏡が、ニニギノミコトに下賜されたのです。従って、この鏡も、それを持つ者の身分を証明する品であり、同時に、高天の原の高い工鉱業技術の水準を知らしめるものでした。
         ↓

  『 これの鏡は、専(もは)ら我が御魂(みたま)として、吾が前(まへ)を拝(いつ)くが如(ごと)(いつ)き奉(まつ)れ。−−− 』

  本来の意味からすると、上の一文は、
  『 この鏡は、天照大御神の心遣いによって授けられたものである。その御心を汲んで、有り難く頂戴いたせ。』というものでした。

  要するに、鏡そのものが神だったわけではなくて、その鏡に籠められた天照大御神の心遣いに感謝しなさいということだったのです。
  しかし、ここにも天照大御神を神格化するための操作が加えられて、鏡そのものがいわゆる神の化身にされてしまったのです。つまり、この書物の編者たちによって、崇め奉る対象としての鏡にされたのです。

  そして、この鏡も、やはり相互の平和的な和解・統合を記念したもので、一部が、大国主神をはじめとする地元の権力者へのみやげ物を兼ねていたとすれば、やはり単体ではなく、複数枚であったことが考えられます。
  つまり鏡がもともと、二枚以上あったとすれば、宮中と伊勢神宮の二箇所にあったとしても、なんら不思議ではなくなります。そもそも一枚しか無かったと考えるから、解決出来ない問題が発生するのです。
  ただし本来であれば、大国主命がいた出雲大社に届けられるはずの一枚が、今現在は、伊勢神宮にあるということです。


  ところで、ニニギノミコトが鏡を携えて来たことは、『魏志倭人伝』に記されている内容、「 魏の皇帝が倭の女王・卑弥呼(ひみこ)に『銅鏡百枚』を与えた 」( 西暦239年 = 景初三年 ) という記述との関連で注目されます。
  これは西暦239年当時の魏の国が、銅製品の製造に関して、高度な技術を持っていたことを物語るからです。つまり、かなり質の良い鏡が造られていたということです。
  ただし、魏の国の歴史は浅く、しかもかなり短かったことが分かっています。西暦220年 〜 265年までの45年間しか続きませんでした。従って、魏の国が高天原であったということにはなりません。

  しかし、ニニギノミコトが持参した鏡を製造した技術が、卑弥呼に与えられた銅鏡百枚を製造する技術として、引き継がれた可能性はあります。
  つまり、その当時、魏の国には、“ 鏡造り ”のための高度な技術が存在したのです。混合する材料の種類と割合で、きめ細かな表面の丸い銅板を造る技術。光の反射率を高くするために、表面を磨き上げる技術、等々です。そうした先人から受け継いだ伝統的な技術、製法が存在したと考えるのが妥当です。
  しかも、そうした鏡作りの特殊な技術は、一朝一夕には出来あがりません。長い間の経験と、知識の積み重ねが必要です。従って、その技術は、もともとは銅剣や、銅戈(どうか)、銅鐸等の製造によって発達したものと考えられます。つまり鏡を造る技術だけが、単独で発達したのではないということです。武器、武具の製造技術が、後に装飾品としての鏡造りに応用されたのです。
  ですから、荒神谷遺跡 ・加茂岩倉遺跡で出土した銅剣・銅鐸が、銅製品の製造技術によってニニギノミコトが持参した鏡と結び付き、さらには魏の国王が卑弥呼に授けた『銅鏡百枚』とも結びつくことになります。ただし、今のところは、それぞれを具体的に結び付ける糸が見つかっていないのです。


  以上のように、「三種の神器」 と呼ばれる品々が、高度の必要性に応じて選定されたことが分かります。要するに、何も意味を持たないものが、わざわざ神器に選ばれたわけではないということです。
  従って、逆の見方をすれば、三種の神器の存在を否定する考え方は、まったく成り立たないということです。これは記・紀の記述を、丁寧に読めば、誰もが気付くことです。そして、正しい解釈を行うことにより、これまで見えなかった歴史の真実が解き明かされるのです。


