須佐之男命の勝さび と 農業改革
 ――――――――――――――――――

  『須佐之男命の勝さび』には、前の章の『天の安の河の誓約』で勝利して、有頂天になった須佐之男命が、様々な乱暴、狼藉を働いたことが、具体的な事例を挙げて記されています。
  そうした乱暴、狼藉に対して、高天の原の主である天照大御神は、悠然と、且つ、鷹揚に構えて、すべてを許す態度をとりました。
  しかし、そこに付け込んで、須佐之男命の悪行は、さらにエスカレートして行きました。

  以下、その部分の全文を紹介しておきます。
          ↓

   ここに速須佐之男(の)命、天照大御神に白(まを)ししく、
   「我が心清く明(あか)し。故(かれ)、我が生める子は手弱女(たわやめ)を得つ。これに因りて言(まを)さば、自(おのづか)ら我(われ)勝ちぬ。」
   と云(まを)して、勝(かち)さびに、天照大御神の営田(つくだ)の畔(あ)を離(はな)ち、その溝(みぞ)を埋(うづ)め、またその大嘗(おほにへ)を聞(き)こしめす殿(との)に屎(くそ)まり散らしき。
  汝(かれ)、然為(しかす)れども天照大御神は咎(とが)めずて告(の)りたまひしく、
  「屎(くそ)(な)すは、酔(ゑ)ひて吐き散らすとこそ、我(あ)が汝弟(なせ)の命、かく為(し)つらめ。また田の畔(あ)を離ち、溝を埋むるは、地(ところ)を惜(あたら)しとこそ、我(あ)が汝弟(なせ)の命、かく為(し)つらめ。」
  と詔(の)り直(なほ)したまへども、なほその悪しき態(わざ)(や)まずて轉(うたて)ありき。
  天照大御神、忌服屋(いみはたや)に坐(ま)して、神御衣(かむみそ)(お)らしめたまひし時、その服屋(はたや)の頂(むね)を穿(うが)ち、天(あめ)の斑馬(ふちこま)を逆剥(さかは)ぎに剥(は)ぎて堕(おとし)し入るる時に、天の服織女(はたおりめ)見驚きて、梭(ひ)に陰上(ほと)を衝(つ)きて死にき。

          ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 天照大御神と須佐之男命 3 須佐之男命の勝さび P35 )


  ここには須佐之男命の悪行が、事例を挙げて明記されています。それは、次のような内容です。

  (1)天照大御神の営田の畔を離ち ( 水田の畔を壊した。)

  (2)その溝を埋め ( 水路を埋めた。灌漑施設を破壊した。)

  (3)大嘗(おほにへ)を聞(き)こしめす殿(との)に屎(くそ)まり散らし ( 神聖、清浄であるべき宮殿に、糞尿を撒き散らした。)

  (4)忌服屋(いみはたや)の頂(むね)を穿(うが)ち、天(あめ)の斑馬(ふちこま)を逆剥(さかは)ぎに剥(は)ぎて堕(おとし)し入る ( 斑馬(ふちこま)から剥(は)ぎとった皮を、天井に開けた穴から堕(おとし)し入れた)( それを見た天の服織女(はたおりめ)が、驚いて、梭(ひ)で陰部を突いて死んでしまった。)

     * * *   ○   *   ○   * * *


  『日本書紀』にも、これと同じ出来事が記されています。ただし、その内容は『古事記』に記されている出来事を、そのまま引き移しただけののような記述になっています。
  すなわち、『古事記』の内容を既定の事実として、その物語が広く拡散し、さらに分散化して、それをもう一度拾い集めただけのような内容であるということです。

  しかも、そのことが原因で、天照大御神が、天石窟(あまのいはや)に籠もることになったと、明確に記されています。つまり、『古事記』で捏造された架空の出来事が、真実の出来事として扱われているのです。ここには、この書物の底の浅さが露呈します。
  それでも一部に、『古事記』には記されていない事例が含まれていますので、一応、その部分を、下に紹介しておくことにします
         ↓

