天皇と皇后(正妻)たちの系譜
 ――――――――――――――――

  ここでは、『古事記』に記されている内容と、『日本書紀』の内容を対比させながら、より詳細に調べていくことにします。
  するとその裏に、まったく表面には現れていない、多くの人たちが隠れていることが分かります。その人達も、やはり行政府の長である皇后(正妻)に協力して、国造りのために貢献したのです。
  しかも、そのほとんどが、事代主神の特殊な能力を引き継いた人達であることが判明します。


  〔 一 〕 邇邇芸能命
(ににぎのみこと) ((生存年 不明))

    【 1 】 思金神

  天孫降臨の際に、新たな国王、邇邇芸能命に随行して来たのが、この思金神でした。高天の原の行政府に於ける中心的なメンバーの一人でした。
  『日本書紀』の一書によると、思金神は、神産巣日神の“子”ということになっています。
        ↓

  「 時に高皇産霊
(たかみむすひ)の息(みこ)思兼神(おもひかねのかみ)といふ者有り。思慮(おもいばかり)の智(さとり)有り。−−− 」
                                    
( 『日本書紀』 岩波文庫版 P78 )


  天照大御神は、瑞穂の国の新たな統治者となる邇邇芸能命に、この高御産巣日神の直属の弟子を随行させたのです。
  しかも天照大御神は、一行を送り出すに際して、国の支配者となる邇邇芸能命に対してではなく、思金神に行政に関する指示を出したのです。
         ↓

  「 −−− 次に思金神は、前の事を取り持ちて、政
(まつりごと)せよ。」
                                             
( 『古事記』 P66 )


  つまり実際に、国の政治を行うのは、新国王となる邇邇芸能命ではないということです。高御産巣日神から、様ざまな教育を受けた思金神であったということです。
  蓋し、邇邇芸能命は稲作農業の専門家であり、一国の行政を取り仕切ることは出来かったと考えられますから、経験のある思金神に行政全般を一任したことになります。また、それが国の安泰を図るための最善の方法であったということです。

  しかしながらこの人物は、邇邇芸能命
(ににぎのみこと)が降臨した日向の国の場面にも、次の笠沙の御前(みさき)の場面にも登場して来ません。記・紀ともに、消息不明の状態になっているのです。
  おそらく船が難破した際に、海中に投げ出されたものと考えられます。つまり、同行した他の多くの人たちと一緒に、海に沈み死んでしまったのです。当時の外洋航海は、それほど危険だったのです。


    【 2 】 神阿多都比賣
(かむあたつひめ)=木花の佐久夜毘賣

  邇邇芸能命
(ににぎのみこと)が、笠沙の御前(みさき)で出会ったのは、この地域の先住民である木花の佐久夜比賣の一族でした。
  この人物について、『古事記』には、次のような説明があるだけです。
         ↓

  大山津見神
(おほやまつみのかみ)の女、名は神阿多都比賣(かむあたつひめ)、亦の名は木花(このはな)の佐久夜毘賣(さくやびめ)と謂ふ。(P68)


  ただし、『日本書紀』にある次の一文から、この人物が、やはり特殊な能力を持っていたことが分かります。
         ↓

   時に神吾田鹿葦津姫
(かむあたかしつひめ)、卜定田(うらへた)を以て、号けて狭名田(さなだ)と曰ふ。其の田(た)の稲(いね)を以て、天甜酒(あめのたむさけ)を醸(か)みて嘗(にひなへ)す。
   また渟浪田
(ぬなた)の稲を用(も)て、飯(いひ)に為(かし)きて嘗(にいなへ)す。
                          
( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第九段 P148 )


  つまり神阿多都比賣は、卜占を立てることが出来る人物であったということです。言い換えれば、人の将来を占い、未来を予知・予測する能力を持っていたということです。これにより、この人物もいわゆる超能力者であったことが分かります。
  この当時、一族の長となる人物には、そうした能力が絶対的に必要であったということです。

  ( この「阿多」や、「鹿葦」は、南九州の地名であり、鹿児島県加世田市付近と想定されています。その加世田市は、鹿児島県の薩摩半島西岸にあった市です。)


  *******   ☆   ☆  *******


  〔 二 〕 天津日高日子穂穂手見
(あまつひこひこほほでみ)命 ((生存年 580歳))
       = 火遠理
(ほをり)命 = 山幸彦(やまさちひこ)

    【 3 】 豊玉毘賣
(とよたまびめ)

  火遠理
(ほをり)命が、綿津見の大神の宮を訪れた際に出会ったのが、この豊玉毘賣(とよたまびめ)命でした。(『古事記』 P71)

   その地で三年の歳月を過ごした火遠理
(ほをり)命は、帰る際に、綿津見の大神から、田の水を操る秘術を教えられました。後に、その術を用いて、海幸彦の日照命(ほでりのみこと)と対決して、相手を降参させました。(『古事記』 P76)

  ですから、その能力は当然、綿津見の大神から豊玉毘賣
(とよたまびめ)命にも受け継がれていたと考えられます。つまり、豊玉毘賣(とよたまびめ)命も同様に、特殊な能力を有する人物であったということです。


   *******   ☆ ☆  *******


  〔 三 〕 天津日高日子波限建鵜葺草葺不合
(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへず)命 ((生存年 不明))

    【 4 】 玉依毘賣
(たまよりびめ)

   実の母親である豊玉毘賣
(とよたまびめ)命が、この御子を生み落したあと、すぐ自国へ帰ってしまったことから、妹の玉依毘賣(たまよりびめ)命が養育のために遣わされて来ました。
  その姨
(おば)の玉依毘賣(たまよりびめ)命に関しては、『日本書紀』の注釈に、次のような説明がしてあります。
           ↓

   豊玉姫の妹。ーー 略 ーー  タマは生命力  ヨリは憑りつく意。 タマヨリはタマの憑りつく人。つまり巫女。ーー 略 。 
(P165)


  これにより、この人物もまた、特殊な能力を有していたことが分かります。
  また、玉依毘賣
(たまよりびめ)命は豊玉毘賣(とよたまびめ)命の姨(おば)、即ち、妹ということになっていますが、より具体的には、同じ一族の中にいた人物ということです。言い換えれば、特殊な能力を引き継ぐ一族の後裔ということになります。

