豊玉毘賣命 と 鵜葺草葺不合命
 ―――――――――――――――


  ここに海(の)神の女、豊玉毘賣(の)命、自ら参出(まひで)て白ししく、
  「妾(あ)は已(すで)に妊身(はら)めるを、今産む時に臨(な)りぬ。こを念(おも)ふに、天つ神の御子は、海原に生むべからず。故、参出(まひで)(き)つ。」とまをしき。
  ここにすなはちその海邊の波限(なぎさ)に、鵜(う)の羽(は)を葺草(かや)にして、産殿を造りき。ここにその産殿、未だ葺(ふ)き合(あ)へぬに、御腹(みはら)の急(あわただ)しさに忍(しの)びず。
  故、産殿に入りましき。ここに産みまさむとする時に、その夫(ひこぢ)に白したまひしく、
  「凡(すべ)て他國(あだしくに)の人は、産む時に臨(な)れば、本つ國の形をもちて産むなり。故、妾(あれ)今、本の身をもちて産まむとす。願はくは、妾(あ)をな見たまひそ」と言(まを)したまひき。

  ここにその言(こと)を奇(あや)しと思ほして、その産まむとするを竊伺(かきま)みたまへば、八尋鮫に化(な)なりて、匍匐(は)ひ委蛇(もこよ)ひき。
  すなはち見驚き畏みて、遁(に)げ退(そ)きたまひき。
  ここに豊玉毘賣命、その伺見(かきまみ)たまひし事を知らして、心恥(うらは)づかしと以為(おも)ほして、すなはちその御子を生み置きて、
  「妾(あれ)(つね)は、海つ道(ち)を通して往来(かよ)はむと欲(おも)ひき。然れども吾が形を伺見(かきまみ)たまひし、これ甚作(←立心偏の作)(いとは)づかし。」と白したまひて、すなはち海坂(うなさか)を塞(さ)へて、返り入りましき。
  ここをもちてその産みましし御子を名づけて、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)と謂ふ。

  然れども後は、その伺(かきま)みたまひし情(こころ)を恨みたまへども、戀しき心に忍びずて、その御子を治養(ひだ)しまつる縁(よし)によりて、その弟(おと)、玉依毘賣(たまよりびめ)に附けて、歌を献獻りたまひき。その歌に曰ひしく、
  赤玉(あかだま)は 緒(を)さへ光れど 白玉(しらたま)の 君が装(よそひ)し 貴くありけり。
  といひき。
  ここにその夫(ひこじ)答へて歌ひたまひしく、
  沖つ鳥 鴨著(ど)く島に 我が率寝(ゐね)し 妹(いも)は忘れじ 世のことごとに。
  とうたひたまひき。

  故、日子穂穂出手見命は、高千穂の宮に五百八十歳(いほちまりやそとせ)(ま)しき。御陵(みはかし)はすなはちその高千穂の山の西にあり。

  この天津日高日子波限建鵜葺草葺不合(の)命、その姨(をば)玉依毘賣命を娶(めと)して、生みませる御子の名は、
  五瀬命(いつせのみこと)
  次に稲冰命(いなひのみこと)
  次に御毛沼命(みけぬのみこと)。
  次に若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、亦の名は豊御毛沼命、亦の名は神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)
  四柱。
  故、御毛沼命は、波の穂を跳(ふ)みて、常世國(とこよのくに)に渡りまし、稲冰命は、妣(はは)の國として海原に入りましき。

                 ( 『古事記』 岩波文庫版 上つ巻 火遠理命 4 鵜葺草葺不合命 P76〜78 )



  この部分を現代語にすると、およそ次のようになります。
         ↓

  海神の娘、豊玉毘賣命が、自ら出向いて来て、こう言いました。
  「私は、すでに身籠っています。そして、すでに子を産む時期に入りました。ただし、天つ神の御子は、海原で産むことは出来ません。それで、ここまで出向いて参りました」
  そして、海辺の渚に、鵜の羽を葺草のようにして、産屋を造りました。ところが、その産屋を葺き終えないうちに、腹部の動きが活発になり、耐えられない状態になりました。そこで、すぐに産屋に入りました。
  いよいよ産もうとする時に、夫に、
  「すべての異郷の人たちは、産む時になると、本國での普段の姿になって産みます。ですから私も、今、本の姿に戻って産みます。お願いですから、その時の私を見ないで下さい」と言いました。