  【 思金神 】

  天照大御神が支配していた高天原の行政府の長は、高木神 (=高皇産霊尊)でした。つまり高皇産霊尊は、国の行政の実務を執り仕切っていた人物であり、その実態は祈祷師であり、シャーマンであり、霊能者であり、預言者であり、陰陽師であり、医者であり、まじない師でした。現代的な言葉で言い換えるならば、いわゆる“超能力者”です。そうした特殊な能力を、国の民衆のために役立てたのです。人々の信頼を得る行政に用いたのです。従って、武力によらない統治と言うことが出来ます。

  この人物は同時に、多くの弟子たちを育てた指導者であり、教育者でした。そして、
この人物の指導を受けて、一人前の能力を身に付けた弟子の一人が、この思金神だったのです。
  従って、この人物もまた、行政を司る能力を持った祈祷師であり、霊能者であり、預言者でした。
  その思金神に対して、天照大御神から次のような指示が下されました。
           ↓

  『 −−− 次に思金神は、前の事をとりもちて、政(まつりごと)せよ」 とのりたまいき。』
                     ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸命 3天孫降臨 P66〜67 )

  つまり思金神には、高天の原の政治体制を見習って、瑞穂の国の行政を執り行いなさいという指示が下されたのです
  
高天の原で、天照大御神と高木神がペアを組んで国の行政を執り仕切っているように、新任地の豊葦原の水穂の国では、ニニギノミコトとペアを組んで行政を執り仕切るようにという指示です。


  【 天忍日命、天 津久米命 】

  ニニギノミコトの一行を警護するために、二人の武装した戦士が付き添いました。これは実際には、二組という意味であったかもしれません。一行を警護するための武闘集団です。
  そこには二人の武将が、極めて凛々しく描かれています。
            ↓

  『 故ここに天忍日命(あめのおしひ)、天津久米命(あまつくめのみこと)の二人、天の石靭(いはゆき)を取り負い、頭椎(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、天の眞鹿兒矢(まかこや)を手挾(たばさ)み、御前(みさき)に立ちて仕え奉りき。
   故、その天(の)忍日(の)命、こは大伴連(おおとものむらじ)等の祖。天津久米(の)命、こは久米直(くめのあたい)等の祖なり。 』


  この警護に当たった人たちは、その後、大きな勢力を獲得して、その軍事力で朝廷を支えることになります。それが、後の大伴連(おおとものむらじ)であり、久米直(くめのあたい)です。
  つまり、この『古事記』という書物が成立した時点では、彼らの子孫は、政治的にも大きな力を持っていたことになります。それによって記される内容にも、影響が及んだのです。また同様のことが、他の人物たちについても言えるのです。


  【 頭椎(くぶつち)の大刀

  頭椎(くぶつち)の太刀〔=頭槌剣
(かぶつちのつるぎ)
〕というのは、刀剣の柄頭の部分が、こぶし状になっている太刀のことです。警護のために随行した天忍日(あめのおしひ)の命と、天 津久米(あまつくめ)の命の二人は、その太刀を携帯していました。
          ↓

  『 故ここに天忍日命(あめのおしひ)、天津久米命(あまつくめのみこと)の二人、天の石靭(いはゆき)を取り負い、頭椎(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、−−− 。


   頭椎の太刀(=頭槌剣) については、次のホームページが参考になります。
     ↓          ↓ 
          


  天照大御神が支配していた高天の原で使用されていた剣は、すべて環頭太刀でした。その剣は稜威雄走〔いつのおばしり〕工房で製造されました。つまり、カグツチと呼ばれる溶鉱炉から取り出した鉄を鍛えて製造されたものです。
  従って、ここに登場する頭椎(くぶつち)の大刀は、別の工房で製造されたことになります。要するに、原料とする鉄の供給元が異なるということです。また、鉄を鍛える職人も、高天の原で刀剣造りに携わった経津主神、武甕槌神とは、別の系統に属する人物であるということです。

