海幸彦 と 山幸彦
 ―――――――――――

  故、火照命
(ほでりのみこと)は海幸彦(うみさちびこ)として、鰭(はた)の廣物(ひろもの)、鰭の挟物(さもの)を取り、火遠理命(ほをりのみこと)は山幸彦(やまさちびこ)として、毛(け)の麁物(あらもの)、毛(け)の柔物(にこもの)を取りたまひき。
  ここに火遠理命、その兄火照命に、
  「各
(おのおの)さちを相易(あひか)へて用ゐむ。」と謂ひて、三度(みたび)乞ひたまへども、許さざりき。

  然れども遂に纔
(わづ)かに相(あひ)(か)ふることを得たまひき。
  ここに火遠理の命、海さちをもちて魚釣らすに、都
(かつ)て一つの魚も得たまはず、またその鉤(つりばり)を海に失ひたまひき。

  ここにその兄火照の命、その鉤を乞ひて、曰ひしく、
  「山さちも、己がさちさち。海さちも、己がさちさち。今は各さち返さむ。」と謂ひし時に、その弟(おと)火遠理命、答へ曰
(の)りたまひしく、
  「汝
(いまし)の鉤は、魚釣りしに一つの魚も得ずて、遂に海に失ひつ」とのりたまひき。
  然れどもその兄強
(あながち)に乞ひ徴(はた)りき。
  故、その弟、御佩
(みはかし)の十拳剱(とつかつるぎ)を破りて、五百鉤(いほはり)を作りて、償(つぐの)ひたまへども取らず。
  また一千鉤
(ちはり)を作りて、償ひたまへども受けずて、
  「なほその正本
(もと)の鉤を得む。」と云ひき。

     
 ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 火遠理命 1 海幸彦と山幸彦 P70〜71より )


  この部分を現代文にすると、およそ次のようになります。
         ↓

  火照命
(ほでりのみこと)と、火遠理命(ほをりのみこと)は、兄弟です。兄の火照命は、海幸彦(うみさちびこ)として、海に出て魚を取り、弟の火遠理命は、山幸彦(やまさちびこ)として、山や森で獣(けもの)を取っていました。

  ある時、火遠理命が、兄の火照命に、
   「それぞれが持っているさちを交換してみよう。」と言った。
  火遠理命は、それを三度繰り返したが、まったく応じてもらえなかった。
  しかし、遂に、短期間だけ、お互いが使っているさちを、交換することになった。

  火遠理命は、海さちを用いて、魚を釣ろうとしたが、どんなに頑張っても、一匹も取れなかった。しかも、その大事な鉤
(つりばり)を、海中に失くしてしまった。

  それぞれが使っていた道具を、返却するに際して、兄の火照命は、貸した釣り針と同じものを返すように、火遠理命に要求した。
  火遠理命は弁償のために、十拳剱を砕いて、五百本の釣り針を造った。だが、それを渡そうとしても、火照命は受け取らなかった。
  そこで、千本の釣り針を造って渡そうとしたが、やはり火照命は、もとの釣り針でなければだめだといって、受け取らなかった。


   * * * *  ○  ☆ ☆ ○  * * * * *


  【 火照命 と 火遠理命 】

  ここに登場する火照命
(ほでりのみこと)=海幸彦(うみさちびこ)と、火遠理命(ほをりのみこと)=山幸彦(やまさちびこ)の関係は、およそ次のようになります。

  笠沙
(かささ)の御前(みさき)へ遣って来た邇邇芸能命(ににぎのみこと)と、この土地の先住民であった木花の佐久夜比賣との間には、三人の子供たちが生まれました。
         ↓

  故、その火の盛りに焼
(もゆ)る時に生める子の名は、火照命(ほでりのみこと)。こは隼人阿多君の祖。
  次に生める子の名は、火須勢理命
(ほすせりのみこと)
  次に生める子の御名は、火遠理命
(ほをりのみこと)
  亦の名は天津日高日子穗穗手見命
(あまつひこひこほほでみのみこと)
  三柱

     
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 邇邇芸能命 5 木花の佐久夜毘売 P70  )


  その子供たちの活躍が、ここに描かれているのです。もちろんその子供たちも、やはり笠沙の御前
(みさき)の先住民たちです。つまり、薩摩の国、阿多郡(鹿児島県日置郡)の周辺に住んでいた、それぞれの一族を指します。
  ただし、ここには三人の子供たちのうち、火照命
(ほでりのみこと)と、火遠理命(ほをりのみこと)だけが登場します。残る火須勢理命の存在は、忘れ去られています。

  それぞれの一族が生業としていたものが、火照命の場合は海や川での漁であり、火遠理命の場合は、山や森での狩猟でした。そこから海幸彦、山幸彦と呼ばれるようになったのです。
   本来であれば、その中間に位置するのが、火須勢理命であり、同様に生業を示すならば、平野部での農耕民であったということになります。

  この関係を一覧にして示すと、下のようになります。
       ↓

  海の民 → 火照命 = 漁民 ( こは隼人阿多君の祖 )
(P70)

