木花の佐久夜毘売 と たたら製鉄
 ――――――――――――――――

  『木花の佐久夜毘売』の章には、降臨の地の日向の国から、笠沙の御前(みさき)へやって来た邇邇芸能命(ににぎのみこと)が、そこで木花の佐久夜比賣と出会う話が記されています。
  そして、その二人がやがて結婚して、子孫を残すことになります。

  しかしそこには、二つのエピソードが混合して記されているために、両者を分離して、それぞれに異なる解釈を加える必要があります。
  つまり、この章の前半部と、後半部とでは、まったく別の内容の出来事が記されているのです。

  その一つは、地上に降臨した天孫・邇邇芸能命が、ほどなくして亡くなったというものです。これは長寿を象徴する石長比賣(いわながひめ)との結婚を拒否した話として、内容がかなり変形して記されています。実際に起きた事実関係が、極端に抽象化されているのです。

  もう一つは、破損した船の修理をするのに必要な鉄釘を製造するために、その地で製鉄作業が行なわれたというものです。
  そのための技術が、たたら製鉄であり、具体的には、野だたらと呼ばれる製鉄技術です。


   *******   ○  ○  *******



  邇邇芸能命がほど無くして亡くなったことは、木花の佐久夜毘売の姉の石長比賣が、醜女であることを理由に結婚を断った話として、その内容が寓意化されて記されています。
  以下、その部分の全文を紹介しておきます。
        ↓

  ここに天津日高日子番能邇邇芸能命
(あまつひこひこほのににぎのみこと)、笠沙(かささ)の御前(みさき)に、麗(うるは)しき美人(をとめ)に遇(あ)ひたまひき。

  ここに「誰
(た)が女(むすめ)ぞ。」と問ひたまへば、答へ白ししく、
  「大山津見神
(おほやまつみのかみ)の女、名は神阿多都比賣(かむあたつひめ)、亦の名は木花(このはな)の佐久夜毘(さくやびめ)と謂ふ。」とまをしき。

  また「汝
(いまし)の兄弟(はらから)ありや。」と問ひたまへば、
  「我が姉、石長比あり。」と答へ白しき。
  ここに詔りたまひしく、
  「吾
(あれ)(いまし)に目合(まぐはひ)せむと欲(おも)ふは奈何(いか)に。」とのりたまへば、
  「僕
(あ)は得(え)(まお)さじ。僕(あ)が父大山津見(の)神ぞ白さむ。」と答へ白しき。

  故、その父大山津見
(の)神に、乞ひに遣はしたまひし時、大(いた)く歓喜(よろこ)びて、その姉石長比賣を副(そ)へ、百取(ももとり)の机代(つくうしろ)の物を持たしめて、奉(たてまつり)り出(いだ)しき。
  故ここに其の姉は甚凶醜
(いとみにく)きによりて、見畏(みかしこ)みて返し送りて、ただその弟(おと)木花の佐久夜毘を留めて、一宿(ひとよ)(まぐわひ)したまひき。

  ここに大山津見
(の)神、石長比賣を返したまひしによりて、大(いた)く恥ぢて、白し送りて言ひしく、
  「我が女二
(ふ)たり並べて立奉(たてまつ)りし由(ゆゑ)は、石長比賣を使はさば、天つ神の御子の命(いのち)は、雪零(ふ)り風吹くとも、恒(つね)に石(いは)の如くに、常(とき)はに堅(かき)はに動かずまさむ。また木花の佐久夜比賣を使はさば、木の花の榮ゆるが如(ごと)榮えまさむと誓(うけ)ひて貢進(たてまつ)りき。

  かくて石長比賣を返さしめて、ひとり木花の佐久夜毘を留めたまひき。故、天つ神の御子の御壽
(みいのち)は、木の花のあまひのみまさむ。」といひき。
  故、ここを以ちて今に至るまで、天皇命等
(すめらみことたち)の御命(みいのち)長くまさざるなり。

           ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸能命 5 木花の佐久夜毘売 P68〜70 より )