  そのことを現わす一文が、実は、まったく異なる場所に記されています。それは本来であれば、この頭椎(くぶつち)の大刀を製造した専門技術者として、この場所にあるべき一文なのです。
  
「天の石屋戸」の章に、次のような一文が記されています。
         ↓

  『 天(あめ)の安(やす)の河(かは)の河上(かはかみ)の天(あめ)の堅石(かたいは)を取り、天の金山(かなやま)の鐵(まがね)を取りて、鍛人天麻羅(かぬちあまつまら)を求(ま)ぎて、−−−− 』(P36)

  この一文は、尻切れトンボの状態になっています。この後は、鏡を造る場面の説明になっているからです。次のような文章が続いています。
         ↓

  『 −−− 伊斯許理度賣命(いしこりどめのみこと)に科(おほ)せて鏡を作らしめ、−−− 』


  つまり文章の流れが、完全に中断しているのです。内容的にも、意味不明です。そもそも鐵から作られるものは、刀剣類であり、鏡ではありません。
  因みに、天(あめ)の堅石(かたいは)は、鉄を鍛錬するために必要なものであり、鍛人天麻羅(かぬちあまつまら)は、その鉄を鍛えて加工する鍛冶職人です。すなわち、これにより刀剣を製造するための準備が整えられたということです。その結果作られたものが、鏡であるはずがないのです。

  従って、この一文は、誤ってここに挿入されたことが分かります。つまり、この説明文は、もともとは天忍日命、天 津久米命が持っていた頭椎(くぶつち)の大刀の由来を説明するものとして書かれたのです。鍛冶職人の天麻羅(あまつまら)も、五伴緒に並ぶ専門の技術者だったからです。

  そして、本来であれば『天孫降臨』の章段にあるべき一文が、前の『天石屋戸』の章に移されたことには、その裏に重大な秘密が隠されているのです。つまり、二つの章が、相互に密接な関係を持っているということであり、明確には天石屋戸の章全体が、この書物の編者たちによって創作されたものであることを意味するからです。そのために意図的な操作が行われたのです。その痕跡が、図らずもここに残されているのです。


  【 一行の渡航ルート 】

  ニニギノミコトの一行が目指した本来の目的地は、出雲の国でした。そして、その頃、高天の原から出雲の国へ行くには、すでに瀬戸内海を通るルートが確立されていました。荒波の日本海を避けて、比較的波の穏やかな瀬戸内海を通るコースです。
  それはかつて須佐之男命が、出雲の国へ行った際に通ったルートであり、その後も、次々に派遣された使者たちが辿ったコースです。

  須佐之男命の一行は、まず中国大陸から朝鮮半島まで下りました。『日本書紀』には、次のように記されています。
         ↓

  『 是の時に、素戔嗚尊、其の子
(みこ)五十猛神(いそたけるのかみ)を帥(ひき)ゐて、新羅国(しらぎのくに)に降到(あまくだ)りまして、曾戸茂梨(そしもり)の処(ところ)に居(ま)します。』
           
      (岩波文庫版 『日本書紀』 巻 第一 神代 上 第八段 p 98〜p100)


  上のように、まず新羅国に到着したのです。そこから船で、大八州国(日本国)へと向かいました。そして、一行が最初に到達した地点は、筑紫(九州)でした。その後、紀伊の国(和歌山)へと移動したことが記されています。その際に、たくさんの樹種を持ち込んだことも記されています。
        ↓

  「初
(はじ)め五十猛神(いそたけるのかみ)、天降(あまくだ)ります時に、多(さは)に樹種(こだね)を持ち下る。然れども韓地(からくに)に植ゑずして、尽(ことごとく)に持ち帰る。遂に筑紫より始めて、凡て大八州国(おおやしまくに)の内に、播殖(まきおほ)して青山を成さずということなし。ー 中 略 ーー 即ち紀伊国(きのくに)に処坐(ましま)す大神是なり。」
               