  火遠理命は、なんとも不思議なことを言うものだと思いながらも、ふと、まさに産もうとしているその現場を覗き見ると、豊玉毘賣命は八尋鮫に変身して、身をくねらせながら、あたりを這い回っていました。
  それを見た火遠理命は、驚き、恐れて、その場を逃げ出しました。

  豊玉毘賣命は、火遠理命が覗き見た事を知り、心恥ずかしく思って、その産んだ御子を、そこに置いたまま、
  「私は、今後は海の道を使って、往き来しようと思っていました。しかし、私の本来の姿を覗かれてしまい、あまりに恥多きことでした。」と言い残し、この国と海神の国を結ぶ交通網を遮断して、自国に帰ってしまいました。
  このようにして産まれた御子の名が、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命です。

  しかし後になって、その覗き見た心情は恨みに思うものの、我が子に対する愛しさに耐えられず、その御子を養育するという理由で、自分の妹にあたる玉依毘賣を使わして寄越しました。
  その際に、歌を詠みました。妹に託したその歌は、次のようなものでした。

        / ーー 中 略 ーー /

  ところで、日子穂穂出手見命は、高千穂の宮に五百八十歳まで住まわれました。その御陵は、高千穂の山の西方にあります。

  また、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命は、姨(をば)の玉依毘賣命を妻にしました。そして、お生みになられた御子の名は、

  五瀬命(いつせのみこと)
  次に稲冰命(いなひのみこと)
  次に御毛沼命(みけぬのみこと)
  次に若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、亦の名は豊御毛沼命、亦の名は神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)
  以上の四柱でした。

  さて、御毛沼命は、波の穂を跳(ふ)みて、常世國(とこよのくに)に渡りました。また、稲冰命は、妣(はは)の國である海原にお入りになりました。


       * * * * * * *   ○   ☆  ☆   ○   * * * * * * *


  【 天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命 】

  火遠理命と、海神の娘の豊玉毘賣(とよたまびめ)命との間に生まれたのが、この天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命です。
  ただし、実の母親である豊玉毘賣(とよたまびめ)命が、この御子を生み落したあと、すぐに自国へ帰ってしまいました。その代わりに、妹の玉依毘賣(たまよりびめ)命が、この子の養育のために遣わされて来ました。

  ところで、既に申し述べましたように、この書物の中で子産み現象として描かれている出来事は、実際には、鉄の製造を指します。つまり、製鉄作業の風景が、"子"を出産する話として、寓意化されて記されているのです。
  ですから、ここに誕生した天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命も、具体的には、製鉄作業のための装置、設備を指すと同時に、その作業に携わった人たち、及び、実際に取り出された鉄そのものを指します。
  細かな説明がすべて省略されいるために、生まれて来た子と、その作業に関係した人物、施設・設備が混然一体となっており、容易には分離できない状態になっています。
  この書物の編纂段階で、多くの説明の漏れが生じているからです。そのために、製鉄作業に携わった人物と、その結果、造り出されたと鉄とが、同じ名前になってしまったのです。

  従って、この名前で表現されている対象は、具体的には製鉄のための設備、装置を指すことになります。つまり、この鵜葺草葺不合という名前は、第一義的には、その製鉄作業に関係した人たちを指すと同時に、製鉄作業のための設備である溶鉱炉を指すわけです。

  以上のように、製鉄作業の様子が、ここでも子どもの出産の状況として、抽象的に描かれているのです。そのために、極めて分かり難くなってしまったのです。
        ↓

  「妾(あ)は已(すで)に妊身(はら)めるを、今産む時に臨(な)りぬ。こを念(おも)ふに、天つ神の御子は、海原に生むべからず。故、参出(まひで)(き)つ。」とまをしき。
  ここにすなはちその海邊の波限(なぎさ)に、鵜(う)の羽(は)を葺草(かや)にして、産殿を造りき。ここにその産殿、未だ葺(ふ)き合(あ)へぬに、御腹(みはら)の急(あわただ)しさに忍(しの)びず。
  故、産殿に入りましき。ここに産みまさむとする時に、その夫(ひこぢ)に白したまひしく、ーー 略 ーー 。
                                     ( 同 上  P76 )


