天孫降臨と天の石屋戸(てんそんこうりんとあめいはやと)
  ―――――――――――――――――――――

  我が国の最古の書物とされる『古事記』は、いわゆる歴史書です。つまり、歴史的な事実が記された書物です。ただし、それは完璧な歴史が、正確に記されているという意味ではありません。
  なぜなら記されている内容に、多くの欠損、欠落があり、さらに一部に改変や、改竄、偽作や、創作が行われているからです。それは文字が無かった時代に、人から人へと、口承によって伝えられた期間が、あまりにも長かったためです。

  そうした情況下に於いて、前後の意味、内容との辻褄を合わせるために、必ずしも意図的にではなく、むしろ必要性に応じて行われたものであり、又は、欠落した部分を埋めて関連性を保つために、部分的に創作が加えられ、その結果、歴史的な事実とはやや乖離した内容になってしまったという経緯があります。
  つまり、そうしたことが起きていることを、十分に認識したうえで、この書物の内容を分析し、適正に判断して、さらに注意深い解釈を加えていく必要があるのです。安易な読み方をすると、とうてい歴史書としては読めないのです。ですから、なかなか厄介な代物です。


  そもそもこの書物の成立に関しては、 『古事記』の序 第二段 古事記選録の発端 に、次のような一文が記されています。
         ↓

  【 ここに天皇詔(の)りたまひしく、
   「朕(われ)聞きたまへらく、 『諸家のもたる帝紀および本辞、既に正実に違ひ、多く虚偽を加ふ。』 といへり。今の時に当たりて、其の失(あやまり)を改めずは、未だ幾年をも経ずしてその旨(むね)滅びなんとす。これすなはち、邦家の経緯、王化の鴻基(こうき)なり。故(かれ)これ、帝紀を撰録し、旧辞を討覈(たうかく)して、偽(いつは)りを削り実(まこと)を定めて、後葉(のちのよ)に流(つた)へむと欲(おも)ふ。」 とのりたまひき。
  時に舎人(とねり)ありき。姓(うぢ)は稗田(ひえだ)、名は阿禮(あれ)、年はこれ二八。人と為(な)り聡明にして、ーー 略 ーー 。すなはち、阿禮に勅語して帝皇日継(すめらみことのひつぎ)及び先代旧辞(さきつよのふること)を誦(よ)み習はしめたまひき。 】
                 ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 序 第二段 古事記選録の発端 P15 )


  天武天皇が、こう申された。
  「 『諸家に古くから伝わる言い伝えは、必ずしも事実を精確に伝えておらず、かなりの粉飾や虚偽を交えたものが多く見受けられる。』 と聞く。 今、その中から正しいものを抜き出して、歴史として書き記しておかなければ、将来、さらに事実関係が解らなくなり、この国の歴史は失われてしまう。」
  そこで記憶力の優れた若干二十八歳の稗田の阿禮なる者に、帝皇日継(すめらみことのひつぎ)及び先代旧辞(さきつよのふること)を誦み習はした。


  また、序 第三段 古事記の成立 には、そうした弊害がさらに進むことを畏れて、文書として記した経緯が、次のように記されています。次の持統天皇、文武天皇を経て、元明天皇の時代に入ってからのことでした。
        ↓

  【 ここに、旧辞の誤り忤(たが)へるを惜しみ、先紀の謬(あやまり)り錯(まじ)れるを正さむとして、和銅四年九月十八日をもちて、臣安麻呂に詔りして、阿禮阿禮の誦む所の勅語の旧辞を撰録して献上せしむるといへれば、謹みて詔旨(おほみこと)の随(まにま)に、子細(しさい)に採りひろひぬ。】
                  ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 序 第三段 古事記の成立 P16 )


  つまり、これ以上、帝紀、旧辞の改変、偽造が進行するのを防ぐために、和銅四年に、家臣の安麻呂に『古事記』を編纂して、正しい歴史を残すように申しつけた、というのです。


  以上の文面からは、史実の正当性を確保するために、ある程度の修正は加えたことが窺えるものの、すでにそれほどひどい改竄が施されていたようには見えません。それなりの歴史が、なんとか残されたかのような印象を与えます。
  しかし、実際には、この頃にはすでに虚偽の歴史が広く蔓延しており、精確で正しい歴史は、ほぼ失われた状態にあったのです。
  つまり、時すでに遅く、捏造された虚偽の歴史しか残されていなかったのです。そのために、この書物が歴史書であることに、少なからぬ不信感を持つ人が多いのです。何といっても、内容を読んでも事実関係がよく分からないからです。


  因みに、諸家に伝わる言い伝えが捏造され、粉飾され、虚飾された背景には、自分の身内に対する強い贔屓の意識があったためと考えられます。
  つまり、我が家のご先祖様は、実に偉い人であった。我々は、その子孫であるという特権意識に基づくものです。これは昔も今も変わらない、我が家自慢の独特な意識構造です。

  そうした身内贔屓の意識から、先祖伝来の家系を捏造する風潮が広まり、さらに上のような必要性と相俟って、虚偽の物語が創られていったのです。
  もちろんその物語を捏造したのは、後世の人達であり、具体的には『古事記』が編纂された時点で、大きな権力を持っていた人達です。その人たちのご先祖様が、かつていかに勇猛果敢な活躍をしたかという物語化が図られたのです。
  より具体的には、『古事記』が編纂された時点を、今現在とした時に、過去の出来事に登場するご先祖様たちが、今現在につながる社会に、多大なる貢献をなしたという成功譚化が進行したのです。
  従って、この国の始まりまで遡る出来事である「天孫降臨」と、「天の石屋戸」には、その記述の中に、すでに多くの虚偽が含まれており、正しい歴史と呼べない事実関係までもが捏造されているのです。
  つまり、欠落していた歴史の一部に、虚偽の事実関係を挿入したのです。こうしてご先祖様たちの活躍が、歴史として書き残されたのです。


  このような観点に立って「天孫降臨」と、「天石屋戸」に記されている内容を、対比させ、且つ、比較しながら分析を加えたときに、そこに重大な事実を導き出すことが出来ます。
  なぜならその作業を行うことにより、天孫とされるニニギノ命が所属していた一族の存在が浮かび上がって来るからです。


  先に申し述べたように、天照大御神が君臨する高天の原で使用されていた太刀は、すべて稜威雄走〔いつのおばしり〕工房で製造されたものでした。それは環頭太刀です。
  ところが、それとは異なる形状の太刀を持つ一族が存在したのです。それが頭椎(くぶつち)の太刀(=頭槌剣(かぶつちのつるぎ))を持つ一族です。

  その一族の統領が、天津日高日子番能邇邇藝命(あまつひこひこほのににぎのみこと)であり、つまり、正勝吾勝勝速日天忍穗耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)の代わりに、新たな支配者として、この瑞穂の国へ派遣されることになった人物です。即ち、天孫、ニニギノ命は、その頭椎の太刀を持つ一族の出身であったということです。


  この件については、より詳しい説明が必要になりますので、以下、次のような章を設けて解説することにいたします。

    (1) 天孫の誕生
    (2) 天孫降臨
    (3) 天の石屋戸
    (4) 頭椎太刀の一族


                                        2010. 8.  6.     店主記す





    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