      ( 岩波文庫版 『日本書紀』 巻 第一 神代 上 第八段 p100 )

  彼らが到着した場所が、紀伊の国であったということは、瀬戸内海を舟で渡って来たことになります。そこから、再び、陸路を辿って、根の国へと向かいました。
          ↓

  「 然
(しこう)して後に、素戔嗚尊、熊成峯に居(ま)しまして、遂に根国(ねのくに)に入りましき。」
                       
( 同 第八段  p 102 )

  つまり、紀伊の国の熊成峯から、最終的に、根国に入ったのです。そこが即ち出雲の国です。ここに再度、その経路を図で示すと、次のようになります。

  高天原  →  新羅国(韓国)  →  筑紫    → 紀伊国(熊成)  → 出雲国(根国)
  (中国大陸)   (朝鮮半島)     (九州の福岡)   (本州の和歌山)  (本州の島根)


  ところがニニギノミコトの一行は、上のような本来の渡航ルートから外れてしまったのです。そして、流されて行った先が、筑紫の国(九州)の日向の地であったということです。
         ↓

  『 ‐ ‐  筑紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)に天降りまさしめき。』


  ですから、ニニギノミコトの一行も本来であれば一旦、最初の寄港地である筑紫の国(=福岡)に立ち寄って、体制を立て直すはずだったのです。そうすれば、そこで天候の回復を待つことが出来ます。
  そのことが何も記されていないのは、おそらく船が破損して、そのまま日向の国(=宮崎)まで流されて行ったということが考えられます。

  そのことが、『天の八重(やへ)たな雲を押し分け て、稜威(いつ)の道別(ちわ)き道別(ちわ)きて、』と表現されている内容です。つまり、台風が接近している中で、風向きが怪しいのに出発してしまったということです。

  因みに、ニニギノミコト(瓊々杵尊)が降臨したとされる地には、
高千穂神社が在ります。
   住所  宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井字神殿1037
         ↓  
       


  【 五十鈴の宮 】

  次の部分には、かなり大掛かりなトリックが仕掛けられています。それは歴史的な時間軸を混乱させて、実際に起きた出来ごとと架空の出来ごとを攪乱する仕掛けです。
  そのことを認識することによって、この『古事記』という書物が抱えている大きな秘密に突き当たることになります。
  なぜなら、ここでは事実と創作があたかも歴史的な出来事であったかのように、同一次元の出来事として取り扱われているからです。より分かり易く言うと、時間的には並存しない出来事が、同じ時間軸で捉えられているのです。事実関係が、時間的にねじ曲げられているわけです。
  そのことに気付いた時に、ようやく歪められた歴史的事実に気付くことが出来るのです。ここには、そうした厄介な策略が施されているということです。
          ↓

  『 この二柱の神は、さくくしろ、五十鈴(いすず)の宮に拝(いつ)き祭る。次に登由宇氣神(とゆうけのみこと)、こは外宮(とつみや)の度相(わたらひ)に坐す神ぞ。
  次に天(の)石戸別(の)神、亦の名は櫛石窓神(くしいはまどのみこと)と謂ひ、亦の名は豐石窓神(とよいはまどのみこと)と謂う。この神は御門(みかど)の神なり。
  次に手力男(の)神は佐那那縣(さなながた)に坐す。故、その天兒屋(の)命は、中臣連等の祖。布刀玉(の)命は忌部首等の祖。
  天(の)宇受賣命は、猿女君等の祖。伊斯許理度賣(の)命は、作鏡連等之祖。玉(の)(の)命は、玉祖連等の祖。
  伊斯許理度賣(いしこりどめ)の命は、鏡作連(かがみつくりのむらじ)等の祖。 玉(の)祖(たまのおや)の命は玉祖連(たまのおやのむらじ)等の祖。


