邪馬台国論争、不参戦の記
     ―――――――――――――

  【 今も続く邪馬台国論争 】

  古代史に関心を持っている人たちは、以外と多いようです。インターネットの検索サイトで探すと、けっこう見つかります。そして、今でも邪馬台国論争が盛んに行われています。『魏志倭人伝』に記されている邪馬台国というのは、果たして大和なのか、それとも九州なのかという論争です。しばらく前に一大ブームになったものですが、その結論がでないまま今でも継続されているのです。
  実は、その中に加わって、「×or乂」のマークを旗印とした古代の人物を知っている方を探したいと思ったのですが、残念ながら取り合ってもらえませんでした。どうやら古代史の研究というのは、せいぜい神武天皇以後のことであり、それ以前の歴史はすべて神話の世界であるというのが一般的な考え方のようです。

  以下に、その経緯を紹介しておくことにします。ある古代史のサイトの掲示板に書き込んだものです。著作権の関係で相手の方の文章は掲載できませんので、内容を想像で補ってください。


 *** ○○**○○ ***


 
神々は中国大陸から遣って来た。 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 
神々は、いずれも『中国大陸から遣って来た』と考えると、様々な疑問点が解消できるかと存知ます。

 本来、天照大御神の命を受けて天下ったニニギノミコトの一行が行くべき所は、出雲の国であったはずです。大国主命が国譲りの約束をしたのは、出雲の国でした。今の島根県です。本州の日本海側です。
 ところがなぜか彼等一行が辿りついた先は、その出雲の国ではなくて、筑紫の国の日向だったのです。今の宮崎県です。海を隔てた九州の地です。大国主命と国譲りの条約を結んだ場所とは、まったく無縁の土地です。
 彼等はしばらくして、そこから東征の旅を始めるのです。数世代後の神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれびこのみこと = 神武天皇)の時代に入ってからのことです。

 この距離感の隔たりは、いったい何を意味するのでしょう。もし彼等のもともとの出発地点が日本国内であれば、九州に辿り着いてしまうなどということは絶対にあり得ません。仮に九州が出発地点だったとしても、同じ九州に天下ったとは言いません。ということは天照大御神がいた高天原は、日本国内ではなく、中国大陸か朝鮮半島にあったことになります。一行が乗っていた船が、嵐で流されてしまったと考えるのが自然だからです。
 つまり彼等は、陸路を歩いて来たのではなく、遠くからはるばると船でやって来たのです。その船が、途中で台風に出遭って、そこまで流されて行ったのです。そのために目的地とは別の地点に辿り着いたのです。船が難破したためです。

 彼等の本来の目的地が出雲の国であったことは、彼等が持参した三種の神器のうちの一つに、草薙の剣が含まれていることからも判断されます。
 この剣は、須佐之男命が出雲の国で入手して、天照大御神に献上したものです。従って、国譲りの約束の経緯を知る者に見せれば、それを持つ人物が、天照大御神の命を受けて遣って来た新たな国の支配者であることが分かります。つまり草薙の剣は、国の統治権を証明する品なのです。(以後、代々の天皇はニニギノミコトに授けられた統治権を引き継ぐために、三種の神器を携えて即位の儀式を執り行いました。それは今現在も続けられています。)
 そうしたものを持ちながら彼等は、海を隔てた九州の地に辿り着いてしまったのです。国譲りの約束の経緯が知られていなければ、せっかく持参した草薙の剣も効力が無かったに違いありません。そのために武力を用いた東征の旅が必要になったのです。

 ですから高天原というのは、中国(漢王朝)の都のことであり、天照大御神というのは、歴代の中国の皇帝を指すことになります。つまり彼等は、いずれも中国大陸から遣って来たのです。古代人の航海術は、それほど優秀だったということです。
 たしかこうした考え方をする人が、ほかにもいらしたような気がしますが・・・・。


 -----------------


 
邪馬台国は、大和国です。 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 魏志倭人伝に記されている邪馬台国というのは、大和国(奈良)のことです。
 もし魏志倭人伝に記されている記述から邪馬台国の場所を探し出すとしたら、最終的に、大和国に行き着く経路だけが正しいことになります。要するにそうした動かし難い結論が、そもそもの前提としてあるということです。言い換えれば、それ以外はあり得ないということです。

