超能力者 ・ 事代主神の足跡
 ――――――――――――――――

   【 1 】 大物主(おほものぬし)神 と 事代主神

  大物主(おほものぬし)神は、大和(やまと)国の三輪山(みわやま)にいた神です。
  かつて大國主神は、少名毘古那神と一緒に、国作りを目指していたのですが、その少名毘古那神がいなくなったあとで、遣って来たのが、この人物でした。
          ↓

  『吾(われ)をば倭の青垣の東の山の上(へ)に拜(いつ)き奉(まつ)れ』と答へ言(の)りたまひき。こは御諸(みもろ)山の上(へ)に坐(ま)す神なり。』
         
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 大国主神 7少名毘古那神と国作り P54 )
  


  そして、国譲りによって、高天の原から派遣されて来る人物に、政権が引き継がれるに当たっては、国内の平安と、治安維持のために、尽力したのです。
  建御雷神と経津主神が、岐神(ふなとのかみ)の案内で諸国を巡り歩きましたが、その巡行には、大物主神(おほものぬしのかみ)と事代主神が同行しました。
          ↓

   故、経津主神(ふつぬしのかみ)、岐神を以て郷導(くにのみちびき)として、周流(めぐりあり)きつつ削平(たいら)ぐ。逆命者(したがわぬもの)有るをば、即ち加(また)斬戮(ころ)す。帰順(まつろ)ふ者をば、仍(よ)りて加(また)褒美(ほ)む。
   是の時に、帰順ふ首渠(ひとごのかみ)は、大物主神(おほものぬしのかみ)及び事代主神なり。
             ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 P138 )


  ですから、大物主(おほものぬし)神と事代主神は、天孫降臨よりはるか以前の国譲りの時からの知り合いであり、交友関係があったということです。つまり両者は、旧知の間柄だったのです。
  しかも高天の原の高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)からは、大物主神に対して、次のような勅(みことのり)が発せられました。
         ↓

   時(とき)に高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、大物主神に勅(みことのり)すらく、「汝(いまし)(も)し国神(くにつかみ)を以(も)て妻とせば、吾(われ)(なほ)汝を疏(うと)き心(こころ)(あ)りと謂(おも)はむ。
    故、今(いま)(わが)(むすめ)三保津姫(みほつひめ)を以て、汝に配(あは)せて妻とせむ。八十万神(やそよろずのかみたち)を領(ひき)ゐて、永(ひたぶる)に皇孫(すめみま)の為(ため)に護(まも)り奉(まつ)れ。」
   とのたまひて、乃(すなは)ち還(かへ)り降(くだ)らしむ。
                                    (同・書紀  P140 )


  つまり、大物主神に対して、吾(わが)(むすめ)である三保津姫(みほつひめ)を、そなたの妻にしなさいと命令したのです。

  その三保津姫(みほつひめ)というのは、出雲の国に建御雷神と経津主神が乗り込んで来た際、事代主神が鳥遊(とかり)をし、また魚(な)を取りに出掛けていた御大(みほ)の前(さき)にいた人物です。
               ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 葦原中国平定 4事代主神の服従 P61 参照 ) 


  従って、事代主神は、この人物とも古くから交流があったのです。
  こうした事情から、事代主神は、大物主(おほものぬし)神がいた大和(やまと)国の三輪山(みわやま)に、長く居着くようになったものと考えられます。




   【 2 】 事代主神が育てた弟子たち

  高天の原の超能力者、高御産巣日神には、多くの“ 子” が存在しました。つまり、たくさんの弟子たちがいたということです。
  因みに、その数、1,500人という数字が示されています。この神によって育てられた後継者たちです。
          ↓

  時に、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、聞(きこ)しめして曰(のたまわ)く、
  『吾が産(う)みし児(こ)、凡(すべ)て一千五百座(ちはしらあまりいほはしら)有り。 ーー 略 ーー 』
                                (『日本書紀』 P106 )


  これは直属の弟子たちが、約千五百人ほどいたという意味であり、その弟子たちが、さらに多くの弟子を育てたと考えられますから、この当時、すでに巨大な組織が出来あがっていたことになります。その人たちが、各地、各国へと散って行ったのです。

  一方の事代主神は、須佐之男命の系列に属し、高御産巣日神の系列には入らない人物でした。そのために、国譲りによって大国主神と共に、権力の中枢機構からは退けられました。
  しかし、この人物もまた、多くの弟子たちを育てたのです。そして、後にその弟子たちが皇后(正妻)として、天皇の側近に侍り、行政の実務面を取り仕切ったのです。

  ですから、この後に登場して来る皇后・正妻というのは、いずれも事代主神が育てた弟子たちであり、或いは、その弟子たちが育てた弟子、即ち、孫弟子たちです。要するに、何らかの形で、事代主神の能力を引き継いだ人たちであったということです。

  従って、それ等は、すべて事代主の“ 子 ”であり、或いは、女(むすめ)であり、それ等の兄弟、姉妹であり、または叔父・伯母です。
  そして、さらに時代が移ってからは、近祖、遠祖となったのです。


   【 3 】 事代主神が指導した蹈鞴(たたら)製鉄

  事代主神はかつて出雲の国にいたことから、その地で行われていた蹈鞴(たたら)製鉄の技術に精通していました。
  鉄が取り出されるまでの過程を、直接見ていたからです。従って、その製鉄技術を、新たな土地で指導することが出来ました。

  『 皇后の選定 』の章には、そうした蹈鞴製鉄に由来する名前が、幾つか登場して来ます。それは実際に事代主神が、その地で行った蹈鞴(たたら)製鉄に由来するものです。


  ○ 勢夜蛇多良比賣(せやだたらひめ)
    「セヤ」は 金属の矢じりを表わすという説があります。また「タタラ」は、すなわち蹈鞴であり、鍛冶場(かじば)で用いる鞴(ふいご)のことです。

  また、そこに、
  『 その容姿麗美(かたちうるは)しくありき。』 (P87)

  とあるのは、「木花の佐久夜毘賣」の章で使われた評価基準と同じです。基準となるものが、女性の容貌に置き換えられているのです。
  つまり、巫女、祈祷師として、高い能力を持った人物であるという意味です。


  ○ 富登多多良伊須須岐比賣(ほとたたらいすすきひめ)
    「ホト」は、製鉄用の炉の中心部の火窪(ほど)から来ています。また「タタラ」は、同じく蹈鞴のことです。
  そして、取り出された鉄に対して、
       ↓
  『 故、ここをもちて神の御子と謂うなり。』 とまをしき。 (P88)

  という評価が下されたのです。
  これも木花の佐久夜毘賣の製鉄の場面で使われた評価基準と同じです。要するに、粗悪な鉄、即ち、国津神の子ではないという意味であり、良質の玉鋼が取り出されたという意味です。


   ******  ○  ○  *******


  以上のように事代主神は、この地で、蹈鞴製鉄の技術指導を行うと同時に、自分が持っている特殊な能力を、多くの弟子たちに伝えたのです。
  その弟子たちが、さらに多くの弟子を育てて、その後、長年にわたって、この国の行政を司ったのです。

  ただし、その詳しい経緯は、『古事記』には記されておらず、『日本書紀』を同時に併せ読むことによって見えて来ます。


                   
2012. 3.  28.     店主記す



 



    秘密の小部屋に戻る。  
   



s p ⇒