鵜葺草葺不合命 (うがやふきあえずのみこと)
 ――――――――――――――――――――

  次の場面に登場して来る鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)という人物は、極めて不可解な存在です。
  天孫の邇邇芸能命(ににぎのみこと)と、初代天皇となった神倭伊波禮毘古命(かむやまといわれびこのみこと)〔 = 神武天皇 〕の間に位置する人物であり、系図からすれば、神武天皇の父親に該当します。 従って、天皇家の祖先ということになります。

  そうした重要な人物であるにも関らず、『古事記』にも、『日本書紀』にも、この人物に関する詳しい記述が無いのです。
   しかも、そこに記されている内容は、かなり物語化が進行しているため、事実関係が極限まで抽象化されており、具体性を欠く曖昧なものとなっています。
  その文章を一読しただけでは、本来の意味を汲み取ることが困難です。まったくもって不明瞭、不可解な内容なのです。

  ただし、その一連の文章は、実際に起きた出来事がベースとなって記されているのであり、その奥には、歴史的な真実が隠されているのです。
  ですから、その曖昧模糊とした記述を、実際の出来事に還元して、事実関係を新たに構築していく必要があるわけです。


  ところで、その作業を行う前に、この書物の中で、 “妊娠” “子産み” の情景として記述され、あたかも赤ちゃんを出産したかのように描かれている一連の出来事が、実は、製鉄作業の風景であることを認識しておく必要があります。
  つまり、この当時、極めて貴重な鉱物であった鉄の生産が、子供たちの出産の様子として描かれているのです。
  今も、昔も、大事なもの、貴重なものは子供たちであり、その子供の誕生が、鉄というやはり貴重な鉱物の製造の情景に置き換えられたのです。

  そして、その擬人化現象がさらに進行し、全体的に辻褄が合うように、物語化が進行したのです。そのために、不可解な内容になってしまったのです。
  そうした大前提があることを知った上で、慎重に読み進める必要があるのです。


  *******  ○ ☆ ○  *******


  製鉄作業の様子が、子産みの情景に置き換えられて表現されている部分は、次のようなものがあります。


  〔 一 〕

  邇邇芸能命と木花の佐久夜毘売の間には、“子” が生まれたことになっています。その際の状況が、次のように記されています。
         ↓

  「 妾(あ)は妊身(はら)めるを、今産む時に臨(な)りぬ。この天つ神の御子は、私(わたくし)に産むべからず。 ーー 略 ーー  」
  「佐久夜毘賣、一宿(ひとよ)にや妊める。これ我が子には非じ。必ず國つ神の子ならむ。」とのりたまひき。
  ここに答へ白ししく、
  「 吾が妊みし子、もし國つ神の子ならば、産むこと幸(さき)くあらじ。もし天つ神の御子ならば、幸(さき)くあらむ。」
  とまをして、すなはち戸無き八尋殿(やひろどの)を作りて、その殿の内に入り、土をもちて塗り塞(ふた)ぎて、産む時に方(あた)りて、火をその殿に著けて産みき。
       ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸能命 5 木花の佐久夜毘売 P70 )


  ここに戸無き八尋殿(やひろどの)とあるのは、蹈鞴製鉄を行うために造られた設備・装置のことです。つまり溶鉱炉のことです。
  そして“天つ神の御子”とあるのは、炉から取り出された良質の鉄のことです。すなわち玉鋼(たまはがね)です。
  対して、國つ神の子とあるのは、使い物にならないような質の劣る鉄です。それが「産むこと幸(さき)くあらじ」の本来の意味です。


  上の文章は、次のように続きます。
        ↓

  故、その火の盛(さか)りに焼(もゆ)る時に生める子の名は、火照命(ほてりのみこと)。こは隼人阿多君の祖。
  次に生める子の名は、火須勢理命(ほすせりのみこと)
  次に生める子の御名は、火遠理命(ほをりのみこと)。亦の名は天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)。三柱

                                                 ( 同 上 )


  ですから、この三柱の命たちは、“神の御子” の語が指し示す対象ではありません。彼らは、実際に、その製鉄作業に携わった地元の先住民たちです。
  つまり、蹈鞴製鉄の協力者であり、その作業に携わった現地の人たちです。言い換えれば、神の御子を創り出した人たちです。ですから両者は、明確に分離する必要があるわけです。


  この例のように、蹈鞴製鉄の設備を用いた製鉄作業の様子が、あたかも子どもの出産の状況として描かれているのです。非常に解り難い書き方がされているわけです。
  これは最初から、子どもの誕生と、鉄の製造が、完全に同一視されていたために、物語化の過程で、両者が一体化してしまったものと考えられます。そのために不可解な内容になっているのです。


  〔二〕

  火遠理命(=天津日高日子穂穂手見命)と豊玉毘賣命の間にも、同様にして、“子”が生まれたことになっています。その状況は、次のように記されています。
           ↓

