草 薙 剣( 最古の日本刀 )
   ―――――――――――――――――


   古代人の驚くべき知恵〔一〕


  (
 縄文・弥生時代、古墳時代と言うとかなりの大昔のことですから、当時の人々の知恵も知識も、未開に近い状態であったと考えるのが普通です。多くの人たちが科学的な知識などは、ほぼ皆無であったと思っているようです。
  ところが、実は『古事記』の記述を調べているうちに、古代の人たちが、実に驚くべき知識を持っていたことに気が付きました。それは現代人の科学常識を上回るほどの知恵だったのです。
  そのうちの幾つかを、下に紹介しておくことにします。きっと古代人に対する認識が改められるに違いありません。 )



 
 【 最古の日本刀 】

  この剣のもともとの名称は、「都牟刈の太刀
(つむかりのたち)」でした。別名、「天叢雲の剣(あめのむらくものつるぎ)」です。
  使われた素材が、稲の穂先の部分を摘み取る際に使われていた刃物と同じものであったことから「摘む・刈り」の太刀であり、また刀身に浮き出た刃紋が、天(空)に立ち込める群雲のように見えたことから「天の叢雲」の剣と名付けられたものと考えられます。この剣の製作状況や、剣が持っていた特徴が、そのまま名前になっているのです。従って、これはたたら製法によって取り出した玉ハガネを、軟鉄に接合して鍛造された最古の日本刀ということになります。つまり硬さと、柔軟性を兼ね備えた剣です。
  十拳の剣
(とつかのつるぎ)は、おそらく鋳鉄で造られたものです。不純物を含む溶かした鉄を鋳型に流し込んだだけで、鍛造されたものではありません。従って、草薙の剣と打ち合わせれば、その刃が欠けたのは当然のことです。これは青銅器が主流の当時の人たちにしてみれば、まさしく霊剣だったに違いありません。

  この剣は、須佐之男命
(スサノオノミコト)に授けられたもの以外にも、何本か、同じものが造られました。剣を製造する工房があって、高度な技術を修得した鍛冶職人がいて、しかも材料が豊富に手に入れば、いくらでも造ることが可能だからです。A級品、B級品だけでなく、試作品、失敗作品も含めて、相当数が造られたと考えるのが自然です。
  つまり、この剣は、一本だけではなかったのです。このことを理解しておかないと、歴史的事実を見誤ることになります。この剣に関して、説明の出来ない事態に遭遇することになるからです。

  そして、その何本かの剣が、総称として「草薙の剣」と呼ばれるようになったのです。それは日本武尊
(やまとたけるのみこと)が、敵が放った野火に対処するために、周囲の枯草を刈り取ったことに由来します。そして風向きを変えるために、迎え火を焚いて、そこから脱出することが出来ました。
  この時に使われた剣は、日本武尊
(やまとたけるのみこと)が伊勢に立ち寄った際に、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)から授かったものでした。枯れ草が切れるほど刃先が鋭かったことからも、この剣が、銅剣ではなかったことが分かります。水分を含んだ青草ならば、多少なまくらな刀でも切れますが、乾いた枯れ草を刈るには、鋭利な鎌の切れ味が必要です。この剣は、それほど切れ味が鋭かったということです。

  この時から、それまで「都牟刈の太刀」「天叢雲の剣」と呼ばれていた剣が、正式に「草薙の剣」と呼ばれるようになったのです。天皇家から授かった名前ですから、使わないわけには行きません。そして、ややこしいことにこの呼び名が、過去に遡って使われるようになったために、須佐之男命が天照大御神に献上した剣も、「草薙の剣」になってしまったのです。
  しかしこれと同様のことは、後世の刀でも起きています。正宗も、村正も、関の孫六も刀工の名前であると同時に、刀そのものの名称です。誰が持っていても「名刀・正宗」であり、どこにあっても「名刀・村正」です。今日のように包丁やハサミになっても、「関の孫六」です。つまり、刀の呼び名に関しては、草薙の剣と同じ現象が起きているわけです。今で言う、ブランド名です。

  かつて宮中にあった剣は、安徳天皇と一緒に、海に沈んでしまいました。今、使われている剣は、その代わりに探し出された別の剣だということです。これもやはり草薙剣ブランドなのかどうかは、残念ながら分かりません。

