スサノオの命とスサ一族


  さて、上に申し述べたような、須佐之男命が渡来人であったという考え方は、考古学の専門家の間ではけっこう知られている考え方のようです。
  ある雑誌で、島根女子短期大学・名誉教授、藤岡大拙さんが、次のように言っていました。下に、その記事の一部を、紹介させていただきます。



  ( 女優の高田万由子さんと超能力者の高塚光氏が、出雲地方に、海人族の痕跡を求めて訪れた際に、案内役を兼ねて解説してくれたのが、この分野の専門家である藤岡大拙さんです。全体ではけっこう長くなるのですが、ここで扱っているテーマとはややずれますので、必要な部分だけを限定して紹介します。)


  「 新たな仮説を打ち出せない高塚を横に、再び藤岡氏が口を開いた。
   『須佐之男というのはね、出雲の神様ではあるけれども、朝鮮半島からきた神様だとも言われています。おそらく須佐族が渡来した時に祀ってたんじゃないかと思います。』
   須佐族というのは新羅系帰化人の集団。先住の海人族を駆逐して出雲の砂鉄地帯を占領し、韓鍛冶系鉄の文化を背景に勢力を増強した。須佐之男命を氏神と斎いていた。
   すると、すかさず高田が反応する。
   『でも、須佐之男命は天照大神の弟じゃないんですか? それに大国主神は、たしか須佐之男命の6世の孫だったと思いますけど』
   藤岡氏はにっこりとうなずく。
   『古事記ではそうなっています。けれども、それは出雲を支配するようになった大和朝廷勢力が、天津(あまつ)神という天孫降臨した大和朝廷の神々に、須佐之男をくっつけようとした創作だと言われています。それに大国主は地生えの神様といわれていますから、いわゆる国津(くにつ)神というわけで、やはり大和朝廷の神々とは、元来つながりはなかったんです』 」

         ( 『ボーダーランド』1996年11月号 滑p川春樹事務所刊 編集人 荒俣宏 
                 高塚光・高田万由子の超常査察レポート / FILEbU  )





  上の文中にもあるように、渡来人であった須佐族が、この出雲地方で、砂鉄を材料にした鉄の文化を構築したという考え方があるようです。 しかも須佐之男命は、大和朝廷の神々とは系統が異なるとも言っています。

  ただし、藤岡氏が何を根拠に、須佐之男命渡来人説を取っているのかは分かりません。もしかすると、他の著作物の中で、すでに紹介されているものかも知れませんが、寡聞にして存じ上げません。

  以上、興味深い資料をみつけましたで、何かの参考になるかと思い紹介しておくことにしました。


                           
 2003.  1. 29.      店主記す




    秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