荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡と×・乂のマーク

   × or 乂 ” のマークを旗印とした古代の人物は誰でしょうか。
     
ご存知の方はいらっしゃいませんか。
       あなたのお知恵をお貸しください。 m(_ _)m  (^0^)/ 
         以下に、お尋ねする理由を申し述べておきます。



   ―― お知らせ ――

  下記の件に関して、正確で詳しい情報をお寄せいただいた方に感謝と御礼の意味を込めて、ミニ・ラッキー・ドラゴン(Dragon) 5号 を進呈いたします。
 ( 「プレゼントのお知らせ」 のページに、写真が掲載してありますので、ご覧ください。 )
  本来、こうしたものに懸賞や、賞品はなじまないと思ったのですが、情報を集めていただくご苦労に対して御礼を差し上げたいと存知ます。 ただし判断基準となる「正確で詳しい情報」は、小生の個人的な主観で決めさせていただきます。
  
 ( これは先着順ではありません。また情報量の多寡でもありません。あくまでも正しく、且つ、分かりやすい情報です。 たとえばどこそこの雑誌に掲載されているから、それを見れば分かるといった類のものは、たとえ正確ではあっても、分かりやすいとは言えません。具体的で、確認が容易にできるものをご用意ください。 )
  尚、お寄せいただいたどなたかの情報で、疑問点のすべてが解明された場合は、その時点で、この企画は終了させていただきます。また、その重要な情報をお寄せ戴いた方には、薄謝として、
LD-777H・Gを進呈いたします。
                                       
2002.  9. 23.      店主





   【 一 】 荒神谷遺跡

  荒神谷
( こうじんだに ) 遺跡というのは、昭和58年(1983年)に島根県で見つかった遺跡です。翌年の昭和59年には一度に、358本もの銅剣が見つかり、大ニュースになりました。しかも、その二年後の1996年10月には、この遺跡からたった3.3kmしか離れていない加茂町で、史上最多の31個の銅鐸が見つかったのです。銅鐸は、一度に何個も見つかることはなく、それまでにたった6個しか発見されていなかったということです。

  またたいへん興味深いのは、発見された銅剣のうち、1本は朝鮮半島産の鉛が使われているが、残りの357本は、中国産の鉛を使って作られているということです。 ( 銅の中に含まれている鉛が、朝鮮半島産、中国産に類別できるということです。
  
( 混合物として鉛やスズを入れると、純粋な銅よりも、かなり低い温度で溶けるようになります。つまり溶融点を下げることが出来るわけです。そのことを知ったうえで、応用しているのです。ここにも古代人の“知恵”が隠されています。) )

  そして、この遺跡が発見された島根県の斐川(ひかわ)町には、「やまたのおろち伝説」が伝わっているということです。この町は、地理的には宍道湖(しんじこ)の左下で、出雲平野のほぼ真中に位置します。出雲大社がある出雲市のすぐ右隣です。
こちらの地図をご参照ください。  


  記・紀
( 『古事記』 『日本書紀』 ) によると、自国で乱暴、狼藉を働いた須佐之男命(すさのをのみこと)が、天照大御神(あまてらすおほみかみ)を始めとする他の神々によって高天原(たかまのはら)を追放されて、辿りついたところが「出雲の国」でした。 そこで彼は大国主命(おおくにぬしのみこと)をはじめとする、多くの子孫を残したことになっています。おそらくこれは子孫を残したと言うよりは、土着の人たちに受け入れられて、いっしょに仲好く暮らすようになったということでしょう。
  この書物の中ではお互いの融和、統合が、結婚という表現に置き換えられています。これは必ずしも男女の交わりを意味するものではなく、異なる部族同士の親密化、一体化と解するのが妥当です。“子” というのも、同様の意味で使われているわけです。

  また須佐之男命は、ここでやまたのおろちを退治して、その際に草薙の剣(くさなぎのつるぎ) 
( 別名、都牟刈(つむかり)の太刀・都牟羽(つむは)の太刀・天の叢雲(あめのむらくも)の剣 ) を入手します。これが霊剣であったことから、天照大御神に献上します。

  ところでこの出雲地方は、今でも良質の玉鋼
(たまはがね)の産地として知られています。これは日本刀を造るのに必要な材料です。木炭を用いた踏鞴(たたら)製法によって、砂鉄を溶かして造られます。その鋼を、大きな金槌で繰り返し叩くことによって強度を高めます。ただしそのままでは脆(もろ)いので、軟鉄を包み込むように接合して、折れにくくしたものが日本刀です。鋭い切れ味と、しなやかな柔軟性を兼ね備えた刃物です。
  従って刀身に浮き出した刃紋が、空(天)に垂れ込める雲のように見えたことから「天の叢雲の剣」と呼ばれたとすると、草薙の剣は、古代の日本刀であったことになります。打ち合わせた十拳剱
(とつかのつるぎ)の刃が欠けたことも頷けます。当時とすれば、まさしく霊剣だったに違いありません。ただし、「都牟羽」とあるのが太刀の形状を表わすとすると、それは両刃の剣であったことが考えられます。稲穂の実の部分を摘み取る刃物が、鳥の羽の形状をしており、それが語源になったものと思われます。この当時の剣の一般的な形状です。

  そして、この荒神谷遺跡がある斐川町に『やまたのおろち伝説』が残っているということは、その草薙の剣が、ここで造られた傍証となります。 この町の近くを、斐伊川
(ひいかわ)という川が流れていますが、たびたび氾濫する川の治水工事を行った褒賞として与えられたものと推測されます。