   是(こ)の後(のち)に、素戔鳴尊の爲行(しわぎ)、甚(はなはだ)だ無状(あづきな)し。
   何(いかに)とならば、天照大神(あまてらすおほかみ)、天狭田(あまのさなだ)・長田(ながた)を以て御田(みた)としたまふ。
   時に素戔鳴尊、春(はる)は重播種子(しきまき)し、
   また畔毀(あはなち)す。
   秋は天斑駒(あまのぶちこま)を放(はな)ちて、田(みた)の中(なか)に伏す。
   復天照大神の新嘗(にいなへきこ)しめす時を見て、則(すなは)ち陰(ひそか)に新宮(にいなへのみや)に放糞(尸矢)(くそま)る。
   又天照大神の、方(みざかり)に~衣(かむみそ)を織(お)りつつ、斎服殿(いみはたどの)に居(ま)しますを見て、則ち天斑駒を剥(さかはぎには)ぎて、殿(おほとの)の甍(いらか)を穿(うが)ちて投げ納(い)る。
   この時に、天照大神(あまてらすおほかみ)、驚動(おどろ)きたまひて、梭(かび)を以(も)て身(み)を傷(いた)ましむ。
   此(これ)に由(よ)りて、発慍(いか)りまして、乃(すなは)ち天石窟(あまのいはや)に入りまして、磐戸(いはと)を閉(さ)して幽(こも)り居(ま)しぬ
   故(かれ)、六合(くに)の内(うち)常闇(とこやみ)にして、昼夜(ひるよる)の相代(あひかはるわき)も知らず。

        ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第一 神代上 第七段 P74〜76 )


  ここには具体的に、素戔嗚尊の次のような悪行が記されています。

  (1) 素戔鳴尊、春(はる)は重播種子(しきまき)し ( 一度、種を播いた上に、繰り返し種を蒔くこと。)

  (2) また畔毀(あはなち)す ( 水田の畔を壊した。)

  (3) 秋は天斑駒(あまのぶちこま)を放(はな)ちて、田(みた)の中(なか)に伏す ( 田に斑馬を放し、その馬を田に寝そべらした。)

  (4)天照大神の新嘗(にいなへきこ)しめす時を見て、則(すなは)ち陰(ひそか)に新宮(にいなへのみや)に放糞(くそま)る。 ( 神聖、清浄であるべき宮殿に、糞尿を撒き散らした。)

  (5) 天斑駒を剥(さかはぎには)ぎて、殿(おほとの)の甍(いらか)を穿(うが)ちて投げ納(い)る ( 斑馬(ぶちこま)から剥(は)ぎとった皮を、天井に開けた穴から堕(おとし)し入れた。 )


  『日本書紀』には、この部分以外にも、次の場所にその出来事が記されています。ただし、ここに内容を紹介しても、まったく意味がありませんので、記されているページを記すだけにとどめます。
         ↓

       P78
       P80
       P84


  *******  ○  ☆  ○  *******


  【 捏造された、粗暴で極悪、非道の人物像 】

  記・紀に記されている事例の中で、最悪の所業は、逆剥(さかは)ぎにした斑馬(ぶちこま)の皮を、服屋(はたや)の天井に穴をあけ、そこから落とし入れたというものです。
  それを見た服織女(はたおりめ)が驚き、梭(ひ)で、陰上(ほと)を衝(つ)いて、死んでしまったというのです。
  これこそは、まさしく須佐之男命の悪行の最たるものです。まさに人間として、許されざる行為と言うことが出来ます。

  ところが、少し見方を変えると、この出来事の内容は、まったく別の意味を持っていることに気付きます。
  それは須佐之男命の悪行とは、まったく結び付かないものなのです。つまり、これは一定の目的のもとに行われた別の出来事を、須佐之男命の悪行に結びつけるために、一方的に偏って解釈したものであるということです。

  しかも、それ以外に紹介されている幾つかの悪行も、すべて異なる別の意味を持っているのです。従って、ここに挙げられている出来事の本来の“意味・内容”は、須佐之男命の悪行とは、まったく無関係のものであり、むしろそれ等をすべて須佐之男命が行ったとすれば、この人物は、後世に称えられる偉人であったということになるのです。


  記・紀の一連のストーリー展開からすれば、須佐之男命は間違いなく、様々な悪行を行ったに違いありません。なぜなら次の『天の石屋戸』の章には、そのことが原因で、高天の原の主である天照大御神が、天の石屋戸に閉じ籠もってしまうという極めて重大な出来事が起きたからです。
  天照大御神は、その名が示すように、高天の原を明るく照らしている神です。その神がいなくなったために、世の中が真っ暗になってしまいました。
  すると国中で、多くの災いが発生し、人々は困り果てました。

