天の石屋戸(あめのいはやと)
 ―――――――――――――――

  『天の石屋戸』の章には、須佐之男命の余りにもひどい乱暴、狼藉により、高天の原の主である天照大御神が、天の石屋戸に閉じ籠もってしまったという出来事が記されています。
  天照大御神はその名が示すように、高天の原を明るく照らしている神です。その神がいなくなったために、世の中が真っ暗になってしまいました。
  すると国中で、多くの災いが発生しました。人々は困り果てました。

  そこで、こうした状況を何とかしようと、人々が集まって相談し、たくさんの智恵を出し合いました。そして、それぞれが持っている技術、技能を駆使して、天照大御神を石屋戸から、なんとか引き出すことに成功します。人々の一致協力した連係プレイが、効を奏したのです。

  天照大御神が復活したことにより、高天の原も葦原(の)(つ)國も、再び明るくなりました。
  また、その原因を作った須佐之男命には、重い罰を与えて、国から追放しました。
  以下、この章段の全文を紹介しておきます。
          ↓

  故(かれ)ここに天照大御神見(み)(かしこ)みて、天(あめ)の岩屋戸(いはやと)を開きてさし籠(こも)りましき。ここに高天(たかま)の原皆暗(くら)く、葦原中國(あしはらのなかつくに)(ことごと)に闇(くら)し。これに因りて常夜(とこよ)(ゆ)きき。
  ここに萬(よろず)の神の聲(こえ)は、さ蝿(ばへ)なす満ち、萬の妖(わざはひ)悉に發(おこ)りき。

  ここをもちて八百萬(やほよろず)の神、天(あめ)の安(やす)の河原(かはら)に神集(かむつど)ひ集(つど)ひて、
  高御産巣日(たかみむすひの)神の子、思金(おもひかね)神に思はしめて、
  常世(とこよ)の長鳴鳥(ながなきどり)を集めて鳴かしめて、
  天(あめ)の安(やす)の河の河上の天(あめ)の堅石(かたしは)を取り、天の金山(かなやま)の鐵(まがね)を取りて、鍛人(かぬち)天津麻羅(あまつまら)を求(ま)ぎて、
  伊斯許理度賣(いしこりどめの)命に科(おほ)せて鏡を作らしめ、
  玉祖(たまのやの)命に科せて、八尺(やさか)の勾球(まがたま)の五百箇(いほつ)の御統(みすまる)の珠を作らしめて、
  天兒屋(あめのこやねの)命、布刀玉(ふとだまの)命を召して、天(あめ)の香山(かぐやま)の眞男鹿(まをしか)の肩(かた)を内抜(うつ)きに抜きて、天の香山の天の朱櫻(ははか)を取りて、占合(うらな)ひまかなはしめて、天の香山の五百箇眞賢木(いほつまさかき)を根こじにこじて、
  上枝(ほつえ)に八尺の勾球の五百箇の御統(みすまる)の玉を取り著け、中枝(なかつえ)に八尺鏡(やたかがみ)を取り繋(か)け、下枝(しずえ)に白和幣(しらにきて)、青和幣(あをにきて)を取り垂(し)でて、
  この種種(くさぐさ)の物は、布刀玉(の)命、太御幣(ふとみてぐら)と取り持ちて、天兒屋命、太詔戸(ふとのりと)言祷(ことほ)き白(まを)して、
  天手力男(あめのたぢからをの)神、戸の掖(わき)に隠(かく)り立ちて、
  天宇受賣売(あめのうずめの)命、天の香山の天の日影(ひかげ)を手次(たすき)に繋けて、天の眞拆(まさき)を鬘(かづら)して、天の香山の小竹葉(ささば)を手草(たぐさ)に結ひて、天の石屋戸(いはやと)に槽伏(うけふ)せて蹈(ふ)み轟(とどろ)こし、神懸(かむがか)りして、胸乳(むなち)をかき出(い)で裳緒(もひも)を陰(ほと)に押(お)し垂(た)れき。
  ここに高天の原動(とよ)みて、八百萬の神共(とも)に咲(わら)ひき。

  ここに天照大御神、怪しと以為(おも)ほして、天の石屋戸を細めに開きて、内より告(の)りたまひしく、「吾(わ)が隠(こも)りますに因りて、天の原自(おのずか)ら闇(くら)く、また葦原中國(あしはらのなかつくに)も皆闇けむと以為(おも)ふを、何由(なにのゆゑ)にか、天宇受賣は楽(あそび)をし、また八百萬の神も諸(もろもろ)咲へる。」とのりたまひき。