  「 妾(あ)は巴(すで)に妊身(はら)めるを、今産む時に臨(な)りぬ。こを念(おも)ふに、天つ神の御子は、海原に生むべからず。 ーー 略 ーー 」

  ここにすなはちその海邊の波限(なぎさ)に、鵜(う)の羽(は)を萱草(かや)にして、産殿(うぶや)を造りき。ここにその産殿、未だ葺(ふ)き合(あ)へぬに、御腹(みはら)(あわただ)しさに忍(しの)びず。故、産殿に入りましき。  ーー 略 ーー

  「凡(すべ)て他國(あだしくに)の人は、産む時に臨(な)れば、本つ國の形をもちて産(う)むなり。 ーー 略 ーー  」

   / ーー 中 略 ーー /

   ここに豊玉毘賣命、その伺見(かきまみ)たまひし事を知らして、心恥(うらは)づかしと以為(おも)ほして、すなわちその御子を生み置きて、ーー 略 ーー 。
   すなはち海坂(うみさか)を塞(さ)へ返し入りましき。
  ここをもちてその産みましし御子を名づけて、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)と謂ふ。

     ( 同 上  火遠理命 4 鵜葺草葺不合 P76〜77  )


  こうして産まれたのが、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへず)命でした。

  ここでは、さらに省略化が進み、産まれた子と、それに関係した人物とが、一体になって記されています。
  つまり、この書物の編纂段階で、多くの説明の漏れが発生しているのです。そのために製鉄作業に携わった人物と、造り出された鉄が、同一の名前になってしまったのです。

  ですから、この名前で表現されている対象は、やはり製鉄のための設備・装置を指します。
  つまり、鵜葺草葺不合という名前は、製鉄作業に関係した人物を表わすと同時に、製鉄のための設備、すなわち溶鉱炉を指すわけです。要するに、ここでも製鉄作業の様子が、やはり子どもの出産の状況として描かれているのです。

  そして、上の一文は、次のように続きます。
          ↓

  然れども後は、その伺(かきま)みたまひし情(こころ)を恨みたまへども、恋しき心に忍びずて、その御子を治養(ひだ)しまつる縁(よし)によりて、その弟(おと)、玉依毘賣(たまよりびめ)に附けて、歌を献りたまひき。 ーー 略 ーー  。

                   ( 同 上  P78 )


  実の母親である豊玉毘賣(とよたまびめ)命が、この御子を生み落したあと、すぐに自国へ帰ってしまいました。
  そのために、妹の玉依毘賣(たまよりびめ)命が、御子の養育のために遣って来ました。つまり、産みの親と、育ての親が異なることになります。
  従って、産みの母が、豊玉毘賣(とよたまびめ)命であり、育ての母が、その姨(伯母)にあたる玉依毘賣(たまよりびめ)命ということになります。

  そして、何と、子である天津日高日子波限建鵜葺草葺不合(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへず)命は、後に、その玉依毘賣(たまよりびめ)命と結婚するのです。
          ↓

  この天津日高日子波限建鵜葺草葺不合、その姨(をば)玉依毘賣命を娶(めと)して、生みませる御子の名は、 ーー 略 ーー  。

           ( 同 上  P78 )


  この不可解な出来事には、鉄の養生、養育、すなわち粗悪で使い物にならない鉄を、鍛錬することによって、一人前の立派な人間、すなわち使える鉄に仕上げるという意味が隠されています。鉄を鍛錬して、一人前に鍛え上げることが、子育て、すなわち養育という概念に置き換えられたのです。

  そして、二人の間に生まれた御子は、次の四柱でした。

  (1) 五瀬(いつせ)命。
  (2) 次に、稲氷(いなひ)命。
  (3) 次に、御毛沼(みけぬ)命。
  (4) 次に、若御毛沼(わかみけぬ)命。またの名は豊御毛沼(とよみけぬ)命。またの名は神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命。 《後の神武天皇》


  ですから、その作業を行うために呼び寄せられたのが、この四柱の御子たちであったということです。
  つまり、彼らは、そのための技術を持っていたことになります。鉄の鍛錬・鍛造のための専門的な技術を持っていた人たちです。
  また、その作業をするのに必要な設備が、鵜葺草葺不合(うがやふきあへず)命であり、それは具体的には、鉄を加熱し、溶解する設備、施設を指します。
  その設備を使って、鉄の鍛錬が行われたのです。それによって、破損した船の修理に使える鉄釘を確保することが出来たのです。

  因みに、その関係者はすべて、かつての琉球王朝から遣って来た人たちであると考えられます。つまり琉球国、現在の沖縄県の人たちです。


  〔三〕

  神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命 = 若御毛沼(わかみけぬ)命 = 豊御毛沼(とよみけぬ)命は、東征の旅を終えた後、倭の国、畝火(うねび)の白橿原(かしはら)の宮で、初代の天皇に即位しました。すなわち、神武天皇です。
  そして、この地で、新たな皇后として迎え入れたのが、富登多多良伊須須岐比賣(ほとたたらいすすきひめ)命 = 比賣多多良伊須氣余理比賣(ひめたたらいすけよりひめ)でした。