  その天照大御神を、石屋戸から引き出すために活躍したのが、思金神天津麻羅、伊斯許理度賣命、玉祖命天兒屋命、布刀玉命、天手力男、天宇受賣命といった神々でした。後に、専門技術者集団、五伴緒として、ニニギノミコトに随行して瑞穂の国へ遣って来た神々です。

  そして、この神々が活躍した話は、前のページで紹介したように、実は捏造された架空の出来事であったことが判明しました。
  ところが、それだけに留まらずに、天照大御神が石屋戸に閉じ籠もることになったその原因までもが、この書物の編纂・編集者たちによって捏造されていたのです。


  もう一度、繰り返しておくと、高天の原の主である天照大御神が、この世界からいなくなるというとんでもない事態は、現実に起きたのであり、当然のことながら、それには何等かの原因があったに違いないわけです。特別な事情があったに相違ないのです。
  何事も原因があって、結果が生じるのであり、唐突に結果だけが発生することは無いからです。
  その原因が、須佐之男命の余りにも悪質な、乱暴、狼藉であったということです。それ故に、天照大御神は、石屋戸に閉じ籠もってしまったのです。
  ここに須佐之男命を、粗暴で、極悪、非道の人物に仕立て上げる必然性があったのです。

  上のように、二つの書物の中では、須佐之男命は一切の疑いを差し挟む余地がないほどに、完全な悪人に仕立て上げられています。
  ただし、その同じ人物が、出雲の国では困っている人たちを救けるために、八又の大蛇を退治したのです。ですから、人間性が変わったとしか言いようが無いわけです。要するに、ここには大きな矛盾があるのです。


  【 農耕馬の存在を知らなかった『記・紀』の編集・編纂者たち 】

  『記・紀』に記されている出来事には、先に『五穀の起源とスサノオノミコト』で紹介したように、そこに記述されている文章を表面的に捉えた場合と、その中身を深く掘り下げた場合とで、記されている出来事の本来の意味が、まったく異るということがあります。

  それは、すでに出来上がっているストーリー展開に沿う形で、実際の出来事の内容を意図的に変形させて、編纂者たちに都合の好い物語が創り出されているからです。
  そのために、歴史的に起きた実際の出来事は、そこに記述されている表面的な“意味・内容”とは、まったく異なる事象であったということが起きるわけです。

  そうした理由から、この部分に記述されている須佐之男命の悪行についても、まったく別の観点からの分析を加える必要性があるのです。
  それにより、実はこれまで見えて来なかった、もう一つの歴史が見えて来るのです。

  それは具体的には、次のようなものです。
        ↓

  (1) 野生馬の家畜化 ( 人力に代わる動力原として、農耕馬を使用する農業の発達 )

  (2) 二期作、二毛作農業の発達 ( 農産物の収穫量の拡大 )

  (3) 連作障害とその対策 ( 土地が痩せるために生じる障害と、その対策 )
       三圃式農業 ( 家畜を田畑に放って、地力を回復させる方法 )
       輪栽式農業 ( 交互に、植え付ける農作物の種類を変える方法 )

  (4) 動物の皮革を使用した製品の普及 ( 馬の皮革を製品化する技術の発達 )


  つまり、以上のような、実際に起きた出来事の内容が、須佐之男命の様々な悪行に形を変えて記されているのです。
  もちろん上に紹介したような農業に関する内容は、二十一世紀の現代社会においては、専門知識としてではなく、誰もが知っているような一般常識に近いものと認識されています。中学校や高校で学ぶような基本的な知識であり、また歴史の授業でも取り扱われている内容です。

  しかしながら、『古事記』の編纂・編集に携わった人たちは、そうした知識を持ってなかったのです。そもそもの大前提として、農耕馬というものが存在することさえ知らなかったのです。
  また、『古事記』が編纂された当時の我が国の農業形態では二期作、二毛作、という技術は、まだ発達していなかったのです。

  それ故に、伝聞として聞き及んだ農業分野での極めて革新的な出来事を、強引に須佐之男命の悪行に結びつける解釈をし、さらには物語化して、歪められた人物像を捏造するための資料に使ったのです。そうして須佐之男命の粗暴で、極悪、非道な人物像が、意図的に創り上げられたのです。