  ここに天(の)宇受売白(まを)ししく、
  「汝命(いましみこと)に益(ま)して貴き神坐(いま)す。故(かれ)、歓喜(よろこび)び咲(わら)ひ楽(あそ)ぶぞ。」とまをしき。
  かく言(まを)す間に、天兒屋(の)命、布刀玉(の)命、其の鏡を指(さ)し出(いだ)して、天照大御神に示(み)せ奉(まつ)る時、天照大御神、いよよ奇(あや)しと思ほして、稍(やや)戸より出でて臨み坐す時に、
  その隠(かく)り立てりし天(の)手力男(の)神、その御手(みて)を取りて引き出す即ち、布刀玉(の)命、尻(しり)くめ縄(なは)をその御後方(みしりへ)に控(ひ)き度(わた)して白(まを)ししく、
  「これより内にな還(かへ)り入りそ。」とまをしき。

  故(かれ)、天照大御神出でましし時、高天の原も葦原(の)(つ)國も自(おのづから)ら照り明(あか)りき。
  ここに八百萬の神共に議(はか)りて、速須佐之男(の)命に千位(ちくら)の置戸(おきど)を負(おほ)せ、また鬚を切り、手足の爪も抜かしめて、神逐(かむや)らひ逐らひき。

           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 天照大御神と須佐之男命 4天の石屋戸 P36〜38 )

    * * *  ○  **  ○  * * *

  『日本書紀』にもやはり、この出来事が記されています。ただしそれは、あまりにもお粗末な内容であり、資料として取り上げる価値の乏しいものです。
  なぜなら、『古事記』に記されている内容を既定の事実として、その物語が広く拡散し、さらに分散化して、それをもう一度拾い集めただけのような内容だからです。従って、歴史的な真相を探るための参考資料とはなり得ません。

  ここでは『日本書紀』の中で、その出来事が記されているページを紹介するだけにとどめます。そのページを一読すれば、余りにも不完全な内容であることが分かります。
         ↓

     P76 〜 78
     P78 〜 80
     P80 〜 82
     P84 〜 86
                     ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第一 神代上 第七段 参照 )

   *******  ○  ☆  ○  *******


  ところで、上に紹介した『古事記』の文章をそのまま読んでも、歴史的な真相を窺い知ることは出来ません。
  それはこの部分が、意図的に創作されたものだからです。つまり、後の『天孫降臨』の場面に登場する専門技術者集団、五伴緒の来歴、出所・進退を明らかにするために、この章の内容が構成され、物語として創作されたのです。
  ただし、そのことは『天の石屋戸』の章と、『天孫降臨』の章の内容を対比させ、比較した時に、初めて明らかとなります。
従って、ここでは、この章に登場する神々を整理して、列挙しておくだけに止めます。これは、後で必要になる貴重な資料です。


  【 『天の石屋戸』の章に登場した神々 】

  この章に登場した神々を、一覧出来るように、順番に並べると次のようになります。
         ↓

   (1) 思金神
   (2) 天津麻羅
   (3) 伊斯許理度賣命
   (4) 玉祖命

   (5) 天兒屋命
   (6) 布刀玉命
   (7) 天手力男

   (8) 天宇受賣命

  そして、ここに登場した神々が、専門技術者集団、五伴緒として、再び『天孫降臨』の章に登場して来るのです。
  ただし、(2)天津麻羅だけが除かれます。この事には、実は重大な意味が隠されているのです。それは、この『天の石屋戸』の章の成立にも関わる問題です。


  【  神々の専門技能、技術  】

  ここに登場した神々の専門技術・技能について、上の本文の中に記されている内容から紹介しておきます。

  (1)
 思金神 ⇒ 行政を司る能力を持つ祈祷師・霊能者・預言者、すなわち超能力者
       ↓

  高御産巣日(たかみむすひの)神の子、思金(おもひかね)神に思はしめて、
  常世(とこよ)の長鳴鳥(ながなきどり)を集めて鳴かしめて、−−−


  (2)
 天津麻羅  鍛冶職人
       ↓


  天(あめ)の安(やす)の河の河上の天(あめ)の堅石(かたしは)を取り、天の金山(かなやま)の鐵(まがね)を取りて、鍛人(かぬち)天津麻羅(あまつまら)を求(ま)ぎて、−−− 

  この一文は、なぜか尻切れトンボの状態になっています。つまり文章の流れが、完全に中断しているのです。この直後は、鏡を造る場面の説明になっているからです。
  内容的に見ても、意味不明です。そもそも鐵から作られるものは、刀剣類であり、銅製品である鏡ではないからです。
  因みに、天(あめ)の堅石(かたいは)は、鉄を鍛錬するために必要なものであり、鍛人天麻羅(かぬちあまつまら)は、その鉄を鍛えて加工する鍛冶職人です。すなわち、刀剣を製造するための用意が整えられたということです。
  そして、途中で中断されたこの文章には、重大な秘密が隠されていることが分かります。それは、この章の内容に関わる重要な問題なのです。


  (3)
 伊斯許理度賣命  鏡作りの職人
         ↓


  伊斯許理度賣(いしこりどめの)命に科(おほ)せて鏡を作らしめ、−−−。

  この人物が、鏡造りの専門技術者です。つまり、銅製品の最高傑作である鏡を作ることが出来る人物です。


  (4) 玉祖命  玉作りの職人
        ↓


  玉祖(たまのやの)命に科せて、八尺(やさか)の勾球(まがたま)の五百箇(いほつ)の御統(みすまる)の珠を作らしめて、、−−− 

  勾玉を製造するためには、堅い岩石の中から目的とする材料を取り出し、その形を整え、さらにそれを磨き上げる技術が必要です。そうした硬い石を加工する特殊な技術を持った職人です。