  *******   ○  ☆  ○  *******
  *******   ○  ☆  ○  *******


  【 女性に譬えられた田畑や、農地、山林 

  以前に紹介した櫛名田比賣の時と同様に、ここでも森や、田畑や、農地や、山林が、女性に譬えられています。
  つまり、ここに登場する木花の佐久夜比賣も、石長比賣も、実際には、その土地を管理していた先住民たちを指します。古くからのその地域の住民たちです。その一族郎党が、木花の佐久夜比賣、石長比賣という個人名で取り扱われているのです。

  要は、この笠沙の御前(みさき)の一帯を支配していた一族が、木花の佐久夜比賣であり、また石長比賣であったということです
  そして、その木花の佐久夜比賣は、実は、大山津見神(おほやまつみのかみ)の女、名は神阿多都比賣(かむあたつひめ)であり、脚注には、次のような説明があります。
        ↓

  『薩摩の国阿多郡(鹿児島県日置郡)の阿多に因んだ名。』
 ( 同 木花の佐久夜毘売 P68 )


  従って、遠い過去に於いて天孫・邇邇芸能命と、現在の鹿児島県日置郡の先住民たちとの出会いがあったということになります。その出来事が物語化されて、この『古事記』に記されているのです。


  【 美人と醜女 】

  ここでは木花の佐久夜比賣は、"美人"であり、また姉の石長比賣は、"醜女"ということになっています。これは、実際にはその土地が、植物の成長、育成に適した状態になっているか、あるいは植物の生育に適さない荒れ地の状態であるかを現わしたものです。
  その基準となるものが、若い女性の容貌に例えられているのです。つまり男から見て、より好ましい状態であるかどうかによって、美人と、醜女に分けられたのです。

  具体的には、木花の佐久夜比賣の一族が管理していた土地は、その当時、主食にもなっていた栗や、胡桃、栃、椎、柿、梨のような花や、実を付ける植物が栽培できたのに対して、石長比賣の一族が管理する土地は、どこまでも石ころや、大きな岩が転がっている荒れ地の状態であったということです。まったく使い物にならない土地だったのです。そのために、姉の石長比賣との結婚は成立しなかったのです。

  ですから実際に、その女性が
美人であるか、醜女であるかで差別されたわけではないということです。
  また、この判定基準は、後に、皇后選定(P87)の場面でも使用されます。
この書物の中身が、女性に対する男性の好みを基準にして成立したことを物語っています。つまり、男性優位の一方的な基準がまかり通っていたのです。


  【 石長比賣 】


  ここには取って付けたような教訓が、いかにももっともらしい理由を付けて述べられています。結婚相手として差し出した二人の娘のうち、醜女であることを理由に、石長比賣を返してしまったために、後の天皇命等(すめらみことたち)の寿命が長くなることはなかったというのです。
        ↓

  「我が女二
(ふ)たり並べて立奉(たてまつ)りし由(ゆゑ)は、石長比賣を使はさば、天つ神の御子の命(いのち)は、雪零(ふ)り風吹くとも、恒(つね)に石(いは)の如くに、常(とき)はに堅(かき)はに動かずまさむ。 ーー 略 ーー  かくて石長比賣を返さしめて、ひとり木花の佐久夜毘を留めたまひき。故、天つ神の御子の御壽(みいのち)は、木の花のあまひのみまさむ。」といひき。


  つまり、天皇家の人たちは、一時的には繁栄するものの、永遠の命を得ることができなかったのは、そのためであるというわけです。その由来が、石長比賣の名前にかこつけて述べられているのです。
  
そして、これは、その当事者であった邇邇芸能命(ににぎのみこと)にも、当然、適応されるものでした。
  つまり、天孫・邇邇芸能命にも、長寿は、約束されていなかったということです。より具体的には、邇邇芸能命は、ほどなくして亡くなったということです。そのことが、石長比賣との結婚を断ったことに由来するものとして理由づけされているのです。

  これはなかなか巧妙に物語化されているために、記されている文章の表面だけを読んだのでは、見逃してしまう内容です。

  しかしながら、実はこの建前に反して、この当時の天皇の寿命は、極端に長いのです。例えば、次に即位した天津日子穂穂手見命
(あまつひこひこほほでみもみこと)は、何と、580歳となっているのです。
        ↓

  故、日子穂穂手見(の)命は、高千穂の宮に五百八十歳
(いほちまりやそとせ)坐しき。
                               ( 『古事記』 岩波文庫版  P78 )