  川が巨大なへびに喩えられるのは、蛇行する流れによって、上からはまさしく蛇がのた打つように見えるからです。あのアマゾン川でさえ、飛行機からは曲がりくねったへびの形に見えます。
  記・紀には、切られた大蛇の血で川が赤く染まったことが記されていますが、これは大規模な土木工事によって、大量の赤土が流れ出したことが、比喩的に伝えられたものと考えられます。土の中に鉄分が多く含まれており、それが酸化したものが赤土です。それはこのあたりで、良質の砂鉄が採れたことを物語るものです。
  因みに、水中でイオン化した水酸化鉄は、まさに赤い血の色です。おろちの目に該当する大きな水溜りが、赤いホオズキのように見えたり、のた打っている腹の部分のことごとくが、血で爛
(ただ)れているように見えたのはそのためです。いずれも酸化鉄が創り出した現象です。( 参考までに、鉄に関する詳しい知識は、こちらで →    また、色の確認は、こちらで →    )


  記・紀にはその後、天照大御神が下界を統治するために、天津日高日子番能邇邇芸命
( あまつひこひこほのににぎのみこと ⇒ ニニギノミコト ) を派遣したことが記されています。 その際に持たせたものが、八咫の鏡(やたのかがみ)、八尺勾玉(やさかのまがたま)、草薙の剣(くさなぎのつるぎ)の三つの品々でした。 『 三種の神器 』 と言われるものです。
  草薙の剣はかつて須佐之男命が天照大御神に献上したものですから、これを持つ者が天照大御神によって、国の新たな支配者に任命された確かな証拠となります。言うなれば、身分証明品です。
  大国主命
(おおくにぬしのみこと)との間で取り決められた“ 国譲り ”の経緯を知る者に見せれば、一目瞭然で新たな国の統治者であることが判明し、仰々しく迎え入れられたことでしょう。この剣には、そうした重大な意味があるのです。持ち主の身分を証明する証拠品です。

   (( 例の“ 三つ葉葵 ” のご紋は、徳川家の人たちだけが使える紋章です。つまり “ 将軍家 ” との関わりを現わす家紋です。一般庶民が勝手に使えば重罪です。厳重に処罰されます。 従って、その紋章が入った印籠は、それを持つ人の身分を現わします。 先の副将軍である水戸の黄門様も、それを見せるまではただの旅のお年寄りですが、それを見せたとたんに人々が地べたにひれ伏します。 その紋章が、そこにいる人物の身分を証明するものになっているからです。 その印籠を頭上高くかざして、『 恐れ多くも先の副将軍、・ ・ ・ にあらせられるぞ。』 という名文句は、こうした約束事のうえに成り立っているのです。 ニニギノミコトが携行した草薙の剣も、その黄門様の印籠と同じ役割を持っていたのです。 この剣の由来・来歴にこそ、重要な意味があったのです。))


 
 ( 『鏡』 と 『勾玉』 も、同様の意味を持つものとして、一緒に携行されたものと考えられます。 どちらも容易に造れるものではありません。高度な製造技術を必要とします。従って、その鏡がどこで造られたか、その勾玉はどのような身分の者が身に付けるかが判明すれば、それ等を持つ人物の出身国の進んだ文明と、自国内での社会的地位が明らかになります。 つまりその人物が、新たな国の統治者としてふさわしい人物であることが、ただちに証明されるわけです。 ( 背後には、その国の“力 ”が隠されているのです。軍事力も含めて、弱小国が逆らうことの出来ない大国の強大な力です。大国主命はそれ故に、黙って従うしかなかったのです。 )

  要するに何も意味を持たないものが、わざわざ神器として選ばれたわけではないということです。 高度の必要性に応じて、それ等の品々が選定されたのです。 従って、逆の見方をすれば、三種の神器の存在を否定する考え方は成り立たないということです。 ろくに言葉さえ通じない遠来のその人物が、何処の何者であるかが証明されなければ、地元の人たちに受け入れられないからです。外来者の身分と権限を証明するために、それ等の品々は絶対的に必要・不可欠だったのです。

  またこれ等の品が、相互の平和的な和解・統合を記念したもので、その一部が地元の権力者へのみやげ物を兼ねたとすれば、それぞれは単体ではなく複数枚、複数個であったことが考えられます。つまり鏡も勾玉も、同じものが幾つか存在したということです。おそらくこのように柔軟に考えることによって、解決される問題が幾つかあるように思われます。 もし鏡が、もともと二枚あったとすれば、宮中と伊勢神宮の二箇所あってもなんら不思議ではなくなるからです。ただし本来は、大国主命がいた出雲大社に届けられるはずのものが、今現在は、伊勢神宮にあるということです。)


  
( 以後、代々の天皇は、この三つの品々を引き継ぐことになります。 それによって国の統治権が移譲されます。つまり実質的に、天照大御神の命を受けて地上に降り立った、ニニギノミコトの正式な後継者になるわけです。 ただし即位するに当たって、その引継ぎの儀式を行わなかったのが、八十二代の後鳥羽天皇でした。 宮中にそれ等の品々が無かったからです。 しかも草薙の剣は、先代の安徳天皇と一緒に、海に沈んでしまいました。二度と回収されませんでした。 ここに 『平家物語』成立の謎 が隠されています。)