  *****   ○  ☆  ○  *****



  【 野生馬の家畜化 】

  馬の家畜化は、紀元前、約4,000年頃に、現在のウクライナ地方で始まったと考えられています。馬は当初、食肉用に飼われたと考えられますが、後に陸上移動の手段として用いられ、さらには農耕のための動力原として利用されるようになりました。

  農業の発達、発展の歴史を辿って行くと、現在のような機械化が進む以前には、動物である牛や馬の存在が、大きな比重を持っていた時代がありました。人力に代わる動力原として、牛や馬が使われていたのです。
  ただし、馬に鋤を曳かせて、田畑を耕すためには、狭い農地では効率が悪くなるため、出来るだけ長い距離を往復出来るようにする必要があります。つまり、耕作する一枚の田畑を、出来るだけ広くしたほうがよいということです。
  これは人力で田畑を耕していた時代には、ほとんど必要の無いことでしたが、農耕用に馬が使用されるようになったことから生じる必要性です。
  そして、そのために行われた具体的な方法が、次のようなものでした。
         ↓

  『古事記』
   (1)天照大御神の営田の畔を離ち ( 水田の畔を壊した。)
   (2)その溝を埋め ( 水路を埋めた。灌漑施設を破壊した。)

  つまり、狭い面積の幾つかの田畑を一枚に統合して、耕作面積を拡大したのです。そのために、境界線となる畔を壊し、また水路を埋めたのです。それは馬を使った耕作を、効率よく行うためのものでした。


  【 二期作 ・ 二毛作 】

  同じ面積の限られた田畑でも、年に複数回の収穫が出来れば、農地を有効に利用することが出来ます。つまり、一定の面積の耕作地で、より多くの収穫を挙げることが可能となります。それが二期作、二毛作という栽培方法です。

  二期作というのは、同じ農地で、年に二回、同じ作物を栽培する方法です。この言葉は、通常は米の栽培について使われますが、他にも、トウモロコシやジャガイモなどの場合にも、この用語が用いられています。
  今日では、日本国内でコメの二期作が行われているのは、平均気温が年間を通じて、16℃以上の温暖な、太平洋側の地方です。具体的には、高知県や宮崎県、鹿児島県、沖縄県などです。


  二毛作というのは、同じ農地で、二種類の作物を栽培する方法です。
  日本国内では春から、秋にかけて、コメを作り、それを収穫してから、翌年の春まで、麦や、ダイズを育てることが多く、一回目を表作、二回目を裏作と呼びます。
  その二期作 ・ 二毛作による作物の栽培を表現したものが、次の一文です。
         ↓

  『日本書紀』
   (1)素戔鳴尊、春(はる)は重播種子(しきまき)し( 一度種を播いた上に、繰り返し種を蒔くこと)

  つまり、限られた一定の面積の田畑を、最大限に有効利用するために、栽培する作物の種類を変えたり、植える時期をずらしたりして、年に複数回の収穫ができるように工夫したのです。今で言うところの、二期作 ・ 二毛作の農業技術が取り入れられたということです。


  【 連作障害 】

  連作というのは、同一の田畑(圃場)で、同一の作物を、何度も繰り返し栽培することです。その連作が原因で、作物が生育不良になる現象を、連作障害と呼びます。

  原因としては、土壌中に含まれている植物に必要な栄養素の減少や、有害な細菌や、ウイルスなどの増加、害虫の繁殖などが考えられます。
  この連作障害に対しては、歴史的に、次のような対策が講じられて来ました。
        ↓

   三圃式農業 ( 家畜を田畑に放って地力を回復させる方法 )
   輪栽式農業 ( 植え付ける農作物の種類を交互に変える方法 )


 〔1〕 三圃式農業
  三圃(さんぽ)式農業というのは、一定の農地を冬穀、夏穀、休耕地(放牧地)に三分割して耕作する農法を指します。
  つまり、田畑の地力が低下することを防ぐ目的で、休耕地に家畜を放牧して、その排泄物を肥料として地力を回復させる方法です。因みに、二圃制(にほせい)の場合は、冬に小麦 → 休耕の繰り返しになります。

  このことが、次の一文に記されている本来の内容です。
       ↓

   『日本書紀』
   (3) 秋は天斑駒(あまのぶちこま)を放(はな)ちて、田(みた)の中(なか)に伏す ( 田に斑馬を放して、その馬を田に寝そべらした。)