 『古事記』という書物が非常に分かり難い内容になったのは、記憶による伝承が何代にも亙って引き継がれたために、細かな事実関係が省略され、また中身が変質して『神話化』したためであると考えられます。そのために内容が、かなり現実離れしたものになってしまったのです。
 しかし、そこに記されている内容は、すべて実際の出来事がベースになっていると考えられます。つまり国生みに関わった人たちも、三貴子と呼ばれる人たちも、すべて実在した人物であり、またそこに記されている出来事も、いずれも実際に起きた出来事であるということです。要するに『古事記』という書物は、架空のお話を寄せ集めた神話ではなく、古代の歴史書であるということです。
 こうした考え方に基づいて、記・紀に記されている事実関係を整理すると、次のようになります。

 初代の天皇となった神倭伊波禮毘古命(=神武天皇)が都を開いたのは、大和(奈良)の国の橿原の地である。時に、紀元前660年(日本書紀)のことであった。
 或いは、もともとあった倭の国の都を武力で征圧し、又は降伏した部族と平和協定を結んで占領したのが、この年であった。

 記・紀に記されているこの事実を踏まえた時に、果たして邪馬台国は、どこに在ったかということが問題になるのでしょうか。
 仮に、紀元前660年(日本書紀)が編者によって創作されたものだとしても、初代の天皇になった神倭伊波禮毘古命が都を開いたのは、大和(奈良)の国の橿原の地であり、これは動かしようがありません。『古事記』には、そう明記されています。

 『 故、かく荒ぶる神等を言向け平和し、伏はぬ人等を退けはらひて、畝火の白橿原宮に坐しまして、天の下治らしめしき。』(岩波文庫版『古事記』 神武天皇 1東征 より)

 従って、倭国(日本国)の中心地は建国の当初から大和国であり、他にはありません。故に、海外から来た使節団が、ここを訪れたことは間違いありません。ここに来なければ、倭国を代表する人物に会えないからです。ですから邪馬台国は何処に在ったかなどということは、はなから問題にならないわけです。

 もし、そうでは無いと言うのなら地方の豪族は別として、初代天皇となった神倭伊波禮毘古命によってほぼ統一された倭国(日本国)の中に、天皇家よりも大きな勢力が存在したことになります。少なくとも国を二分するような大きな勢力が、別にあったことになります。これは非常に考え難いことです。記・紀には、何も記されていないからです。
 或いは、国生みに関わった人たちや三貴子と呼ばれる人たちの前に、『古事記』にも記されていない人物が創っ歴史があったことになります。言うなれば有史以前の歴史です。
 これもまた考え難いことです。国生みより以前の歴史は不明であり、おそらく存在しないと考えられるからです。たとえあったとしても、それは石器時代のことであり、一つの国としての体をなしていなかったと考えられるからです。他国との交流も無かったでしょう。

 そもそも西暦239年(景初三年)に、魏の皇帝から『銅鏡百枚』を授けられた倭国の女王・卑弥呼は、その当時の最も大きな勢力を統率する人物であり、実質的には神倭伊波禮毘古命(神武天皇)の末裔ということになります。天皇家は代々世襲されたはずであり、統治権・統帥権が他に移ることはなかったからです。もちろん天皇家が分裂して都が他の場所へ移ったということも無かったと考えられますから、倭国(日本国)の中心地は、かつてのまま不動であったと判断されます。
 従って、魏志倭人伝に記されている都というのは、大和(奈良)の橿原以外にはあり得ないということです。もし他にあったらおかしいわけです。

 冒頭で、魏志倭人伝の記述から邪馬台国の場所を探すとしたら、大和国に行き着く経路だけが正しいと申し述べたのは、以上のような理由からです。『古事記』という歴史書を無視したところに、真相はあり得ないということです。
 同時に、日本書紀にある紀元前660年という年代も、安易には否定できないということです。むしろ肯定したほうが、史実に近いと思われるからです。倭国(日本国)の歴史がけっこう古いことは、各地で発掘されている古墳や貝塚からも証明されます。何と、五千年、六千年も前に、すでに大きな集落が形成されていたのです。
 ですから上に記したような考え方をされる方が、ほかにもいらっしゃるのではないでしょうか。


 --------------------


 
総称(呼称)としての個人名 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 わざわざお断りするまでもなく、古代人が長寿であったという考え方は、間違いです。その当時の食事の栄養状態から考えても、むしろ現代人より短命であったと考えるのが自然です。
 ですから専門家の間では、百年も生きる人は滅多にいないから、記・紀の内容は編者によって創作されたものであるということになっているようです。そして、これが通説のようになって世間に流布しています。しかしそこには、とんでもない見落としがあります。