  ところがニニギノミコトの一行が辿りついた先は、須佐之男命や大国主命
(おおくにぬしのみこと)がいた出雲の国ではなく、筑紫の国の日向でした。今の宮崎県です。海を隔てた九州の地です。大国主命と国譲りの条約を結んだ場所とは、まったく無縁の土地です。
  彼等はしばらくして、そこから東征の旅を始めるのです。一(数)世代後の神倭伊波禮毘古命( かむやまといはれびこのみこと)
神武天皇(じんむてんのう) )の時代に入ってからのことです。

  この距離感の隔たりは、いったい何を意味するのでしょう。もし彼等のもともとの出発地点が日本国内であれば、九州に辿り着いてしまうなどということは絶対にあり得ません。
仮に九州が出発地点だったとしても、同じ九州に天下ったとは言いません。
  ということは天照大御神がいた高天原は、日本国内ではなく、中国大陸か朝鮮半島にあったことになります。一行が乗っていた船が、嵐で流されてしまったと考えるのが自然だからです。つまり彼らは、陸路を歩いて来たのではなく、遠くからはるばると船でやって来たのです。その船が途中で、台風に遭って、そこまで流されて行ったのです。

  そして、ここに至ったときに、荒神谷遺跡で出土した銅剣の成分に、中国産の鉛が含まれていることを関連させて考える必要性が生じるわけです。 つまり須佐之男命もニニギノミコトも、いずれも中国大陸から遣って来た人たちであろうということです。
  ことにニニギノミコトが「三種の神器」の一つとして鏡≠携えて来たことは、『 魏志倭人伝 』 に記されている内容、「 魏の皇帝が倭の女王・卑弥呼(ひみこ)に『銅鏡百枚』を与えた 」( = 西暦239年 = 景初三年 ) という記述との関連で注目されます。 これは当時の魏の国が、銅製品の製造に関して、高い技術を持っていたことを物語っているからです。かなり質の良い鏡が造られていたということです。

  その鏡が国内で発見されている『 三角縁神獣鏡 』に該当するかどうかは今のところ不明ながらも、過去にニニギノミコトに手渡した鏡を造った技術が、後世まで引き継がれたものと考えられます。つまり“ 鏡造り ”のための、伝統的な技術が存在したのです。混合する材料の種類と、割合で、きめ細かな表面の丸い銅板を造る技術、光の反射率を高くするために表面を磨き上げる技術、等々です。そうした先人から受け継いだ技術・製法が存在したと考えるのが妥当です。従って、このことはニニギノミコトが、中国大陸から遣って来たと考える有力な根拠になります。

  そして、その技術は、もともとは銅剣や銅戈(どうか)、銅鐸の製造によって発達したと考えられます。鏡を造る技術だけが、単独で発達したのではないということです。 古代の武器、武具の製造技術が、装飾品としての鏡造りに応用されたのです。 ですから荒神谷遺跡で発見された銅剣や銅鐸は、かつて中国大陸から、須佐之男命の一行が携えて来たものではなかろうかということになるわけです。後にニニギノミコトが草薙の剣 ・ 勾玉と一緒に携えてきた『 鏡 』は、それ等を造った技術を応用して製造されたものであるということです。


  ここで確認の意味で、これまでの要点を整理しておくと、『古事記』に記されているように草薙の剣は須佐之男命が、天照大御神に献上したものです。

  原文では、
  『 故
(かれ)、この太刀(たち)を取りて、異(あや)しきものと思ほして、天照大御神に白し上げたまひき。こは草薙(くさなぎ)の太刀なり。』(岩波文庫版 『古事記』より) となっています。

   『白し上げたまひき。』 は、事情を申し述べて献上したという意味です。
  また『古事記』には、ニニギノミコトが地上に降臨するに際して、「鏡、勾玉、草薙の剣」の三つの品々を携えて来たことが記されています。
(同書、天孫降臨 の章参照)

  これらの品々は、外来者の身分を証明するために、是非とも必要なものでした。 殊に、草薙の剣はニニギノミコトが、天照大御神の命に基づいて遣って来たことを証明する大事な品です。これにより新たな国の統治者であることが証明されます。つまり持ち主の身分と、権限を現わす品なのです。 鏡・勾玉も、ほぼ同様の意味を持ちます。

  そして、中国の歴史書 『魏志倭人伝』 には、「 魏の皇帝が倭の女王・卑弥呼
(ひみこ)に『銅鏡百枚』を与えた 」 と記されています。ここに“ 銅鏡 ” に関して、もう一つの事実が存在するわけです。

  従って、まず須佐之男命が献上した『草薙の剣』によって、天照大御神とニニギノミコトが結び付き、さらに同じ『 銅鏡 』によってニニギノミコトと、魏の国があった中国大陸とが結び付くことになります。留意すべき点は、草薙の剣は須佐之男命が出雲の国で入手したものであり、鏡はニニギノミコトが草薙の剣と一緒に持参したものであるということです。そして、これ等の品々に、一連の出来事の中心的人物として、天照大御神が直接関わっているということです。