  つまり、連作障害を防ぐために、休耕地(放牧地)に馬を放って、地力の回復を図る農法が取り入れられたのです。
  馬は警戒心が強いために、通常は立ったままで眠りますが、完全に安心出来る場所では、肚を地面に着けて寝ます。広い休耕地に放牧されたために、そうした情況が創り出されたということです。

  ところで三圃式農業は、一般的には中世のヨーロッパで行われたとされています。それが和銅五年(712年)に編纂された、この『古事記』に記されているのです。従って、これは中世になってから開発された新しい農法などではなく、古来より行われてきた伝統的な農業技術であったということになります。
  人類の英知は、紀元前の時代に、すでにそうした技術を開拓していたのです。これにより、農業の歴史は、根底から覆ったことになります。


 〔2〕 輪栽式農業
  輪栽式農業というのは、冬場に小麦などを植え付ける代わりに、カブや、てんさいなどの根葉類を植えるというものです。
  三圃式農業では、動物に与える飼料が不足する冬季に、家畜を飼うことが困難になるという欠点がありました。そこで動物の飼料用にも使える、根菜植物の栽培を取り入れた輪栽式農業が発達したのです。
  また、夏場は、穀物である大麦・ライ麦の代わりに、蓮華草やクローバーを栽培して、地力の回復を図ります。

  蓮華草は豆科の植物であり、根には、窒素を蓄える根粒バクテリアが付いています。窒素は、植物の三大栄養素の一つであり、稲を育てる肥料となることから、花が咲いたあとに、土と一緒に鋤き込みます。

  この農法は、三圃式農業に比べると、穀類の作付けが減少するものの、根葉類やマメ科植物の作付が増加します。特にカブなどの栽培を行うことから、動物に与える飼料の不足が解決して、冬場の家畜の飼育が可能となりました。
  結果的に、家畜によって生みだされる堆肥と、牧草による地力の回復によって、田畑を休耕地にする必要性が無くなりました。
  そして、この輪栽式農業を導入したことにより、食料の生産量が増加して、西ヨーロッパでは人口が急速に増加しました。つまり豊富な食糧がもたらした繁栄です。

  この輪栽式農業は、18世紀から19世紀にかけての西ヨーロッパで導入された耕作方式の一つであり、イギリスではノーフォーク農法の名で知られています。
  しかし、これも実際には、すでに紀元前から取り入れられていた農法であると考えられます。三圃式農業から輪栽式農業への移行に、それほどの年月を要したとは考えられないからです。古代人の智恵を侮ると、歴史の真実を見失うことになります。


  【 動物の皮革を材料にした製品の普及 】

  古来より様々な動物の皮が加工されて、実用品として製品化されて来ました。布織物が無かった頃の古代人の衣服には、動物の皮が多く利用されて来ました。
  その最も代表的なものが、牛革ですが、それ以外にも、豚、馬、山羊、兎、豹、狐、狸などがあります。また、爬虫類である、蛇、トカゲなども使われて来ました。


  〔 鞣し(なめし)の技術 〕

  動物の皮は、そのままでは腐ってしまいます。また、乾けば固まって、硬くなってしまいます。従って、生皮のまま使用することは出来ません。必ず、鞣し(なめし)という工程が必要になります。

  鞣しの方法としては、古くは剥皮した動物の皮を、乾燥させたり、叩いたり、擦ったり、揉んだりして、線維を分解するという物理的な処理が行われました。
  その後、煙で燻したり、動植物の油を塗ったり、植物の渋(タンニン)に漬け込んだりして、効果的に柔らかくすることが出来るようになりました。

  タンニンなめししというのは、植物の樹皮、根、葉などから抽出した植物タンニンを、溶液でとかして桶槽(ピット)に満たしておき、その中に、上から吊り下げた状態の皮を浸してなめす方法です。
  これ以外にも、クローム鞣しや、混合鞣し(コンビネーション鞣し)といったものがあります。クローム鞣しというのは、金属鞣しの一つであり、鞣し剤に塩基性硫酸クローム塩を使用するものです。
  また、混合鞣し(コンビネーション鞣し)というのは、タンニン鞣し、クローム鞣しの特長を組みあわせた方法であり、それぞれの欠点を補う効果があります。セーム革の製造に使用されます。


  須佐之男命の悪行の最たるものが、逆剥
(さかは)ぎにした斑馬(ぶちこま)の皮を、服屋(はたや)の天井に穴をあけて、そこから落とし入れたというものでした。
        ↓

