海神の宮訪問
 ―――――――――

  ここにその弟、泣き患
(うれ)ひて海邊(うみべ)に居(ゐ)ましし時に、塩椎神(しほつちのかみ)来て、問ひて曰(い)ひしく、
  「何
(いか)にぞ虚空津日高(そらつひこ)の泣き患ひたまふ所由(ゆゑ)は。」といへば、答へて言(の)りたまひしく、
  「我と兄と鉤を易へて、その鉤を失ひつ。ここにその鉤を乞ふ故に、多くの鉤を償へども受けずて、『なほその本
(もと)の鉤を得む』と云ひき。故、泣き患ふぞ」とのりたまひき。

  ここに塩椎神、
  「我
(あれ)、汝命(いましみこと)の為(ため)に善き議(はかりごと)をなさむ。」と云ひて、すなはち无間勝間(まなしかつま)の小船(をぷね)を造り、その船に載せて、教へて曰ひしく、
  「我
(あれ)その船を押し流さば、差暫(ややしま)し往(い)でませ。味(うま)し御路(みち)あらむ。すなはちその道に乗りて往でまさば、魚鱗(いろこ)の如(ごと)造れる宮室(みや)、それ綿津見神(わたつみのかみ)の宮ぞ。
  その神の御門
(みかど)に到りましなば、傍(かたへ)の井(ゐ)の上(へ)に湯津香木(ゆつかつら)あらむ。故、その木の上に坐(ま)さば、その海(わたの)神の女(むすめ)、見て相議(あいはか)らむぞ。」といひき。

  故、教への随
(まにま)に少し行きまししに、備(つぶ)さにその言(こと)の如くなりしかば、すなはちその香木(かつら)に登りて坐(ま)しき。
  ここに海
(わたの)神の女、豊玉毘賣の従婢(まかだち)、玉器(たまもひ)を持ちて水を酌(く)まむとする時に、井に光(かげ)ありき。
  仰ぎ見れば、麗しき壮夫
(をとこ)ありき。甚(いと)異奇(あや)しと以為(おも)ひき。

  ここに火遠理命、その婢
(まかだち)を見て、水を得まく欲(ほ)しと乞ひたまひき。婢すなはち水を酌みて、玉器に入れて貢進(たてまつ)りき。
  ここに水を飲まさずて、御頸
(みくび)の珠(たま)を解きて口に含みて、その玉器に唾(つば)き入れたまひき。ここにその珠、器(もひ)に著きて、婢珠を得離(えはな)たず。

  故、珠著ける任
(まにま)に豊玉毘賣命に進(たてまつり)き。
  ここにその珠を見て、婢に問ひて曰ひしく、
  「もし人、門
(かど)の外にありや」といへば、答へて曰ひしく、
  「人ありて、我が井の上
(へ)の香木(かつら)の上(うえ)に坐(いま)す。甚(いと)麗しき壮夫(をとこ)ぞ。我が王(きみ)に益(ま)して甚(いと)貴し。故、その人水を乞はす故に、水を奉れば、、水を飲まさずて、この珠を唾き入れたまひき。これ得離(えはな)たず。故、入れし任(まにま)に将(も)ち来て献りぬ。」といひき。

  ここに豊玉琵売命、奇
(あや)しと思ひて、出で見て、すなはち見感(みめ)でて、目合(まぐはい)して、その父に白ししく、
  「吾が門
(かど)に麗しき人あり。」とまをしき。
  ここに海神、自ら出で見て、
  「この人は、天津日高
(あまつひこ)の御子、虚空津日高ぞ。」と云ひて、すなはち内に率(ゐ)りて、海驢(みち)の皮の畳八重(やへ)を敷き、亦絹畳(きぬだたみ)八重をその上に敷き、その上に坐(ま)せて、百取(ももとり)の机代(つくえしろ)の物を具(そな)へ、御餐(みあへ)して、すなはちその女豊玉毘賣を婚(まぐはひ)せしめき。
  故、三年
(みとせ)に至るまでその國に住みたまひき。

   
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 火遠理命 2 海神の宮訪問 P71〜74 より )


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
       ↓

  火遠理命
(ほをりのみこと)=天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)は、自分が失くしてしまった釣り針を、なんとしても探し出さなければなりません。しかし、その方法が見つかりませんでした。悲嘆にくれて、海辺に佇んでいました。
  すると、そこへ塩椎神
(しおつちのかみ)が通りかかりました。塩椎神は、泣き憂えている火遠理命(ほをりのみこと)に、その理由を尋ねました。
  火遠理命は塩椎神に、これまでの経緯を話しました。すると塩椎神は、
  「私が、好いことを教えてあげよう。」
  こう言って、その方法を教えてくれました。