  (5)
 天兒屋命  占い師・神官
  (6)
 布刀玉命  占い師・神官
        ↓


  天兒屋(あめのこやねの)命、布刀玉(ふとだまの)命を召して、天(あめ)の香山(かぐやま)の眞男鹿(まをしか)の肩(かた)を内抜(うつ)きに抜きて、
  天の香山の天の朱櫻(ははか)を取りて、
  占合(うらな)ひまかなはしめて、天の香山の五百箇眞賢木(いほつまさかき)を根こじにこじて、
  上枝(ほつえ)に八尺の勾球の五百箇の御統(みすまる)の玉を取り著け、中枝(なかつえ)に八尺鏡(やたかがみ)を取り繋(か)け、下枝(しずえ)に白和幣(しらにきて)、青和幣(あをにきて)を取り垂(し)でて、
  この種種(くさぐさ)の物は、布刀玉(の)命、太御幣(ふとみてぐら)と取り持ちて、天兒屋命、太詔戸(ふとのりと)言祷(ことほ)き白(まを)して、−−−。

  布刀玉(の)命、尻(しり)くめ縄(なは)をその御後方(みしりへ)に控(ひ)き度(わた)して白(まを)ししく、  「これより内にな還(かへ)り入りそ。」とまをしき。、−−−

  ここに『占合(うらな)ひまかなはしめて』とあることからも、この二人が、祭祀で、一連の儀式をとり行う占い師・神官であることが分かります。後に、各神社でとり行われるようになった儀式の先達者です。


  (7) 天手力男
神  剛腕・強力の持主
         ↓


  天手力男(あめのたぢからをの)神、戸の掖(わき)に隠(かく)り立ちて、−−− 
  その隠(かく)り立てりし天(の)手力男(の)神、その御手(みて)を取りて引き出す−−−

  ここには単に、腕力が強いことだけしか記されていません。しかし、実際には一族の中で、中心的な役割を担う人物であり、周囲の人々に対して、大きな影響力を及ぼした人物と考えられます。つまり、人々から一目置かれていた人物です。有力者という意味です。


  (8)
 天宇受賣売命  神懸りして託宣を受ける巫女。歌舞・舞踊・舞踏師
         ↓


  天宇受賣売(あめのうずめの)命、天の香山の天の日影(ひかげ)を手次(たすき)に繋けて、天の眞拆(まさき)を鬘(かづら)して、天の香山の小竹葉(ささば)を手草(たぐさ)に結ひて、天の石屋戸(いはやと)に槽伏(うけふ)せて蹈(ふ)み轟(とどろ)こし、神懸(かむがか)りして、胸乳(むなち)をかき出(い)で裳緒(もひも)を陰(ほと)に押(お)し垂(た)れき。
  ここに高天の原動(とよ)みて、八百萬の神共(とも)に咲(わら)ひき。


  ここに『 - - 高天の原動みて、八百萬の神共に咲ひき。』とあるのは、天宇受賣売命が神懸りして、託宣を受けた結果、生じた出来事です。
  つまり、天宇受賣売命は神懸りした状態で胸乳をかき出したのであり、さらには裳緒(もひも)を陰(ほと)に押し垂れたのです。

  これは、その後に記されている
『汝命(いましみこと)に益(ま)して貴き神坐(いま)す。』の部分と関連させて解釈する必要があります。

  要するに、ここには新生児の誕生が、象徴的に表現されているのです。つまり、胸乳をかき出したとあるのは、産まれた赤子に授乳する様子を表わしたものです。また、裳緒を陰に押し垂れたのは、出産シーンを示したものです。胎児につながっているへその緒が、その裳緒(もひも)によって表現されているわけです。
  また『槽伏(うけふ)せて蹈(ふ)み轟(とどろ)こし、』というのは、人々の注目を、その桶に集めたということです。それは赤子の産湯に使う桶であり、出産の準備が表現されているのです。

  
つまり、ここには、生まれ変わった天照大御神が、間もなく石屋戸から出て来ることが予言されているのです。神懸り状態になった天宇受賣売命によって、新たな国王の誕生が予告されたのです。
  人々は、その予告、予言に感動したのであり、新たな国王の誕生を知らされて、歓喜したのです。

        ↓

  『 ここに高天の原動(とよ)みて、八百萬の神共(とも)に咲(わら)ひき。


  ですから、これは人々が天宇受賣売命のエロチックで、且つ、卑猥な仕草を見て笑ったということではありません。『神懸(かむがか)りして、』とある一文が、その後の全体に掛かっていることに注意する必要があります。
  

                                        2011. 4.  15.     店主記す






    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