   また同じ銅製品ということでニニギノミコトの鏡と、島根県(出雲)の荒神谷遺跡 ・加茂岩倉遺跡で出土した銅剣・銅鐸とが結び付くことになります。 これはその当時、銅製品の製造に関して高い技術を有する国が存在したことを物語っています。
  そして、これによって、『魏志倭人伝』 に記されている「卑弥呼(ひみこ)に『銅鏡百枚』を与えた 」 という記述との強い関連性が浮上して来ることになります。何となればこの時の鏡も、古くから伝承された高度な技術を用いて製造されたと考えるのが妥当だからです。
  要するに銅製品の製造技術によって、荒神谷遺跡 ・加茂岩倉遺跡で出土した銅剣・銅鐸とニニギノミコトが持参した鏡が結び付き、さらには魏の国王が卑弥呼に授けた『銅鏡百枚』とが結びつくわけです。
  しかも荒神谷遺跡 の銅剣は、1本だけは朝鮮半島産の鉛が使われているものの、残りの357本はすべて中国産の鉛が使われているということでした。 それだけでなく、ニニギノミコトの一行が辿り着いたところが本州ではなく、海を隔てた九州の地、筑紫の国の日向であったというおまけまでついているのです。

  これ等をすべて関連付けて考えると、須佐之男命もニニギノミコトも、いずれも中国大陸から遣って来た人たちであり、銅剣・銅鐸は須佐之男命の一行が、はるばると中国大陸から運んで来たものではなかろうかということになるわけです。また彼等と共に存在したとされる天照大御神も、やはり中国大陸にいた人物であろうということです。

  さて、以上のことから天照大御神というのは、もともと日本国内にいた人物ではなく、その当時の中国大陸の支配者を指すのであろうという新たな仮説が導き出されます。つまり漢の皇帝の名が変じて、天照大御神になったということです。
  一説に、卑弥呼と天照大御神を結びつける考え方があるようですが、両者は、まったく別の人物であるということです。



   【 二 】 神話伝説が物語る事実関係

  しばらく前に、NHKの『昼時日本列島』という番組で、今も神話伝説が伝わる町として、宮崎県の各地域が取り上げられました。平成十四年四月に、五日間連続で放送されたものです。


  ○ 四月二十二日は、高千穂町でした。
     この場所には、「天孫降臨」の伝説が伝わっているということです。ニニギノミコトが、この地に降り立ったというもので、神社が建てられています。
  
高千穂神社の写真はこちらです。 ⇒     又は、 

  ○ 四月二十三日は、日向市の美々津
(みみつ)地区でした。
     ここには、神武天皇が東征の旅に出かけた際の、「お舟出伝説」というものが伝わっているということです。今でも、お祭りの行事が行われているということです。しかも船出が、天候の加減で一日早くなったとかで、簡単に作ることが出きる「お舟出だんご」が供えられるということです。

  ○ 四月二十四日は、西都市でした。
     ここは西都原
(さいとばる)古墳があるところで、以前、ここで「三角縁神獣鏡」が出土したそうです。

  ○ 四月二十五日は、高原
(たかはる)町の祓川(はらいがわ)地区でした。
     ここには、神武天皇が出発するに際して、「お払い」をしたという川が流れています。

  ○ 四月二十六日は、日南市の油津
(あぶらつ)でした。
     ここは神武天皇の妻になった女性、「吾平津姫(地元名=おとひめさま)」の、出身地だということです。


  記・紀の記述では、ニニギノミコトが降り立った地が「日向の国の高千穂」となっており、今回紹介された各地区に伝わるこれらの伝説は、その記述が実際の出来事であったことを裏付けるものです。

  多くの人が『古事記』や『日本書紀』に記されている内容は、すべて架空の「神話」だと思っているようですが、どうやら考え方を根底から改める必要がありそうです。つまり、それ等は、根拠のある実話がもとになっているということです。すべて実際の出来事が下敷きになっているのです。

  ( 因みに、須佐之男命が肥の川(斐伊川)の上流、鳥髪(船通山)の地に降り立ち、またニニギノミコトが日向の国の高千穂の嶺に降り立ったのは、彼等があくまでも天上界から遣って来たことになっているためのつじつま合わせです。天上界に最も近い場所として、山の頂が選ばれたのです。実際には何れも船で、海を渡って遣って来たのであり、到着地点の河を遡っていったところにあった山が鳥髪であり、又は高千穂の嶺々であったということです。ここに、この書物の成立要因が隠されています。またこれは、“ 神 ”という尊称を冠して呼ばれた渡来系の人たちの由来にもつながるものです。つまり、この書物の謎を解く重要なキーになっているのです。)



   【 三 】 銅剣・銅鐸に秘められた謎

  荒神谷遺跡に関して調査した結果を、ここで一通り整理しておくことにします。

  ○ 荒神谷遺跡で出土したほとんどの銅剣に、「 × 」マークがつけられているということです。ただし、すべての銅剣に付いているのかどうかが不明なので、一応「ほとんどの」とお断わりしました。
  この印は、銅剣を柄
(つか)に差し込む茎(なかご)の部分についているということです。

   この件に関しては、こちらの島根県の
『島根県立古代出雲歴史博物館』のホームページが参考になります。
    「 × 」マークがつけられている部分の写真があります。
       ↓ 
          →     

     又は →    

     又は →  (こちらのサイトは写真が多いため、開くまでに時間がかかります)


  ○ しかも加茂岩倉遺跡から発見された銅鐸にも、やはり「 × 」印が付けられているそうです。
    そして、いまのところこの「 × 」印が刻まれた青銅器は、出雲でしか発見されていないということです。


  ○ 前に紹介した銅剣の成分分析の結果は、こちらで確認することが出来ます。銅剣に使われた材料の分布地図が掲載されています。 ( ほとんどの銅剣から、中国華北産の鉛が検出されたが、1本だけが、朝鮮半島産の鉛であったということです。 )

    東京文化財研究所のホームページです。
(保存科学部 『保存科学30号』平成二年度)
         ↓
 http://www.tobunken.go.jp/~hozon/pdf/30/30.html