  ここに『御腹(みはら)の急(あわただ)しさに忍(しの)びず。』とあるのは、鎔けた溶鉱炉の鉄が、いよいよ外に出て来る状態を指します。今まさに、子が、産まれる瞬間の様子にたとえられているのです。


  【 玉依毘賣命 】

  上の一文は、さらに次のように続きます。
         ↓

  然れども後は、その伺(かきま)みたまひし情(こころ)を恨みたまへども、恋しき心に忍びずて、その御子を治養(ひだ)しまつる縁(よし)によりて、その弟(おと)、玉依毘賣(たまよりびめ)に附けて、歌を献りたまひき。 ーー 略 ーー  。

                                    ( 同 上  P78 )


  実の母親である豊玉毘賣(とよたまびめ)命が、この御子を生み落したあと、すぐに自国へ帰ってしまったことから、その御子の養育のために、妹の玉依毘賣(たまよりびめ)命が遣わされて来ました。つまり、産みの母と、育ての母が異なることになります。
  従って、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合の産みの母が、豊玉毘賣(とよたまびめ)命であり、育ての母が、その妹にあたる玉依毘賣(たまよりびめ)命ということになります。

  そして、何と、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあへず)命は、後に、姨(をば)であり、しかも育ての母であった玉依毘賣(たまよりびめ)命と結婚するのです。
        ↓

  この天津日高日子波限建鵜葺草葺不合、その姨(をば)玉依毘賣命を娶(めと)して、生みませる御子の名は、 ーー 略 ーー  。

                                   ( 同 上  P78 )


  これも既に申し述べたことですが、この不可解な出来事の裏側には、使いものにならないほど未熟で粗悪な鉄を、養生し、養育するという意味が隠されています。
  つまり、未熟で粗悪な鉄を、鍛錬して、且つ養育・教育することによって、一人前の立派な人物、すなわち使える鉄に成長させるという意味が隠されているのです。未成熟な鉄を、強い人間に鍛え上げることが子育て、養育という概念に置き換えられているのです。

  そして、その二人の間に生まれた御子が、次の四柱でした。

  (1) 五瀬(いつせ)命。
  (2) 次に、稲冰命(いなひ)命。
  (3) 次に、御毛沼(みけぬ)命。
  (4) 次に、若御毛沼(わかみけぬ)命。またの名は豊御毛沼(とよみけぬ)命。またの名は神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)命。 《後の神武天皇》


  ですから、その作業を行うために呼び寄せられた人たちが、この四柱の御子たちであったということです。つまり、彼らは、そのための専門的な技術を持っていたのです。正確には、劣悪な鉄を、使いものになる鉄にするための技術を持つ人たちということです。
  因みに、この人たちは、すべて、かつての琉球王朝から遣って来た人たちであると考えられます。すなわち琉球国(現在の沖縄県)の人たちです。火遠理命が海神の宮を訪問した目的の一つは、この技術者たちを招聘することだったのです。

  そして、その作業をするのに必要な設備、装置が、鵜葺草葺不合(うがやふきあへず)命と呼ばれるものであり、具体的には鉄を加熱して溶融する装置、及び、設備を指します。
  その設備を使って、未熟な鉄の鍛錬、養育が行われたのです。それにより、破損した船の修理に使えるような丈夫な鉄釘を確保することが出来たのです。


  ところで、すでに存在していた鉄というのは、次のようなものです。
  かつて邇邇芸能命と木花の佐久夜毘売の間にも、“子” が生まれたことになっています。それは野蹈鞴製鉄の方法で製造された鉄でした。従って、良質の玉鋼は、ほとんど取れませんでした。不純物が多く混じった粗悪な鉄が大半でした。

  しかし、たとえ粗悪品であるにしても、すでに鉄が存在していましたから、その鉄を、良質な鉄に変えるため方法が模索されました。
  そして、その方法が、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命と名付けられた装置、設備を使用するものでした。すなわち炭素量の多い銑鉄から、含有する炭素量を減らして、強度のある鋼に転換するための溶鉱炉、すなわち「転炉=転換炉(converter)」、或いは、高温が確保できる「反射炉」です。そのような装置、設備を使用したのです。