  ここで留意すべき点は、そもそもの大前提として伊勢神宮に、天照大御神を象徴する鏡が祀られることになったのは、垂仁天皇の御代に入って倭比賣命
(やまとひめのみこと)が、その保管場所を、この地に定めた時からであるということです。
  それ以前には、伊勢の地に、伊勢神宮というものは存在しなかったのです。これは、『古事記』にも記されている歴史的な事実です。次の部分に注目する必要があります。
          ↓

   『 次に倭比賣(の)命は、伊勢の大神の宮を拝き祭りたまひき。』
                             ( 『古事記』 岩波文庫版 中つ巻 垂仁天皇 1皇后皇子女 P106 ) 


  この時に至って、初めて伊勢の地に、天照大御神を祀る宮が整備されたのです。かなり後の世の出来事です。そのことを認識した時に、巧妙に仕掛けられているトリックに、ようやく気付くことが出来るのです。
  つまりニニギノミコトが降臨した時点では、天照大御神を祀った伊勢神宮と呼ばれる場所は、まだ存在していなかったのであり、この文章は後世に至って定められた場所を、時間的に遡らせて、天孫降臨の際の出来事と混同して記しているのです。
  もちろん内宮、外宮という場所も、呼び名も天孫降臨の時点では、存在しなかったわけです。より分かり易く言うと、今現在に繋がるような五十鈴の宮も、外宮も、度相も、佐那那縣も、後になって整備された場所であるということです。

  ただし、この『古事記』という書物が編纂された時点では、それらの場所は確かに存在しており、天照大御神をはじめとする諸々の神々が祀られている場所として、すでに確定していました。
  つまり、その時点に視点を据えて、すべてを既定の事実として取り扱い、この天孫降臨の場面と結び着けたのです。それによりニニギノミコトの一行が辿り着いた出来事と、その後に整備された伊勢神宮の配置とが、同一次元の出来事として取り扱われているわけです。

  ここでは、こうした時間軸と、歴史を超えた事実関係の混同が起きているのです。しかし、これもまた、意図的な操作であったと考えられます。
  それは、この『古事記』が編纂された時点で、大きな権力を握っていた人たちにとって、自分たちのご先祖様が、果たして、何処へ辿り着いたのかも分からない状態では困るからです。
  つまりご先祖様たちが、偉業を成し遂げた証しとして、然るべき場所に祀られたという形式が、この書物によって強引に整えられたのです。この書物の編纂に際しては、そうした裏に隠された意図が、大きく反映されたということです。


  【 笠紗
(かささ)の御前 】

  ニニギノミコトの一行が辿り着いた場所は、
『筑紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)』でした。現在の宮崎県日向市です。
  しかし、そこには、さらに次のような一文が記されています。
         ↓

   『 此地
(ここ)は韓國(からくに)に向かい、笠紗(かささ)の御前を眞來通(まきどお)りて、朝日の直(ただ)刺す國、 夕日の日照る國也。故、此地は甚吉(いとよ)き地 』


  ニニギノミコトの一行が辿り着いた日向の国は、韓國がある朝鮮半島と向き合った場所ではありません。従って、この一文にある『此地
(ここ)』というのは、日向のことではなく、笠紗の御前を眞來通って辿り着いた場所を指すことになります。ここに、もうひとつの天孫降臨の地が存在する根拠があります。
  ただし、この笠紗の御前を、薩摩半島の西岸にある現在の野間岬とした場合、ニニギノミコトの一行の渡航ルートが変わってしまいます。中国大陸から朝鮮半島を経て、そのまま南へ流されて来たことになるからです。初めから瀬戸内海へ向かうコースには入れなかったということです。