  ですから、まだどこかに、人知れず眠っている草薙剣があるかも知れません。もし見つかったら、大事件です。 ぜひ 『 なんでも鑑定団 』 に出して、詳しく鑑定してほしいものです。




 
 【 剣の保存技術 】

  日本武尊(やまとたけるのみこと)が枯れ草を刈り取るために使った剣は、現在、名古屋の熱田神宮に、御神体として祀られています。御神体ですから、普通の人たちは見ることは出来ません。神職の人たちでさえ、見ることが禁じられています。従って一般的には、これまで誰も、見た者がいないことになっています。
  しかし実は、江戸時代に一度、熱田神宮の宮司たちが夜、密かに、この御神体を見たという記録が残されています。神祇官代の吉田家が所蔵する『玉せん集裏書』に、その記事が記されているということです。

  それによると剣の長さは、二尺七、八寸(約85cm)。刃先は菖蒲
(しょうぶ)の葉のようで、中ほどには厚みがあり、また本のほうの六寸ほどは魚の背骨のように節立っており、全体的に白色であったということです。 ( 『天皇の本』 学研 参照 )

  剣の色が、白色であったのは、これが銅剣ではないことを証明します。「金文」の由来にもあったように、まったく錆びていない銅は、赤色を帯びた黄金色に輝きます。その表面が酸化したものが青銅です。青は、酸化銅の色です。
  一方、錆びていない鉄剣は、銀白色に見えます。よく手入れのされた日本刀の色です。ですから松明の明かりではなく、昼間、明るいところで見ればそこに、群雲状の刃紋が浮き出ていたに違いありません。
  刃先が、菖蒲の葉のようであったというのは、それが両刃の剣であったことを物語っています。古代の剣の一般的な形状です。

  また、そこには剣の保存状態についても記されいるということです。以下は別のところから得た情報ですが、ご神体は、五尺(約1m50cm)ほどの木の箱に収められており、その中に石の箱があったということです。しかも、その石の箱の中に、さらに樟
(くす)の木で造られた箱があって、その中にご神体の剣が入っていたということです。
  ただし、興味深いことに、石の箱の周囲と、樟の木の箱の周囲には、それぞれ赤土が詰められていたということです。つまり、二重に赤土が詰められていたのです。
  原文では、二度に亙って、『赤土にてよくつつめり』 という表現がされているそうです。これからしてもかなり固く、厳重に詰められている様子が覗えます。 
( 『日本神話の考古学』 森浩一著 朝日新聞社 参照 )


  ここにも、古代の人たちの驚くべき知恵が隠されています。赤土というのはもともと、土の中に含まれている鉄分が酸化して、赤くなったものです。鉄と酸素はすぐに結合して、鉄サビが出来ます。赤色は、その酸化鉄の色です。
  この現象を利用して、鉄分の多い土を間に詰め込むことにより、空気中の酸素を吸着させて、剣本体の酸化を防止することが出来ます。つまり赤土が、酸化防止剤(防錆剤)として使えるわけです。これは現代でも通用する、科学的な応用知識です。

  また、入れ物の箱が何重にもなっているのは、空気の入れ替わりを防ぐためです。中箱に熱伝導性の少ない石の箱を使うことにより、外部からの温度変化を少なくすることが出来ます。つまり膨張と収縮によって生じる、空気の入れ替わりを防ぐことが出来るわけです。ただし、完全に防ぐことは出来ませんから、入れ替わった空気中の酸素を取り除くために、赤土が詰められているのです。そうした細かな工夫が施されているわけです。


   《 
島根県・加茂町で発見された入れ子状態の銅鐸も、それぞれの隙間には、きっちりと土が詰められています。同じ保存技術が用いられたものと考えられます。 こちらに、その写真があります。 →   又は   又は    

   ( もしそれ等の銅鐸が、大気に曝されたままであったら、今日まで形を留めることはなかったでしょう。ですから赤土のある場所を、わざわざ選んで埋めたものと考えられます。隙間を完全に埋めたのは、空気の出入りを無くするためです。)


