火照命の服従
 ―――――――――

  ここに火遠理命、その初めの事を思ほして、大きなる一歎
(なげき)したまひき。故、豊玉毘賣
(の)命、その歎きを聞かして、その父に白(まを)ししく、
  「三年
(みとせ)住みたまへども、恒(つね)は歎かすことも無かりしに、今夜(こよい)大きなる一歎(なげき)したまひつ。もし何の由(ゆゑ)ありや。」とまをしき。

  故、その父の大神、その聟夫
(むこ)に問ひて、曰ひしく、
  「今旦
(けさ)我が女の語るを聞けば、三年坐(ま)せども、恒は歎かすことも無かりしに、今夜(こよひ)大きなる歎きしたまひつ。」と云ひき。
  もし由
(ゆえ)ありや。また此間(ここ)に到(き)ませる由(ゆゑ)は奈何(いか)に。」といひき。
  ここにその大神に、備
(つぶさ)にその兄の失せにし鉤を罸(はた)りし状(さま)の如く語りたまひき。

  ここをもちて海
(の)神、悉に海の大小魚(とほしろくちひさきうを)どもを召(よ)び集めて、問ひて曰ひしく、
  「もしこの鉤を取れる魚ありや」といひき。
  故、諸の魚ども白ししく、
  「頃者
(このごろ)、赤海鰤魚(たひ)、喉にノギ(のぎ)ありて、物得(え)(く)はずと愁ひ言へり。故、必ずこれ取りつらむ。」とまをしき。
  ここに赤海鰤魚
(たひ)の喉を探(さぐ)れば、鉤ありき。すなはち取り出でて、洗い清(す)まして、火遠理命に奉りし時に、その綿津見大神誨(をし)へて曰(い)ひしく、

  「この鉤を、その兄に給はむ時に、言
(の)りたまはむ状(さま)は、
  『この鉤は、おぼ鉤
(ち)、すす鉤(ぢ)、貧鉤(まぢち)、うる鉤(ぢ)。』と云ひて、後手(しりへで)に賜へ。
  然
(しか)してその兄、高田(あげた)を作らば、汝命(いましみこと)は下田(くぼた)を営(つく)りたまへ。その兄、下田を作らば、汝命は高田を営りたまへ。

  然
(しか)したまはば、吾(あれ)水を掌(し)れる故に、三年の間、必ずその兄貧窮(まず)しくあらむ。もしそれ然(しか)したまふ事を恨怨(うら)みて攻(せ)め戦(たたか)はば、塩盈珠(しほみつたま)を出して溺らし、もしそれ愁(うれ)ひ請(まを)さば、塩乾珠(しほふるたま)を出して活(い)かし、かく惚(なや)まし苦しめたまへ。」
  と云ひて、塩盈珠、塩乾珠併
(あは)せて両箇(ふたつ)を授けて、すなはち悉に鮫魚(わに)どもを召(よ)び集めて、問ひて曰ひしく、
  「今、天津日高
(あまつひこ)の御子、虚空津日高(そらつひこ)、上(うは)つ國に出幸(い)でまさむとしたまふ。誰は幾日(いくか)に送り奉りて、覆奏(かへりごとまを)すぞ。」といひき。

  故、各己が身の尋長
(ひろたけ)の随に、日を限りて白す中に、一尋鮫(ひとひろわに)白ししく、
  「僕
(あ)は一日(ひとひ)に送りて、すなはち還り来む。」とまをしき。
  故ここにその一尋鮫に、
  「然らば汝
(なれ)送り奉れ。もし海中(わたなか)を度る時、な惶畏(かしこ)ませまつりそ。」
  と告
(の)りて、すなはちその鮫の頸に載せて、送り出き。

  故、期
(ちぎ)りしが如(ごと)、一日(ひとひ)の内に送り奉りき。
  その鮫を返さむとせし時、佩
(は)かせる紐小刀(ひもかたな)を解きて、その頸に著けて返したまひき。
  故、その一尋鮫は、今に佐比持神
(さひもちのかみ)と謂ふ。