  そして、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合
(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへず)命と、その姨(伯母)の玉依毘賣(たまよりびめ)命との間に生まれた御子は、次の四柱でした。

  (1) 五瀬
(いつせ)命。
  (2) 次に、稲氷
(いなひ)命。
  (3) 次に、御毛沼
(みけぬ)命。
  (4) 次に、若御毛沼
(わかみけぬ)命。またの名は豊御毛沼(とよみけぬ)命。またの名は神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命。 《後の神武天皇》

  ( 御毛沼命は、波先を飛び越えて常世國
(とこよのくに)に渡り、そこに鎮座しました。稲氷命は、妣國(ははのくに)である海原(うなばら)に入り、そこに鎮座しました。)


 *******  ☆ ☆  *******


  〔 四 〕 神倭伊波禮毘古
(かむやまといわれびこ)命  《神武天皇》 ((生存年 137歳 ))
       = 豊御毛沼
(とよみけぬ)命 = 若御毛沼(わかみけぬ)命)

    【 5 】 阿比良比賣
(あひらひめ)

  神倭伊波禮毘古
(かむやまといわれびこ)命は、九州の地、日向(ひむか)にいた頃、阿多之小椅君(あたのをばしのきみ)の妹、阿比良比賣(あひらひめ)を妻に娶(めと)っていました。
  そして、生れた子は、二柱です。
   (1) 多芸志美美
(たぎしみみ)命。
   (2) 次に岐須美美
(きすみみ)命。


   この阿比良
(あひら)は、鹿児島県姶良(あいら)郡に残る地名です。古代における「姶羅郡」は、現在の鹿屋市付近を指しました。九州南東部、大隅半島の中央部に位置します。
  対して、神阿多都比売
(かむあたつひめ)がいたのは、鹿児島県加世田市付近ではないかと想定されています。桜島がある鹿児島湾の反対側に当たり、大隅半島の中央部に位置します。従って、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命は、この南九州地域一帯の部族と、相互の友好関係を結んでいたことになります。

  ( この人物が持っていた特殊な能力については、何も記されていません。しかし、一族を束ねる長として、何らかの能力は持っていたに違いありません。この当時、そうしたものが無ければ、人々の信頼を得ることは出来なかったからです。)


    【 6 】 比賣多多良伊須氣余理比賣
(ひめたたらいすけよりひめ)

  神倭伊波禮毘古
(かむやまといわれびこ)命が、倭の国、畝火(うねび)の白橿原(かしはら)の宮で初代天皇に即位した後、新たな皇后として迎え入れられたのが、この人物です。
  この人物は、『古事記』では、美和
(みわ)の大物主(おほものぬし)神と、勢夜蛇多良比賣(せやだたらひめ)の間に生まれたことになっています。
         ↓

   - - - 三島溝咋
(みしまのみぞくひ)の女(むすめ)、名は勢夜蛇多良比賣(せやだたらひめ)、その容姿(かたち)(うるは)しくありき。
  故、美和の大物主神、見感
(みめ)でて、 ーー 略 ーー すなはちその美人を娶(めと)し生める子、名は富登多多良伊須須岐比賣(ほとたたらいすすきひめ)命と謂い、亦の名は比賣多多良伊須氣余理比賣(ひめたたらいすけよりひめ)と謂ふ。
                                                          ( 『古事記』 P87 )



   この『勢夜蛇多良比賣
(せやだたらひめ)』の「セヤ」という言葉には、金属の矢じりを表わすという説があります。また「タタラ」は、すなわち蹈鞴であり、製鉄作業や、鍛冶場(かじば)で用いる鞴(ふいご)のことです。
  このことから、この人物の名前が、蹈鞴製鉄の場面から取られていることが分かります。そのことに美和の大物主神が関係しているわけです。

  ただし実際に、蹈鞴製鉄の技術指導が出来たのは、大物主神ではなく、事代主神でした。事代主神はかつて出雲の国にいたことから、その地で行われていた製鉄の技術に精通していました。鉄が取り出されるまでの過程を、直接見ていたからです。従って、その製鉄技術を、新たな土地で指導することが出来たのです。
  つまり、『古事記』の記述では、この部分の具体的な説明が不足しているのです。要するに、大物主神となっている部分は、事代主神と読み替える必要があるわけです。

  因みに、『日本書紀』では、この人物について、次の天皇である神渟名川耳
(かむぬなかはみみ)天皇 《綏靖(すいぜい)天皇》の章段に、
          ↓

  母
(いろは)をば媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)命と曰(まう)す。事代主神の大女(えむすめ)なり。(P248

  と記述されています。
  これにより明確に、事代主神の直弟子であることが判明します。


  また、『その容姿
(かたち)(うるは)しくありき。』となっているのは、「木花の佐久夜毘賣」の章で使われた評価基準と同じです。基準となるものが、女性の容姿・容貌に例えられているのです。つまり、男であれば誰もが欲しがるような、好い女であるという意味です。それだけ秀でた高い能力を持つ人物であったということです。

  さらに、そこには、次のような一文があります。
         ↓

  『 此間
(ここ)に媛女(をとめ)あり。こを神の御子と謂う。 ーー 略 ーー その容姿麗美(かたちうるは)しくありき。 ー 中 略 ーー 故、ここをもちて神の子と謂うなり。』 (P87〜88)


  この、『神の御子』も同様です。取り出された鉄の評価基準です。「木花の佐久夜毘賣」の章で、國つ神の子と、天つ神の御子に区別されたように、要は粗悪な鉄、即ち国津神の子ではないという意味です。具体的には、良質の玉鋼が取り出されたことを表わします。


  また、一方の『日本書紀』では、比賣多多良伊須氣余理比賣
(ひめたたらいすけよりひめ)は、事代主神(ことしろぬしのかみ)と、三嶋溝蹶(←足偏を木に変える)耳神(みしまのみぞくひみみのかみ)の女(むすめ)、玉櫛媛(たまくしひめ)の間に生まれたことになっています。
          ↓