  その転炉、又は、反射炉の技術は、もともとは天照大御神がいた高天の原で開発されたものでした。由来を辿ると、次のようになります。
  天孫・邇邇芸命の一行が乗って来た船には、高天の原の伊都之尾羽張神の工房で製造された鉄釘が使われました。それは、建御雷之神が開発した新たな技術を用いて造られた鉄であり、日本海の荒波の衝撃にも耐えられる強度と、耐久性がありました。(P60 参照)

  そもそも建御雷之神が所属する高天の原の伊都之尾羽張神の工房では、当初、炭素含有量の多い銑鉄が、そのまま刀剣として使われていました。ただし、それは草薙の剱と打ち合わせる強度試験を行ったことにより、粗悪なものであることが判明しました。
  銑鉄は、約4%の炭素を含み、材料としては堅いものの、衝撃を加えると割れやすいという欠点があります。従って、構造材としての信頼性が極めて低くなります。そこで銑鉄の炭素量を減らすために、「転炉 = 反射炉」を開発して、品質改良が行われたのです。
  原理的には、鉄(Fe)の中に含まれている炭素(C)に、空気中の酸素(O2)を結合させて、二酸化炭素(CO2)を排出することで、炭素の量が減らせます。それによって「堅くてもろい鉄」を、「軟らかくて粘りのある鉄」に変えることが出来ます。

  ですから、その技術は日本古来の蹈鞴製鉄とは、異なる技術です。かつて出雲の國に遣って来た建御雷之神が、砂鉄を原料にして製造された太刀の強さに驚き、自国に戻ってから、新たに研究し、開発した技術です。それによって、日本刀にほぼ匹敵する強度を持つ刀剣が造れるようになったのです。

  天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命と玉依毘賣命は、それと同じ方法を用いて、使い物にならない粗悪な鉄を、使える鉄に変えようとしたのです。
  そして、転炉の場合、天井が吹き抜け状態になっていることから、その設備は建鵜葺草葺不合命と命名されました。つまり、これはその形状から来ている名前なのです。

  また、転炉で鉄を鎔かす際に、同時に、銑鉄に含まれている不純物も除去されます。そのスラグ、あるいは鉱滓(こうさい)と呼ばれる物質は、溶融物の表面に浮かび上がって来るために、容易に分離されます。俗に金屎(かなくそ)とか、のろと呼ばれている物質です。
  次の一文は、そのことを表現しています。
        ↓

  ここにその言(こと)を奇(あや)しと思ほして、その産まむとするを竊伺(かきま)みたまへば、八尋鮫に化(な)なりて、匍匐(は)ひ委蛇(もこよ)ひき。
  すなはち見驚き畏みて、遁(に)げ退(そ)きたまひき。

                                    ( 同 上  P77 )

  これは鎔けた鉄の表面に浮き上がって来たスラグが、海面を這い回る八尋鮫のように見えたということです。また、
  「 - - - 見驚き畏みて、遁(に)げ退(そ)きたまひき」
  は、それを注意深く取り除いたという意味です。逃げたのではなくて、逃がしてやったという積極的な意味に捕らえると、その実態が見えてきます。




  【 四人の子供たち 】

  天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命と、姨(をば)玉依毘賣命との間には、次の四人の子供たちか゛誕生しました。

  五瀬命(いつせのみこと)
  次に稲冰命(いなひのみこと)
  次に御毛沼命(みけぬのみこと)
  次に若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、亦の名は豊御毛沼命、亦の名は神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)。四柱。


  このうち、五瀬命(いつせのみこと)と、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)=神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと)は、次の章で東征の旅に出ることから、その後の消息が分かっています。
  そこには、旅に出た一行が、苦しい戦いに明け暮れる様子が描かれています。また様ざまな活躍の場も用意されています。
  そして、最終的には、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、亦の名が豊御毛沼命=神倭伊波禮毘古命が、初代の天皇〔神武天皇〕になりました。

  しかし、稲冰命(いなひのみこと)と、御毛沼命(みけぬのみこと)については、その後の消息が不明です。僅かに、次の一文が記されているにすぎません。
       ↓

  故、御毛沼命は、波の穂を跳(ふ)みて、常世國(とこよのくに)に渡りまし、稲冰命は、妣(はは)の國として海原に入りましき。


  御毛沼命については、『波の穂を跳(ふ)みて、常世國(とこよのくに)に渡りまし』とあることから、九州の最南端の地と、自国である琉球国との間を行き来するうちに、何らかの事故が起きて、海中に沈んだものと考えられます。