  ここをもちて備
(つぶさ)に海(の)神の教へし言(ごと)の如くして、その鉤を与へたまひき。
  故、それより以後
(のち)は、稍兪(やや)に貧しくなりて、更に荒き心を起こして迫め来ぬ。攻めむとする時は、塩盈珠を出して溺らし、それ愁ひ請(まを)せば、塩乾珠を出して救ひ、かく惚(なや)まし苦しめたまひし時に、稽首(のみ)(まを)ししく、
  「僕
(あ)は今より以後(のち)は、汝命(いましみこと)の昼夜(ひるよる)の守護人(まもりびと)となりて仕へ奉らむ。」とまをしき。
  故、今に至るまで、その溺れし時の種種
(くさぐさ)の態(わざ)、絶えず仕へ奉るなり。

      
( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 火遠理命 3 火照命の服従 P74〜76 )


  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
       ↓

  火遠理命は、ふと、昔のことを思い出した。そして、嘆きの言葉とともに、大きな溜息を吐いた。豊玉毘賣命は、その嘆きを耳にして、父親に、
  「すでに三年も、この地に住んでおり、普段は嘆くようなことはなかったのに、今夜、大きな溜息を一つ吐きました。何か、理由があるのでしょうか。」と申し上げた。

  そこで、父の大神が、その婿に、
  「今朝、娘が言うには、すでにこの地に三年もいて、普段は嘆くようなことはなかったのに、今夜大きな嘆きの言葉を聞いたということです。何か、理由があるのですか。また、この地に遣って来た理由は、そもそも何だったのでしょうか。」と尋ねました。
  そこで、火遠理命は大神に、兄が失った釣針を取り立てた様子を、詳しく話しました。
  すると海神は、大小ことごとくの魚たちを呼び集めて、
  「もしかしてこの中に、釣針を取った者がいるか」と尋ねた。
  魚たちは、「近頃、赤鯛が、喉にトゲが刺さって、物が食べられないと嘆いています。きっと彼が取ったのでしょう。」と申し上げた。
  そこで赤鯛の喉を探ってみると、果たして、その釣り針が見つかった。それを取り出し、洗い清めてから、火遠理命に差し出した。

  その時に、綿津見大神が、
  「この釣り針を兄に渡す時、このようにしなさい。」と言って、次のように教えた。
  『この釣り針は、おぼ鉤、すす鉤、貧鉤、うる鉤。こう言って、後ろ手で渡しなさい。そして、兄が高田を作ったなら、そなたは下田を作りなさい。
  兄が下田を作ったなら、そなた高田を作りなさい。そうすれば、そなたは水の管理が出来るので、三年ほどで、兄は貧しくなるでしょう。
  もし、そのことを恨んで攻撃して来たら、塩盈珠を使って溺れさせ、或いは、助けを求めて来たら、塩乾珠を使って、救命しなさい。そのようにして、苦しませてあげなさい。」
  そして、塩盈珠と塩乾珠を授けた。

  また、すべての鮫魚
(わに)どもを、その場に呼び集めて、
  「今、天津日高の御子の虚空津日高が、上つ国へ帰ろうとしているのだが、誰が何日で、送り届けて、再び戻って来られるか」と尋ねた。

  それぞれが自分の能力に合わせて、その日数を申し上げた中で、一尋鮫が、
  「私は、一日で送り届けて、戻って来ます。」と申し上げた。
  そこで、その一尋鮫に、
  「では、そなたが送って差し上げよ。ただし海上を渡る時に、危険な目に合わせるようなことがあってはならぬぞ。」と申し付けて、その船の船首に乗せて送り出した。

  その鮫は、約束の通り、一日で、送り届けて戻ってきた。
  その鮫が帰る際、火遠理命は腰に携帯していた紐小刀を取り外し、鮫の首に掛けた。これにより、その一尋鮫は、今でも佐比持神と呼ばれている。