  - - - 天皇(すめらみこと)、正妃(むかひめ)を立てむとす。 ーー 略 ーー 時に、人有りて奏(まう)して曰(まう)さく、
  「事代主神
(ことしろぬしのかみ)、三嶋溝蹶(←足偏を木に変える)耳神(みしまのみぞくひみみのかみ)の女(むすめ)、玉櫛媛(たまくしひめ)に共(みあひ)して生める児を、号(なづ)けて媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)と曰(まう)す。是、国色(かほ)(すぐ)れたる者(ひと)なり」
  とまうす。天皇
(すめらみこと)(よろこ)びたまふ。(P238〜240)


  このように、その対象となる人物が、『古事記』では勢夜蛇多良比賣
(せやだたらひめ)、『日本書紀』では玉櫛媛(たまくしひめ)となっています。
  そして、両者に共通するのは、三島溝咋
(みしまのみぞくひ)の女(むすめ)という部分です。つまり、どちらも事代主神が行った蹈鞴製鉄の関係者であったということです。製鉄作業に協力した人達です。
  蓋し、この名前から推測するに、川の水流を利用した鉄穴流し
(かんなながし)の手法を用いて、砂鉄を集めることに従事した一族であろうと考えられます。溝の底に集まった砂鉄を、少しづつ掬い集めたのです。その『溝掬い』が語源となって、『みぞくい』になったのであろうと考えられます。

  そして、女
(むすめ)たちの名前が異なるのは、それぞれの出身地が異なるためです。各地から遣って来た多くの人達が、その作業に協力したのです。従って、どちらも事代主神の直弟子、すなわち“女”であり、その中から突出した能力を持つ人物、比賣多多良伊須氣余理比賣(ひめたたらいすけよりひめ)が現れたのです。

  ( この比賣多多良伊須氣余理比賣
(ひめたたらいすけよりひめ)命が、次の天皇、当芸志美美(たぎしみみ)命 の皇后になります。)


   *******   ☆ ☆  *******


  〔 五 〕 当芸志美美
(たぎしみみ)命 ((生存年 不明))

     【 7 】 嫡后
(おほきさき) 伊須気余理比賣(いすけよりひめ)

   前の天皇の神倭伊波禮毘古
(かむやまといわれびこ)命が亡くなった後、その皇后であった比賣多多良伊須氣余理比賣(ひめたたらいすけよりひめ)命が、次の天皇の当芸志美美(たぎしみみ)命 の皇后になりました。
          ↓

  故、天皇
(すめらみこと)(かむあが)りまして後、その庶兄(まませ)当芸志美美(たぎしみみ)命、その嫡后(おほきさき)伊須気余理比賣(いすけよりひめ)を娶(めと)せし時、- - - (P89)


  これは伊須気余理比賣
(いすけよりひめ)命という名前が、その一族の間で何代にも亘って引き継がれた、いわゆる呼称であることの証拠になります。つまり、それは一個人を特定したものではないということです。それ故に、世代を超えた一族の後裔が、次の天皇の皇后になることが出来るのです。

  ( 新天皇になった当芸志美美
(たぎしみみ)命は、その際に、三人の弟を殺そうとしました。そのことを母親の伊須気余理比賣が、歌を詠んで、御子たちに知らせました。それにより、逆に殺されます。)(P80〜90)


  *******  ☆ ☆ *******


  〔 六 〕 神沼河耳
(かむぬなかはみみ)命 《綏靖(すいぜい)天皇》 ((生存年 45歳))

    【 8 】 河俣毘賣
(かわまたびめ)

   『古事記』には、この人物について、師木縣主
(しきのあがたぬし)の祖(おや)、河俣毘賣(かわまたびめ)という記述があるのみです。それ以外のことは、何も記されていません。
          ↓

  この天皇、師木縣主
(しきのあがたぬし)の祖(おや)、河俣毘賣(かわまたびめ)を娶(めと)して生みませる御子、師木津日子玉手見(しきつひこたまでみ)命。(P91)


  一方の『日本書紀』には、やや詳しい情報が記されています。
          ↓

  二年の春正月
(はるむつき)に、五十鈴依媛(いすずよりひめ)を立てて皇后とす。
  一書
(あるふみ)に云わく、磯城県主(しきのあがたぬし)の女(むすめ)川派媛(かわまたひめ)なりといふ。
  一書に云わく、春日県主
(かすがのあがたぬし)大日諸(おおひもろ)が女糸織媛(いとりひめ)なりといふ。
  即ち天皇の姨
(みをば)なり。(P252)


  『古事記』の師木縣主
(しきのあがたぬし)の祖(おや)、河俣毘賣(かわまたびめ)と、『日本書紀』の磯城県主(しきのあがたぬし)の女(むすめ)川派媛(かわまたひめ)は、同じ人物とみて差し支えありません。単に、表記の仕方が異なるだけです。

  そして、ここに新たに登場した、五十鈴依媛
(いすずよりひめ)については、次の天皇である師木津日子玉手見(しきつひこたまでみ)命 《安寧天皇》の章段に、次のように記されています。
         ↓

  母
(いろは)をば五十鈴依媛(いすずよりひめ)命と曰(まう)す。事代主神の少女(おとむすめ)なり。


  ここには明確に、『事代主神の少女
(おとむすめ)』と記されています。つまり、事代主神の直属の弟子であったということです。
  比賣多多良伊須氣余理比賣
(ひめたたらいすけよりひめ)が事代主神の大女(えむすめ)となっているのに対して、その少女(おとむすめ)ということであり、今日の長女・長姉に対する、次女、三女という意味です。


  また、ここには五十鈴依媛
(いすずよりひめ)のほかに、『磯城県主(しきのあがたぬし)の女(むすめ) 川派媛(かわまたひめ)』、『春日県主(かすがのあがたぬし)大日諸(おおひもろ)が女 糸織媛(いとりひめ)』といった人物が登場します。しかも、それ等の人たちが『即ち天皇の姨(みをば)』であるというのです。
  従って、天皇の母親である比賣多多良伊須氣余理比賣
(ひめたたらいすけよりひめ)の兄弟・姉妹弟子に当たることになります。呼び名が違うのは、ただ単に出身地が異なるためです。
  また、磯城県主
(しきのあがたぬし)、春日県主(かすがのあがたぬし)の一族が、後にこの地域を支配するようになったことから、その名前に因んだ名称を付けて呼ばれるようになったのです。