  これには二つの考え方が成り立ちます。その一つは、一行が、二隻以上の船に分乗しており、途中でそれぞれが別れ別れになってしまい、その結果、辿り着いた場所が異なったというものです。
  もう一つは、一旦、日向の地に辿り着いて、ようやく落ち着きを取り戻した一行が、自分たちが通って来たコースを確認するために、笠紗の御前を経由して辿り着いたところが『此地』であるというものです。従って、そこは第二の降臨の地ということになります。

  また、後の章段には、この笠紗の御前でニニギノミコトが木花佐久夜毘売
(このはなさくやひめ)と出会い、二人の間に一夜にして、子が生まれるという物語が記されています。従って、ニニギノミコトが、この場所に遣って来たことは間違いありません。前か後かの違いがあるだけです。

  因みに、この子生みの逸話は、実際には野だたらによる鉄の製造法が、擬人化して描かれたものと考えられます。破損した船を修理するために、鉄釘が必要だったからです。具体的には、合わせた木材をつなぐための、コの字型をした鎹
(かすがい)、すなわち鉤釘(=カギ釘)です。
  それが、この後に続く物語、失くした釣り針(鉤
(チ)=鉤針)騒動の原型となったのです。また、その製鉄作業の様子が、子どもの出産の様子として物語化され、同時に、それに携わった人物を変形して創造されたのです。それはカグツチから、様々な神々が産まれたのと同じ経過です。

  この地にも、
高千穂峰(たかちほのみね)と名付けられた山があります。それは霧島連山の中の一つです。
  また、近くにはニニギノミコトを祀る神社があります。その一つが、霧島神宮(きりしまじんぐう)です。鹿児島県霧島市にある神社です。
    住所  鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
         ↓         ↓
               


  
新田神社(にったじんじゃ)にも、ニニギノミコトが祀られているということです。鹿児島県薩摩川内市宮内町にある神社です。
    住所  鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2
           ↓
        


  【 ニニギノミコトの終焉の地 】

  天孫として派遣されたニニギノミコトは、この地に居を構え、どうやら死ぬまでそこに住んでいたものと考えられます。従って、新国王となって、豊葦原の瑞穂の国を統治するという使命は、果たすことが出来ませんでした。
  ニニギノミコトはおそらく年齢的にも、ある程度の高齢者であり、また破損した船を修理するための材料が見つからず、しかもこの航海で多くの犠牲者が出たことから、さらなる出発を断念したものと考えられます。或いは、自らも負傷していた可能性があります。それにより、すでに気力も失せていたのかも知れません。
  『日本書紀』の中に、次のような一文が記されています。
          ↓

  【 久
(ひさ)にあり
て天津彦彦火彦瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)(かむあが)りましぬ。因(よ)りて筑紫日向可愛(つくしひむかのえ)此をば埃(え)と云う。之山陵(のみさざき)に葬(はぶ)りまつる。】
                         ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P124 )


  そして、その場所について、脚注の注釈に次のような説明がしてあります。
          ↓

  【 陵墓要覧に鹿児島県川内市宮内町字脇園。一説に宮崎県延岡市の北方可愛岳が遺称地。】
                         ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P127 )


  つまり、ニニギノミコトの陵墓は、二つの場所にあるというのです。その一つが鹿児島県内であり、もう一つが宮崎県内です。どちらが正しいかは、今更調べても解りませんから、分骨されて、それぞれの記念の場所に埋葬されたと考えるのがよいでしょう。
  鹿児島県薩摩川内市宮内町には、ニニギノミコトを祀る新田神社があります。
         ↓         ↓   
              


  宮崎県延岡市には、可愛岳があります。(北緯32度39分9秒 東経131度39分31秒)
         ↓         ↓   
                



  【 高床式住居と竪穴式住居 】

  縄文、弥生時代の日本人の住居は、竪穴式の住居であり、支柱となる数本の木材を組み合わせただけの簡単な構造の家でした。それは地面に密着して建てられていました。
         ↓         ↓  
                  