  塩椎神は、まず、尤間勝間之小船
(まなしかつまのをぶね)を造って、火遠理命を、その船に乗せました。
  そして、こう言いました。
  「私が、船を押し流したら、そのまま真っ直ぐ進みなさい。その先に、外海へ出るのに都合の好い潮流がある。その流れに乗って進みなさい。しばらく行くと、屋根が、魚の鱗のように見える宮殿が見えて来る。それが綿津見神の住む宮である。
  その宮殿の門前まで行きなさい。すると近くに、井戸があるのが見える。その井戸の脇に、大きな桂の木がある。その木の上に居れば、海神の娘が見つけて、いろいろと取り計らってくれるだろう」

  火遠理命
(ほをりのみこと)が、塩椎神に教えられた通りにすると、やがて海神の宮にたどり着いた。すべて塩椎神が説明してくれた通りであった。
  そこで火遠理命は、井戸の脇にある桂の木に登り、その枝に腰を卸した。しばらくすると、海神の娘の豊玉毘賣
(とよたまびめ)の侍女が遣って来た。

  そして、玉器
(たまもひ)で、水を汲(く)もうとした。その時、井戸に光(かげ)があるのに気付いた。仰(あお)ぎ見ると、そこに立派な壮夫(をとこ)がいた。侍女は、驚くと同時に奇異に思った。
  火遠理命は、その侍女に、水が欲しいと言った。
  侍女は、玉器
(たまもひ)に水を汲(く)んで、火遠理命に差し出した。
  すると火遠理命は、その水を飲まずに、首に掛けていた珠を紐から解
(ほど)いて、一旦口に含み、それを玉器の中に吐(は)き入れた。
  すると、その珠は、器に密着してしまった。侍女は、その珠を、器から取り外すことが出来なかった。

  そこで侍女は、珠が着いたままの器を持って、豊玉毘賣命
(とよたまびめのみこと)の所まで行き、それを差し出した。
  豊玉毘賣命は、器の中の珠を見ると、侍女に、
  「もしや門の外に、誰か、人がいるのですか」と尋ねた。
  「知らない人が、井戸の脇の桂の木の上に居ります。立派な壮夫
(をとこ)です。ここの王にも引けを取らないほど高貴な方です。その方が、水が欲しいと言ったので、この器で水を差し上げたら、水を飲まずに、珠を吐(は)き入れたのです。それを取り出すことが出来ないので、そのまま持って来て、お見せしました。」

  豊玉毘賣命は、奇妙に思いながらも、表に出てみました。そこで、火遠理命を一目見るなり、好感を持ちました。
  そして、父親に、
  「門の前に、高貴なお方がおいでになっております。」
  と申し述べると、海神は、自
(みづか)ら出向き、
  「この方は、天津日高の御子
(あまつひこのみこ)、虚空津日高(そらつひこ)です。」
  こう言って、家の中に招き入れた。

  そして、海驢
(みち)の皮の敷物を、幾重にも敷き、さらにその上に絹の敷物を何重にも敷いて、その上に座らせた。
  そして、食台の上に、たくさんの御馳走を取り揃えて、盛大な宴会を催した。
  このようにして、豊玉毘賣命との婚礼の式典が取り行われた。
  火遠理命は、この地で、三年もの期間を過ごした。


    * * * *  ○ ☆  ☆ ○  * * * *


   【  琉球王朝 と 海神の宮 】

  火遠理命は、自分が失くした釣り針を探すために、船に乗って、塩椎神に教えられた場所へ出掛けて行きました。
  その行先については、次の部分に、幾つか、ヒントになるものが含まれています。
         ↓

  「 我
(あれ)その船を押し流さば、 ・ ・ ・ ・ 味(うま)し御路(みち)あらむ。」
  「 魚鱗
(いろこ)の如(ごと)造れる宮室(みや)、それ綿津見神の宮ぞ 」
  「 ・ ・ ・ 傍
(かたへ)の井(ゐ)の上(へ)に湯津香木(ゆつかつら)あらむ。」


  火遠理命は、ようやく海神の宮、即ち、綿津見神の宮へ辿り着くことにが出来ました。その海神の宮は、
  『魚鱗(いろこ)の如(ごと)造れる宮室(みや)』でした。

  この『魚鱗の如く』と表現されている建造物が、瓦屋根の建物を指すことは、容易に想像することが出来ます。つまり、屋根に葺いてあるたくさんの瓦が、魚の鱗のように見えたのです。