 前回も申し上げましたが、『古事記』という書物が非常に分かり難い内容になったのは、記憶による伝承が何代にも亙って引き継がれたために、細かな事実関係が省略され、また中身が変質して『神話化』したためです。そのために内容が、かなり現実離れしたものになってしまったのです。
 その神話化現象の一つにあげられるものが、総称(呼称)としての個人名です。つまりその名前が一見、特定の一個人を指し示しているかのように見えながらも、実は集合体としての団体を現わす総称(呼称)として使われているのです。
 要するに一つの部族、一つの血縁集団、一つの職業集団といったものが、あたかも一人の人物の名前で呼ばれているわけです。正確には、〜の人たち、〜に属する人と言うべきところを、その部分が省略されてしまったのです。
 さらには、その集団の中での役割分担、集団の中での地位といったものも、登場人物の名前といて使われているのです。

 具体的な事例で紹介すると、櫛名田比売(くしなだひめ)という名前は「櫛」と「稲田」で象徴される人物を指します。しかし同時に、その一族・郎党を指し示す総称(呼称)として使われているのです。要するに櫛も稲田もシンボルであり、それに関わる一つの部族、一つの血縁集団を指し示すものがこの名前であるということです。特定の一個人を指し示すものではないということです。

 それぞれの職業分担が、そのまま名前になったものとしては、「足名椎(あしなづち)」「手名椎(てなづち)」の例があります。「椎」はすなわち「槌」であり、刃物を鍛える際にトンカン、トンカンと交互に打ち下ろす金槌のことです。
 両手で大きな金槌を振るう人が、手なる槌であり、細かな修正を加えるために足元で小さな金槌を振るう人が、足なる槌です。つまりかつての鍛冶屋の風景が、そのまま二人の登場人物の名前として使われているのです。職業の中でのそれぞれの分担までもが、これらの名前によって分かるわけです。(ただし、これは草薙剣が鉄剣であることに気付かなければ、成立しない考え方です。)

 このようにこの書物の中では人の名前が、ある特定の集団を指し示す総称(呼称)として使われているわけです。こうした奇妙な現象が起きているために、容易には理解し難い書物になってしまったのです。
 ですから初代の天皇となった神倭伊波禮毘古命(神武天皇)の場合も、これと同じことが起きていることになります。大和(奈良)の国の橿原の地に都を築いたあと、さらに何世代かに亙ってその地位が引き継がれたとしても、その人たちがすべて総称(呼称)として神倭伊波禮毘古命と呼ばれたのです。つまり、これも特定の一個人を指し示す名前ではなく、その業績を成し遂げた一族の人たち全体の名前であるということです。

 従って、それ以後の天皇の中に百歳以上生きた人が、何人もいたとしても、何ら不思議ではないということです。それどころか五百歳、一千歳でも、まったく差し支えないということです。その一族の繁栄が、それだけ永く続いたという証明です。ですから神経をすり減らして、いくら細かな年齢計算をしても、まったく意味がないということになります。

 専門の研究者たちが、紀元前660年という年代を編者の創作であると決め付けるのは勝手ですが、それではいつまでたっても真相は見えて来ません。権威のある人たちがそうした狭い感性で導き出した結論が、世間一般の人たちに大きな影響を与えています。多くの人が、何の疑いも持たずに受け入れてしまうからです。通説となっている誤った学説が、周囲に及ぼす弊害の大きさに驚かされます。


  -------------------


 
『古事記』は神話化した歴史書である。 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 以下はすでに紹介した文章ですが、再度、掲載しておきます。
    ↓
 『古事記』という書物が非常に分かり難い内容になったのは、記憶による伝承が何代にも亙って引き継がれたために、細かな事実関係が省略され、また中身が変質して『神話化』したためです。そのために内容が、かなり現実離れしたものになってしまったのです。
 しかし、そこに記されている内容は、すべて実際の出来事がベースになっていると考えられます。つまり国生みに関わった人たちも、三貴子と呼ばれる人たちも、すべて実在した人物であり、またそこに記されている出来事も、いずれも実際に起きた出来事であるということです。要するに『古事記』という書物は、架空のお話を寄せ集めた神話ではなく、古代の歴史書であるということです。