  それに対して、中国大陸から渡来した人たちの住居は、高床式の建造物であり、土台の上に立ち上げる構造の家でした。今日の神社・社殿様式の建物です。
         ↓         ↓ 
              



   ――  高天の原に氷椽
(ひぎ)たかしりて  ――

  この言葉を冠して表現されるものが、高床式の建造物であり、神社・社殿様式の建物に対して用いられる修飾語です。
  
『古事記』の中では、この文言が、何ヶ所かで使われています。つまり、この様式の建造物が、そのつど建てられたということです。
  そして、その神社は、今現在も各地に存在しています。

  ニニギノミコトが住んでいた住居も、やはりこの構造の建物でした。屋根の上に氷椽(=千木)が取り付けられた社殿建築の家屋です。
  以下、他の事例と一緒に紹介しておきます。

  (1)大国主神が須世理毘賣を嫡妻として迎えた時に建てた神社
        ↓ 〔 御向の社(みむかいのやしろ) 〕

   『 −−− その我が娘(むすめ)須世理毘賣を嫡妻
(むかひめ)として,宇迦(うか)の山の山本に、底(そこ)つ石根(いはね)に宮柱ふとしり、高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて居れ。この奴。といひき。 』                           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 大国主神 3 根の国訪問 P48 ) 

  (2)大国主神の住処であり、同時に天穂日命(あまのほひのみこと)の居所として建てられた神社
        ↓ 〔 出雲大社(杵築大社) 〕

   『 ただ僕
(あ)が住所(すみか)をば、天つ神の御子の天津日継(あまつひつぎ)知らしめす、とだる天(あめ)の御巣(みす)(な)して、底(そこ)つ石根に宮柱(みやばしら)ふとしり、高天の原に氷木(ひぎ)たかしりて治めたまはば、僕(あ)は百足(ももた)らず八十(やそ)くま手に隠れて侍(さもら)ひなむ。』
                              ( 同 上 葦原中国平定 6 大国主神の国譲り P63 ) 

  (3)天孫として、高天の原から降臨したニニギの命の居所として建てられた神社 
        ↓ 〔 高千穂神社 

   『 −−− 『此処は韓國
(からくに)に向ひ、−− 略 −− 此処は甚(いと)(よ)き地(ところ)。』と詔りたまひて、底(そこ)つ石根に宮柱ふとしり、高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて坐(ま)しき。
                                     ( 同 上 ニニギ命 3 天孫降臨  P67 ) 


    ―― 土蜘蛛 ――

  土蜘蛛という言葉は、『古事記』の中でも使われています。この言葉は縄文、弥生時代の日本人の住居の建築構造に由来する言葉であり、現地の先住民たちを指すものと考えられます。直接、地面に接する構造の竪穴式の住居を、蜘蛛の巣に見立てているのです。

  ニニギノミコトの一行が漂着した場所にも、すでに土着の先住民たちが住んでいました。その人たちの棲家も、やはり日本風の竪穴式住居だったのです。従って、『日向國風土記』の一文に登場する土蜘蛛は、そうした地元の先住民たちを現わした言葉です。
          ↓

  『 ‐ ‐ ‐ ここに、土蜘蛛(つちぐも)あり。名を大鉗小鉗(おほつはをつは)といふ。二人、皇孫(すめみま)の尊に奏言(まを)しけらく、 ‐ ‐ ‐ 』


  この言葉は、もともとの先住民たちを蔑んでいるかのような印象を与えます。少なくとも現地の人たちを、見下した表現になっていることは、間違いありません。
  『古事記』の中でも、土蜘蛛は、悪役のように扱われています。そこには中央の大和政権に、なかなか服従しようとしなかった、一部の先住民に対する苛立ちがあったものと考えられます。この国には昔から、反骨精神に長けた先住民がいたということであり、その人たちが、後の大和政権を支えたのです。そもそもの、この国のご先祖様たちです。


                                        2011. 3.  5.     店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