  そもそも海面に立つ波の穂は、人が、足で踏めるものではないという大前提が省略されているために、非常に分かりにくくなっているのです。有り体に言うならば、それにより常世の国に渡ったということです。具体的には、海中に没して、亡くなったという意味です。
  そして、御毛沼命が死亡したことを受けて、新たに派遣されて来た人物が、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)でした。御毛沼命と同じ専門技術を持つ若者という意味になります。


  そして、残る一人が、稲冰命です。この人物については、僅かに、次の一文しか記されていません。
        ↓

  『 稲冰命は、妣(はは)の國として海原に入りましき。』


  ただし、『日本書紀』には、この稲冰命に関して、注目すべき資料が存在することが記されています。それにより、この人物の驚くべき正体が判明します。


  『日本書紀』 第十段・第十一段の本文には、次のように記されています。実際の内容は、『古事記』とほぼ同じです。
        ↓

  「 彦波瀲武盧茲草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)、其の姨(をば)玉依姫を以て妃(みめ)としたまふ。
  彦(ひこ)五瀬命(いつせのみこと)を生(な)しませり。 
  次(つぎ)に稻飯命(いなひのみこと)。 
  次に三毛入野命(みけいりののみこと)
  次に神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)
  凡(すべ)て四(よはしら)の男(ひこみこ)を生(な)す。
  久(ひさ)しくましまして彦波瀲武盧茲草葺不合尊、西洲(にしのくに)の宮(みや)に崩(かむあが)りましぬ。

        (『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第十段・第十一段) (P194)


  そして、ここにある稲飯命には注釈だけでなく、補注が付けられており、そこに非常に興味深い記述があります。
  それは、ある書物に記されている内容です。具体的には、以下のようなものです。
         ↓

  「 稲飯命(一九四頁注八)

    姓氏録、右京皇別、新良貴(しらき)の条に、
   『 彦波瀲武盧茲草葺不合尊男稲飯命之後也。 是出於新良国、即為国王。 稲飯命出於新羅国王者祖合。 日本紀不見 』
    と見える。

    この条文の解釈には、
   (一) 稲飯命は新良国主より出たが、稲飯命の系が新羅国王より出たというのは、紀に見えない、
   (二) 稲飯命は新良国においてその国主になり、また稲飯命は新羅国王の祖である、
   (三) 稲飯命は新良国へ出て国主になり、また稲飯命が新羅国に出て王となるというのは紀には見えない、
  など説が分かれている。 ーー 以下、略 ーー  」 (P388)

       ( 『日本書紀』 岩波文庫版 巻第二 神代下 第十段・第十一段 P194  注釈 八 (P195 )の補注 (巻第二) (P388) )


  つまり、姓氏録によると、稲冰命はその後、新羅の国へ行き、その国の王になったというのです。そのことが「日本紀不見」である。すなわち、『日本書紀』には、何も記されていないというのです。

  従って、以上の内容から、『稲冰命は、妣(はは)の國として海原に入りましき。』の一文は、稲飯命は母国へ帰るために海原に入り、そのまま進んで行ったと解釈することが出来ます。つまり、稲冰命は、もともと新羅国から来た人物であったということです。

  その新羅国から来た人物が、転換炉を用いた製鉄技術を伝えるために、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命と玉依毘賣命に同行して、この地まで遣って来たのです。
  それは当然のことながら、本国の天照大御神の了解のもとに行われた援助、支援であり、ニニギの命の後継者を、本来の目的地へ行かせるためのものでした。つまり、すでにこの時点で、そうした神武東征を後押しする体制が作られていたのです。

  そして、その稲冰命が、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命と、玉依毘賣命との間に誕生したことになっているのは、中国大陸と日本列島の間に位置する琉球国が、両者の文化を中継する立場にあったことに由来します。つまり、琉球王朝が、どちらの文化も受け入れて、両立させる政策をとっていたために、中国大陸の最先端技術を入手し、それを仲介することが出来たのです。

  従って、火遠理命(ほをりのみこと)こと天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)が、海神の宮を訪問した本来の狙いは、ここあったと言えるのです。つまり、使いものにならない粗悪な鉄を、天照大御神が君臨する国で開発された転炉、反射炉の技術を用いて、船の修理に使える強い鉄に作り直すことだったのです。