  このことから磯城県主
(しきのあがたぬし)や、春日県主(かすがのあがたぬし)といった一族が、権力機構と結び着いた構図を読み取ることが出来ます。
  つまり、その祖先に、事代主神から直接指導を受けた多くの弟子たちがいたということです。言い換えれば、超能力者としての家系が、代々引き継がれて来た一族であったということです。これがその後、多くの皇后(正妻)を排出した理由です。


  因みに、これ等の一族が権力を得たのは、神倭伊波禮毘古
(かむやまといわれびこ)命によって、それ等の人たちの功績が認められたことによります。
         ↓

  天皇、功
(いさをしき)を定(さだ)め賞(たまひもの)を行ひたまふ。 ーー 略 ーー  弟磯城(おとしき)名は黒速(くろはや)を磯城県主(しきのあがたぬし)とす。(P240〜242)


  つまり功績を讃えるために、褒賞として一定の地域の領土が与えられたのです。これにより磯城県主
(しきのあがたぬし)や、春日県主(かすがのあがたぬし)といった、その地域の支配者が誕生したのです。
  では、それ以前は、どのような状態であったかというと、まさに乱立する小さな部族の集合体であった様子が伺えます。
          ↓

  倭の国の磯城邑
(しきのむら)に、磯城(しき)の八十梟帥(やそたける)(はべ)り。又高尾張邑(たかをはりのむら) 〔 或る本(ふみ)に云はく、葛城邑(かづらきのむら)といふ。〕 に、赤胴(あかがね)の八十梟帥(やそたける)有り。(P218)


  従って、その磯城
(しき)の八十梟帥(やそたける)の中に、五十鈴依媛(いすずよりひめ)、川派媛(かわまたひめ)、糸織媛(いとりひめ)の一族があったことになります。
  それ等の人達の長が、事代主神の直属の弟子であり、また、それ等の一族によって、特殊な能力が、代々引き継がれて来たのです。それが故に、○○の縣主
(あがたぬし)の祖(おや)といった表記がされるのです。


  *******  ☆ ☆  *******


  〔 七 〕 師木津日子玉手見
(しきつひこたまでみ)命 《安寧天皇》 ((生存年 49歳))

    【 9 】 阿久斗比賣
(あくとひめ)

   この人物については、『古事記』に、次のような記述があります。
         ↓

   この天皇、河俣毘賣の兄、縣主波延
(はえ)の女(むすめ)、阿久斗比賣(あくとひめ)を娶して生みませる天皇、常根津日子伊呂泥(とこねつひこいろね)命。次に大倭日子鋤友(おほやまとひこすきとも)命。次に師木津日子(しきつひこ)命。(P92)


   前の天皇の后、河俣毘賣
(かわまたびめ)は、師木縣主(しきのあがたぬし)の祖(おや)であり、この阿久斗比賣(あくとひめ)は、その兄の女であるというのです。従って、事代主神の孫弟子ということになります。


  一方の『日本書紀』には、さらに別の人物の名前が記されています。
          ↓

  三年の春正月
(はるむつき)戊寅(つちのえとら)の朔(ついたち)壬午(みづのえうまのひ)に、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめ)命 〔 亦は渟襲媛(ぬなそひめ)と曰(まう)す。〕 を立(た)てて、皇后(きさき)とす。
  〔  一書
(あるふみ)に云はく、磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が女(むすめ)川津媛(かはつひめ)といふ。
  一書に云はく、大間宿禰
(おほまのすくね)が女糸井媛といふ。 〕(P254)


  この渟名底仲媛
(ぬなそこなかつひめ)命については、次の天皇である、大倭日子鋤友(おほやまとひこすきとも)命、《懿徳天皇》の章段に、次のような説明があります。
          ↓

   母
(いろは)をば、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめ)命と曰す。事代主神の孫、鴨王(かものきみ)の女(むすめ)なり。 (P256)


  事代主神の孫が鴨王
(かものきみ)であり、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめ)命は、その女(むすめ)であるということです。従って、事代主神の曾孫弟子に当たることになります。


  また大間宿禰
(おほまのすくね)については、注釈に、
          ↓

   十市県主系図は、大日諸命の子で、糸織媛
(いとりひめ)の兄弟としている。 (P255)

  という説明があります。

  ここに整理しておくと、春日県主
(かすがのあがたぬし)大日諸(おおひもろ)の女は、事代主神の直弟子である糸織媛(いとりひめ)です。
  そして、その兄弟にあたるのが大間宿禰
(おほまのすくね)であり、その女が、糸井媛であるということです。従って、事代主神の孫弟子ということになります。

  ( 時代が下るに従って、徐々に複雑になって来ます。しかし、これで師木縣主、十市県主、春日県主と関連のある人物が、すべて事代主神と結び付くことが判明しました。つまり、すべて事代主神の直属の弟子や、その子孫、即ち、孫弟子、曾孫弟子であるということです。)


  *******  ☆ ☆ *******


  〔 八 〕 大倭日子鋤友
(おほやまとひこすきとも)命 《懿徳天皇》 ((生存年 45歳))

   【 10 】 飯日比賣
(いひひひめ)命 》

  この人物について、『古事記』には、次のように記されています。
           ↓

    この天皇、師木
(の)縣主の祖(おや)、賦登麻和訶比賣(ふとまわかひめ)命、亦の名は飯日比賣(いひひひめ)命を娶(めと)して、生みませる御子、御真津日子訶恵志泥(みまつひこかゑしね)命。次に多藝志比古(たぎしひこ)命。二柱。(P92)


  このように『 賦登麻和訶比賣
(ふとまわかひめ)命、亦の名は飯日比賣(いひひひめ)命 』は、『 師木(の)縣主の祖(おや)』となっています。
  従って、二代前の沼河耳
(かむぬなかはみみ)命 《綏靖(すいぜい)天皇》の皇后になった河俣毘賣(かわまたびめ)と、兄弟・姉妹の間柄であったということです。つまり事代主神の直属の弟子です。呼び名が違うのは、単に出身地が異なるためです。


  一方の『日本書紀』には、次のように記されています。
           ↓

  二月
(きさらぎ)の癸丑(みづのとうしのひ)に、天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)を立てて皇后(きさき)とす。
   〔一
(ある)に云わく、磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が男弟(いろど)猪手(ゐて)が女(むすめ)泉媛(いづみひめ)といふ。
   一に云はく、磯城県主太真稚彦
(ふとまわかひこ)が女飯日媛(いひひひめ)といふ。 〕
    后、観松彦香殖稲天皇
(みまつひこかゑしねのすめらみこと)を生れます。(P258)