  また、そこへ行くために、『船に乗って』、『(うま)し御路
(みち)』を進んで行きました。これは外洋の潮の流れに乗ることによって、その場所へ行き着くことが出来たという意味です。つまり、九州の最南端から、さらに外海に向かって進んで行ったということです。
  その辿り着いた所に、大きな瓦屋根の宮殿があったのです。


  これらのヒントから、その場所が、首里城(スイグスク)のあるかつての琉球国であることが分かります。
  
現在でも沖縄県の那覇市首里には、赤い瓦屋根の首里城があります。それは、かつて海外貿易の拠点であった、那覇港を見下ろす丘陵にあります。

  その首里城の大手門に当たるのが、守礼門
(しゅれいもん)です。四本の柱に支えられた二重構造の屋根は、やはり赤い瓦が葺かれています。
  そして、外来の客たちは、その門の前に留まり、案内を乞いました。それにより琉球国の国王以下、高官達が、その守礼門まで行って出迎えたということです。
  そうした歓迎儀礼の一連の進行状況が、次のような一文で記されているのです。
         ↓

  「 その神の御門(みかど)に到りましなば、ーー 略 ーー その海(わたの)神の女(むすめ)、見て相議(あいはから)らむぞ。」といひき。

   故、珠著ける任(まにま)に豊玉毘賣命に進(たてまつり)き。ここにその珠を見て、婢に問ひて曰ひしく、 「もし人、門(かど)の外にありや」といへば、答へて曰ひしく、ーー 略 ーー 

   ここに豊玉琵売命、奇(あや)しと思ひて、出で見て、すなはち見感(みめ)でて、目合(まぐはい)して、その父に白ししく、
  「吾が門
(かど)に麗しき人あり。」とまをしき。

  ここに海神、自ら出で見て、「この人は、天津日高
(あまつひこ)の御子、虚空津日高ぞ。」と云ひて、すなはち内に率(ゐ)りて、ーー 略 ーー  



  ところで、その場所を、琉球国であると特定するための具体的な資料が、もうひとつ有ります。ただし、それはこの章の最後の部分に記されています。従って、この件は、後で、もう一度、取り上げることにします。

  ( 因みに、桂の木(=香木)は、門前に植えられることが多いということです。ただし、火遠理命(ほをりのみこと)がその木に登ったことには、別の意味があります。この件についても、後で触れることにします。



   【  割り込み接合(鍛接) の小刀 = 持参した献上品 】

  鉄製の刃物は、刀剣のように武器として使われるだけでなく、食用に捕獲した動物や、魚を捌き、野菜や果物を調理するのに、無くてはならないものです。つまり昔も、今も、台所用品としての必需品です。その材料になる鉄が無かった時代には、包丁や小刀は、まさに貴重品でした。

  火遠理命は、綿津見神の宮を訪れるのに際して、献上品を兼ねた手土産として、その小刀を持参しました。それは互いに、友好的な関係を築くための贈り物を兼ねた品物でした。ただし、その手土産には、もうひとつの意味がありました。
  その品物は、それを持つ人物の身分を証明する品物でもあったのです。つまり、邇邇芸能命
(ににぎのみこと)が携えて来た草薙剱と同様、その人物が、何処の何者であるかを証明するための品だったのです。
  それ故に、次のような展開になって続くのです。
         ↓

  故、珠著ける任
(まにま)に豊玉毘賣命に進(たてまつり)き。

  ここにその珠を見て、婢に問ひて曰ひしく、
  「もし人、門
(かど)の外にありや」といへば、 ーー 略 ーー 

  ここに豊玉琵売命、奇
(あや)しと思ひて、出で見て、すなはち見感(みめ)でて、目合(まぐはい)して、その父に白ししく、
  「吾が門
(かど)に麗しき人あり。」とまをしき。

  ここに海神、自ら出で見て、
  「この人は、天津日高
(あまつひこ)の御子、虚空津日高ぞ。」と云ひて、すなはち内に率(ゐ)りて、海驢(みち)の皮の畳八重(やへ)を敷き、 ーー 略 ーー  御餐(みあへ)して、すなはちその女豊玉毘賣を婚(まぐはひ)せしめき。


  つまり、その手土産の品物を見ただけで、それを持参した人物の素性が、容易に判明したのです。また、直接面会した時に、その人物が、遠方の国からやって来た、『天津日高
(あまつひこ)の御子、虚空津日高』であると、容易に判ったのです。

  そして、その品物は、下記のような『玉器に玉を接合した』特殊な物であったということなのです。つまり、次の一文には、その品物の製造過程が説明されているのです。
        ↓