  その後、火遠理命は、海神に教えられた通りのやり方で、兄に、その釣針を渡した。そのために、兄は徐々に貧しくなった。そして、恨みから、遂に怒りに駆られて、武力で攻め込んで来た。
  そこで火遠理命は、兄が攻めて来ようとした時は、塩盈珠を使って溺れさせ、苦しんで助けを求めたら、塩乾珠を使って救けた。
  このようにして苦しめ続けると、兄は、とうとう降参した。そして、頭を下げて、
  「私は、これから後は、あなた様の警護人として、夜昼を通して、お仕え致します。」と申し出た。
  その溺れた時の様子は、今でも語り伝えられており、また演じられている。


  * * * *  ○ ☆☆ ○  * * * *


  【 客のもてなし方 】

  この国では、遠来の高貴な客が、十分に満足して自国へ帰ってもらえるように、徹底したもてなしをしました。なぜならそれは、この国が存続するための唯一の方法であり、且つ、手段であり、また今後の支援を取り付けるために、是非とも必要なことだったからです。
  そのことが、次の一文に記されている内容であり、また裏に隠されている真相です。つまり、お客が飽きるまで、毎日、毎夜、徹底してもてなしたのです。
          ↓

  『 ここに火遠理命、その初めの事を思ほして、大きなる一歎(なげき)したまひき。故、豊玉毘賣(の)命、その歎きを聞かして、その父に白(まを)ししく、
  「三年
(みとせ)住みたまへども、恒(つね)は歎かすことも無かりしに、今夜(こよい)大きなる一歎(なげき)したまひつ。もし何の由(ゆゑ)ありや。」とまをしき。



   中国大陸と日本列島の間に位置する琉球王朝は、どちらの国に対しても微妙な距離を保ちつつ、平和共存の道を進むことが必要不可欠でした。一たび戦争が起きれば、たちまち消滅してしまうような弱小国だからです。
  そのために火遠理命の一行が到着した際も、国王以下、すべての高官達が、わざわざ守礼門まで出向いて、丁重に出迎えたのです。そして、その後、盛大な宴会を開き、豪華な食事を振る舞って歓待したのです。
        ↓

  『 ここに海神、自ら出で見て、
  「この人は、天津日高
(あまつひこ)の御子、虚空津日高ぞ。」
   と云ひて、すなはち内に率
(ゐ)りて、海驢(みち)の皮の畳八重(やへ)を敷き、亦絹畳(きぬだたみ)八重をその上に敷き、その上に坐(ま)せて、百取(ももとり)の机代(つくえしろ)の物を具(そな)へ、御餐(みあへ)して、すなはちその女豊玉毘賣を婚(まぐはひ)せしめき。
  故、三年
(みとせ)に至るまでその國に住みたまひき。(P73〜74)


  つまり、それはこの国の政策として行われた歓迎式典であり、また客のもてなし方でした。それには、まさに国の存亡が掛かっていたのです。弱小国が生き残るための、唯一の手段だったのです。


  【 鯛 と 釣り針 】

  鯛の骨が硬いことは、よく知られています。特に顎の骨は強靭であり、甲殻類などをバリバリと噛み砕くことができます。先端が牙状で、途中から丸い臼状を呈します。
  また鯛のタイと呼ばれる骨があります。これは硬骨魚の肩帯の骨の一部であり、肩甲骨と烏口骨が繋がった状態のものです。これはほとんどの硬骨魚に存在しますが、鯛の中でもとりわけ真鯛のものが、最も形が美しいとされています。
  そうした特徴を持つ鯛の口に、鉄製の釣り針が刺さっていたのです。
       ↓

  『 魚たちは、「近頃、赤鯛が、喉にトゲが刺さって、物が食べられないと嘆いています。きっと彼が取ったのでしょう」と申し上げた。
  そこで赤鯛の喉を探ってみると、果たして、その釣針が見つかった。 