  この天豊津媛命
(あまとよつひめのみこと)という人物については、次の天皇である観松彦香殖稲天皇(みまつひこかゑしねのすめらみこと) 《孝昭天皇》の章段に、次のような説明があります。
          ↓

   母
(いろは)の皇后(きさき)天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)は、息石耳命(おきそみみのみこと)の女(むすめ)なり。(P258)


  その息石耳命
(おきそみみのみこと)については、注釈に次のような説明があります。
         ↓

   安寧天皇の第一子。懿徳天皇の兄。
(P259)


  つまり、大倭日子鋤友
(おほやまとひこすきとも)命 《懿徳天皇》は、兄の娘を娶ったことになります。ただし、この場合の兄という表現も、必ずしも血縁関係を意味するものではありません。前天皇との主従関係が、早く成立したか、遅く成立したかの違いにすぎません。

  しかし、ここで問題となるのは、この人物も、なにがしかの能力を有していたのかということです。行政府の長、皇后となるのにふさわしい能力があったか、否か、が不明なのです。
  或いは、この人物が平凡な人間であったがために、さらに別の人物を、第二、第三の皇后として迎え入れる必要があったということも考えられます。それが泉媛
(いづみひめ)と、飯日媛(いひひひめ)であるということです。

  泉媛
(いづみひめ)は、『磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が男弟(いろど)猪手(ゐて)が女(むすめ)』となっています。また、『古事記』と同じ名前の飯日媛(いひひひめ)は、『磯城県主太真稚彦(ふとまわかひこ)が女』となっています。
  つまり、両者とも、磯城県主
(しきのあがたぬし)の一族の系統に属する人物であるということです。従って、事代主神の直属の弟子です。ただし、時代がかなり下っていますから、その一族の後裔ということになります。


  *******   ☆ ☆  *******


  〔 九 〕 御真津日子訶恵志泥
(みまつひこかゑしね)命 《孝昭天皇》 ((生存年 93歳))

   【 11 】 余曾多本毘賣
(よそたほびめ)

  この人物について、『古事記』には、次のように記されています。
            ↓

   この天皇、尾張
(の)(むらじ)の祖(おや)、奥津余曾(おきつよそ)の妹、名は余曾多本毘賣(よそたほびめ)命を娶して、生みませる御子、天押帯日子(あめおしたらしひこ)命。次に大倭帯日子國押人(おほやまとたらしひこくにおしびと)命。二柱。(P93)


  これ以上の説明は、何もありません。
  一方の『日本書紀』には、次のような記述があります。
           ↓

  二十九年の春正月の甲辰
(きのえたつ)の朔丙午(ひのえうまのひ)に、世襲足媛(よそたらしひめ)を立てて皇后とす。
   〔 一
(ある)に云はく。 磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が女渟名城津媛(ぬなきつひめ)といふ。
   一に云はく、倭国
(やまとのくに)の豊秋狭太媛(とよあきさだひめ)が女大井媛(おほいひめ)といふ。 〕(P260)


  そして、世襲足媛
(よそたらしひめ)については、次の天皇である大倭帯日子国押人(おほやまとたらしひこくにおしひと)命 《孝安天皇》 の章段に、次のような説明があります。
          ↓

   母
(いろは)をば世襲足媛(よそたらしひめ)と曰す。尾張連(おはりのむらじ)の遠祖(とほつおや)瀛津世襲(おきつよそ)の妹なり。(P260)


  従って、この人物は、『古事記』に記されている『奥津余曾
(おきつよそ)の妹、名は余曾多本毘賣(よそたほびめ)』に該当することが分かります。記述される呼び名に、若干の違いが生じたのです。
  『古事記』では、⇒ 余曾多本毘賣
(よそたほびめ)
  『日本書紀』では、⇒ 世襲足媛
(よそたらしひめ) 


  ところで、尾張連
(をはりのむらじ)というのは、ニニギノミコトと木花の佐久夜毘売の間に生まれた火明命(ほあかりのみこと)が、その祖先です。
          ↓

  次に生り出づる児を、火明命
(ほのあかりのみこと)と号(なづ)く。是(これ)尾張連(をはりのむらじ)(ら)が始祖(はじめのおや)なり。 (P124)


  また、この世襲足媛
(よそたらしひめ)に関しては、注解に、次のような補足説明がしてあります。
          ↓

   - - 旧事記、天孫本紀に、瀛津世襲命に作り、またの名を葛木彦命といい、饒速日命
(にぎはやひのみこと)四世の孫で、父の天忍男命は池心朝(孝昭)に大連であったという。(P261)


  さて、これで尾張連
(をはりのむらじ)の祖先が判明しました。つまり火明命(ほのあかりのみこと)と、饒速日命(にぎはやひのみこと)が結びついて、大きな勢力を獲得し、尾張連(をはりのむらじ)が誕生したのです。

  その饒速日命
(にぎはやひのみこと)というのは、神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命より以前に、天孫として、この地に到着していた人物です。
  そして、幾つかの天表
(あまつしるし)を所持していたことから、この地の豪族、長髄彦(ながすねひこ)が、天皇として仰いでいた人物です。
  この人物が後に、物部氏
(もののべし)となって、大和政権の中枢に加わったのです。
        ↓

  天皇、素
(もと)より饒速日命(にぎはやひのみこと)は、是(これ)(あめ)より降れりといふことを聞(きこ)しめせり。而して今(いま)果たして忠効(ただしきまこと)を立つ。則(すなはち)(ほ)め寵(めぐ)みたまふ。此(これ)物部氏(もののべのうじ)の遠祖なり。(P234)


  この饒速日命
(にぎはやひのみこと)は、天表(あまつしるし)を所持していたばかりでなく、十種神宝(とくさのかむだから)と呼ばれる呪具も所持していました。
  それは占いや呪術に用いられるものであり、明細は、およそ次のようなものです。