 
  ( 土が乾いているために、上のホームページの写真では汚れたような赤に見えますが、水に濡れると、赤色が鮮明になります。
  (( 水中でイオン化した水酸化鉄は、まさに血の色です。須佐之男命が行った土木工事によって、川が赤く染まったのは、そのためです。))
   これは酸性の土ですから、植物には有害です。もし洪水のたびに、この土が流れ出したら、下流では大変な被害がでます。たいていの植物が育たなくなります。つまり土地が死んでしまうわけです。
   このことから、やまたのおろちに喰われてしまった八稚女( やをとめ) たちというのは、具体的には今は無くなってしまったたくさんの実り豊かな農地・耕作地のことであり、櫛名田比売( くしなだひめ)(童女) というのは、最後に残された一部の田畑を指すことが分かります。若しくは、そこの管理者たちです。
  要するに生け贄や、人身御供のために他の娘たちがいなくなったのではなくて、かつて存在した実り豊かな農地が、有害な赤土で侵食されてしまったということです。

  そのことが、
   『 我が女(むすめ)は、本より八稚女(やをとめ)ありしを、この高志(こし)の八俣(やまた)の大蛇(おろち)、年毎に来て喫(くら)えり。 』(岩波文庫版 『古事記』より) と、比喩的に語られているわけです。つまり雨季の到来とともに引き起こされる大災害のことです。
  そして、
   『今そが来べき時なり。』 というのは、間もなく、その時期に入るということです。 また、
   『故(かれ)、泣く。』 というのは、今年こそは、残された自分の土地も、助からないかも知れないと嘆いているわけです。
  従って、その大事な娘(童女)を、須佐之男命の求めに応じて差し出すということは、やまたのおろち退治と引き換えに、食料を提供する契約が成立したことを意味します。川の氾濫さえ無くなれば土地を改良して、食料の増産が可能だからです。これはお互いの利益になります。
   最後に残されたその娘が「童女」となっているのは、その大きさが一人前の女性の半分にも満たないことを意味します。今では、それくらいわずかな土地しか残されていないということです。因みに、田畑が女性にたとえられるのは、そこに植物の種が蒔かれることに起因します。性の特性として、種を持つのは男性であり、必然的に母なる大地が女性になるわけです。動・植物を産み育てる役割分担から来ているのです。

   また須佐之男命が髪に刺した櫛は、そうした両者の約束を、広く人々に知らせるためのものです。治水工事に必要な指揮・命令の全権委任の証明品です。 つまり、御角髪(みみづら) に刺した 湯津爪櫛(ゆつつまぐし) は、櫛名田比売から移譲された「権限」を象徴するわけです。 天照大御神から授けられた草薙の剣が、国の統治権を象徴するのと同じ意味です。これも実際の出来事との距離が離れすぎて、後世の人に理解されなくなった一例です。 )


   (( 多くの解説書で、この部分を竜や蛇などの怪物・魔物の要求によって毎年犠牲になるうら若き乙女を、若き英雄が救出する 「ペルセウス・アンドロメダ型の神話の一類型」 として説明しています。これはけっこう広く支持されている学説であり、ほぼ定説のように扱われています。

   ( 参照ホームページ  こちらに千葉大学 文学部 日本文化学科 三浦佑之教授 の論文が掲載されています。 トップページ左のメニュー欄の 『公開本文リスト』 から 『イケニエ譚の発生―農耕と縄文と(新判)』 へ      

  しかし実際の出来事に置き換えてみれば、これがかなり象徴化され、且つ抽象化された現実の出来事を指すことが分かります。 つまりやまたのおろちが実際に喰ったのは、人ではなくて、農地や耕作地だったのです。川の氾濫によって、上流から押し寄せて来た赤土に侵食されてしまったのです。
   もちろんその洪水に巻き込まれて、たくさんの人たちが亡くなったことは否定できません。そのためにも治水工事を行った意義は、大きかったと言えるでしょう.。 ただしその犠牲は、自分たちのために他者を犠牲にする人身御供や、野蛮な生け贄の風習によるものではないということです。あくまでも自然災害によるものだったのです。