  また、初代天皇とされる神武天皇の場合は、137歳です。
        ↓

  凡
(おおよ)そこの神倭伊波禮毘古(の)天皇の御年(みとし)、一百三十七歳(ももあまりみそまりななとせ)

                                ( 『古事記』 岩波文庫版  P91 )



  当然のことながら、人の寿命が、これほど長いはずはありませんから、ここには何か意図的な操作が加えられていることが分かります。つまり、何らかの理由で、事実が捻じ曲げられているということです。

  その代表的なものは、天皇家が支配するこの国の歴史を、古く見せかけるための粉飾が、作為的に行われたという説です。
  
つまり、神としての天皇が支配するこの国の歴史は、太古の時代にまで遡る長大なものであったという考え方であり、この考え方に基づいて、意図的に寿命が長く引き延ばされたのだというわけです。

  ただし、これにはもう一つ、別の考え方が成り立ちます。それは該当するその一族の名前が、総称としての個人名で扱われたとするものです。
  
つまり、何世代にも亘って引き継がれた日子穂穂手見(の)命の一族の繁栄は、およそ580年にも及んだということです。
また、初代の天皇となった神倭伊波禮毘古(の)天皇(神武天皇)の場合も、該当する一族が繁栄した期間が、137年ほど続いたということです。

  こう考えると、この長大な数字に対しても、必ずしも疑義を差し挟む必要性がなくなるわけです。もちろん意図的に、長寿の粉飾行為が行われたと考える必要もなくなります。


   *****   ○  ○  *****

   *****   ○  ○  *****


  この地で製鉄作業が行われた出来事は、"子"を出産する話として、かなり寓意化されて記されています。
  つまり、たたら製鉄によって取り出された鉄が、子であり、それを取り出す作業が、出産の場面として描かれているのです。
従って、その寓意化の過程を逆行させて、本来の内容を読み取る必要があります。
  以下は、上の一文に続く部分です。

         ↓

  故
(かれ)、後(のち)に木花の佐久夜毘、参出(まゐで)て白ししく、
  「妾
(あ)は妊身(はら)めるを、今産(う)む時に臨(な)りぬ。この天つ神の御子は、私(わたくしに)に産むべからず。故(かれ)、請(まを)す。」とまをしき。
  ここに詔りたまひしく、
  「佐久夜毘、一宿
(ひとよ)にや妊める。これ我が子には非じ。必ず國つ神の子ならむ。」とのりたまひき。
  ここに答へ白ししく、
  「吾が妊みし子、若し國つ神の子ならば、産むこと幸
(さき)くあらじ。もし天つ神の御子ならば、幸(さき)くあらむ。」
  とまをして、すなはち戸無き八尋殿
(やひろどの)を作りて、その殿の内に入り、土をもちて塗り塞(ふた)ぎて、産む時に方(あた)りて、火をその殿に著けて産みき。
  故、その火の盛りに焼
(もゆ)る時に生める子の名は、火照命(ほてりのみこと)。こは隼人阿多君の祖。
  次に生める子の名は、火須勢理命
(ほすせりのみこと)。次に生める子の御名は、火遠理命(ほをりのみこと)。亦の名は天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)三柱

  
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸能命 5 木花の佐久夜毘売 P68〜70 より )


  【 たたら製鉄 】

  鉄は酸化しやすい物質であるために、自然界には、純粋な鉄〔Fe〕としては存在しません。すべて酸化鉄になっています。たとえば次のようなものです。
             ↓

      FeO(OH) Fe2(OH)6    〔 水酸化第二鉄 〕
      Fe2O3            〔 三二酸化鉄 〕
       Fe3O4 (Fe2O3 / FeO)  〔 四三酸化鉄 〕
      FeS2             〔 二硫化鉄 〕

  製鉄作業というのは、原理的には上のような酸化鉄から、炭素〔C〕の固まりである木炭を使って、酸化還元反応を起こすことにより、純粋な鉄〔Fe2〕を取り出す作業です。そのために使われる技術がたたら製鉄です。
  鉄に含まれる酸素が炭素に吸着されるので、還元反応と呼ばれますが、その炭素には、酸素が吸着するので、酸化です。つまり、二つの現象が、同時に発生することになります。