  その服屋(はたや)の頂(むね)を穿(うが)ち、天(あめ)の斑馬(ぶちこま)を逆剥(さかは)ぎに剥(は)ぎて堕(おとし)し入るる時に、


  これはタンニンなめしの作業を行うために、材料となる馬の皮を、天井に取り付けた装置で吊り下げて、溶液に漬けたということです。
  つまり、大掛かりな工場で、馬の皮をなめすために工夫された装置が、天井に設置されていたのです。その風景を、外観的に描写したものが、この一文だったのです。


  〔 馬の革を材料にして創られる製品 〕

  農耕用に使用された牛馬は、加齢により、動きが鈍くなり、動力原としては使えなくなりますから、最終的には食用に回されます。そして、牛馬から剥ぎ採った皮革も、古来より様々な製品に形を変えて、有効に利用されて来ました。

  ( コードバン )

  農耕用の馬の臀部から採れる皮革であるコードバン(cordovan)は、非常に利用価値が高く、革靴や、鞄、ランドセル、財布などに使用されています。また、臀部以外の比較的柔らかい部分は、靴の内革にも使用されます。
  これはサラブレッドや、ポニーといった、一般的に知られている馬からは採れないものです。現在では、ヨーロッパ地方で、食肉用として生産されている少量の農耕馬からのみ、副産物として採ることが出来ます。

  一頭の馬から採れるコードバンの量は、ごくわずかであり、また農耕馬自体が年々減少していることから、入手の困難な素材になっています。従って、その希少性と質の高さにより、動物皮革の中では高級品とされています。

  記・紀には、斑馬と呼ばれる馬が登場しますが、これが当時、農耕馬として使用されていた種類の馬です。その馬から剥いだ皮を製品として利用するために、大掛かりな製造工場が造られていたのです。


  【 馬の生態と生理 】

  ウマ(馬)は、奇蹄類目・馬科・馬属に属する動物の総称です。そもそも馬は、草原で進化してきた動物ですから、草食性であり、発達した門歯と臼歯で、餌となる植物を、噛み切ったり、すりつぶしたりして食べます。
  また、ウマは後腸発酵動物であり、反芻動物とは異なって、胃は、一つしかありません。また大腸のうち、盲腸がきわめて長く、約1.2mもあります。これにより、歩きながらでも食物の消化が可能です。結腸も発達しています。
  これらの消化器官には、微生物が棲みついており、繊維質を発酵させて分解します。胆嚢が無いことも草食に適しています。

  このような生物学的な特徴を持つ馬は、長時間の食物消化が終わると、そのつど糞を落とします。たとえ歩きながらでも、ポタポタと落とします。かつて道路を、多くの荷馬車が往来していた時代には、道の真ん中に、大量の馬糞が落ちているのは、ごく当たり前のことでした。また、大量の尿を放出します。

  動物である馬には、人間世界で求められる礼儀、礼節といったものは通用しません。たとえそこが神聖な場所であろうがなかろうが、馬の生理現象は変えようがありません。至るところに、糞尿を撒き散らします。
  要するに、馬に、人と同じような節度、礼節を求めることは不可能なのです。そのために生じた出来事が、次のようなものでした。
       ↓

   『古事記』
   (3)大嘗(おほにへ)を聞(き)こしめす殿(との)に屎(くそ)まり散らし (神聖、清浄であるべき宮殿に、糞尿を撒き散らした。)


  その場所が、いかに神聖な場所であろうとも、馬としての生態・生理は、変えようがないのです。言い換えれば、それを求める方に無理があるのです。
  ただ現実的には、こうした困ったことも生じるようになったということであり、それだけ農耕馬の数が増加したことを意味します。つまり、神聖であるべき神殿の周囲にも、農耕馬が、数多く見受けられるようになったということを表わしているのです。


  【 農耕馬を使った農業の拡大 】

  人が馬を自由に操作するためには、馬の口に“はみ”を噛ませる必要があります。それにより手綱を引く人の意志が、容易に馬に伝えられるようになります。
  また、車輪が開発されて、それを取り付けた馬車が使われるようになると、馬の必要性は、より大きくなりました。車輪は、紀元前3,500年ごろ、メソポタミアで発明されました。