 ここでもう一度、しつこく繰り返しておくと、『古事記』という書物は、神話化した歴史書なのです。歴史書ということは、実際に起きた歴史的な事実を記した書物であるということです。ただし、神話化という特異な現象が発生しているために、内容がかなり現実離れしたものになってしまったのです
 従って、いかにして神話化したかというその経路を、逆に辿ることが出来れば、神話化する以前の『古事記』の内容を復元することが出来ます。つまり失われた歴史を、再現することが可能になるわけです。
 ただし、これまでのところ誰にもそれが出来ていないために、多くの人たちが神代という言葉を使って、古代の歴史を架空のお話の世界の出来事にしているのです。つまり神話だから、分かるはずが無いし、分かるための努力をしても仕方が無いというわけです。

 たしかに古くからの記憶が各世代間で伝承される際に、かなり大きな中身の変質が生じて、結果的に通常の考え方ではまったく解けない謎になっていることは否定できません。あまりにも多くの『神話化現象』が発生しているためです。それを解きほぐす作業は、容易ではありません。

 前回は、そうした神話化現象の一つとして、『総称(呼称)としての個人名』というものを紹介しましたが、この書物のなかでは、それ以外にも実に様々な現象が発生しているのです。
 たとえば次のようなものです。

 【一】家族化現象。
  これは登場人物たちを、一つの家族に見立てる現象です。
 この現象は、この書物の様々なところで発生しています。具体的な事例をあげると、櫛名田比売と足名椎(あしなづち)、手名椎(てなづち)が、一つの家族のように描かれているのはそのためです。それぞれを男親と女親に見立てたときに、櫛名田比売がその家の娘になったのです。
 また通常、三貴子と呼ばれている天照大御神、月読命、須佐之男命の場合も同様です。イザナギ、イザナミを両親に見立てたときに、三人の子供たちが誕生したのです。

 【二】子生み現象。
  これは男女が結婚すれば、子供が出来ることに由来する現象です。
 上の家族化現象と同様に、この書物の中では部族同士のお互いの融和、統合が、結婚という表現に置き換えられています。これは必ずしも男女の交わりを意味するものではなく、異なる部族同士の親密化、一体化と解するのが妥当です。従って、子供というのも、それと同様の意味で使われているのです。
 具体的には、大規模な治水工事を行った須佐之男命を「男親(一家の長)」に見立てた時に、その指揮下に入った人たちが「子(家族の一員)」になったのです。もちろん女親が必要ですから、櫛名田比売をそれに当てているわけです。
 一度に何人もの“子”が出来たのは、そのためです。後に活躍する大国主命(おおくにぬしのみこと)も、その中の一人だったのです。
 つまり「生む」は、「産む」と同義ではないということです。実際にはその地域で大きな勢力を持っていた櫛名田比売の紹介で、他の様々な部族の人たちと友好的な協力関係を築くことが出来たということです。一つの共同体の成立に対して、そうした「内容の置き換え」が発生しているわけです。 

 【三】農地や耕作地を女性に置き換える現象。
  この書物の中では農地や耕作地が、登場人物の女性に置き換えられています。そのために分かり難い内容になってしまったのが、ヤマタノオロチ退治のお話です。
 酸性の赤土は 植物に有害です。もし河の氾濫によって、その赤土が流れ出せば、下流では大変な被害がでます。たいていの植物が育たなくなります。つまり土地が死んでしまうわけです。
 このことから、やまたのおろちに喰われてしまった八稚女( やをとめ) たちというのは、具体的には今は無くなってしまったたくさんの実り豊かな農地・耕作地のことであり、櫛名田比売( くしなだひめ)(童女)というのは、最後に残された一部の田畑を指すことが分かります。
 また最後に残されたその娘が「童女」となっているのは、その大きさが一人前の女性の半分にも満たないことを意味します。食物が育つ肥沃な土地は、今ではそれくらいわずかな面積しか残されていないということです。
 また、日向の国でニニギノミコトが結婚したことになっているコノハナサクヤヒメと、付属的に一緒に与えられたものの結局は断ったイワナガヒメも、やはり農地や耕作地を指します。イワナガヒメというのは、あまりにも荒れ果てた土地だったことから、使いようがなかったために、断わらざるを得なかったというのが隠された真相です。

