頭椎太刀の一族(くぶつちのたちのいちぞく) 
 ――――――――――――――――――

  『天の石屋戸』の章と、『天孫降臨』の章が密接な関係にあることは、そこに登場する神々を対比、比較することにより、一目瞭然で判明します。多くの神々が、二つの章に共通して登場しているからです。
  そして、二つの章に登場する神々を分析することにより、この国の始まりにまでさかのぼる『天の石屋戸』の章が、後世の人たちによって捏造されたものであることが判明します。つまり、この章の内容の全体が、創作された架空の物語であるということです。

  そこには昔も、今も変わらない、我が家自慢の独特な意識構造が関係しています。我が家のご先祖様は、たいへん偉い人であった。我々は、その子孫であるという身贔屓の意識です。
  そうした意識が働いたために、先祖伝来の家柄を捏造して、家風を美化する風潮が広まり、遂には、虚偽の物語が創られたのです。

  また、二つの章の神々を対比させることにより、天孫とされるニニギノ命が所属していた一族の存在が、明確に浮かび上がってきます。それが頭椎(くぶつち)の太刀(=頭槌剣(かぶつちのつるぎ))を持つ一族です。
  つまり、正勝吾勝勝速日天忍穗耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)の代わりに、新たな国の支配者として、この豊葦原の千秋の五百秋の瑞穂の国に派遣されることになった天孫、天津日高日子番能邇邇藝命(あまつひこひこほのににぎのみこと)は、その頭椎の太刀を持つ一族の出身であったということです。
  ただし、より正確には、その頭椎の太刀を持つ部族に組み入れられた、異なる別の一族ということになります。その一族を代表する人物です。このことは、一定の考察を辿った後で明らかとなります。


 *****   ○  ☆  ○  *****
 *****   ○  ☆  ○  *****


   『天の石屋戸』の章と『天孫降臨』の章に登場した神々を対比、比較するにしても、そこに記されている文章を読むだけでは、よく分かりません。登場する順序が、それぞればらばらに記されているからです。
  そこで両者を比較するための第一段階として、登場する神々の名前が一覧出来るように、下のような表にして書き出しました。

  『天の石屋戸』の章には、八名の神々が、そして『天孫降臨』の章には、十 一名の神々が登場しています。
次のようになります。



  『天の石屋戸』の章に登場した神々
        ↓

  (1)思金神(行政を司る能力を持つ祈祷師・霊能者・預言者)

  (2)天津麻羅 (鍛冶職人

  (3)伊斯許理度賣命 (鏡作りの職人)

  (4)玉祖命 (玉作りの職人)


  (5)天兒屋命 (占い師・神官)

  (6)布刀玉命 (占い師・神官)


  (7)天手力男
神 (強力・剛腕の持主・有力者)

  (8)天宇受賣売命 (神懸りして託宣を受ける巫女。歌舞・舞踊・舞踏師)

 

 
 
  『天孫降臨』の章に登場した神々
       ↓

  (1)天兒屋命 (占い師・神官)

  (2)布刀玉命 (占い師・神官)

  (3)天宇受賣売命 (神懸りして託宣を受ける巫女。歌舞・舞踊・舞踏師)

  (4)伊斯許理度賣命 (鏡作りの職人)

  (5)玉祖命 (玉作りの職人)


  (6)思金神(行政を司る祈祷師・霊能者・預言者)

  (7)天手力男
神 (剛腕・強力の持主・有力者)

  (8)天石門別神

  (9)登由宇氣神

  (10)天忍日命

  (11)天津久米命


  さらに、二つの章に登場した神々を、より分かりやすく比較するために、表を合体させて、下のような一覧表にしました。
  これにより両者を、完全に対比させることが出来ます。

 
 下の表の( )内の数字は、それぞれの人物が登場した順番です。
  右側の天孫降臨』の章の順番に対応させて、左の『天石屋戸』の章に登場する神々を配列しました。


 『天の石屋戸』 (天照大御神の配下の神々)       『天孫降臨』 (混合編成の一団)
     