  【 桂 と 楓 と メグスリ(目薬)の木 】

  『古事記』の中には、楓(カエデ)の木と、桂(カツラ)の木が登場して来ます。ところが、両者が明確に区別されていないために、少々厄介な問題が起きます。これも、この書物の編纂者たちの知識が不足していたことから生じたものです。

  まず、天若日子の章では、本国に何の連絡も寄こさない天若日子に対して、その理由を問い質すために遣わされた鳴女が、地上に降り立つ場面として、次のような記述がなされています。
       ↓

  故ここに鳴女(なきめ)、天(あめ)より降り到りて、天若日子の門(かど)なる湯津楓(ゆつかつら)の上に居(ゐ)て、委曲(まつぶさ)に天つ神の詔りたまひし命(みこと)の如(ごと)言ひき。(P57)

  そして、この湯津楓(ゆつかつら)に関して、注釈には、
       ↓

  『枝葉の繁っている楓。カツラは香木とも書かれている。』(P57)
  という説明がなされています。
  つまり解説者は、楓(カエデ)を、桂(カツラ)と同じように扱っているのです。あたかも同じ木であるかのような取り扱いです。


  次に登場するのが、海神の宮訪問 の章であり、次のように記されています。
        ↓

  「 その神の御門(みかど)に到りましなば、傍(かたへ)の井(ゐ)の上(へ)に湯津香木(ゆつかつら)あらむ。故、その木の上に坐(ま)さば、その海(わたの)神の女(むすめ)、見て相議(あいはから)らむぞ。」といひき。 ーー 略 ーー  備(つぶ)さにその言(こと)の如くなりしかば、すなはちその香木(かつら)に登りて坐(ま)しき。」(P72)


  以上のように、ここでは『湯津香木(ゆつかつら)』と記されています。楓ではなく、香りを放つ木と記されているのです。

  因みに、その木の上に坐さば、とあるのは、鳴女(なきめ)が天(あめ)より、楓の木の上に降り到ったことに由来します。
  天つ神々が降り立つ場所は、いずれも高い山の頂ですが、使者たちが降り立つ場所が、楓の木の上と設定されているのです。
  然るに、ここでは楓ではなくて、香木になっているのです。しかも、原文には、注記して、
  『 香木を訓じて、加都(かつ)(ら)といふ。 木。 』
  という補足説明まで付いているのです。


  ところで、そもそも楓(カエデ)と、桂(カツラ)とでは、木の種類がまったく異なります。
  カエデ(楓)は、カエデ科(APG植物分類体系ではムクロジ科に含める)、カエデ属 (Acer) の木の総称です。
  秋になると葉が、赤や、黄に変わり、一般的には、モミジ(紅葉)と呼ばれます。 木は成長して、高木になります。落葉樹が多く、落葉広葉樹林の主要構成種です。ただし、沖縄に自生するクスノハカエデのような常緑樹もあります。
  葉は、対生し、形は、掌状に切れ込んだものが多く、カエデの名称は、これに由来します。 しかし、三出複葉(メグスリノキ)や、単葉(ヒトツバカエデ、チドリノキ、クスノハカエデ)のものもあります。

  一方、カツラ(桂、学名:Cercidiphyllum japonicum)は、カツラ科、カツラ属の落葉高木です。秋に桂の林に入ると、足元に散っている葉から、甘い芳香が立ち昇ります。
  その香りは、カナダのメープルシロップの甘さを和風にアレンジしたような、上品な香りです。従って、心地よい香りです。


  ですから上の事例のように、楓(カエデ)の文字を使って、『湯津楓(ゆつかつら)』と読み仮名をつけるのは誤りで、本来であれば『ユツカエデ』とすべきだったのです。
  なぜなら、天つ神の使者が降り立つ木は、鳴女が降り立った際の前例に従えば、『湯津楓(ユツカエデ)』でなければならないからです。
  芳香を放つ桂(カツラ)の木、『湯津香木(ゆつかつら)』とは、別の木であるということです。