  ヨーロッパの各地に伝えられる神話伝説と似通った内容であるからと言って、それをそのまま適応させて解釈することは、結果的に大きな過ちに結びつきます。 しかも専門家があたかも定説のように扱うことで、他の解釈を妨げることにもなり大きな弊害が生じます。要するに間違った解釈が大手を振って、勝手に一人歩きをしているのです。
  この部分は、ヨーロッパに伝わる神話伝説と対比させるのではなくて、伝説が伝わる現地で起きた実際の出来事との比較・対比によって、その内容の真相が見えて来るということです。神話がもともと存在したのではなく、実際の出来事が“神話化”したという観点から捉える必要があります。考察の過程が、根本的に間違っているのです。権威のある人たちの間違った解釈は、多くの研究者の判断を惑わせ、結果的に真理の解明を遠ざけます。今後のためにも一応、その旨を指摘しておくことにします。 ))  》 


  ご神体の剣を納めている箱の材質は、樟
(クス)の木であったということですが、これにも重要な意味があります。
  樟の木は、すなわち楠の木であり、「臭
(くす)し木」が語源です。強い芳香があるということです。そして、その樹液を蒸留して、樟脳(しょうのう)が作られるということです。これは防虫剤として使われるものです。
  防虫剤は、今でこそいろいろな化学物質で合成されていますが、かつては、これしかありませんでした。それが楠の木から造られることは今回、調べてみて、はじめて知りました。

  当然のことながら、剣の柄
(ツカ)や、鞘(サヤ)の部分には木や、布や、紐や、糸や、革などが使われていますから、様々な虫がつきます。長い間には食い荒らされて、ボロボロになってしまいます。しかし、この木に含まれている成分によって、それらに虫がつくのを防ぐことが出来ます。つまり、天然の防虫剤を兼ねた木材が使われていたわけです。
    
 ( 因みに、飛鳥時代に創られた仏像は、すべて材料に、クスノキが使われているということです。)

  こう考えてみると古代の人たちは、物の保存技術に関しても、驚くべき知恵を持っていたことが分かります。土の性質、木の特質を知り尽くしていて、それを応用していたのです。酸化防止剤、防虫剤として活用していたのです。古代の人たちの並々ならぬ知恵ということが出来ます。




                          
 2003.  4. 15.      店主記す




  − 追記 −
    『古事記』の中に登場する人物の名前には、様々な意味が込められています。特定の個人名というよりは職業や、社会的地位や、集団の中での役割を表わしているものがあります。もっとも分かり易いのが、足名椎(あしなづち)、手名椎(てなづち)という名前です。須佐之男命が出雲の国で、最初に出会った人たちです。
   上記したように草薙剣が、最古の日本刀であるとしたときに、この場面に登場した「足名椎(あしなづち)」、「手名椎(てなづち)」の正体が判明します。 「椎」は、すなわち「槌」であり、刀を鍛える際にトンカン、トンカンと交互に打ち下ろす金槌のことです。 両手で大きな金槌を振るう人が、手なる槌であり、細かな修正を加えるために足元で小さな金槌を振るう人が、足なる槌です。つまり、刃物を鍛える鍛冶屋の風景が、そのまま二人の登場人物の名前として使われているのです。職業の中でのそれぞれの分担までもが、これらの名前によって分かるわけです。

   従って同様にして、やはりこの場面に登場した櫛名田比売 ( くしなだひめ ) の場合も、同じ付け方がなされたことが分かります。つまりこれも特定の個人名ではなく、櫛と稲田で象徴される人物という意味です。或いは、その一族と言ってもよいかもしれません。要するに櫛も稲田もシンボルであり、それに関わる一つの部族、または血縁集団を指すものとして使われているのです。

   因みに、このことから、須佐之男命が見つけた「箸(はし)」というのが、御飯を食べる際に使う小さな箸ではなく、高温に熱した鉄片を摘んだり、炭火を掻き立てたりする際に使う火箸であることが分かります。もともとは長くて大きなものが使われたはずです。その燃えさしです。それ故に、河の中を流れているのが見えたのです。
  それを見つけて須佐之男命は、川の上流に、製鉄作業をしている人たちがいることが分かったのです。つまり生活用品としての箸ではなく、工業用品として使われる箸だからこそ興味を示したのです。むしろそれを探しに来たと考えるのが正しいかもしれません。
                                     2004 . 1  14.  






    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