   上に関連する記事が、こちらにあります。(保存科学部 『保存科学36号』平成八年度)
         ↓
 http://www.tobunken.go.jp/~hozon/pdf/36/36.html 


  また、東京国立文化財研究所が分析した結果、含まれる銅、鉛、スズ等の不純物の混合比率が一致することから、この「銅剣」と、加茂岩倉遺跡で発見された「銅鐸」が、同じ工房で生産されたことが分かっているそうです。


  ところで、この「 × 」マークは、「 乂 」 と同じではないかと思われます。形状の類似性・相似性から判断しても、これを別のものだと言うことは出来ないでしょう。むしろ同一とするのが、自然な見方です。
  すると「 乂 」 という記号は、一体、何なのかということになりますが、何と、これは金文、或いは金石文といわれるものなのです。つまり、古代文字です。
  詳しくは、こちらをご参照ください。
      ↓
  
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/DM
_CD/DM_CONT/KINBUN/HOME.HTM


  なかなかここまで行って読むのは面倒だという方のために、必要な部分を下に部分引用させていただきます。


  『 金文とは、
   金文とは、中国古代、即ち殷周時代より秦漢時代頃までにつくられた青銅器に、鋳込まれ、あるいは刻された文字のことです。殷周時代の人びとは、官職に任命されたり、戦で功績を挙げたりして王から褒美を頂くと、そのことを青銅製の鼎や鐘といった器に記録して、祭祀や儀式の際に使用しました。当時「金」は「Gold」ではなく、「銅」あるいは「青銅」をあらわす言葉であり、そこで青銅器銘文のことを「金文」と呼ぶのです。代表的な器の形態から「鐘鼎文」と呼ばれることもあります。
  現在知られている最古の漢字は、牛の肩胛骨や亀の甲羅の腹側に占いの内容を刻んだ甲骨文です。殷の都が殷墟、即ち現在の河南省安陽市に置かれていた、だいたい紀元前14世紀から11世紀にかけて用いられていました。  < ーー 途 中、省 略 ーー > それは甲骨文が硬い骨の上に刀で刻んで書かれたのに対して、金文は筆で書いた文字を特殊な技術を使って器の鋳型に写し取るというように、書写技法の違いによるものなのです。殷が滅び、西周時代 (B.C. 11世紀頃〜B.C. 770年) に入ると甲骨文は姿を消し、金文の全盛時代となります。殷代の金文は短いものばかりですが、西周時代にはかなりの長文の金文が作ら れるようになります。ーー 以下、略 ーー  』
               
 ( 東京大学総合研究博物館 大西 克也  )


  さて、以上のように、「×」マークが「 乂 」 と同じであるとすると、そのルーツは、中国の古代文字にまで遡ることになります。
  そして、その古代文字が刻まれた銅剣、銅鐸が、出雲で見つかったのです。中国から遠く離れた、我が日本国内で出土したのです。これをどう考えたらよいのでしょうか。

  記・紀によると、天照大神を始めとする自国の神々によって高天原を追放された須佐之男命が辿りついたところが、出雲の国であったとされています。この記述が何らかの事実に基づいているとすれば、両者は、密接な関連性を有することになります。
  要するに、結論から先に申し述べると、「 乂 」のマークを部族の旗印にした一族が、中国大陸からこの地に渡って来たと考えるのが、もっとも妥当な考え方であるということです。

  ただし、その部族が、須佐之男命の一族を指すのか、或いは、その後、皇帝の命を受けてこの地へ遣って来た別の一行を指すのかは、今のところ不明です。



   【 四 】 『古事記』に記されている出来事

  上に紹介したように、荒神谷遺跡で見つかった多くの銅剣と銅鐸に、「× or 乂」のマークがついているということでしたが、その正確な数字が判明しました。

  銅剣、358本のうち、344本にこのマークがついているということです。従って、残りの14本が、ノーマークの剣ということになります。(腐食が激しく、判別不能なものもこの中に含まれます。)
  また、銅鐸は、39個のうち、12個についているということです。(吊り手のチュウ(鈕)の部分に付いているそうです。) 従って、残りの27個が、ノーマークです。

  この数字をどのように考えたらよいのでしょう。おそらくこのマークのついた銅剣、344本は、同じ一族が、一括して持っていたと考えてよいでしょう。銅鐸の12個も、同様です。
  それが高天原から遣って来た、須佐之男命の一行だったのでしょうか。銅剣の数を兵士の数と考えると、大集団が一時にやって来たことになります。兵士たち以外に家族もいたとすれば、数倍の人数に膨れ上がります。


  これに関して、何かヒントになりそうなものが無いかと、ざっと『古事記』の文章を当たってみました。
  『古事記』では須佐之男命が辿り着いた出雲の国には、その後、天照大神の命を受けて、何人かの使者達がやって来たことになっています。
  ところが、最初に遣わされたアメノホヒ神は、三年経っても国に帰らず、その後に遣わされたアメノワカヒコ神も、大国主命の娘と結婚して、八年経ってもまったくの音沙汰無しの状態になってしまいます。きっと天照大御神が支配する自国よりも、よほど住み心地が好かったのでしょう。

  次に、雉
(きざし)という者が遣わされます。ところが、アメノワカヒコは彼を殺してしまいます。鳴く声色がよくないとあるところからすると、ギーギーと何か脅し文句でも声高に並べ立てたのかも知れません。ところが、その知らせが天照大御神のもとに届き、高木神の命によって、アメノワカヒコは殺されてしまいます。
  そのアメノワカヒコの弔いのときには、彼の父母が同席しましたから、この人たちも遣って来たことになります。