  こうしたことから、火遠理命(ほをりのみこと)=天津日高日子穗穗手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)が登るべき木も、『湯津香木(ゆつかつら)』ではなく、『湯津楓(ゆつかつら)』と記されねばならなかったのです。あるいは沖縄に自生している、クスノハカエデ(楠葉紅葉)とするのが、よりベターだったのです。
  要するに、この書物の中では、楓(カエデ)と桂(カツラ)が、明確に区別されずに使用されているわけです。それは両者の違いを知らなかった『古事記』の編纂者たちが、混同して使ったことに由来します。


  ところで、こうした事実を踏まえたときに、ここにもう一つ、別の名前の木が浮上して来ます。それが、同じカエデ科、カエデ属に所属する「メグスリノキ」です。
  この木は、次のように分類されます。
        ↓

  メグスリノキ(目薬の木、目薬木、学名:Acer maximowiczianum)とはカエデ科カエデ属の落葉高木である。「長者の木」や「千里眼の木」、「ミツバナ」、「ミツバハナ」とも呼ばれる。

  日本国内のみに自生する。主に、標高700メートル付近に多く見られる。大きいものでは、樹高10mに達する。雌雄異株。葉は長さ5〜13cm程度で、三枚の小葉からなる複葉です。

  この名前は、樹皮を煎じた汁を、目薬として使用すると、眼病などに効用があるとする民間療法に由来します。
  医学的には、樹皮にはロドデンドロールやエピ・ロードデンドリン、トリテルペン、タンニン、ケルセチン、カテキンなど多くの有効成分が含まれています。
  それにより、眼病の予防、視神経活性化、肝機能の改善などの効果があることが実証されています。


  上に説明したように、メグスリノキ(目薬の木)は、カエデ科カエデ属に含まれる木です。そして、その名前の如く、眼病に効く成分を含有しています。
  ところで実は、この木に関連して登場して来るのが、各地に伝わる金屋子神(かなやごしん)の伝承です。
  この神は、 『古事記』では金山毘古神として、また『日本書紀』では、金山彦神となって登場します。
  神々の生成において、イザナミが火の神、迦具土(カグツチ)を産んで、みほとを火傷し、病み苦しんでいるときに、その嘔吐物(たぐり)から化生した神です。(P24)
  すなわちこの神は、たたら製鉄の手法を用いて、砂鉄から鉄を取り出すために、カグツチという溶鉱炉を造った人物です。もう一人の金山毘賣神とともに、鉱山の神様として信仰されて来ました。

  たたら製鉄を行うには、炉の中に木炭と、砂鉄を、交互に積み上げて、下から空気を送り込んで加熱します。その作業を連続して、三昼夜ほど続けます。
  炉内の温度管理は、小さな覗き穴から見える炎の色で行います。時間の経過により、微妙な温度調節が必要であり、長い経験と、知識が必要とされます。
  当時は、その穴を直接、片目で覗いたことから、よく使う方の眼が、熱線に曝されました。そして熱線障害により、網膜が焼かれ、やがて片目暗になりました。それが天目一箇神(あめのまひとつのかみ)と呼ばれる神様です。

  そうしたことから、製鉄作業を行う蹈鞴場には、必ず金屋子神が祀られ、また桂の木≠ェ植えられました。 ただし、その桂の木≠ニいうのは、言うまでもなく、楓の木≠ナなければなりません。しかも実用性がある木という点では、カエデ科、カエデ属のメグスリノキ(目薬の木)≠植える必要があったのです。

  蓋し、これは推測になりますが、鳴女より以前に起きた事例として、最初に金山毘古神が、楓の木の上に降り立ったのです。民間伝承では、高天原から遣って来た金屋子神(天目一箇神)は、まず播磨国で、村人に、蹈鞴によって鉄を作ることを教えた。
  その後、白鷺に乗って飛び立ち、出雲国へ遣って来て、能義郡比田村黒田の桂の樹に降り立ったとされています。従って、草薙の剣を造った製鉄技術は、この人物から教えられたことになります。そうしたことが、『古事記』『日本書紀』には、何も記されていないのです。

  以上のように、もともとは『古事記』の編纂に携わった人たちが、楓と桂を混同したがために、誤った伝承が引き継がれて来たのです。
  また、眼病の治療に使える木が、同じカエデ科のメグスリノキ(目薬の木)≠ナあるということを知らなかったために生じた誤謬です。当時の人たちには、両者を明確に区別する知識が無かったためです。


                               2013. 8.  25    店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
   


s p ⇒