須佐之男命と櫛名田比売 ( くしなだひめ ) の赤い櫛
 ―――――――――――――――――――――――――――

    古代人の驚くべき知恵〔三〕 



  【 ベンガラ漆 】

  治水工事を行うに際して、須佐之男命が櫛名田比売 ( くしなだひめ ) から借り受けて髪に刺した櫛は、赤い漆塗りの櫛であったと考えられます。これはベンガラと呼ばれる色です。赤は昔から、女性が好む色です。
  ベンガラは生漆(きうるし)に、酸化鉄を混ぜて創られます。色褪せも無く安定しているため、古くから漆器の材料として使われて来ました。

  鉄はもともと酸素と結びつきやすい性質があるため、すぐに酸化鉄になります。その酸化鉄は、造られる条件によって、いくつかの色に分かれます。
  大別すると、黄色、赤色(ベンガラ)、黒色の三色です。それぞれ黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄と呼ばれます。着色漆の原料です。
  化学式で表わすと、次のようになります。
       ↓      ↓

  黄色 = 水酸化第二鉄 →  FeO(OH) Fe2(OH)6
  赤色 = 三二酸化鉄   →  Fe2O3
  黒色 = 四三酸化鉄   →  Fe3O4 (Fe2O3 / FeO)


  このベンガラ漆≠ェ塗られた櫛は、福井県見方町の鳥浜貝塚で発見されています。
  この遺跡は、何と、縄文前期 ( 約 6500年 〜 5000年前 ) のものであるということです。つまり我が国の鉄の文化は、それほど古い時代まで遡るということです。そして古代の人たちは、この時、すでに熱処理によって、鉄の組成を操作する技術を持っていたことになります。

  しかも、その櫛が、良質の砂鉄が採れるこの出雲にもあったということは、原料の酸化鉄がここから提供された傍証となります。つまりかなり古くから、日本古来の鉄が存在したのです。言いかえれば、だいぶ後になって大陸からもたらされた鉄だけが、本来の鉄ではないということです。このベンガラを用いた漆塗りの櫛の存在が、そのことを証明するわけです。

  もちろん漆の木は、他の地域でも育ちますから、実際に櫛を創ったのは別の部族であったかも知れません。他の多くの品々と同様に、各地域間の相互交流によって、かなり遠方の特産物がすでに活発に取り引きされていた様子が覗えます。


  赤い櫛の写真は、ここで見ることが出来ます。福井県のホームページです。
             ↓
   http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui
/07/zusetsu/A01/A012.htm

  上のサイトが開かないときは、こちらが参考になります。   又は  又は  

  こちらのホームページには、たくさんの写真が掲載されていて参考になります。
             ↓
   http://inoues.net/museum/mikata_museum.html

   ( この遺跡では、他に丸木舟・櫂・弓・石斧の柄・鉢、大麻の糸、アカソのアンギン(編布)、ヒノキの細割り材を使った漁網・かごなどが出土しています。現代人の我々でも創れないものが、いっぱいあります。五千年以上も前の古代の人たちの、技術水準の高さに驚かされます。知的能力も高かったことが分かります。一度、ご覧になっておくとよいでしょう。世界観が変わるかも知れません。)


  櫛名田比売 がいた時代は、鳥浜貝塚の時代よりも新しいはずですから、それはさらにデザインの洗練された、より鮮やかな色の櫛であったと考えられます。
  従って地元の人たちには、それが櫛名田比売のものであることが、一目瞭然で分かったことでしょう。

  その櫛を、須佐之男命が自分の髪に刺したことに、隠された別の意味があったのです。失くさないように懐に大事に仕舞い込んだのではなく、わざと誰からも見えるところに刺したことに注目する必要があります。
  つまりそれには、治水工事を進めるに際しての、指揮・命令権が象徴されていたわけです。櫛名田比売から、正式に移譲された権限です。
  これが、

   『 すなわち湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女(をとめ)を取り成して、御角髪(みみづら)に刺して、・ ・ ・ 』 の本来の意味です。

  人間を櫛に変えたのではなくて、その櫛には人々を統治・統率し、指揮する村長(むらおさ)の権限が象徴されていたのです。大規模な土木工事を行うには、多くの人たちの協力が不可欠だからです。その人々を指揮し、監督するための権限です。 『取り成す』 という言葉が持つ本来の意味に注意する必要があります。


  ついでに申し上げておきますと、櫛名田比売 がたとえ女性であったとしても、決して若くはなかったはずです。村長(むらおさ)の重責を担うからには、それなりの経験と知識が必要であり、かなり高齢のおばあさんであったと考えるのが自然です。
  従って、次の章段に、

    『 故
(かれ)、その櫛名田比売をもちて、隠所(くみど)に起こして、生める神の名は、ーー 以下、略 ーー 』
  とあるのが、男女の性的な交わりを意味するものではないことが分かります。