  さらに天照大御神は、タケミカズチの神にアメノトリフネの神を従わせて遣わします。そして大国主命に、この国は天照大御神の子孫が統治する国であると言って、服従するように迫ります。大国主命はやむなく、それを承諾します。戦いを避けて、王権を譲ったのです。言うなれば「無血開城」です。これが『 国譲りの神話 』として伝えられるものです。

  こうして国譲りの条約が結ばれたところに、新たな統治者として遣って来るはずの人物が、ニニギの命でした。ところが、その一行が辿りついたところは、この出雲の国ではなくて、遠く離れた筑紫の国(九州の宮崎県)日向だったのです。


  さて、須佐男命のあとから遣ってきたのは、アメノホヒ神とアメノワカヒコ神でした。この二人は、須佐之男命と同様に、出雲の国に住み着いてしまいました。ですから14本の無印の銅剣の半分ずつが、この二人の命とともにもたらされたのではないかと考えられます。つまり使者たちは、七人編成の一団だったのです。一回の人数としては、それくらいが適当でしょう。
(ただし、判別不能の一部が除外されます。)

  そして、このように考えると、どうして358本の剣が荒神谷遺跡に埋められることになったのかが、容易に理解できます。平和で実り豊かな豊葦原の水穂の国では、殺戮のための道具は、必要が無かったのです。あれば使われる危険性がありますから、人に見つからないところに埋めてしまうのがもっとも理に適っています。
  すると銅鐸も、同様の経緯で埋められたことになりますから、このあたりから使用法を推測することが出来ます。つまり、これも祭器というよりは、戦いに関係して使われたものであろうということです。要するにこれは、団体戦で必要な道具なのです。戦国時代には兵士を動かすのに、法螺貝や太鼓や銅鑼
(どら)が使われました。また先の大戦の時には、進軍ラッパの号令で兵士が突撃して行きました。つまり音によって、兵士たちを動かしたのです。

  銅鐸も、それと同様の使われ方をした可能性があるわけです。大・中・小の銅鐸が入れ子状態で見つかったのは、幾つかの音の種類で兵士を動かしていたことを物語っています。つまり銅剣と銅鐸は、敵と戦う際に、絶対に切り離せない関係にあったということです。
  
( この考え方を裏付けるものとして、島根県鹿島町の志谷奥遺跡(したにおくいせき) からは、大小二個の銅鐸と、六本の銅剣だけが出土しています。 佐太神社の近くですから、この部族が持ち込んで埋めたものと考えることが出来ます。そして剣の数を兵士の数としたときに、戦場で六人の兵士を動かすのに、この二個の銅鐸が使われたことになります。)



   【 五 】 実在した「 乂 」のマークを持つ人物

  少し前にふとした切っ掛けから、中国の風水師の方と話をする機会がありました。この人は職業柄、歴史や、宗教に詳しい方でした。しかも、日本の古典である『古事記』の内容にも詳しいので、少々驚きました。これは神道と関係するために、仕事の上でも必要な知識なのかも知れません。

  私にとってはめったに無い好い機会ですから、その人に、荒神谷遺跡で見つかった銅剣と銅鐸に、「× or 乂」のマークがついていることを話しました。そして、中国の歴史上の人物で、このマークを旗印とした集団がいなかったかどうかを尋ねてみました。その結果、たいへん貴重な情報を得ることが出来ました。以下に、簡単に紹介しておきます。


  その一
   中国、西安にある青龍寺の掛け軸に、このマークに類似する印が付いているということでした。この寺は日本からの留学生、弘法大師・空海が、恵果和尚から、密教の印可を授かった寺として有名です。
  またこの寺の境内の露天商が扱う品物も、このマークの付いたものが売られているということでした。話の様子では、お皿の内側の溝の部分に、上で紹介した金文のような文字が、幾つか書かれていたということです。その中に、この字が混じっていたとのことです。どうやら、文字として読めるようなものではなかったようです。
  このことから、どうやらこの人物はこの辺りの人たちにとって、崇拝の対象になっていたことが窺えます。ただし、その人物が、何者であるかは分からないということでした。また写真があるわけではありませんので、実際にどの程度類似する文字なのかも分かりませんし、また全体の意味、内容も不明です。もちろん旗印には他の一団と似通ったものは使われませんから、類似する記号・マークは、すべて同一部族のものと考えてよいでしょう。

  その二
   皇帝の誕生を祝う「万寿節」で使われる飾り物に、「 乂 」のマークが描かれています。ただし、このマーク単独ではなくて、二重の丸の中に、このマークが書かれています。
  その時に見せていただいた『故宮博物院展 紫禁城の宮廷芸術 図録』〔1985年 西武美術館 緑箱社制作〕 
( ただし出版社名は、書いてありませんでした。特別に限定制作された本のようです。この年の六月29日から、八月26日まで、池袋の西部デパートで開催された「故宮博物院展」のために創られた本で、市販はされなかったようです。)  の中には、その時の様子を描いた風景画の複製が綴じ込まれていました。街中の景色を描いた絵です。横長のかなり長い絵で、綴じ込み式になっていて、何回か折り畳まれて綴られていました。