      温都鏡
(おきつかがみ)        辺都鏡(へつかがみ) 
      八握剣
(やつかのつるぎ)       生玉(いくたま) 
      死反玉
(まかるがえしのたま)     足玉(たるたま)
      道反玉
(ちがえしのたま)        蛇比礼(おろちのひれ)
      蜂比礼
(はちのひれ)          品物比礼(くさぐさのものひれ)  


  これ等を使って、様ざまな現象を引き起こしたとされています。つまり饒速日命
(にぎはやひのみこと)の一族の中に、そうした能力を持つ人物がいたということです。
  そして、その能力を代々引き継いだ一族が、ここに登場した尾張連
(をはりのむらじ)であるということです。つまり、余曾多本毘賣(よそたほびめ)命は、そうした特殊な能力の継承者であったということです。


  女渟名城津媛
(ぬなきつひめ)については、 磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が女とあることから、この人物は事代主神の能力の継承者であることが分かります。

  また、大井媛
(おほいひめ)については、倭国(やまとのくに)の豊秋狭太媛(とよあきさだひめ)が女とありますが、注釈に次のような説明があります。
        ↓

  十市県主系図には、大間宿禰の孫に豊秋狭太彦
(とよあきさだひこ)があり、その女が大井媛(おほいひめ)としてある。(P261)


  ここに登場する十市県主というのは、磯城県主
(しきのあがたぬし)と同じ一族であり、途中で枝分かれした部族です。
  このことは、次の次の天皇である大倭根子日子賦斗邇
(おほやまとねこひこふとに) 《 孝霊(こうれい)天皇 の章段に登場する、細比賣(くはしひめ)命が、『古事記』では十市県主祖大目の女となっているのに対して(P94)、『日本書紀』では磯城県主(しきのあがたぬし)大目の女細媛となっていることから判断することが出来ます。(P266) 
  つまり、いずれもが事代主神の能力の後継者であったということです。


          *******     ☆     ☆    *******


 〔 十 〕 大倭帯日子国押人
(おほやまとたらしひこくにおしひと)命  《孝安天皇》 ((生存年 123歳))

   【 12 】 忍鹿比賣
(おしかひめ)

  この人物について、『古事記』には、次のように記されています。
         ↓

  この天皇、姪
(めい)忍鹿比賣(おしかひめ)命を娶して、生みませる御子、大吉備諸進(おほきびのもろすす)命。次に大倭根子日子賦斗邇(おほやまとひこふとに)命。二柱。(P93)


  一方の『日本書紀』には、次のように記されています。
          ↓

  二十六年の春
(はる)二月(きさらぎ)の己丑(つちのとのうし)の朔壬寅(みづのえとらのひ)に、姪(みめ)押媛(おしひめ)を立てて皇后とす。
  一
(ある)に云はく、磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が女(むすめ)長媛(ながひめ)といふ。
  一に云はく、十市県主
(といちのあがたぬし)五十坂彦(いさかひこ)が女五十坂媛(いさかひめ)といふ。(P262)


  そして、次の天皇である大倭根子日子賦斗邇
(おほやまとねこひこふとに) 《 孝霊(こうれい)天皇 》 の章段に、次のような説明があります。
       ↓

  母
(いろは)をば押媛(おしひめ)と曰(まう)す。蓋し天足彦国押人命(あめたらしひこくにおしひとのみこと)の女(むすめ)か。(P264)


  このことから、『古事記』の忍鹿比賣
(おしかひめ)命と、『日本書紀』の押媛(おしひめ)が、同じ人物であることが分かります。しかし、この人物が誰から能力を引き継いだのかは、不明です。

  一書に記されている、長媛
(ながひめ)、五十坂媛(いさかひめ)については、それぞれ磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が女(むすめ)、十市県主(といちのあがたぬし)五十坂彦(いさかひこ)が女とあることから、いずれも事代主神の能力の後継者であったことが分かります。


          *******     ☆     ☆    *******


  〔 十一 〕 大倭根子日子賦斗邇
(おほやまとねこひこふとに) 《 孝霊(こうれい)天皇 》 ((生存年 106歳))

   【 13 】 細比賣
(くはしひめ)

  この人物について、『古事記』には、次のように記されています。
          ↓

  この天皇、十市縣主
(といちのあがたぬし)の祖、大目(おほめ)の女(むすめ)、名は細比賣(くはしひめ)命を娶して、ーー 略 ーー
  また、春日
(かすが)の千千速真若比賣(ちちはやまわかひめ)を娶して、生みませる御子、ーー 略 ーー
 また、意富夜麻登玖邇阿禮比賣
(おほやまとくにあれひめ)命を娶して生みませる御子、ーー 略 ーー  
  また、その阿禮比賣
(あれひめ)命の弟、蝿伊呂杼(はへいろど)を娶めとして、生みませる御子、ーー 略 ーー
  この天皇の御子等
(たち)、併せて八柱なり。(P94)


  少々分かりにくいので、整理すると、ここには次のような人物が登場しています。
     細比賣
(くはしひめ)
     千千速真若比賣
(ちちはやまわかひめ)
     阿禮比賣
(あれひめ)
     蝿伊呂杼
(はへいろど)


  そして、一方の『日本書紀』には、次のように記されています。
          ↓

  二年の春二月
(きさらぎ)の丙辰(ひのえたつ)の朔丙寅(ひのえとら)に、細媛命(ほそひめのみこと)を立てて、皇后とす。
  一
(ある)に云はく、春日之千乳早山香媛(かすがのちちはやまわかひめ)といふ。
  一
(ある)に云はく、十市県主(とをちのあがたぬし)(ら)が祖(おや)が女真舌媛(ましたひめ)といふ。
  ーー 略 ーー  亦妃
(またのみめ)ハヘ某弟(はへいろど)、彦狭嶋命(ひこさしまのみこと)・稚武彦命(わかたけひこのみこと)を生む。(P264〜266)


  ここに登場したのは、次のような人物です。
     細媛命
(ほそひめのみこと)
     春日之千乳早山香媛
(かすがのちちはやまわかひめ)
     真舌媛
(ましたひめ)
     ハヘ某弟
(はへいろど)

  細媛命
(ほそひめのみこと)については、次の天皇である大日本根子彦国牽天皇(おほやまとねこひこくにくる)天皇 《 孝元天皇 》の章段に、次のような説明があります。
          ↓