 【四】象徴化現象。
  これはフロイトの精神分析で使われる言葉です。実際のものが、類似する他のものに置き換えられる現象のことです。
 蛇行という言葉があるように、曲がりくねった川は、ヘビに喩えられます。つまり『やまたのおろち』というのは、荒れ狂う川を、巨大なヘビに喩えたものです。その河がたびたび氾濫を起こしたのです。
 ですから、これを竜や蛇などの怪物・魔物の要求によって毎年犠牲になるうら若き乙女を、若き英雄が救出する「ペルセウス・アンドロメダ型の神話の一類型」と考えるのは、明らかな間違いです。類似する内容だからといって、河の氾濫を防止する治水工事と、西洋に古くから伝わる神話を一緒にしたためのとんでもない誤りです。

 【五】擬人化現象。
  これは動物や物を、人間に見立てる現象です。
  強い酒を大量に呑み、酔っ払ったおろちは、完全に寝こんでしまいました。まさに無抵抗の状態になったわけです。つまりおろちを眠らせて、その力を封じ込めるために度数の高い、強い酒が必要だったのです。比喩的で、且つ象徴的な表現がされているわけです。また酔っ払って眠るという、「擬人化現象」が発生しているのです。どんなに恐ろしい相手でも、正体も無く眠っているものに狂暴性は無いからです。

 【六】物による権限・権力の付託化現象。
  これは権力や権限が、物に付託される現象です。
  前に紹介したように、ニニギノミコトが携えてきた草薙の剣は、天照大御神から授けられた統治権を現わします。つまり草薙の剣という物に、統治権という権限・権力が象徴的に付託されているわけです。
  また須佐之男命は、櫛稲田姫を櫛に変えて、誰からも見えるように頭髪に刺しました。これは人を櫛に変えたわけではなくて、櫛稲田姫から借り受けたその櫛には人々を統治・統率し、指揮する村長(むらおさ)の権限が象徴されていたのです。大規模な土木工事を行うには、多くの人たちの協力が不可欠であり、その人々を指揮し、監督するための権限です。つまり櫛稲田姫から正式に委譲された権限を象徴するものが、その頭髪に刺した櫛だったのです。

 以上は、須佐之男命のヤマタノオロチ退治の部分で起きている神話化現象を抜き出したものです。こうした奇妙な現象が起きているために、この部分も通常の考え方では理解不能な神話になってしまったのです。
 ですから、こうした神話化の経路を逆に辿って行けば、神話化する以前の『やまたのおろち退治』の出来事を復元することが出来ます。つまり失われた歴史が、なんとかして再現されるということです。


  ---------------------


 『【二】子生み現象。』の再読を・・。 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 △▲さん。 こんにちは。

> ーー 略 ーー。
> ーー 略 ーー。


 この件に関しては 【二】子生み現象。 の部分をもう一度お読み戴きたいと存じます。
 要するにヤマタノオロチ退治の工事は、近隣の住民を総動員して行われた大工事だったのです。六人の子供たちというのは、櫛名田姫の仲介で集められたそれぞれの一族の長たちです。そこに『娶して生める子』と記されているからといって、二人の性交渉の結果、その子供たちが産まれたわけではありません。 

 そして、須佐之男命が本部で司令を発して、その工事の総指揮を取ったのに対して、大国主命をはじめとする各長たちは、それぞれの現場に出向いて直接、土木・建築工事の指揮をとったのです。もちろん実際に肉体労働をしたのは、近隣の各村々から集められた村人たちです。
 そのことが『出雲国風土記』の意宇郡の母理の郷、及び、同拝志の郷の条に、大穴持命(おおなもちのみこと)が「越の八口を平らげ」たと記されているのです。
 また、同書の神門郡の条には、日淵川に『池』を造るために、古志の人たちが遣って来て、堤を築いたという記録も残されています。これがヤマタノオロチ退治の核心部分です。須佐之男命が行った酒船(樽)方式のダム工法を説明する重要な資料です。

 ただしこれだけの説明では、なかなか実感としてお分かりにならないと存じますので、後ほどヤマタノオロチ退治の全体像を紹介することにします。
 それによって前回、いかにして神話化したかというその経路を逆に辿ることが出来れば、失われた歴史を再現することが可能になると申し述べたことが、ご理解いただけるかと存じます。
 内容をまとめるのに少々時間が掛かりますので、しばらくお待ちください。


 ----------------------


 「×or乂」のマークを旗印とする人物。 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 ×○さん。 こんにちは。

> ーー 略 ーー 。


 基準となるのは、あくまでも『古事記』です。
 ただし、その基準となるべきものが、神話化現象によって内容がかなりあやふやなものになっているのです。従って、真相を解明するには、その経路を逆に辿って行く必要があると申し上げている次第です。