  つまり、「生む」は、「産む」と同義ではないということです。この地域で大きな勢力を持っていた櫛名田比売の紹介で、他の様々な部族の人たちと友好的な協力関係を築くことが出来たということです。一度に何人もの “子” が出来たのは、そのためです。後に活躍する大国主命
(おおくにぬしのみこと)も、その中の一人だったのです。
  要するに前にも申し述べたように、この書物の中で “結婚“ や “子“ と表現されているものが、実際には、まったく別の概念を現わすことに留意する必要があるわけです。書かれている文字のままに受け取ると、歴史的事実を見誤ることになります。


  出雲国風土記には、国つ神である大国主命( = 大穴持命 = オホナムジ神 = 大己貴命 )が、「越
(こし)の八口(やくち)」を退治した記述が残されています。

   意宇郡の母理の郷、及び、同拝志の郷の条に、大穴持命
(おおなもちのみこと)が 「越の八口を平らげ」 たとあります。( 注 1 参照 )

  因みに、クチ(口)はクチナハ(蛇)、クチバミ(蝮)と同じ意味で使われているとのことです。本流の斐伊川
(ひいかわ)を大蛇(おろち)としたときに、そこに注ぎ込む多くの支流を指すものと考えられます。

  さらに、同書の神門郡の条には、日淵川に 『池』 を造るために、古志の人たちが遣って来て、堤を築いたという記録も残されています。
( 注 2 参照 ) 

  これ等は、やまたのおろち退治の実際の伝承に基くものと考えられます。つまりこの人たちが、やまたのおろち退治の現場担当者だったのです。須佐之男命の総指揮の下で、実際に治水工事に携わった人たちであるということです。 さらにその人たちの指示に従って、現場で、実際に肉体労働をした大勢の村人たちがいたのです。これは近隣住民を総動員して成し遂げられた大工事だったのです。

  その総指揮をした須佐之男命を「男親
(一家の長)」に見立てた時に、指揮下に入った人たちが「子(家族の一員)」になったのです。もちろん女親が必要ですから、櫛名田比売をそれに当てているわけです。そして、この関係の成立が、「生む」という言葉で表現されているのです。
  つまり、一つの共同体の成立に対して、内容の「置き換え」が発生しているわけです。家族に見立てる現象です。

  この現象は、この書物のいたるところで発生しています。上に紹介した櫛名田比売と足名椎
(あしなづち)、手名椎(てなづち)が、一つの家族のように描かれているのも、そのためです。それぞれを男親と女親に見立てたときに、櫛名田比売がその家の娘になったのです。

   通常、三貴子と呼ばれている天照大御神、月読命、須佐之男命の場合も同様です。イザナギ、イザナミを両親(生みの親)に見立てたときに、実に様々な子供たちが誕生しました。三人の子供たちも、その延長線上の構図の中で誕生したのです。ただし実際は、右の目と、左の目を洗って、よく見えるようになった時に、二人の存在が判明し、さらに鼻を洗ったときに、もう一人の存在が判明したというニュアンスの相違があります。

  つまり事実関係が、他の事象に置き換えられているのです。実際は、まったく別のことを表わすことに留意する必要があります。 これはこの書物が、難解になった理由の一つです。


                         
 2003.  8. 13.      店主記す




  ( 注 1 ) 原文では、次のようになっています。
    『 母理(もり)の郷(さと)   郡家(こおりのみやけ)の東南(たつみ)のかた三十九里一百九十歩(あし)なり。天(あめ)の下造らしし大神、大穴持命(おおなもちのみこと)、越(こし)の八口(やくち)を平(ことむ)け賜ひて、還(かへ)りましし時、長江山に来まして詔(の)りたまひしく、 ーー 途 中、省 略  ーー  。 故(かれ、文理(もり)といふ。』

    『 拝志(はやし)の郷(さと)   郡家(こおりのみやけ)正西(まにし)二十一里(さと)二百一十歩(あし)なり。天の下造らしし大神の命、越(こし)の八口を平(ことむ)けんとして幸(いでま)しし時、此処(ここ)の樹林(はやし)茂り盛りき。その時詔(の)りたまひしく、 ーー 途 中、省 略 ーー 。故(かれ)、林といふ。』
                   ( 以上 『風土記』 岩波書店 日本古典文学体系 より )



  ( 注 2 ) 原文では、次のようになっています。
    『 古志(こし)の郷(さと)   即(すなわ)ち郡家(こほりのみやけ)に属(つ)けり。イザナミ命の時、日淵川(ひぶちかわ)を以(も)ちて池を築造(つく)りき。 その時、古志の国人等(くにひとら)、到来(き)たりて堤(つつみ)を為(つく)りき。即(すなは)ち、宿(やど)り居(ゐ)し所なり。 故(かれ)、古志といふ。』 ( 脚注の説明によれば、日淵川というのは、神西湖に注ぐ保知石谷川のことであるとのこと。)
                               ( 同 上 )






    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