  馬車が普及し始めると、瞬く間に世界中に広まりました。まず、地中海世界から始まり、黄河流域の中国まで、広く使われるようになりました。
  その馬車は、荷物を運ぶために使われただけでなく、後には、戦車としても使われるようになりました。
  こうした馬の普及が、さらに馬の力を利用して、田畑を耕作する馬耕という農法を生んだのです。

  そして、人力に代えて馬を使用する農法は、飛躍的に拡大して行きました。作業効率が高く、農作物の収穫を高めることが出来たからです。
  そのことが、次の一文に記されている本来の内容です。
        ↓

  【 −− なほその悪しき態(わざ)止(や)まずて轉(うたて)ありき。】

  つまり馬は、田畑の耕作のために、すでに無くてはならない存在となっていたのです。従って、これは悪しき業ではなく、人々に朗報をもたらしたものであり、農民にとっては、まさに革命的な出来事であったのです。それ故に、急速に拡大して行ったのです。


  【 機織り業の衰退 】

  その当時から、馬の皮を材料にした革製品のほうが、綿織物よりも収益性が高く、需要も大きかったものと考えられます。
  必然的に、この地域では、馬革の加工業が急速に発展し、拡大して行ったのです。その反動として、綿織物業は衰退し、それにより服織女(はたおりめ)の仕事が減少したのです。
  結果的に、機織りに使用する(ひ)が使われなくなり、それを使う専門の職人もいなくなってしまったのです。そして、その職人たちも、また革製品の製造へと移って行ったのです。

  つまり、新たに持ち込まれた産業が、古い伝統的な職業を淘汰してしまったということです。そのことが、次の一文に記されている本来の内容です。
        ↓

  天(あめ)の斑馬(ふちこま)を逆剥(さかは)ぎに剥(は)ぎて堕(おとし)し入るる時に、天の服織女(はたおりめ)見驚きて、梭(ひ)に陰上(ほと)を衝(つ)きて死にき。


  それまで服織女(はたおりめ)が使っていた梭(ひ)は、馬革の製造のためには用いられることがないために、機織りという職業そのものが死滅したのです。
  また、それが女性の職業であったために、『 (ひ)に陰上(ほと)を衝(つ)きて死にき 』という表現がなされたのです。
  ここには新たに発生した魅力的な産業によって、古くから細々と営んで来た地場産業が、急速に駆逐された経緯が記されているのです。

  *****  ○ ☆ ○  *****



  以上のように、この『須佐之男命の勝さび』には、馬の力を利用して、農業を飛躍的に発展させた、須佐之男命が行った改革が、幾つかの項目を挙げて記されているのです。
  逆剥(さかは)ぎにした斑馬(ぶちこま)を、服屋(はたや)の屋根にあけた穴から落とし入れたのは、その延長線上で生じた出来事でした。つまり、農耕用に使用した馬の最終的な利用法だったのです。

  ここでは、そうした説明をすべて省いて、須佐之男命を粗暴で、極悪、非道の悪人に仕立て上げるための操作が行われたのです。
  なぜなら『古事記』が編纂された和銅五年(712年)当時は、この国に農耕馬がいなかったために、『記・紀』の編纂者たちは、その実態を知らなかったからです。
  また、農業の分野では、当時、年に一回、一品種の作物を収穫する単作農業しか行われておらず、二期作、二毛作といった異なる栽培方法があることも知らなかったのです。

  そのために伝聞で仕入れて来た知識から、その本来の“意味・内容”に気付かずに、すべてを須佐之男命の悪行に結びつける解釈を行ったのです。
  こうして天照大御神が、石屋戸に閉じ籠もることになった原因までもが、この書物の編纂・編集者たちによって捏造されたのです。
  それは当時の権力者たちからの、強い要請があったからです。彼らのご先祖様の『天の石屋戸』での活躍を、確定させて、不動のものとするためです。


  因みに、この一件が判明したことによって、『日本書紀』の内容が、『古事記』の内容を引き継ぎつつも、それを裏付ける意図で、恣意的に構成されていることが判明しました。
  つまり、『古事記』で捏造された内容までもが、『日本書紀』で、さらに上塗りされているのです。それにより虚構と、ウソで構成された架空の内容が、あたかも事実に基づく出来事であったかのように記述されているのです。
  このあたりに、『日本書紀』の成立に関する秘密が隠されていると考えられます。従って、このことは、この書物を読む際の最大の留意点となります。


                                        2011. 5.  27.     店主記す



 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