   ↓ 高天の原で活躍した神々       ↓ 天照大御神の系列に属する神々 
 (5) 天兒屋命     (1) 天兒屋命
 (6) 布刀玉命     (2) 布刀玉命
 (8) 天宇受賣命     (3) 天宇受賣命
 (3) 伊斯許理度賣命     (4) 伊斯許理度賣命
 (4) 玉祖命     (5) 玉祖命
 (1) 思金神      (6) 思金神
 (7) 天手力男     (7) 天手力男
 (2) 天津麻羅 (ニニギノミコトの系列の神    ×  
    - - -    -   (8) 天石門別神
    - - -    -   (9) 登由宇氣神
      
      ↓  天忍穗耳命の配下 ・ ニニギノミコトと同系列に属するの神々 
    ×  (10) 天忍日命 (警護の武闘集団)
    ×  (11) 天津久米命 (警護の武闘集団)
       



  さて、上の一覧表から、次のようなことが分かって来ます。


  【 混合編成の部隊 】

  上の一覧表からは、『天の石屋戸』の章に登場した神々のうち、(2)天津麻羅を除く七名が、再び『天孫降臨』の章に登場していることが分かります。右側の爛の(1)から(7)までのすべての神々です。

  その七名の神々は、天の石屋戸に閉じこもってしまった天照大御神を、再び表に引き出すことに貢献した神々です。その全員がニニギノミコトに随行して、この瑞穂の国へ遣って来たのです。
  分かり易く言うと、ニニギノミコトに随行して来た各分野の専門技術者である彼らは、自国の高天の原では、天照大御神とほぼ対等に接し、しかも高天の原の他の神々の窮状を救うために、多大なる貢献を為したという構図になっているのです。そうした偉大な功績を挙げた神々が、一団となって、この瑞穂の国へ遣って来たのです。

  ただし、ここで見落としてならないことは、(2)天津麻羅が、『天の石屋戸』の章にだけ登場していることです。この神は、『天孫降臨』の章には登場して来ないのです。
  しかも、この人物に関しては、具体的に何をしたのかが、何も記されていないのです。すでに指摘したように、その部分の文章が尻切れトンボの状態になっているのです。それには、次のような理由があったと考えられます。

  ここに繰り返し申し述べておくと、天照大御神が国王として君臨していた高天の原で使用されていた太刀は、すべて稜威雄走〔いつのおばしり〕工房で製造されたものであり、それは環頭太刀でした。
  ところが、天孫であるニニギノミコトが降臨する際には、それとは異なる形状の太刀を持つ神々が随行してきました。
  彼らは、頭椎
(くぶつち)の太刀(=頭槌剣(かぶつちのつるぎ))を所持していました。それが天忍日命と天津久米命です。
         ↓

  『  故ここに天忍日命
(あめのおしひ)、天津久米命(あまつくめのみこと)の二人、天の石靭(いはゆき)を取り負い、頭椎(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、天の眞鹿兒矢(まかこや)を手挾(たばさ)み、御前(みさき)に立ちて仕え奉りき。−−− 』


  従って、この頭椎
(くぶつち)の大刀は、高天の原で刀剣造りに携わった経津主神、武甕槌神とは、別の系統に属する人物によって製造されたことが分かります。つまり、その太刀は、別の工房で製造されたものであり、材料とする鉄の出所も違えば、その鉄を鍛えた職人たちも異なる人たちであったということです。

  これにより天忍日命と天津久米命が、天照大御神が支配する高天の原の神々ではなく、ニニギノミコトの系列に属する神々であったことが分かります。要するに、その国は、天照大御神が、直接支配していた国ではなかったのです。
  その異なる部族を代表する人物が、天津日高日子番能邇邇藝命
(あまつひこひこほのににぎのみこと)であり、最初に指名されていた正勝吾勝勝速日天忍穗耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)の代わりに、新たな支配者として瑞穂の国へ派遣されることになった人物です。即ち、天孫、ニニギノ命は、その頭椎の太刀を持つ一族の出身であったということです。