  母
(いろは)をば細媛命(ほそひめのみこと)と曰(まう)す。磯城県主(しきのあがたぬし)大目(おほめ)が女(むすめ)なり。(P266)


  従って、この人物と、『古事記』に記されている『十市縣主
(といちのあがたぬし)の祖、大目(おほめ)の女(むすめ)、名は細比賣(くはしひめ)命』は、同じ人物ということになります。
  つまり、この十市県主というのは、磯城県主
(しきのあがたぬし)と同じ一族であり、途中で枝分れした部族であるということです。
  そして、いずれも事代主神の能力の後継者たちであるということです。


  ここに同時に登場した、春日
(かすが)の千千速真若比賣(ちちはやまわかひめ)、意富夜麻登玖邇阿禮比賣(おほやまとくにあれひめ)命、その阿禮比賣(あれひめ)命の弟、蝿伊呂杼(はへいろど)については、以下で、順次説明することにします。


   【 14 】 春日之千千速真若比賣
(かすがのちちはやまわかひめ)

  『古事記』に登場する春日之千千速真若比賣
(かすがのちちはやまわかひめ)は、『日本書紀』の春日之千乳早山香媛(かすがのちちはやまわかひめ)と、同じ人物です。 また、ここに登場した春日県は、十市県主と同じ一族です。
  『日本書紀』の補注(巻第三)に、次のような一文が紹介されています。
       ↓

  ーー 略 ーー 孝安紀に見える十市県主五十坂彦の譜に、孝昭天皇の時代、春日県が十市県に改められたとあり、同注釈に引く久安五年の多神宮注進状にも春日県は十市県に改められたとある。ーー 略 ーー 
 (P404)


  従って、この人物もやはり、事代主神の能力の後継者であったということです。


   【 15 】 意富夜麻登玖邇阿禮比賣
(おほやまとくにあれひめ)
   【 16 】 蝿伊呂杼
(はへいろど)

  この後に登場したのが、意富夜麻登玖邇阿禮比賣
(おほやまとくにあれひめ)命と、弟、蝿伊呂杼(はへいろど)であり、両者は姉妹ということになっています。

  『古事記』では、
    (姉) 阿禮比賣
(おほやまとくにあれひめ)
    (妹) 弟、蝿伊呂杼
(はへいろど)

  『日本書紀』では、
    (姉) 真舌媛
(ましたひめ)
    (妹) ハヘ某弟
(はへいろど)

  姉に相当する人物の名前が、『古事記』と『日本書紀』では異なっています。ただし、『日本書紀』の解説には、真舌媛
(ましたひめ)に関して、次のような説明があります。
         ↓

   十市県主系譜では倭真舌媛と見え、下にみえるハヘ某弟
(はへいろど)のこととしている。(P265)


  従って、(姉) 真舌媛
(ましたひめ)と、(妹) ハヘ某弟(はへいろど)は、同じ人物を指す事になります。そして、『古事記』の禮比賣(あれひめ)命に相当する人物の記載が洩れていることになります。
  そして両者とも、十市県主
(とをちのあがたぬし)(ら)が祖(おや)であるということです。従って、これ等の人物も、事代主神の能力の後継者ということになります。


          *******     ☆     ☆    *******


  〔 十二 〕 大倭根子日子国玖琉
(おほやまとねこひこくにくる)命 《 孝元天皇 》 ((生存年 57歳))

    【 17 】 内色許賣
(うつしこめ)

  この人物に関して、『古事記』には、次のように記されています。
         ↓

  この天皇、穂積臣
(ほづみのおみ)(ら)の祖、内色許男(うつしこを)の妹、命内色許賣(うつしこめ)命を娶して、生みませる御子、大毘古(おおびこ)命。次に、ーー 略 ーー (P95)


  また、『日本書紀』には、次のように記されています。
         ↓

  七年の春
(はる)二月(きさらぎ)の丙寅(ひのえとら)の朔丁卯(ひのとのうのひ)に、鬱色謎命(うつしこめのみこと)を立てて皇后(きさき)とす。(P268)


  そして、次の天皇である若日本根子彦大日日
(わかやまとねこおおひひ)天皇 《開化天皇》 の章段に、次のように説明されています。
         ↓
  
  母
(いろは)をば鬱色謎命(うつしこめのみこと)と曰(まう)す。穂積臣(ほづみのおみ)の遠祖(とほつおや)鬱色雄(うつしこを)命の妹(いろも)なり。(P270)


  その穂積臣
(ほづみのおみ)については、注釈に、次のような説明があります。
          ↓

  穂積臣
(ほづみのおみ)は、姓氏録、左京神別に「穂積朝臣、石上同祖、神饒速日命(かみにぎはやひのみこと)五世孫伊香色雄命(いかがしこをのみこと)之後也」と見え、ーー 略 ーー 穂積臣(ほづみのおみ)が饒速日命の子孫で、物部氏と同祖の氏であることは皆一致するが、ーー 略 ーー (P271)


  要するに、確定的なことは云えないものの、この穂積臣
(ほづみのおみ)は、神饒速日命(かみにぎはやひのみこと)の五代目に当たるということです。
  これにより、内色許賣
(うつしこめ)命が、もう一つの系統の能力を引き継ぐ一族の出身であったことが分かります。
  つまり、神饒速日命
(かみにぎはやひのみこと)の能力の後継者であったということです。


          *******     ☆     ☆    *******


  以下の人物については、『日本書紀』にも記述が無いことから、残念ながら調べることができません。よって省略します。
      ↓      ↓   

  【 18 】 伊迦賀色許賣
(いかがしこめ)命 《 省略 》

  【 19 】 波邇夜須毘賣
(はにやすびめ) 《 省略 》

  【 20 】 高千那毘賣
(たかちなびめ) 《 省略 》

  【 21 】 山下影日賣
(やましたかげひめ) 《 省略 》


          *******     ○    ☆    ○  *******
          *******     ○    ☆    ○  *******


  これまでの調査結果を、一覧表にして示すと、次のようになります。
  事代主神が、いかに多くの皇后・正妻(行政府の長)となる人物を指導し、育成したかが、一目瞭然で分かります。



  皇后・正妻(行政府の長)の名前
 

  指導者と系列
 

   所属する一族
 

 【 1 】 思金神

 
 高御産巣日神

 
  高天の原


 【 2 】 神阿多都比賣(かむあたつひめ)=木花の佐久夜毘賣(このはなのさくやびめ)
 