   ここに火遠理命、その婢
(まかだち)を見て、水を得まく欲(ほ)しと乞ひたまひき。婢すなはち水を酌みて、玉器に入れて貢進(たてまつ)りき。
  ここに水を飲まさずて、御頸
(みくび)の珠(たま)を解きて口に含みて、その玉器に唾(つば)き入れたまひき。ここにその珠、器(もひ)に著きて、婢珠を得離(えはな)たず。


  上の説明文にあるように、火遠理命が器の中に落とし入れた玉は、完全に密着して取れなくなりました。器と玉が、完全に一体化したということです。
  つまり、この説明に文は、その製品が出来るまでの過程が、本来であれば必要な様ざまな説明を、省略して記されているのです。
  その省略された部分が多いため、全体的に意味の通じない内容になってしまったのです。ですから、不足している部分の説明を補って、内容を再構築してから解釈する必要があるのです。


  包丁や、ナイフ等の刃物を製造するための工法に、割り込み接合(鍛接)という技術があります。これは異なる金属を接合するための技術であり、沸かし付けとも呼ばれています。今日でも、一般的に使われている技術です。
  この一文には、その製造過程が記されているのです。
  割り込み接合(鍛接)の刃物は、次のような工程で造られます。
         ↓

  (1) 材料の表の部分には、地鉄
(じがね)と呼ばれる炭素量の低い軟鉄を使う。

  (2) その地鉄の中央部を、タガネで二つに割る。
    《 これにより、内部にものが入れられる状態の器が完成する。 → 婢すなはち水を酌みて、玉器に入れて貢進(たてまつ)りき。 》

  (3) その間に、板状に延ばした玉ハガネを挟み込む。
    《 玉器に、珠
(たま)を入れた状態になる。 → 御頸(みくび)の珠(たま)を解きて口に含みて、その玉器に唾(つば)き入れたまひき。 》

  (4) 二つの金属材料の接触面に、接合材として、硼砂
(ほうしゃ)と鉄粉を混合したものを塗り着ける。
     ( 材料の表面に酸化皮膜が出来ると、鍛接がし難くなるため、硼砂で皮膜を取り除くと同時に、新たな皮膜の発生を防止して、鍛接がやり易くなる。)
    《 これが、唾として代理表現されている。 → 珠
(たま)を解きて口に含みて、その玉器に唾(つば)き入れたまひき。 》

  (5) 材料を、900℃〜1000℃に加熱する。

  (6) 金槌やハンマーで敲いて鍛接する。これにより地鉄と玉鋼が、完全に密着する。
    《 この作業により、軟鉄と鋼が、完全に一体化して、決して剥がれることがなくなる。 → その珠、器
(もひ)に著きて、婢珠を得離(えはな)たず。 》

  (7) その後、焼き入れを行うことにより、切れ味の鋭い刃物となる。焼き入れは、高温に熱した鉄を、一気に、水に浸けることにより行われる。
   ( 焼きむらを防止するために、まず泥水を、刃物全体に塗布する。焼入れのタイミングは非常に重要であり、760℃〜800℃に熱してから、一気に水につけて冷やす。)
    《 この焼き入れにより、硬く鋭い刃先と、折れにくい刀身を持った割り込み接合(鍛接)の刃物が完成する。 → 水を得まく欲
(ほ)しと乞ひたまひき。婢すなはち水を酌みて、玉器に入れて貢進(たてまつ)
りき。 》


  このようにして製造される地鉄と、ハガネと、地鉄という三枚構造の刃物は、貴重な玉鋼の使用量が、少なくてすみます。しかも、オール鋼の刃物のように、堅いものに当たっても、衝撃で、ポッキリと折れるのを防ぐことが出来るという利点があります。

  つまり、火遠理命持参した品物は、こうした技術を用いて製造された特殊な刃物であったということです。火遠理命の一族は、そうした製品を製造する技術を持っていたのです。
  そして、綿津見神の宮を訪れるのに際して、献上品を兼ねた手土産として、その小刀を持参したのです。



  【 虚空津日高(そらつひこ) 】

  この章に突然、登場して来たのが、虚空津日高(そらつひこ)という名前です。火遠理命(ほをりのみこと)には、もともと天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)という別名がありますが、ここでもう一つ増えたことになります。

  これは琉球国の人たちから見た場合の、距離感の違いに基づいて付けられた呼称です。つまり、天照大御神がいる高天の原から来た人たちが、天つ神と呼ばれることから、それと区別するためのものです。
  天というのは、まったく手の届かない遥かな上空を意味します。見上げても、見ることの出来ない、まさに人知を超えた領域です。
  それに対して、空は、見上げて、見ることが可能な範囲の上空です。すなわち、天と、空の距離感の違いによって、名前が分けられているのです。


                              
  2013. 1.  17.     店主記す



 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