  これは類似し、相似するものの中に、目的の物を忍ばせることによって、釣り針という異物の存在が、いかにも有り得べき出来事のように感じさせる技法です。そのために、わざわざ鯛という魚が選ばれたのです。しかも、大きな鯛は釣られても、口に釣針を喰わえて、そのまま逃げることがあります。そうした状況が念頭に置かれているのです。

  ただし、それは実際の鯛ではなく、鯛釣り漁を専門に行っている一族を指します。その集団に所属する人たちが、釣り針、すなわち鉄製の鉤釘を拾得して、保有していたということです。対象の置き換え現象が起きているのです。
  従って、難破船の破片が、海流に乗って、この辺りまで流れて来たことになります。その潮の流れが、次のように記されているのです。
        ↓

  『 「我
(あれ)その船を押し流さば、差暫(ややしま)し往(い)でませ。味(うま)し御路(みち)あらむ。すなはちその道に乗りて往でまさば、魚鱗(いろこ)の如(ごと)造れる宮室(みや)、それ綿津見神(わたつみのかみ)の宮ぞ。 』(P72)


  要するに、九州の最南端の地点から、琉球国すなわち現在の沖縄県に辿り着く潮の流れが存在するのです。その潮流に乗ることによって、難破した船の破片も、また火遠理命の一行も、容易に、この地にたどり着くことが出来たのです。


  【 高田 と 下田 】

  平地が少ない山間部では、棚田での稲作が行なわれます。棚田というのは、傾斜地に造られた稲作用の狭い農地のことであり、それがあたり一面に広がっている場合は、千枚田と呼ばれます。また田畑が段々になって作られていることから、段々畑とも呼ばれます。

  そうした傾斜地で稲作を行うには、水の管理が重要になります。つまり田に、水を引き込む技術と、その水が洩れ出さないようにする技術を持っていなければ、十分な収穫は期待することが出来ません。
  水を田に引き込むには、多くの場合、近くにある河川を利用します。しかし、山間部を流れる河川は日照りが続くと水量が減ってしまい、水田が干上がってしまうという問題があります。
  そのために
用水路を掘って、遠方から引いて来たり、また貯水池を造って、そこに水を一時的に保存します。これらの方法が困難な場所では、田の地下に横穴を設け、地下の湧き水や、伏流水を汲み上げて利用することもあります。

  また、上の田に張られた水は、自然と下に流れ落ちますから、引き入れた水が洩れ出て、流れ落ちないようにする保水のための技術が必要となります。


  そうした技術さえ持っていれば、高田でも、下田でも十分な収穫が期待できます。火遠理命は、そのような利水の技術、水を管理する技術を修得していたのです。
       ↓

  『 (しか)してその兄、高田(あげた)を作らば、汝命(いましみこと)は下田(くぼた)を営(つく)りたまへ。その兄、下田を作らば、汝命は高田を営りたまへ。
  然
(しか)したまはば、吾(あれ)水を掌(し)れる故に、三年の間、必ずその兄貧窮(まず)しくあらむ。
』(P73)


  一方、そうした利水、保水、灌漑、排水といった技術を持っていなかった兄は、十分な稲の収穫が出来ませんでした。つまり、食糧不足になったのです。
  そして、そこから発生して来たのが、次のような事態です。
          ↓

  『 ーー ー 、更に荒き心を起こして迫め来ぬ。



  兄の火照命は、とうとう武力に訴えて、火遠理命を攻めて来たのです。


  【 一尋鮫(ひとひろわに) 】

  火遠理命の一行は、来る時には都合の好い潮流を利用することが出来ましたが、帰りには、別の方法を探さなければなりません。つまり、潮の流れに逆らって進むことが出来る舟が必要でした。ただし、今と違って当時は、その船の推進力を、人力で創り出す必要がありました。