  ただし、ここで一つ注意すべきことは、天孫・ニニギノミコトが、稲作農業に詳しい人物であったという点です。つまり、農民の出だったのです。

  そのニニギノミコトと、戦闘のための武具を完全装備した武人が同じ部族であり、しかも農民のニニギノミコトが、その部族の統領であったと考えるのは、少々違和感があります。相互の力関係が逆転しており、歴史的に見ても、役割と、立場が逆になるからです。
  従って、武人である天忍日命と天津久米命は、戦闘に強い正勝吾勝勝速日天忍穗耳命の配下の神々であり、結ばれた協定で、その子になったニニギノミコトを守護するために、一族の統領である正勝吾勝勝速日天忍穗耳命の指令を受けて、この一行に随行して来たと考えるのが妥当です。
  ですからこの部族の本来の統領は、自国にいる正勝吾勝勝速日天忍穗耳命であったというのが、より正しい考え方です。

  その正勝吾勝勝速日天忍穗耳命が、天照大御神の配下に属することから、高天の原の専門技術者たちが、天照大御神の指示で随行することになったのです。こうして混合部隊が組織されたわけです。
  つまり、天孫ニニギノミコトの降臨に際しては、随行する人員が、天照大御神の配下の神々、九名と、正勝吾勝勝速日天忍穗耳命の配下の神々、二名で、混合編成されたのです。そして、この一団の総大将が、ニニギノミコトであったということです。


  【 創作された物語 】

  また、上の一覧表によって一目瞭然で判明することは、『天孫降臨』の章に登場した七名の神々が、『天の石屋戸』の章で大活躍をしていることです。
  つまり、高天の原の安泰は、右側の爛の(1)から(7)までの神々が活躍したことによって齎されたのであり、石屋戸の中に隠れてしまった天照大御神を、再度復活させるという大仕事が、彼ら七名の一致協力した行動によって成し遂げられたのです。

  この極めて好都合な展開は、『天孫降臨』の章に登場した神々の活躍を描くために、『天の石屋戸』の章の内容が創作されたことの裏付けとなります。
  つまり、この章の内容は、歴史的な事実の記録ではなく、後世の人たちによって都合好く捏造されたものであるということです。
  より具体的には、『古事記』が編纂、編集される段階で、大きな勢力を持っていた一族の意向が極めて大きく反映されて、こうした物語化が図られたのです。それは彼らの先祖を、偉大な人物として美化し、現在の自分たちの地位を正当化するためです。この章の内容は、その辻褄合わせのために作られた架空の物語であるということです。

  上の一覧表で、(1)から(7)までの神々の矢印を、左向きにしてあるのは、そのことを確認しやすくするためです。
  一目で『天孫降臨』の章に登場した七名の神々が、すべて『天石屋戸』の章に移行していることが分かります。この七名の神々の活躍が、前の章に遡って創作されたのです。


  しかしながら、その意図的な企ては、思わぬことが原因で、失敗しました。この物語化を行った『古事記』の編纂者たちは、高天の原で使用されていた刀剣が、稜威雄走〔いつのおばしり〕工房で製造された環頭太刀であることを知らなかったのです。
  そのために天忍日命と、天津久米命頭椎が所持した頭椎の大刀を製造した鍛冶職人・天津麻羅も、他の専門技術者たちと肩を並べるように、『天の石屋戸』の章に登場させてしまったのです。この人物も、他の神々に引けを取らない優秀な技術者であることは、間違いがないからです。
  しかも、このことは武闘派の戦士の一団として、当時、大きな勢力を持っていた一族の来歴に関わる一件であり、絶対に省略することが出来なかったのです。もちろん鉄製の太刀・武具を持たない武人は、その頃、存在しなかったからです。太刀の由来は、その一族の根拠を示すものなのです。

  これにより、尻切れトンボになっていた、次の一文を完成させることが出来ます。
       ↓
  『 天
(あめ)の安(やす)の河の河上の天(あめ)の堅石(かたしは)を取り、天の金山(かなやま)の鐵(まがね)を取りて、鍛人(かぬち)天津麻羅(あまつまら)を求(ま)ぎて、‐ ‐ ‐ 』