  具体的には炉の内部に、木炭と砂鉄を交互に入れて、炉内を高温無酸素状態にすることで、木炭〔C
2〕に、酸化鉄に含まれる酸素〔O2〕を吸着させて、還元する方法です。
  また、ふいごを使って、炉の内部に風を送り込むことにより、炉内の温度をより高くすることが出来ます。それにより、酸化還元反応のスピードを早くすることができます。


  【 野だたら 】

  良質の鉄を取り出す製鉄作業を行うには、それなりの設備が必要です。大規模な工場のような固定された施設を造って、そこで大量生産を行えば、効率的に質の良い鉄を取り出すことが出来ます。
  しかし周辺地域から、原料の砂鉄や、燃料にする木炭が集められなくなると、その場所での鉄の生産は止まってしまいます。工場ごとほかの地域に、引っ越す必要性が生じます。そのための経費は、莫大なものになります。

  これに対して、簡便に製鉄作業を行う方法があります。小規模の溶鉱炉を作って、原材料の豊富な場所を探し、頻繁に移動しながら行う方法です。
  これはあまり質の良い鉄を取り出すことが出来ないという難点はあるものの、何時でも、何処でも、製鉄作業が行えるという便利な方法です。


  【 
戸無き八尋殿
(やひろどの)を作りて 】

  鉄が熔ける温度は、真砂砂鉄が、1420℃、赤目砂鉄が、1390℃です。ただし、鉄鉱石を熔かさなくても、酸化鉄を鉄〔Fe
2〕に変えることは出来ます。
  まず木炭の炭素〔C〕が、鉄と結合している酸素〔O〕を奪って、一酸化炭素〔CO〕になり、続いて、その一酸化炭素(CO)が、さらに酸素を奪って、二酸化炭素〔CO2〕になります。
  この化学反応に必要な温度は400〜800℃程度です。炉内の温度が低いと、固体のまま還元されて、酸素の部分が欠けた海綿状の鉄になります。温度が高ければ、あめ状の塊になります。

  この化学反応を起こすためには、炉内を完全密封の状態にする必要があります。もちろん外部の空気が入り込まないように、覗き窓のようなものを作ることもできません。
  次の一文は、そのことを表わしています。
          ↓

   すなはち戸無き八尋殿(やひろどの)を作りて、その殿の内に入り、土をもちて塗り塞(ふた)ぎて、産む時に方(あた)りて、火をその殿に著けて産みき。


  ただし、こうして出来た鉄は、多くの不純物を含んでいるために、次の段階で鍛錬という作業が必要になります。
  つまり鉄を硬いものの上に置き、赤く熱して、金づちで叩いて、内部に含まれている不純物を外部に絞り出す作業工程です。
  これが鉄を「鍛える」という工程であり、この作業をすることで、不純物を含まない鉄にすることができます。また、その鉄を炭に包んで熱し、炭素分を加えて"鋼"にすることができます。それにより、刃物としても使える硬い鉄が
出来上がります。


  【 國つ神の子と天つ神の御子 】

  ここではたたら製鉄という簡易的な装置で造られる鉄が、実際の使用に耐え得るようなまともなものであるかどうかを、國つ神の子と、天つ神の御子に例えて表わしています。
  つまり、取り出された鉄が、良質なものか、粗悪なものかということです。ここでも
内容の置き換えが行われているのです。

         ↓

  
「吾が妊みし子、若し國つ神の子ならば、産むこと幸(さき)くあらじ。もし天つ神の御子ならば、幸(さき)くあらむ。」


  たたら製鉄によって取りだされる鉄の中で、真に良質のものは、玉鋼と呼ばれます。大量に造られる鉄の中心部に、ごく少量しか含まれていません。
  これが日本刀の刃の材料に使わる鉄であり、硬くて柔軟性に富み、高い強度を持つ鉄です。

  その玉鋼こそが、まさしく天つ神の御子であり、ぜひとも取り出したい鉄なのです。つまり、天つ神が乗ってきた船の修理用に使える鉄が、果たして取得できるかどうかということです。
  それ以外の脆い鉄は品質が劣る國つ神の子であり、強い衝撃に耐えられないために、船の修理用に使うには適さないということです。従って、産むこと幸(さき)くあらじということになるわけです。