  不 明

  大山津見神

 【 3 】 豊玉毘賣(とよたまびめ)
 
  不 明   綿津見の大神

 【 4 】 姨〔おば〕 玉依毘賣(たまよりびめ)
 
  不 明   綿津見の大神

 【 5 】 阿比良比賣(あひらひめ)
 

  不 明


 阿多之小椅君(あたのをばしのきみ)


 【 6 】 比賣多多良伊須氣余理比賣(ひめたたらいすけよりひめ)
 
 

  事代主神


 三嶋溝蹶(←足偏を木に変える)耳神(みしまのみぞくひみみのかみ)
 

 【 7 】 嫡后(おほきさき) ・ 伊須氣余理比賣(いすけよりひめ)
 
 

  事代主神


 三嶋溝蹶(←足偏を木に変える)耳神(みしまのみぞくひみみのかみ)
 
 
 【 8 】 河俣毘賣
(かわまたびめ) =  〔紀〕 川派媛(かわまたひめ)
 
 

  事代主神


 師木縣主(しきのあがたぬし)の祖(おや)


  〔紀〕 五十鈴依媛(いすずよりひめ)
 

  事代主神


 事代主神の少女(おとむすめ)
 
  〔紀〕 糸織媛(いとりひめ)
  事代主神


 春日県主(かすがのあがたぬし)大日諸(おおひもろ)
 
 
 【 9 】 阿久斗比賣
(あくとひめ)
 

  事代主神


 河俣毘賣の兄、縣主波延(はえ) = 師木縣主(しきのあがたぬし)の祖(おや)
 

  〔紀〕 渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめ)
 


  事代主神
 
 
 事代主神の孫、鴨王
(かものきみ)


  〔紀〕 川津媛(かはつひめ)
 

  事代主神

 磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ) 
 
 
  〔紀〕 女糸井媛
 

  事代主神


 大間宿禰(おほまのすくね)
 

 【 10 】 飯日比賣(いひひひめ)
 

  事代主神

 師木(の)縣主の祖(おや)

  〔紀〕 天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)
 
  不明  息石耳命(おきそみみのみこと)の女(むすめ)
  〔紀〕 泉媛(いづみひめ)
  事代主神
 

 磯城県主
(しきのあがたぬし)葉江(はえ)が男弟(いろど)
 
  〔紀〕 飯日媛(いひひひめ)
  事代主神

 
 磯城県主
(しきのあがたぬし)太真稚彦(ふとまわかひこ)
 

 【 11 】 余曾多本毘賣(よそたほびめ)
 

 饒速日命(にぎはやひのみこと)


 尾張(の)(むらじ)の祖(おや)
 
 
  〔紀〕 渟名城津媛
(ぬなきつひめ)
 

  事代主神
 
 磯城県主(しきのあがたぬし)葉江(はえ)

  〔紀〕 大井媛(おほいひめ)
 

  事代主神
 

 倭国(やまとのくに)の豊秋狭太媛(とよあきさだひめ) = 十市県主 = 磯城県主(しきのあがたぬし)
 
 
 【 12 】 忍鹿比賣
(おしかひめ)命 = 〔紀〕押媛(おしひめ)
 

  不 明


 天足彦国押人命(あめたらしひこくにおしひとのみこと)


  〔紀〕 長媛(ながひめ)
  

  事代主神

 磯城県主(しきのあがたぬし)葉江。

  〔紀〕 五十坂媛(いさかひめ)
  事代主神

 十市県主(といちのあがたぬし)五十坂彦(いさかひこ)


 【 13 】 細比賣(くはしひめ)


  事代主神

 十市縣主(といちのあがたぬし)の祖、大目(おほめ) = 磯城県主(しきのあがたぬし)大目(おほめ)

  〔紀〕 長媛(ながひめ)千乳早山香媛(かすがのちちはやまわかひめ)
  事代主神

 春日県主

 【 14 】 春日之千千速真若比賣(かすがのちちはやまわかひめ)
 

  事代主神
 

 春日県主 = 十市県主 =磯城県主
(しきのあがたぬし)
  

 【 15 】 意富夜麻登玖邇阿禮比賣(おほやまとくにあれひめ)
 

  事代主神
 
 十市県主(とをちのあがたぬし)(ら)が祖(おや) =磯城県主(しきのあがたぬし)

 【 16 】 蝿伊呂杼(はへいろど) = 〔紀〕 真舌媛(ましたひめ)= ハヘ某弟(はへいろど)

 

  事代主神
 
 十市県主(とをちのあがたぬし)(ら)が祖(おや) =磯城県主(しきのあがたぬし)

 【 17 】 内色許賣(うつしこめ)
 

 神饒速日命(かみにぎはやひのみこと)

 穂積臣(ほづみのおみ)(ら)の祖
 
   ― 以下、省略 ―

 【 18 】 伊迦賀色許賣
(いかがしこめ)

 【 19 】 波邇夜須毘賣
(はにやすびめ)

 【 20 】 高千那毘賣
(たかちなびめ)

 【 21 】 山下影日賣
(やましたかげひめ)
 


  ― 省 略 ―





    ― 省 略 ―




    ― 省 略 ―
 

   ― 省 略 ―
 

    ― 省 略 ―
 


  以上のように、この調査結果で明確になったことは、その当時、一国の行政を司っていたのは、特殊な能力を持つ人たちであったということです。
  つまり、『古事記』『日本書紀』に皇后(正妻)と記されている人物は、いずれもそうした能力を持つ巫女や祈祷師たちだったのです。
  そして、その能力は、卓越した能力の持ち主であった事代主神から、多くの弟子たちに伝授されたものでした。また、その能力が一族の間で、子々孫々へと、代々引き継がれて行ったのです。

  こうした認識に至ったときに、初めて『古事記』『日本書紀』に記されている内容を、具体的に理解することが可能となります。同時に、まったく新しい歴史観に到達したことになります。
  つまり今ようやく、『古事記』『日本書紀』に記されている内容を、新たな視点で捉えなおすことが出来るようになったのです。


                                     
 2012.  4.  11.     店主記す



 



    秘密の小部屋に戻る。  
   



s p ⇒