  沖縄で行われている伝統行事に、「ハーリー」と呼ばれるものがあります。爬竜(ハーリー)とは、爬竜船(はりゅうせん)と呼ばれる舟で互いに速さを競い合うものであり、同時に航海の安全と、豊漁を祈願するお祭りです。
  那覇のハーリー舟は、全長が14.55メートル。重さ2.5トンで、舳(へさき)には竜頭。艫(とも)には、竜尾の彫り物が飾られています。乗組員は、漕ぎ手32名。鐘打ち2名。舵取り2名。旗持ち他6名。総勢42名にも及びます。
  これに対して、ほかの地域では、沖縄の伝統的な小型漁船「サバニ」を使ったレースが繰り広げられます。サバニの大きさは、地域によって様ざまですが、漕ぎ手、舵取り、鉦打ち、合わせて11名程度が乗船します。

  つまり舟の大きさによって、乗り込める人数が異なるわけです。そして、乗れる人が多ければ多いほど、舟の推進力も大きくなります。
  綿津見大神は、火遠理命の一行を九州の最南端の地まで送り届けるために、漁師たちを呼び集めて、彼等が持っている能力を評価させました。
  その中に、私ならば、一日でお送りして、再び、ここに戻って来られます
という者がいました。それが、一尋鮫です。綿津見大神は、その者に大役を任せました。
        ↓


  『 故、各己が身の尋長(ひろたけ)の随に、日を限りて白す中に、一尋鮫(ひとひろわに)白ししく、
  「僕
(あ)は一日(ひとひ)に送りて、すなはち還り来む。」とまをしき。
  故ここにその一尋鮫に、
  「然らば汝
(なれ)送り奉れ。もし海中(わたなか)を度る時、な惶畏(かしこ)ませまつりそ。」と告(の)りて、すなはちその鮫の頸に載せて、送り出き。
  故、期
(ちぎ)りしが如(ごと)、一日(ひとひ)の内に送り奉りき。』



  一尋鮫は、多くの人が乗り込むことが出来る大型の舟を所有していたのです。その舟を使って、琉球国から、九州の最南端、鹿児島までの距離を往復したのです。このことからも当時の人たちが、高度の航海術を持っていたことが分かります。



  【 紐小刀(ひもかたな) 

  火遠理命は、自分たちを無事、自国まで送り届けてくれたことに対する感謝のしるしとして、一尋鮫に、紐小刀(ひもかたな)を授けました。
         ↓

  『 その鮫を返さむとせし時、佩
(は)かせる紐小刀(ひもかたな)を解きて、その頸に著けて返したまひき。
  故、その一尋鮫は、今に佐比持神
(さひもちのかみ)と謂ふ。』



  これは小型の手包丁か、または切り出しナイフのようなものと考えられます。火遠理命が、自分用に携帯していた小刀です。もちろん鉄そのそものが無かった時代ですから、その紐小刀は、極めて貴重な品でした。
  それには一尋鮫が、海の上で起きた数々の危険に対処し、献身的に仕えてくれたことに対する褒賞の意味があります。同時に、これはそうした貴重な品を与える、火遠理命という人物の人間性を表わすものとなっています。他人から受けた恩義、忠義に報いる人物であったということです。
  その一尋鮫の後世に残る名が、佐比持神(さひもちのかみ)であり、その際に生じた様ざまなエピソードと一緒に、末永く伝えられることになったのです。


  【 塩盈珠
(しほみつたま)と塩乾珠(しほふるたま) 】

  塩盈珠
(しほみつたま)は、海の水を溢れさせる能力をもつ珠であり、塩乾珠(しほふるたま)は、その水を引かせる能力を持つ珠です。
  兄の火照命は、遂に武力に訴えて、火遠理命を攻めて来ました。それに対処するためのおまじないが、この二つの珠を使って引き起こす現象でした。
  それ等の現象によって、火照命は遂に降参し、以後、自分は、火遠理命の警護のために仕えるという約束をしました。
  また、そのおぼれた時の様子や、仕草が伝承されて、後世にまで残されているということです。