  【 三人の子供たち 】

  邇邇芸能命と木花の佐久夜比賣との間には、三人の子供たちが生まれました。次のような人達です。
         ↓

   火照命(ほてりのみこと)。こは隼人阿多君の祖。
   
火須勢理命
(ほすせりのみこと)
   
火遠理命
(ほをりのみこと)亦の名は天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)。


  
この子供たちというのは、
笠沙の御前(みさき)の先住民たちであり、薩摩の国阿多郡(鹿児島県日置郡)の周辺に住んでいたそれぞれの一族を指します。

  その人達が、邇邇芸能命がたたら製鉄を行うに際して、様ざまな協力をしたのです。つまり、燃料とする木炭を造るために、周辺から木材を切り出したり、炉を造るための土を集めたり、さらには川砂鉄を集めたり、そうした製鉄のための準備を行い、そして、数日間に及ぶ作業のために、木炭と砂鉄を交互に注ぎ込むといった重労働に従事したのです。

  そこで付けられた名前が、"火"の文字を頭に頂いたそれぞれの名前です。つまり、製鉄作業に携わったことの証明が、これらの名前として残されたのです。ただし、この火は、同時に、稲穂のホを表わしており、そこにもう一つ別の意味が含まれています。


  【 稲作農業と新嘗祭 】

  邇邇芸能命は、そもそも稲作農業の専門家であり、その技術を普及させるための指導者として遣って来た人物です。従って、国を出る際に、自国で栽培していた稲の種を持参して来たことが考えられます。
  そして、その種を撒いて、この地で、稲作農業の指導を行ったのです。
  『古事記』には、そのことを示すものはありませんが、『日本書紀』に、次のような一文があります。
         ↓

   時に神吾田鹿葦津姫
(かむあたかしつひめ)、卜定田(うらへた)を以て、号けて狭名田(さなだ)と曰ふ。其の田(た)の稲(いね)を以て、天甜酒(あめのたむさけ)を醸(か)みて嘗(にひなへ)す。
   また渟浪田
(ぬなた)の稲を用(も)て、飯(いひ)に為(かし)きて嘗(にいなへ)す。
                    ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P148 )


  ここに登場する不明な語句に関して、脚注には、次のような説明がしてあります。
        ↓

  卜定田 → 神に供える稲を作るために、卜によって場所をきめて作る田。
  狭名田 → サは神稲を意味する語。
  渟浪田 → ヌは沼。ナは助詞。従って水田の意。
                                      ( 同 上   P149 )


  ちなみに、この神吾田鹿葦津姫
というのは、『古事記』に登場する
神阿多都比賣のことであり、即ち、木花の佐久夜毘を指します。
  従って、この一文から分かることは、邇邇芸能命が実際に指導してこの地に水田を作りそこで木花の佐久夜毘賣が稲を栽培し、秋には米を収穫したということです。
  そして、その米を用いて、酒を醸造したり、主食のコメに用いたということです。


  新嘗祭
(にいなめさい・しんじょうさい)という行事は、古くから宮中でおこなわれて来たものであり、天皇が、その年の新穀や、新酒を、天照大神をはじめとする天地の神々に供えて感謝し、自らも食す儀式です。
  これは今現在も行われているものです。その原型となるものが、この一文に記されているのです。

  これにより稲作農業と、地上に降臨した天孫・邇邇芸能命の目的が、完全につながったことになります。邇邇芸能命の稲作農業が、この地で出会った木花の佐久夜毘賣に引き継がれているからです。
  そして、さらにこの稲作農業の技術を引き継いだのが、火照命(ほてりのみこと)火須勢理命(ほすせりのみこと)火遠理命(ほをりのみこと)亦の名は天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)であったということです。

  この人物たちは、次の章で海幸彦、山幸彦として登場して来ます。つまり漁業を専門とする海の民と、狩猟を専門とする山の民です。
  その両者を結び着けていたのが、この木花の佐久夜毘であったことを考え併せると、この辺りには、まだ稲作農業が普及していなかったのかも知れません。つまり、初めて食した米が、邇邇芸能命が持参した種籾から採った米であったということです。
  まさに記念すべき出来事であったに違いありません。


                                       
 2012. 3.  6.     店主記す


 




    秘密の小部屋に戻る。  
    




s p ⇒