  山の民 → 火遠理命 = 猟民 = 天津日高日子穂穂手見命(生存年数 580歳)  この後の居所は、高千穂の宮
(P78) 
   『日本書紀』
P164 には、火闌降命は、即ち、阿田君小橋等が本祖なり。とある。

  平地の民 → 火須勢理命 = 農民  海の民と山の民の中間に位置する一族。火が盛んに燃え立つときに生まれたので「ホスセリ」と名附けられた。
   ( 製鉄作業の中間過程を受け持った一族であり、蹈鞴製鉄で燃料とする木炭の製造を受け持った。従って、木花の佐久夜毘売と同種・同職種の一族。 )


  これ等の一族が、その当時の主食であった木の実を提供する木花の佐久夜毘売を介して、相互に繋がっていたのです。
  そして、彼らは邇邇芸能命から、稲作農業の技術を伝授されると同時に、野蹈鞴製鉄を行って、破損した船を修理するのに必要な鉄を確保しようとしたのです。
  それぞれの一族の名前に、"火"の文字がついているのは、そのためです。つまり、このホは、製鉄作業のための火を表わすと同時に、稲作農業から来る穂を表わします。その二つの意味が含まれているのです。


  【 物語化の原点 】

  邇邇芸能命
(ににぎのみこと)の一行が乗って来た船は、途中で嵐に遭い、荒波を受けて難破しました。破損した船を修理するには、鉤(かぎ)型の鉄釘が必要でした。横に並べた板と板を、平面的につなぎ合わせるのに使うコの字型の釘です。
  破損した個所に使われていたもとの釘は、船の板と一緒に、失われてしまいました。ですからそれと同じものを、新たに手に入れる必要があったのです。

  こうした実際に起きた出来事が、物語化されて行く過程で、基礎となる原型の部分を保持しつつも、徐々に変形して行ったのです。
  つまり、両者の形状が類似することから、鉤釘が、釣り針に置き換えられ、その失くした釣り針を探し求めるストーリーが創作されたのです。
  ですから、ここに登場する鉤
(ち)( = 釣り針 )というのは、実際には、コの字型の鉄釘を指します。船を修理するのに、無くてはならないものです。

  また、海に不慣れな山幸彦が、釣り針を海中に失くすストーリーが創作されたのも、原点はここにあります。
  どのような職業でも、専門化や分業化が進んで行けば、仕事の内容を変えることは、容易には出来ません。傍目には簡単に見えることでも、専門的な知識と、技術の修得がなければ、満足にその仕事を成し遂げることは不可能です。
  つまり、山幸彦である火遠理命が、海幸彦の火照命に、「それぞれが持っているさちを交換しよう」などと言うことは、本来であれば、あり得ない話なのです。

  しかし、そのさちの交換が無ければ、火遠理命は、失くした釣り針を探し求めて、他国にまで旅に出る理由が無くなります。歴史的な事実に基づくストーリー展開が、そこで止まってしまいます。物語として進行しません。
  そのために新たに創作されたストーリーが、ようやく短期間だけ、それぞれのさち交換することが認められたというものです。

  これにより火遠理命は、失くした釣り針(=鉄釘)を探し求める旅に出ることになり、また、多くの人たちの救けを借りて、ようやくそれを見つけることが出来たという一連の物語が創られたのです。
  むしろそれが、歴史的な事実に基づく展開であり、言い換えると、実際の出来事に添う形で、ストーリーが創作されたということになります。


  ところで船の修理に使う釘は、大海の荒波の衝撃にも耐え得るものでなければなりません。従って、材料にする鉄には、強度だけでなく、耐久性、すなわち強い粘性が求められます。
  それには、玉鋼
(たまはがね)が持っているような性質が理想的です。鍛えられた玉鋼は、刃物に使える強度と、衝撃を受けても容易には折れない粘性を持っているからです。ただし、その良質の鉄を取り出すのは、なかなかに困難です。

  かつて邇邇芸能命と木花の佐久夜毘売の共同作業によって、野蹈鞴の手法による製鉄作業が行われました。
(P70)
  それにより砂鉄から、天つ神の子(=鉄)を取り出すことが出来ました。産む→ 〔鉄〕
(P77)
  しかし、それは野蹈鞴という簡易的な手法であったために、あまり質の良い鉄を取り出すことが出来ませんでした。必要とする玉鋼
(たまはがね)は、ごくごく少量しか得られなかったのです。

  また、邇邇芸能命に随行して来た人たちが持っていた十拳剱
(P71)は 頭椎の太刀であり、材料は鋳物に近い粗悪な鉄でした。従って、脆いために、船の修理用には使えませんでした。

  火照命が、もとの釣り針でなければだめだと言って、その代替品を受け取らなかったのは、それがまったく使い物にならない代物だったからです。船の修理用に使うには、もとの鉤釘と同程度の強度と、耐久性が必要であるという意味だったのです。


                                
2012. 12.  27.     店主記す



 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