  この後に、実は、
       ↓
  『 頭椎
(くぶつち)の大刀(たち)を作らしめ、- - - 』

  という文章が続いていたのです。
  つまり、この一文には、頭椎の大刀の由来と、この太刀が製造される過程が記されていたのです。

  ところが後になって、頭椎の大刀
(たち)は、天照大御神が君臨する高天の原では製造されておらず、また使用されていなかったことが判明し、内容に矛盾が生じたことから、この部分がカットされてしまったのです。
  そのために鍛人
(かぬち)天津麻羅(あまつまら)が、具体的に何をしたのかが、何も記されない状態になってしまったのです。これが、この一文が尻切れトンボになった原因です。
  そして、この編纂者たちによって行われた操作が、そのことを物語る痕跡として、図らずもここに残されてしまったのです。すでに一巻の書物として出来あがってしまったものに、さらに手を加えることは出来なかったからです。

   * * *  ○  **  ○  * * *


  【 歴史的な事実 】

  以上のように、『天の石屋戸』の章の内容が、歴史的な出来事の記録ではなく、後世の人たちによって創作されたものであることが判明しました。つまり、『古事記』という書物が編纂、編集される段階で、その当時大きな勢力を持っていた一族の意向が大きく反映され、辻褄合わせのために捏造されたものであるということです。
  このように、この国の始まりにまで遡る出来事である『天の石屋戸』と、『天孫降臨』の章には、その記述の中に多くの虚偽が含まれており、正しい歴史とは呼べない出来事までもが含まれているのです。

  しかしながら、それはこの部分のすべてが、捏造されたものであるという意味ではありません。実は、その骨格となるストーリー部分には、歴史的に発生した実際の出来事が取り入れられていると考えられるのです。
  それは国王である天照大御神が、天の石屋戸に隠れてしまったために、世の中が真っ暗になってしまったという出来事です。つまり、これに類似する出来事が、実際に起きていたのです。

  中国の歴史を調べてみると、次のような出来事が実際に起きていました。
  まず、最初に起きた出来事として、AD 8年に、 前漢が滅亡しました。
  そこで皇帝の外戚にあった王奔
(おうもう)が、「新王朝」(8〜23)を建てました。
  しかし、悪政により、各地で混乱が生じ、農民が蜂起しました。
  遂には長安に、漢朝の宗室の兵が攻め込みました。
  結局、王莽は殺されました。
  その二年後に、劉秀が、後漢王朝(東漢) を樹立しました。

  このような歴史的な出来事が起きていたのです。関連する一連の出来事を、年表にして示すと、次のようになります。
         ↓ 

  BC 121年 将軍、霍去病
(カクキョヘイ)の匈奴討伐成功。甘肅を平定。
         将軍、衛青(霍去病の叔父)、霍去病と共にゴビ砂漠北方へ出征。

  BC 30年頃  匈奴の活動始まる

  AD 8年  前漢、滅亡。
     皇帝の外戚であった王奔
(おうもう)が、「新王朝」(8〜23)を建てる。
   ( だが未熟な行政手腕のために、各地で混乱が生じ、遂に農民が蜂起する。長安に漢朝の宗室の兵馬が攻め込み、王莽は殺された。その二年後に、劉秀が、「後漢王朝(東漢)」を樹立した。)

  AD 25年 劉秀(光武帝)が、「後漢王朝(東漢)」(25220)を建てる。そして、後漢の初代皇帝となる。

   ( 光武帝
(こうぶてい) (657)  ⇒  在位2557。 父が早逝したため、叔父に養われて育ち、二十歳過ぎには長安に上って学問に励んだ。新の時代の末期に天下が混乱すると、王莽討伐のために起兵し、昆陽の戦いで王莽軍に大勝。河北・山東・関中を平定した。25年に即位して、漢王朝を再興した。洛陽に都を置き、37年、天下の統一を完成した。ただし、即位後も「皇帝になりたかったわけではない。執金吾になりたかった」とよくぼやいたというエピソードが伝えられている。 )

  この光武帝(劉秀)の後、皇位は、明帝(劉荘)−章帝(劉?)−和帝(劉肇)−殤帝(劉隆)−安帝(劉祐)−少帝懿(劉懿)−順帝(劉保)−冲帝(劉炳)−質帝−桓帝(劉志)−霊帝(劉宏)−廃帝(劉弁)−献帝(劉協) と引き継がれた。