 それから、あらかじめお断り申し上げておきますが、私はこちらで邪馬台国論争をしたいわけではありません。こちらには古代史に詳しい方々が揃っておいだとお聞きして、古代に実在したはずのある人物について、ご存知の方がいらっしゃるのではないかと思ってやってきたのです。

 それは、二重丸の中に乂の文字を記した旗印を持つ人物です。この人物が、須佐之男命と何らかの関係を有するのではないかと考えているからです。 その人物について、手掛りを探しに来たのです
 島根県の荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡では、かつて大量の銅剣や銅鐸が発見されましたが、それ等には「×or乂」のマークがつけられています。
 こちらでその写真を見ることが出来ます。
   島根県のホームページです。
 → http://www6.pref.shiman
e.jp/kodai/rekishi/p2_2.html
    又は →
 http://www6.pref.shimane.jp/cgi-bin/
odb-get.exe?WIT_template=
INPAKU_PAVPOINT2&WIT_oid
=x8vVEiy1SLW91MdfAZfOmX
xWXyCHZ5kES92V8mba&pa
vtype=time&pointnum=2

 このマークが、それらの銅剣、銅鐸の持ち主を現わすマークであるとすれば、その人物というのは果たして何者であろうかということです。 そして『古事記』に登場する須佐之男命が、突然、出雲の国に出現したことと関連するであろうということです。
 ただし、そこに行き着くまでに必要になるのが、『古事記』という書物が、確かな歴史書であるという前提です。そのために、色々と説明をさせていただいているわけです。

 一説には、このマークは魔除けの意味があるということですが、もっと実利的な意味合いでつけられたのではないかと考えている次第です。
 もし何か、ご存知のことがありましたら、ご教示いただけるとありがたく存じます。


 ---------------------


 では、これで失礼致します。 投稿者:○×○×  投稿日:某月 某日 某時

 ○×さん。△▲さん こんにちは。

 私としては自分の考え方を、他人に押し付けるようなことはしたくありません。そもそも意味がありません。お互いに疲れるだけです。こちらでお話をしたのは、○×さんと△▲さんだけですから、その方々が興味を示されずにしかも抵抗さえ感じておられるとすれば、これ以上お話を続けることは本意ではありません。
 従って、このまま退散することにいたします。
 もし、他にも不興に思われた方がいらっしゃいましたら、何卒ご容赦ください。
 同じ古代史の研究ですから、またどこか他のサイトで、再会する機会があるかも知れません。その節は、よろしくお願いいたします。ただし私が、もし他の方と今回と同じようなお話をしていたとしても、無視してください。

 こちらの管理人さんには、突然の闖入にも関わらず長文の書き込みをさせていただいたことを感謝いたします。当サイトのさらなる発展をお祈り申し上げます。

 では。これにて・・。(^.^)/~~~~。


 *** ○○ * ○○ ***
 *** ○○ * ○○ ***


  ということで邪馬台国論争への参加は、その入り口で頓挫してしまいました。よって「×or乂」のマークを旗印とした人物の情報は、何も集めることがで来ませんでした。

  それにしても、上の投稿記事の中でも申し述べましたが、内容がかなり現実離れしているとはいえ『古事記』という書物が神話化した歴史書であるなら、魏志倭人伝に記されている邪馬台国というのは大和国(奈良)以外にはあり得ません。従って、もし魏志倭人伝に記されている記述から邪馬台国の場所を探し出すとしたら、最終的に大和国に行き着く経路だけが正しいわけです。
  ですから本来であれば畿内説、九州説といった論争以前に、『古事記』の歴史書としての正当性を確かめる必要があるはずです。論争のそもそもの大前提が失われるからです。

  そして、ヤマタノオロチ退治の話が、実際の出来事から神話化したことがほぼ間違いない以上、それはかなり確かなものとなっているのです。つまり論争の大前提が、ほぼ失われ掛けているということです。
  従って、各所で行われている邪馬台国論争は、まったく意味の無いものになります。要するにそれは論争のための論争であり、最終的に何も得るものが無い論争であるということです。
  そこでは多くの労力と、貴重な時間が失われていることになるのですが、かといって誰もそれを止めることは出来ないでしょう。
  もし「×or乂」のマークの由来が分かれば、それが物的証拠になるのですが ・・・・。


   
2004. 12.  20.     店主記す





    
秘密の小部屋に戻る。  
    


s p ⇒