  説明書きには、「康煕六旬万寿豊図巻(上巻)康煕期」とありました。 その絵に描かれている大きな幟
(のぼり)か衝立のようなものの上部に、そのマークが描かれています。二重の丸の中に乂です。従ってこれが、何等かのEmblemとなっていることは間違いありません。 (下の画像図形をご参照ください。)
  このことから、このマークに関係する人物が、皇帝とかなり近しい関係にあったことが伺われます。或いは、建国に尽力した人物であった可能性があります。


  以上のことから、荒神谷遺跡で見つかった銅剣と銅鐸に付けられている「× or 乂」のマークが、中国の歴史上の人物と大きな関わりを持つ可能性が浮上したことになります。
  ただし今のところ、この人物が具体的に、どのような人物であるかは、まったく分かっていません。
  もし荒神谷遺跡で発見された銅剣と銅鐸が、その人物と直接的に結びつくことが証明されれば、日本の歴史が変わります。これはそうした、けっこう大きな意味を持っているわけです。



   【 六 】 『古事記』に記された中国大陸の歴史

  『古事記』に記されている内容と対照するために、中国大陸の歴史について調べてみました。
  以下に、その概略を紹介しておきます。

  ↓   ↓   ↓   ↓

  BC 453年  晋が韓・魏・趙の三国に分裂し、戦乱の時代が始まった。

  BC 221年 秦の始皇帝が天下を統一する。
          これにより、ひとまず戦国の時代が終わります。
    ( 秦の天下統一  ⇒ 秦王の贏政は、韓、趙、燕、魏、楚、斉の六国を滅ぼし、戦国の時代に終止符を打った。咸陽で、中国史上初の中央集権国家である「秦王朝」を樹立する。そして、初代の皇帝になった。 )

 その始皇帝は、BC 210年に、東方巡行中に死去します。以後、内乱が発生し、秦王朝は、BC 206年に滅亡しました。

 BC 202年  劉邦(高祖)が楚を破って、中国を統一する。
         これにより、「漢王朝」が成立します。
    ( 項羽と劉邦  ⇒ 秦朝末年、劉邦と項羽は、それぞれ部隊を率いて秦に進行した。その後、項羽と劉邦の争いが起きたが、最後に劉邦が勝利を収め、前漢王朝を確立した。)

 BC 154年  呉楚七国の乱が起こる。

 BC 141年  武帝が即位する。(〜87)。

 BC 139年頃  武帝は張騫
(チョウケン)を、大月氏(ダイゲッシ)国に派遣する(〜126頃)  武帝は大月氏と協定して、対匈奴同盟の締結を目論んだ。しかし、その同盟は実現しなかった。

   ( 月氏
(ゲッシ)  ⇒ 中国の秦〜漢代に中央アジアで活躍したイラン系騎馬民族。BC 176年 頃 匈奴の冒頓単于の攻撃で、モンゴリア高原西部から追い散らされた。その主力は天山山脈の北へ逃れ「大月氏(ダイゲッシ)」と呼ばれた。黄河の西に残った勢力は「小月氏」と呼ばれた。 BC 150年頃  大月氏は再び匈奴の攻撃を受けて西遷し、アフガニスタン北部、オクサス川の北に移動。 前2世紀後半 さらに南下して大夏を併せ、大月氏国を建立する。)

   ( 張騫 (BC139〜126)  ⇒ 都を出立してすぐに匈奴に捕えられ、そこで10年を過ごした。その後、脱出して大宛、康居、月氏を訪問。その帰路で再び匈奴に捕らわれた。自国に帰還するまでに、計13年を要した。)

 BC 121年 将軍、霍去病
(カクキョヘイ)の匈奴討伐成功。甘肅を平定。
         将軍、衛青(霍去病の叔父)、霍去病と共にゴビ砂漠北方へ出征。

 BC 30年頃  匈奴の活動始まる

 AD 8年  前漢、滅亡。皇帝の外戚であった王奔
(おうもう)が、「新王朝」(8〜23)を建てる。
   ( だが未熟な行政手腕のために、各地で混乱が生じ、遂に農民が蜂起する。長安に漢朝の宗室の兵馬が攻め込み、王莽は殺された。その二年後に、劉秀が、「後漢王朝(東漢)」を樹立した。)

 AD 25年 劉秀(光武帝)が、「後漢王朝(東漢)」(25〜220)を建てる。そして、後漢の初代皇帝となる。
    ( 光武帝
(こうぶてい) (前6〜57)  ⇒  在位25〜57。 父が早逝したため、叔父に養われて育ち、二十歳過ぎには長安に上って学問に励んだ。新の時代の末期に天下が混乱すると、王莽討伐のために起兵し、昆陽の戦いで王莽軍に大勝。河北・山東・関中を平定した。25年に即位して、漢王朝を再興した。洛陽に都を置き、37年、天下の統一を完成した。ただし、即位後も「皇帝になりたかったわけではない。執金吾になりたかった」とよくぼやいたというエピソードが伝えられている。 )

  光武帝(劉秀)の後、皇位は明帝(劉荘)−章帝(劉?)−和帝(劉肇)−殤帝(劉隆)−安帝(劉祐)−少帝懿(劉懿)−順帝(劉保)−冲帝(劉炳)−質帝−桓帝(劉志)−霊帝(劉宏)−廃帝(劉弁)−献帝(劉協) と引き継がれた。

 AD 57年  倭奴国
(日本国)の使者が洛陽に来る。

   ↑   ↑   ↑   ↑


  さて、この中で注目されるのが、月氏
(ゲッシ)、大月氏(ダイゲッシ)という人物の存在です。これは、倭国の卑弥呼と同様に、シャーマンであったと考えられます。つまり月や星の運行、満ち欠けから卜占(ぼくせん)を立てる人という意味です。これはかつての指導者たちには、ぜひとも必要な能力でした。