         ↓

  『 故、それより以後(のち)は、稍兪(やや)に貧しくなりて、更に荒き心を起こして迫め来ぬ。攻めむとする時は、塩盈珠を出して溺らし、それ愁ひ請(まを)せば、塩乾珠を出して救ひ、かく惚(なや)まし苦しめたまひし時に、稽首(のみ)(まを)ししく、
  「僕
(あ)は今より以後(のち)は、汝命(いましみこと)の昼夜(ひるよる)の守護人(まもりびと)となりて仕へ奉らむ。」とまをしき。
  故、今に至るまで、その溺れし時の種種
(くさぐさ)の態(わざ)、絶えず仕へ奉るなり。
 』


  この二つの珠が引き起こす現象について、『古事記』では、具体的な出来事が何も記されていませんが、『日本書紀』には、やや分かりやすい事例が記されています。
        ↓

  『 又
(また)(このかみ)(わたなか)に入りて釣(つり)せむ時に、天孫、海浜(うみへた)に在(ま)して、風招(かざをき)を作(し)たまへ。風招は即ち嘯(うそぶき)なり。如此(かく)せば、吾(われ)瀛風(おきつかぜ)辺風(へつかぜ)を起(た)てて、奔(はや)き波を以(も)て溺(おぼ)し悩まさむ。』とまうす。ーー 略 ーー  
  兄
(このかみ)の釣(つり)する日に至及(いた)りて、弟(おとのみこと)、浜(うみへた)に居(ま)しまして嘯きたまう。
  時に迅風
(はやち)(たちまち)に起こる。兄(このかみ)則ち溺れ苦しむ。生(い)く可(べ)きに由(よし)(な)し。
  便
(すなは)ち遥(はるか)に弟(おとのみこと)に請(こ)ひて曰(まう)さく、
  汝
(いましみこと)、久(ひさ)しく海原(うなはら)に居(ま)しき。必ず善(よ)き術(ばけ)有らむ。願(ねが)はくは救ひたまへ。若(も)し我(われ)を活(い)けたまへらば、吾(やつかれ)が生(うみ)の児(こ)の八十連属(やそつづき)に、汝(いましみこと)の垣辺(みかきもと)を離れずして、俳優(わざをき)の民たらむ』とまうす。
  是
(ここ)に、弟(おとのみこと)(うそぶ)くこと己(すで)に停(や)みて、風(かぜ)(また)還息(ふきとどま)りぬ。ー ー ー  』

                   
( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第十段 P190〜192 )


  つまり、風を起こして大きな波を立て、その波で、兄を溺れさせたという内容です。ただし、ここには珠に関する記述がありません。
  また、P162〜164には、珠に関する記述があるものの、具体的な事例は記されていません。
  また、P176〜178には、珠を用いたことにより、高い山までもが、満ちた潮で没したことになっています。

  こうした内容をどう捉えるかは、読む人の自由であるとしても、ここにも何らかの真実が隠されているものと考えられます。
  つまり、その珠がもつ能力によって、実際に海の潮の満ち引きが起きたということです。それ故に、伝説として残されるような事態が発生したのであり、そのために兄の火照命が、弟の火遠理命に仕えることになったのです。

  ですから、『日本書紀』の風を起こすおまじないになっている部分は、人為的に引き起こされた満ち潮によるものであったと捉えなおすことが出来ます。つまり、その二つの珠は、海の満ち潮、引き潮を起こす能力を持っていたのです。
  そして、海幸彦(うみさちびこ)である火照命
(ほでりのみこと)が、漁のためではなく、兵を仕立てて海上から攻めて来た時に、その珠の威力が発揮されたのです。
  それが海
(の)神から授けられた能力であり、琉球国の王が持っていた特殊な能力の一つだったのです。


                                
2013. 6.  5.     店主記す




 


    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