  この二人の間にも、同様に、“子”が産まれました。つまり、“多多良”の語が示すように、この地で蹈鞴製鉄による製鉄作業が行われたのです。
  それにより、良質の玉鋼を製造することが出来ました。

  しかし、ここでも産まれた“子”と、それに関った人物とが、明確に区分けされていません。
  つまり製造された鉄そのものと、製鉄作業に携わった人物が、混然一体となって記述されているのです。
  以下のように表現されています。
         ↓

  然れども更に大后(おおきさき)とせむ美人(をとめ)を求(ま)ぎたまひし時、ーー 略 ーー 
  「 此間(ここ)に媛女(をとめ)あり。こを神の御子と謂ふ。
  その神の御子と謂ふ所以(ゆえ)は、三島溝咋(みしまのみぞくひ)の女(むすめ)、名は勢夜蛇多良比賣(せやだたらひめ)、その容姿(かたち)(うるは)しくありき。
  故、美和(みわ)の大物主(おほものぬし)神、見感(みめ)でて、 ーー 略 ーー 。
        / ーー 中 略 ーー /
  すなはちその矢を将(も)ち来て、床の辺(べ)に置けば、忽ちに麗(うるは)しき壮夫(をとこ)に成りて、すなはちその美人を娶(めと)して生める子、名は富登多多良伊須須岐比賣(ほとたたらいすすきひめ)命  ーー 略 ーー  と謂ひ、亦の名は比賣多多良伊須氣余理比賣(ひめたたらいすけよりひめ)  ーー 略 ーー  と謂ふ。 故、ここをもちて神の子と謂うなり。」とまをしき。

      (  同 上 中つ巻 神武天皇 2 皇后選定   P87〜88 )


  文中にある『此間(ここ)に媛女(をとめ)あり。』と、『こを神の御子と謂う。』は、それぞれ指し示す対象が異なります。
  つまり、一方は人であり、一方は取り出された鉄を指します。『ここをもちて神の子と謂うなり。』も同様です。
  唐突に『神の子』という言葉が登場し、文章としての繋がりが断ち切られているのは、そうした理由からです。両者の混同が生じているのです。

  これは、この書物の編纂段階にまで遡る誤謬です。蓋し、資料となる正確な情報が少なかったためと考えられます。そのため編纂に携わった人たちも、気付かなかったのです。
  ですから、この文章は、一行ごとに区切って解釈する必要があります。それぞれの文章が、別々の対象の説明になっているからです。

  まず『その容姿(かたち)(うるは)しくありき。』とあるのは、男であれば誰もが欲しがるような、好い女であるという意味です。
  つまり、評価、判定の基準が、女性の容姿・容貌に例えられているのです。男性の視線で創られた勝手な評価基準です。
  より分かりやすく言うと、勢夜蛇多良比賣(せやだたらひめ)は、巫女、祈祷師として、秀でた能力を持つ人物であったということです。

  そして、そこに“ 神の子 ”とあるのは、製造された鉄を指します。
   “ ここをもちて神の子と謂うなり”  も同じです。つまり、蹈鞴製鉄によって取り出された良質の玉鋼のことです。
  「木花の佐久夜毘賣」の章で、國つ神の子と、天つ神の御子に区別されたように、要は、粗悪な鉄、即ち、国津神の子ではないという意味であり、高品質の鉄を取り出すことが出来たことを表わしています。

  その製鉄作業が順調に進んだのは、事代主神の指導が適切であったためと考えられます。
  つまり、その設備は、“神の子”が創られる状態の設備であったということです。それが富登多多良伊須須岐比賣(ほとたたらいすすきひめ)命であり、即ち、優れた溶鉱炉のことです。

  そして、その炉の製造に関ったのが、“麗(うるは)しき壮夫(をとこ)”なのです。同時に、この言葉は、良質の玉鋼を指します。つまり、“子”が成長した姿です。
  ここでも製鉄のための設備・装置と、それに携わった人物が、同じ名前になっているのです。子どもの誕生と、鉄の製造の同一化が進み、分離されないまま、さらに物語化されていったのです。


  *******   ○  ☆  ○  *******


  以上のように、この書物の中では、製鉄作業の様子が、子産み、子育ての情景に置き換えて表現されています。従って、こうした複雑な擬人化現象が起きていることを念頭に置いて、慎重に読み進める必要があるのです。
  しかも、その擬人化現象が、さらに進行して、大幅に物語化され、本来の内容が大きく変形していることにも注意しなければなりません。


               2012. 10.  2.     店主記す



 


 秘密の小部屋に戻る。
   


s p ⇒