  ところで、『古事記』の中には、月読命
(つくよみのみこと)という呼び名で登場する人物がいます。国産みの神話の後に、イザナミ、イザナギの命が、三人の子どもたちを設けたことが記されています。左の目を洗うと「天照大御神」が、右の目を洗うと「月読命」が、鼻を洗うと「須佐之男命」が誕生します。
  そして天照大御神が支配するのが「高天の原」、月読命が支配するのが「夜の食国
(おすくに)」、須佐之男命が支配するのが「海原」と決められます。
  月読命が夜の世界を支配するというのは、この人物が占星術師であったことを物語っています。

  さらに、この後の「五穀の起原」のところには、オオゲツヒメ神という呼び名の人物も登場します。原文とは別の漢字を当てはめれば、「大月氏神」です。つまり、『古事記』の中には月氏、大月氏という二つの名前が登場しているわけです。
  そして、月氏、大月氏が、それぞれ「月読命」、「オオゲツヒメ神」に該当すると考えると、それでは天照大御神というのは誰か、ということになります。
  最初に国の基礎を創った人物という意味では、秦の始皇帝を指します。秦王朝の滅亡後に、それを再建したのが、前漢の皇帝となった劉邦です。
  武帝は張騫を、大月氏国に派遣した人物です。天照大御神と月読命が兄弟のような関係であったことからすると、この人物が一番近いかも知れません。ただし、後漢の初代の皇帝、光武帝という名前は、いかにも天照大御神と名付けるのにふさわしいように感じられます。しかし、月氏との関係では遠くなります。

  ですからこれは、次のように考えるのが妥当と思われます。天照大御神というそもそもの名前の由来は光武帝から来ているものの、実質的には、支配者として君臨した中国大陸の歴代の皇帝を指すということです。つまり、光武帝以前の皇帝が、すべて天照大御神として総称で呼ばれたということです。

  このように考えると、『古事記』の記述が、一定の事実に基づくものであったことに気付くわけです。つまり長い中国大陸の歴史が、短い文章の中にぎゅうぎゅう詰めにされているのです。主要な部分を寄せ集めて、攪拌したところからお話として紡ぎ出しているのです。しかも倭国(日本国)向けに、様々な色付けがなされているのです。そのために全体が分かり難くなってしまったのです。


  --- *** 
○ ○ *** ---


  さて、そこで問題になるのが、それでは須佐之男命というのは一体、誰を指すのかということです。この場合の「海」というのは、Sea や Ocean のことではなく、様々な人が集結する場所のことです。従って、多くの人種の寄り集まりである匈奴たちを支配する者という意味になります。
  上に書き出した年表の中で、それに該当する者がいるとしたら、霍去病及び衛青が最も近いように思われます。張騫の場合は長期間、捕虜になったりしましたから、支配したとは言えないでしょう。

  ですから、この人物たちの末裔が、今でも中国か日本国内に残っていて、「× or 乂」の旗印を持っていれば、そのことが証明されるのですが、、、、・・・。


  はて、 さて、なにしろ、ふるーい、古い、お話です、。二千年も前の出来事です。
  果たして、どうなることか、、、、??、、、・・・、。
  でも、孔子の子孫は、今も残っています。これよりも、もっと古い時代の人物です。先日、あるテレビ番組(タモリさんが司会をする、ご先祖様を紹介する番組。) に、その子孫の方が出演したので驚きました。なんでも外交関係の仕事をしているということでした。こうした事例がある以上は、希望がまったく無いわけではありません。


  それから、、、。
  例の雨の岩屋戸の話ですが、これは前漢と後漢の間の出来事と考えればよいでしょう。「新王朝」を創った王奔が、ろくな政治をしなかったことから、それこそ世の中が真っ暗になってしまったのです。しかも、本家である劉氏の血筋からは、皇帝になろうとする者が現れなかった。そこで、劉秀(光武帝)を引っ張り出すためのさまざまな工作が行われたのです。
  つまり暗い世の中に、燦燦と光を照らした人物が、新たに即位した後漢の初代皇帝だったのです。まさに光り輝く皇帝、すなわち光武帝だったわけです。そのことが比喩的、象徴的に語られていると考えればよいでしょう。


  ということで、、、
  「
× or 乂」の旗印に詳しい方は、いらっしゃいませんか。??・・・。
  二重丸の中に「 乂 」が、もともとの正しいマークだったのかも知れません。
     こんな感じのマークです。  ⇒     

  これは確実に存在するマークであり、そのマークで象徴される人物がいたことは、まず間違いありません。そして、これ等の二つのマークがイコールで結ばれて、その人物が特定されたときに、日本の歴史が変わります。
  荒神谷遺跡で発見された銅剣と、銅鐸が動かし難い物証となって、『古事記』に記されている出来事が歴史的事実として認定されるからです。 つまり『古事記』が、「神話」ではなく、歴史書になるのです。


  情報をお待ちしております。 (^-^)/~~~~ 。。。


                           
 2002.  8. 20.      店主記す






  ↓  Eメールは、こちらから発信できます。
   ラッキー・ドラゴン社宛て メール発信   



    .    「プレゼントのお知らせ」へ戻る。.
.             



    「秘密の小部屋」へ戻る。          .       
                 .   



s p ⇒