 AD 57年  倭奴国
(日本国)の使者が、洛陽に来る。


  上のように前漢から、後漢へと移行する時期に、正式な皇帝が不在だった期間があったのです。その間は、国中が混乱し、各地で戦闘が繰り広げられました。
  そこで人々から押されて、ようやく立ちあがったのが、劉秀であり、後の光武帝です。悪政を行った王莽は、成敗されました。
  このようにして、ようやくこの国に平和が訪れたのです。

  この一連の出来事が、天照大御神が天石屋戸に閉じこもってしまったために、世の中が真っ暗になったというストーリーに形を変えて表現されているのです。国や社会が混乱し、悪事が蔓延り、災いが頻発した様子を、
          ↓
   『 萬の妖
(わざはひ)悉に發(おこ)りき。』

  と、抽象的、且つ、比喩的に表現しているわけです。もちろん世の中が真っ暗になったのは、国の行政を正しく司り、人々から信頼される皇帝が不在になったために生じたのです。天照大御神は、その前漢の皇帝になぞらえられているわけです。

  そして、後に光武帝となる劉秀を引き出すために、人々が様々な権謀術策を用いて、裏工作を行いました。それは劉秀に、別の職業を目指したかったというエピソードが残されていることからも、容易に窺い知ることが出来ます。当人には、積極的に皇帝になる意志がなかったのです。そのために、翻意を促すための裏工作が行われたのです。
  そして、ようやくにして、それが実現します。
         ↓

  『 −− その隠
(かく)り立てりし天(の)手力男(の)神、その御手(みて)を取りて引き出す即ち、布刀玉(の)命、尻(しり)くめ縄(なは)をその御後方(みしりへ)に控(ひ)き度(わた)して白(まを)ししく、
  「これより内にな還
(かへ)り入りそ。」とまをしき。 』

  ここには新たな皇帝が、半ば力ずくで引っ張り出された様子が浮かび上がります。つまり、親族一同を代表するような人物の力を借りて、劉秀をおびき出し、二度ともとに戻れないような工作を行ったのです。せっかく表へ引き出した皇帝が、絶対に逃げられないように、逃げ道を遮断したのです。

  こうして、後漢の新たな皇帝、劉秀(光武帝)が誕生したことで、ようやく世の中が平和になり、暗闇だった社会に光が見え始めたのです。そのことが、
        ↓

  『 −− 故
(かれ)、天照大御神出でましし時、高天の原も葦原(の)(つ)國も自(おのづから)ら照り明(あか)りき。 』

  と、比喩的に表現されているのです。
  つまり、人々から担ぎあげられた劉秀が、新たな皇帝となるまでの経過に、置き換えや、比喩、象徴化といったことが行われて、一つの物語として構成され、創作されたものが、この『天の石屋戸』の章であるということです。

  ですから、この章の骨格となるストーリー部分には、歴史的な事実が取り入れられていることになります。その骨格に、肉付けするための内容が、物語化される段階で一部の権力者の意向が働き、その内容が捏造されたのです。
  言い換えるならば、古くから伝えられて来た骨格部分のストーリーを残したいがために、肉付け部分の内容が捏造されたということです。
  なせなら、その大もとになる出来事は、余りにも古い昔に、しかも遠い中国大陸で起きたものであったからです。その出来事の事実関係を調べる方法も、手段も無く、分かっていた概略は、この世界に君臨し、天下を泰平に保つ役割をする皇帝が、一時期、この世界から消えてしまったということだけでした。

  その出来事を記録として残すために、内容の物語化が図られたのです。従って、天照大御神という名前のそもそもの由来は、後漢の皇帝である光武帝から来ていると考えることが出来ます。ただし実質的には、支配者として君臨した中国大陸の歴代の皇帝を指します。つまり、光武帝以前の皇帝が、すべて天照大御神として総称で呼ばれたということです。もちろんそれは、以後の皇帝についても、同様です。


                                        2011. 4.  17.     店主記す




  


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